スマートショッピング

カプセルコーヒーがコーヒーダイエットに最適な理由とは

89 views

coffee

皆さんはコーヒーダイエットをご存じですか?コーヒーには脂肪燃焼を促進する成分が含まれているため、飲むとダイエット効果が期待できます。しかし、どのようなコーヒー、あるいはどのような状況でも、ダイエットの結果が出るとは限りません。例えば、インスタントコーヒーはドリップコーヒーに比べて効果が小さかったり、ただ座っている状況でコーヒーを飲み続けても効果は表れにくそうです。それでは、最も効果的なコーヒー&飲み方はどのようなものなのでしょうか?

結論としては、カプセルコーヒーが最もコーヒーダイエットに適していると思います。その理由について、以下で詳しくご説明していきたいと思います。

目次

なぜコーヒーでダイエットできるのか

そもそも、なぜコーヒーを飲むことでダイエット効果が期待できるのでしょうか。それは、コーヒー中に含まれている「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分が関係します。カフェインは、覚醒作用や利尿作用等でご存知の方がほとんどだと思いますが、その名前はコーヒーから抽出されたことに由来しています。眠気覚ましにコーヒーやエナジードリンクを飲む方がいらっしゃると思いますが、それらの飲料にはカフェインが多く含まれているため、眠気や倦怠感に効果があるのです。そして、こうしたカフェインには、脂肪燃焼効率を高めてくれる働きもあります

人間には、運動中や緊張時に働く「交感神経」とリラックス時に働く「副交感神経」という2つの自律神経(自分の意思とは無関係に身体の機能を調整する神経)があります。そして、交感神経が働いている時には細胞のエネルギーの消費効率が高まっています(逆に、副交感神経が働いている時には細胞がエネルギーを吸収しようとしています)。コーヒーには覚醒作用等があるとおり、交感神経を活発にする働きがあるため、コーヒーを飲むと脂肪燃焼がされやすくなると言うことができるのです。しかし、ただカフェインを摂取すれば勝手にエネルギーが消費されるわけではなく、あくまでもエネルギーの消費効率が良くなるだけであることには注意が必要です。

ダイエットに効果的なもう一つの成分がクロロゲン酸です。ポリフェノールの一種で、クロロゲン酸もまたコーヒーから初めて単離された物質です。実は、コーヒーに含まれる量で言えばカフェインよりも多く、コーヒー独特の褐色や香り、そして苦味はクロロゲン酸によるものだそうです。このようなクロロゲン酸にはミトコンドリアの働きを活発にする効果があります。ミトコンドリアというのは、脂質を取り込んでエネルギーに変換してくれる役割を持つため、結果として、クロロゲン酸を摂取すると脂肪燃焼効率が高まると言えるのです。

さらに、クロロゲン酸には糖尿病の原因となる糖の生成を抑制する効果や、酸化防止作用によるアンチエイジング効果等、ダイエットに限らず、健康に関する様々な嬉しい効果が期待できます。

実際にコーヒーを飲んで痩せるにはどうしたらよいか

上記のとおり、コーヒーには脂肪燃焼を促進する効果のある成分が含まれています。ただし、注意すべきは「飲んだだけでは痩せられない」ということ、「飲むタイミングが重要」だということです。先に述べたとおり、カフェインとクロロゲン酸はあくまでも脂肪燃焼を促進してくれるだけであり、それらを摂取しただけで脂肪が燃焼されるわけではありません。

そう考えると、コーヒーを飲んでただ座っていただけではほとんどダイエット効果が期待できないことは明らかです。従って、コーヒーを飲むことにダイエット効果を期待するのであれば、「運動するタイミングを意識すること」あるいは「コーヒーを飲むタイミングを意識すること」が重要です。

運動するタイミングを意識すること

まず1つ目の方法は、運動する時間を作ることです。カフェインの効果が最も高まるのが、コーヒーを飲んだ30分後ぐらいだと言われているので、その時間に合わせて運動するのが効果的かと思います。もちろん、ダイエットを意識しすぎてコーヒーを飲みすぎても気分が悪くなってしまいますし、水分補給をせずに激しい運動をしすぎるとカフェインの利尿作用によって脱水症状が起きてしまう可能性があるので注意が必要です。

このように、コーヒーを飲むタイミングに合わせて運動をすることはダイエット効果に非常に効果的ですが、それは飲んだ後に時間があり、運動が可能な場合に限られてしまいます。平日の昼間等にコーヒーを飲んでも、その直後に外に出て運動をすることは多くの場合不可能だと思いますので、休日の時間があるときに心がけたい方法です。

コーヒーを飲むタイミングを意識すること

運動をするタイミングを考えることは時間の制約上難しいことが多いですが、身体を動かす時間帯に合わせてコーヒーを飲むことは比較的容易いことだと思います。お仕事や家事があってなかなか運動をする時間を作れない日でも、よくよく考えてみると身体を動かしている時間帯がいくつか見られるものです。そこで、まずは身体を動かしているタイミングについて考えてみましょう。

