安い 安い・激安のコーヒー(缶/ボトル)

コーヒー(缶/ボトル) の人気ランキング

コーヒー(缶/ボトル) 人気ランキング1位は"ポッカ アイスコーヒー BLACK 無糖 ペット 1500mlx8本"で、人気スコアが97点。レビューも高く、多くの通販ショップで売られている、おすすめの人気商品です。

人気順にもっと見る

コーヒー(缶/ボトル)の安さランキング

コーヒー(缶/ボトル)単位あたり価格ランキング1位は無糖ブラック 缶 (トクホ) 185ml×30本。 レビューも高く、 多くの通販ユーザーに見られている、 おすすめの商品です。

安さ順にもっと見る

コーヒー(缶/ボトル)の人気サブカテゴリ

 

コーヒー(缶/ボトル)の人気ブランド

  人気ブランドをもっと見る

安い・激安のコーヒー(缶/ボトル)一覧

通販で販売されている安い コーヒー(缶/ボトル)533商品 を紹介。

533商品
7,806View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

コーヒー(缶/ボトル)のサブカテゴリ

コーヒー(缶/ボトル)のブランド


「コーヒー(缶/ボトル)」カテゴリの新着口コミ

仕事の時に飲む甘いコーヒーは疲れがとても美味しい!!お得で美味しいなんて素敵!

1 いいね

仕事の現場で飲むようになって気に入り、それからは自宅の冷蔵庫に常備しています。いつの間にか、毎朝飲んでから出かけるのが日課に!

1 いいね

通販にはいつもお世話になってます。ペットボトルのブラックコーヒーでは一番好きです。

1 いいね

普段はUCCのボトルコーヒーを買うのだが、たまたま楽天スーパーセールのお買い物マラソンで購入できるボトルコーヒーを探していて、購入した。UCCよりもはるかに美味しかったので、今後はこの商品を買いたい。価格は1本当たり105円だったが、西友が97円と最安値なことがわかったので、次回は西友で買いたいと思う。

2 いいね

ボトルコーヒーの中で最もリットル当たり価格が安いので、ロハコで購入している。西友のネットスーパーだと1本90円で売っているが、そもそも自分の住んでいるところが配送エリア外なのと、仮に配送エリア内でも送料無料まで買い物できる自信がないので、ロハコ以外では買わない。



地元のマイバスケットで1本90円前後でトップバリューブランドのアイスコーヒーが売っていて、一度試したことがあるが、飲めたものではない。

0 いいね

スーパーで購入するより安価で良いと思います。

冷やして美味しく頂いています。 コーヒーの味は、少し有りますが、ミルクげたっぷりあるので、コーヒーが苦手の方でも飲めれると思います。

何時も3箱注文してるが少し高い気がする。

とても美味しかったので、リピートしました。

主人のお気に入りなんです。 前回もこの商品を購入させて頂きました。 ポイントがある時に、必ず購入する商品です。 アイスコーヒーが美味しい(^-^) アイスコーヒーはこの成城石井のこの商品です。

コーヒー(缶/ボトル)を安く買うために

コーヒー(缶/ボトル)

コーヒー飲料は、自分でコーヒーを淹れることなく、ジュースのような感覚で手軽にコーヒーが楽しめる市販ドリンク。大きくは家でアイスコーヒーを飲むためのコーヒーペットボトルと、自販機でお馴染みの缶コーヒーに分かれます。ネット通販を使ってこれらを安く買うためにチェックしたい点が2つあります。

ボトルコーヒーと缶コーヒーの平均相場

15年11月現在、家庭用のボトルコーヒーだと1リットルあたり単位価格が、平均して270円/l。900mlのパッケージが多いので、だいたい1本240円といったところでしょうか。小ボトル・缶コーヒーになると、1リットル平均が410円/l。200gの缶コーヒーショート缶、最近では400gの缶コーヒー広口、500mlのペットボトルまであるので一概には言えませんが、缶コーヒーだと安いものから珈琲店監修の高級品まであるため1本50-150円と幅があり、ペットボトルだと1本120円あたりが、ネット通販での平均的な価格帯になります。スマートショッピングとしての見解ですが、家で飲む場合は手軽なドリップ・インスタントを活用しつつ、アイスコーヒーはボトルコーヒーを買う。外出時でも、コンビニがないほど田舎へいくことがない限りは、コンビニの100円コーヒーを活用したほうが満足度が高い気がしています。缶コーヒーについては値段が安いわけでもなく、味がいいわけでもないということで、コスパがどうしても低く、なるべく避けるのが賢明でしょう。いずれにせよ、普段買っている商品がこの平均水準と比べてどの程度の安さになっているかはチェックしてみてください。

売れ筋商品の最安値(15年11月現在)

ボトルコーヒーといえば、ネスカフェとAGFブレンディの一騎打ちのように見えますが、UCCのアイテムも侮れません。まずとにかく安くコスパも高いボトルコーヒーであれば、味に定評がありつつも、1lあたり97円と格安な、UCC職人の珈琲シリーズが一番おすすめです。ネスカフェだとインスタントコーヒーでも有名なエクセラブランドのボトルがあり、1lあたり108円から手に入れることができますが、アイスコーヒーとしての味はいま一つとの評価が多いです。風味でいけば、1lあたり150円〜と、若干出費はかさみますが、ブレンディのボトルのほうをお勧めします。また、缶コーヒーでは、とにかく安いものだとサンガリアの缶コーヒーが205円/lの1本39円の格安っぷり。有名どころだと、ドトールブランドのものが意外と安く、225円/lの260g缶・1本58円で入手可能。一番売れ筋のボス シルキーブラックは245円/lで400g缶・1本98円が最安値になるようです。ショートコーヒーだとUCCブレンドが285円/lで185g缶・1本53円が最安でしょうか。いずれにせよ、自販機・コンビニで買うよりは大幅に安い値段で買うことができます。ジョージアになると、一番安くとも304円/lです。高級なコーヒーだと、脂肪を燃焼するコーヒー・ヘルシアコーヒーは680円/lで185g缶・1本126円〜、タリーズの缶コーヒーだと338円/lで390g缶・1本132円が最安値になるようです。あなたがよく買うコーヒー飲料の最新情報は、それぞれの商品の詳細ページでご確認ください。

コーヒー(缶/ボトル)通販で賢い買い方

コーヒー(缶/ボトル)

コーヒー飲料は、工業的に作られたすぐに飲める状態にあるドリンク。ペットボトルに入った主にアイスコーヒータイプのものと、自販機でも良く見かける缶コーヒータイプのものがあります。なるべく淹れたて、さらには豆も焙煎したて・挽きたてが美味しいコーヒーの中において、さすがにレギュラーコーヒーには勝てないコーヒー飲料ですが、外出先で手軽に飲めること、自分で作るのは面倒なアイスコーヒーを注ぐだけで楽しめることもあり、多くの人に親しまれています。

1. ペットボトルコーヒーの選び方

家で飲むならコーヒーボトル・コーヒーリキッドを買うのが便利な方法。お湯を沸かしてコーヒーを淹れて、氷をいれて冷やす、または瓶に詰め替えて冷蔵庫で冷やす、手間を考えると、即座にアイスコーヒーが飲めるのはありがたいもの。夏で喉が渇いていたらそんなの待ってられないですよね。

大容量だとペットボトルに入ったコーヒーボトルになりますが、レギュラーコーヒー100%で挽きたてのコーヒーリキッドを製品化していることも多く、店で作るアイスコーヒーに近い味わいを楽しむことができます。夏場のギフトの定番にもなっている所以です。レギュラーコーヒーをそのまま冷やして、100%レギューラーコーヒーが原料のアイテムが一番おいしいです。一部ではコストを下げるためにインスタントコーヒー・濃縮エキスを原料にしている商品もあるので注意しましょう。

明らかに選ぶべきポイントとしては糖分です。

  • 無糖タイプは、糖分が0.5g/100ml以下のものです。コーヒーそのものの風味を味わいたい方には最適な商品です。
  • 微糖・低糖タイプは、適度に糖分が入っていて、濃いアイスコーヒーの味をまろやかにしてくれています。ただ、メーカーにもより定義がまちまちなので注意が必要です。
  • 通常タイプは、甘みもあるアイスコーヒーで、缶コーヒーの甘ったるさが好きな方にはいいかもしれません。
スマートショッピングでは、一手間かけてでも、無糖タイプを買って自分でガムシロップで甘さ調整することをおすすめします。やはり通常タイプだと甘すぎてコーヒー好きには厳しいでしょう。また、微糖・低糖タイプは正直飲んでみないとわからないので、痛い目にあうこともあるからです。

アイスコーヒーのリキッドは、レギュラーコーヒーをそのまま冷やして、100%レギューラーコーヒーが原料のアイテムが一番おいしいです。一部ではコストを下げるためにインスタントコーヒー・濃縮エキスを原料にしている商品もあるので注意が必要です。

あとはパッケージの違いで若干風味が変わってきます。900mlのペットボトルが主流ですが、専門店や業務用パッケージだと1リットルの紙パックもあります。

  • ペットボトルタイプは、有名メーカーの商品が多く、大量生産されて広く販売されています。防腐剤・酸化防止剤・保存料などが多めに含まれていて、賞味期限は長くなっています。ブレンディ、UCC 職人の珈琲、ネスカフェエクセラなどが有名どころです。
  • 紙パックタイプは、専門店・ホテルのコーヒー、プライベートブランドなどの商品が多いです。PB商品は1本100円など値段重視で作られていますが、専門店・ホテルのコーヒーは紙パックにすることで、賞味期限は短い反面、雑味がなく風味を大切にすることができます。ドトール、業務用コーヒー、キーコーヒー、湘南珈琲、横浜ロイヤルパークホテルのものが代表的なアイテムです。
アイスコーヒーでも徹底的に味にこだわるなら紙パックタイプのものがおすすめです。ゴミも少なくて済むのでエコでもあります。