会社員の方 主婦の方
  • 通勤・退社時の移動
  • お昼に外へ食べに行く時
  • 外回りの時
  • 掃除や洗濯物の干し/取込み時
  • 買い物に行く時
  • お子さんの送迎

上に示した例のように、たとえ仕事や家事で忙しい場合でも身体を動かす時間は少なからずあるはずです。具体的には、皆さんに共通してオススメしたい時間帯は「朝」です。お仕事や学校に行く前、お子さんを送りに行く前、家族の皆を家で見送った後に家事を始める前など、朝は皆さんが何かしらの行動を始める時間です。この時間にコーヒーを飲むことで、その後の行動(運動)と相まってダイエット効果が期待できます。

このように、行動する時間を逆算してコーヒーを飲むことができるかがダイエットのカギとなります。

カプセルコーヒーが最もダイエットに適している理由

次に、どのようなコーヒーを飲むのがベストなのかについてご説明します。ここで比較する対象は、一般的に飲む機会として考えられる①コンビニorカフェのコーヒー、②インスタントコーヒー、③ハンドドリップor汎用コーヒーメーカー、④カプセルコーヒー、の4つです。

ダイエットを成功させるために重要なのは、(1)効果的なダイエットをすること、(2)ダイエットを続けること、の2つです。

このうち、(1)に関しては前述したとおり、例えば朝にコーヒーを飲むことが良さそうです。そして、この朝のタイミングに打ってつけなのは②インスタントコーヒー、あるいは、④カプセルコーヒーでしょう。朝の忙しい時に豆を挽いたり時間をかけてハンドドリップする時間はなかなかないでしょうし、毎日その手間を続けることも難しいかと思います。こうした時に、インスタントやカプセルコーヒーならば時間をかけずにコーヒーを用意することができるので、継続できるかと思います。

加えて、カフェインやクロロゲン酸といったダイエットに効果的な成分量について考えてみると、一概には言えませんが、カプセルコーヒーの方がより多く入っているかもしれません。例えば、UCCドリップポッド専門店や喫茶店で味わえるプロのハンドドリップの技をカプセルコーヒーで実現しています。従って、辺に加工されておらず、ハンドドリップに近い成分で抽出されるでしょう。

さらに(2)に関しては、経済的に続けられる価格か、コーヒーを飲む上で前提となる「美味しいか」等の点が気になるところです。こちらは、「コーヒーメーカー比較」の記事においてまとめた通り、カプセルコーヒーがコスパよく美味しいコーヒーを飲むことができるのではないでしょうか。

まとめ

以上のとおり、コーヒーダイエットにおいて重要なことは、

  • コーヒーを飲むのと一緒に身体を動かすべき
  • 身体を動かす朝にコーヒーを飲むべき
  • 美味しく飲めて忙しい朝にぴったりなのがカプセルコーヒー

ということでしょう。

カプセルコーヒーだけでも様々な種類があるので、「コーヒーメーカー比較」の記事で一度確認してみるのが良いですよ。

 

通販定番の日用品・食品

  • チルド食品・惣菜

    チルド食品・惣菜

  • 乳製品・卵

    乳製品・卵

  • コーラ・炭酸

    ドリンク・飲料

  • 調味料・スパイス・料理の素

    調味料・スパイス・料理の素

  • インスタント・レトルト・栄養食

    インスタント・レトルト・栄養食

  • 珈琲・紅茶・茶葉・ココア

    珈琲・紅茶・茶葉・ココア

  • 米・餅

    米・餅

  • 缶詰・保存食

    缶詰・保存食

  • パスタ・麺類

    パスタ・麺類

  • 乾物

    乾物

  • パン・ジャム・シリアル

    パン・ジャム・シリアル

  • 粉類・製菓材料

    粉類・製菓材料

  • スイーツ・スナック・おつまみ

    スイーツ・スナック・おつまみ

  • アルコール・酒

    アルコール・酒

  • 洗剤・クリーナー

    洗剤・クリーナー

  • ティッシュ・ペーパー類

    ティッシュ・ペーパー類

  • ペットフード・用品

    ペットフード・用品

  • キッチン用品・台所用品

    キッチン用品・台所用品

  • 文房具

    文房具

  • 掃除用品・洗濯用品

    掃除用品・洗濯用品

  • バス・トイレ用品

    バス・トイレ用品

  • 消臭剤・殺虫剤

    消臭剤・殺虫剤

  • ファッション

    ファッション

  • 生活雑貨

    生活雑貨

  • ベビー用品

    ベビー用品

  • コスメ・化粧品

    コスメ・化粧品

  • ヘアケア

    ヘアケア

  • ボディケア

    ボディケア

  • 歯磨き・オーラルケア

    歯磨き・オーラルケア

  • シニア・介護

    シニア・介護

  • メンズコスメ

    メンズコスメ

  • 健康食品・栄養補給

    健康食品・栄養補給

  • 医薬品

    医薬品

  • サプリメント

    サプリメント

  • ヘルスケア

    ヘルスケア

日用品・食品の全カテゴリ