あとは、それぞれのブランドが使っている豆・ブレンド次第なので、好きな物が見つかるまで飲み比べてください。

2. 缶コーヒーの選び方

日本では、持ち運びできるタイプだと、ペットボトルもありますが、熱処理などの関係上、ほとんどが金属缶に入った、いわゆる缶コーヒーが主流です。とにかく砂糖やミルクがたっぷりはいって甘ったるい印象の缶コーヒーでしたが、それはそれでコーヒーとは違う飲み物として、未だ男性からの人気は根強いです。飲んでいる途中で、香りをもっと楽しみつつ、キャップを閉じて持ち運べるように、広口タイプの缶コーヒーも増えてきました。

最近ではヘルシー志向を反映して、糖分控えめのものが売れています。実は、ブラック無糖、微糖・ゼロタイプのものでは根本的に違うので注意が必要です。

  • 低糖、糖分ゼロの缶コーヒーは、砂糖の代わりに合成甘味料のスクラロースとアセルスファムKが使われて、味が調整されています。また、香料・安定剤が付加されることも多く、大丈夫だろうけど、よく見えないリスクがある商品です。
  • ブラック無糖は、基本的にコーヒー以外は混ぜ物が入っていない缶コーヒー。香料も添加されてないので安心して飲むことができます。UCCブラックやBOSSブラックが代表的で、最近バリエーションが増えてきています。
健康にこだわるのであれば、ブラック無糖を確実に選びたいところです。コーヒーそのものの味わいも一番楽しむことができるでしょう。

また、コンビニでの100円コーヒーなど、他にも手軽に本格的な味が楽しめるようになってきた中で、有名コーヒーチェーンの味を再現した高級缶コーヒーも出てきていて、味も徐々にレギュラーコーヒーに近づいてきているようです。

  • 最初に伊藤園から発売されたのがタリーズの缶コーヒー。普通の缶コーヒーよりは2-3割は高いですが、タリーズの名に恥じない、缶コーヒーとしては上質な味わいを出していることで評判です。
  • 最近ではなんとあのスターバックスも缶コーヒーを出しました。通常商品より5割以上高いですが、最高級の豆にこだわって缶コーヒーを作っていて、店の味をギリギリまで再現できるように仕上がっています。

3. トクホのヘルシアコーヒー

2013年の発売以来、大きく話題をさらったのが、あのお茶で有名なヘルシアのコーヒー。特定保健食品とコーヒーという一見矛盾するコンセプトを実現しています。お茶と同様、脂肪を燃焼しやすくするコンセプトで、コーヒークロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれています。正直、味の点では....という評価が多い上、飲んだからといって劇的に体重に影響があったという話は聞いたことがなく。イメージで売れてはいますが、スマートショッピングではあまりおすすめできない商品です。なぜなら、そもそもコーヒーでダイエットするくらいなら、自分の好きなコーヒーを飲んで、運動するなりダイエットサプリを買うなりしたほうが、効果も出やすいしコスパも高いでしょう、と考えるからです。

4. 通販で賢く送料無料にするには

コーヒー飲料の商品単価は1,500-2,000円程度と送料無料まではあと一息。缶コーヒーだと30缶入りのパッケージを買えばまず送料無料になるでしょうが、特にコーヒーボトルのほうが中途半端な値段に落ち着くことが多いです。とはいえ、あと1品程度何かを買えばいいレベルなのでひと工夫してみましょう。

まずは常套手段としては、牛乳、コーヒーフレッシュ、ガムシロップなどの周辺アイテムをあわせ買いしてしまうことでしょう。クッキー・ビスケットなどコーヒーにちょっとひとつまみできるお菓子を追加するのも良いでしょう。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

コーヒー(缶/ボトル)でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら27.1%安い楽天西友ネットスーパー。一方幅広く選ぶなら270商品を扱うLOHACO(ロハコ)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

244

-1.6%

爽快ドラッグ

159

-4.3%

ケンコーコム

154

-4.5%

イトーヨーカドー

18

7.8%

楽天西友ネットスーパー

50

27.1%

ヨドバシカメラ

97

7.4%

LOHACO(ロハコ)

270

3.7%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

33

16.4%

Amazonパントリー

52

10.7%

PREMOA(プレモア)

7

-18.3%

コーヒー(缶/ボトル)の特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops