安い・激安のチョコレート

安い・激安のチョコレート一覧

220商品
0お気にいり 10,067View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

チョコレート220商品を、100gあたり安い方から並べて紹介。 最安値の商品は「ネスレ エアロ ミニ 81g」の¥56/100g、45/個で、あなたがいつも買っている商品より安い可能性あり!?
スマートショッピングではチョコレート菓子ミルクチョコレートといったジャンルの品揃えはもちろん、ポッキーガーナといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック!

1位: ネスレ エアロ ミニ 81g

チョコレートのサブカテゴリ

チョコレートのブランド



「チョコレート」カテゴリの新着口コミ

仕事中にも手早く軽く楽しめるお菓子です。一回ぶんのおやつにしてはちょっと多めですがたまに食べるならこれくらい…と思って食べちゃってます。

価格としては近所のスーパーともあまり変わらない感じ、送料調整にまた購入するかもです。

2 いいね

子供の頃からアルフォート好き。いまでも何だかんだ家族と食べてしまいます。最近はいろんな味のバリエーションがあるこの商品をオシ買い。

1 いいね

おいしくいただいております。又、機会があればよろしく願いします。

10年振りに食べました。 美味しくて食べ過ぎました

いつも大変お世話になっております。 お安く分けていただき助かります またよろしくお願いいたします。

商品届きました。 早速美味しく頂いております。 届いた日は涼しかったから良かったのですが 昨日から、暑い日は、柔らかくなるので冷蔵庫で保管ですね。

いつも美味しく頂いております! どうもありがとうございます!

好きなチョコレートを安く買えてラッキーです。

美味しくいただきました。価格の安さに驚きです

思った以上に早く届いて良かったまた注文しよう思います

チョコレート通販で賢い買い方

チョコレート

ちょっと疲れた時や頑張った後のご褒美といえばチョコレート。コーヒーや紅茶のお供に、またはおやつや気分転換として単品で。板チョコからナッツ入りチョコ、生チョコやポッキーなど、色々な種類のチョコレートが出てきており、日本チョコレート・ココア協会によると、徐々にですが国内消費も増加傾向にあります。

高カロリー・肌への悪影響等々、ネガティブなイメージも根強いですが、やはり皆さんチョコレートは大好きですよね。実際、スマートショッピングのスナック・スイーツカテゴリ内でも常に訪問者数はトップクラスです。さらに、近年ではチョコレートの主成分に含まれるカカオの健康効果に対する注目度も高まってきています。以下、チョコレートの健康効果やカカオの濃度による比較、食べる際の注意点等々、調査の上まとめてみましたのでご参考にしていただけると嬉しいです。

1. チョコレートの意外な効果・効能

手軽なスイーツと言えばチョコレートですが、脂質・糖質が高く高カロリーであるため、体重や肌荒れ、ニキビなどが気になりますよね。これらの元凶はカカオバターと砂糖が主な原因と言われています。しかしながら、カカオバターの脂肪はたまりにくく、また、良質で悪玉コレステロールが上昇する原因ではないと言われています。

それどころか、CMや雑誌等でも謳われているように、有名なカカオポリフェノールのほかにも、食物繊維や必須ミネラル類、その他、美容効果や集中力アップ・リラックス効果のある成分も含まれています。以下、チョコレートに含まれているこれらの成分について、見ていきます。

<カカオポリフェノール>
  • ポリフェノールは、①強い抗酸化作用を持ち、がんや老化、動脈硬化の原因となる活性酸素の働きを抑えます。例えば、血中の悪玉コレステロールが活性酸素により酸化されて動脈硬化となるのを防ぎます。また、②血管を広げる作用も持ち合わせており、冷え性や高血圧を防ぎ、代謝をスムーズにするためダイエット効果もあります。
  • 特にカカオ80%程度のダークチョコレートになると、赤ワインやコーヒー、緑茶の4~5倍もしくはそれ以上のポリフェノールを含んでいます。
<食物繊維>
  • ご存知の食物繊維。チョコレートに豊富に含まれており、便秘解消につながります。便秘解消により腸内環境が整い、結果として消化・吸収効率が高まるので、ダイエット効果があります。
<ミネラル類>
  • チョコレートは、必須ミネラル類である、カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛等を豊富に含みます。
  • カルシウムは、骨粗鬆症やイライラの防止、ストレス軽減に働きますし、マグネシウムは筋肉細胞内のカルシウム量を適切に調節したり心臓を正常に動かせる効果があります。また、鉄や亜鉛は亜鉛は貧血の防止に効果的です。
<集中力・リラックス効果のある成分>
  • チョコレートに含まれる糖分そのものが脳の血流を上げ、活発化させますが、カカオに含まれるカフェインの一種であるテオブロミンは覚醒効果と共に神経を沈静化する効果もあり、集中力を上げると共にリラックスをもたらしストレスを軽減する効果もあります。
  • また、脳の抑制系の神経伝達物質であるGABA(ガンマアミノ酪酸)という成分もチョコレートに含まれており、ストレスの軽減、神経の抑制に働いています。特に、グリコから販売されている商品には、GABAの含有量を引き上げたものもあります。

上記で、チョコレートの偉大さ(?)がおわかりいただけたと思います。しかしながら、やはり脂質・糖質の摂りすぎにつながるので食べ過ぎはいけません。1日の摂取目安としては。諸説あるものの、1日30~60g程度(板チョコで2~4かけら分。平均的なミルクチョコレートで150kcal〜300kcal程度)にするべきと言われています。

さらに、チョコレートの健康成分は数時間しか持続しないため、まとめて食べるのではなく、1日3回等、バラバラに食べるのが好ましいです。健康効果を意識して食べるのであれば、できれば余分なものがあまり入っていないカカオ70%以上が望ましいです。あまりカカオの含有量が多くなると食べづらくなりますが、70~80%程度であれば甘さも程よくあり、食べやすいと思います。

2. カカオの含有率による味・食感の違い

ここまで読んでこられて、チョコレートに健康成分が多いのはわかった、そしてカカオの含有量が、では、カカオの含有量の違いは味や食感にどう影響するのか関心があると思います。以下、複数品目を試してみて、筆者なりの感想を簡単にまとめましたのでご参考にしてください。筆者は70%くらいがちょうど良い加減の苦さで、たまに80%程度の物も食べますが、それ以上になるともう別の食べ物のようで、あまり進んで食べようとは思いません。

<カカオ30~40%程度(一般的なミルクチョコレート)>
  • 一般的な甘いチョコレートです。通常、スーパーやコンビニで買う、普通のチョコレートであり、イメージ通りの味で美味しいです。
  • 言うまでもないかもしれませんが、子供に食べさせても、美味しいと食べるはずです。
<カカオ50~60%程度>
  • このあたりからが、ダークチョコレート・ビターチョコレートに属します。
  • 少々苦味が増しますが、ミルクチョコレートに比べ、甘さが控えめでスッキリした印象です。
  • この程度であれば、子供もびっくりしないで食べられる許容範囲かもしれません。
<カカオ70%程度>
  • 健康効果を期待するなら70%という人が多いです。しかし、、、、
  • ミルクチョコレートに比べ、明らかに苦味が増してきています。もしかしたらこのくらいから苦手という人は多いかもしれません。子供にもあまり向かない気がします。
  • 一方、苦味自体は、お土産でもらうような外国産の苦味の強目のチョコレートを食べている方ならさほど問題なく、むしろ美味しく食べられると思います。
  • この辺りから、チョコレートの硬さも徐々に増してきます。が、商品開発も進んでおり、従来ほどではありません。
<カカオ80%程度>

さらに苦味が増し、酸味も強くなってきます。ただし、ダークチョコレート・ビターチョコレートにあまり抵抗のない方にはそれほど問題なく、私のように、毎回ではないものの、時折食べたくなる、と思えるような存在かもしれません。

当然ながら、このあたりからは食べにくくなってきてしまうので、お子様にはお勧めしません。

<カカオ90%程度~100%>
  • かなり苦味が強く、さらに硬いです。
  • ダークチョコレート・ビターチョコレートが相当好きな人が食べるのであれば美味しく感じるかもしれませんが、個人的にはよほど苦味が好きな人以外にはお勧めできません。

以上、比較を行いましたが、おそらく50~60%程度であれば、大人の方でしたら問題なく食べられると思います。それ以上は、あとは本人の好み次第といったところでしょうか?

筆者も最初にカカオ含有率の高いチョコレートを食べた時は抵抗がありましたが、食べ続けてくると、以外とあの苦さがたまらなく美味しくなってきます。チョコレートは大好きで、かつ健康効果も期待したい!という方は、しばらく70%程度のチョコレートを食べ続けると苦手意識が払拭されるかもしれません。

3. 通販で上手に買うための留意点

売れ筋商品を見てみると1パッケージがおおよそ200~300円程度ですので、通販で送料が無料になる2000円まではやや遠いというのが正直なところです。1種類のチョコレートをまとめ買いしても飽きてしまうので、例えばカカオ含有率の異なるもの、アーモンド入りのもの等、異なる種類をまとめ買いするなどの工夫が必要です。もしくは、他の商品との合わせ買いで買う商品群に位置づけ、合計料金が足りない時に買い足していく、と割り切っても良いかもしれませんね。

注意が必要なのは、賞味期限が商品によってまちまちで、通常通販で購入できるものですと、1か月から1年と大きく差がある点です。一般的には、交じり物が少なければ少ないほど賞味期限は長くなるとされていますが、特に生チョコやガナッシュチョコは要冷蔵かつ賞味期限が短いです。また、これらを除くと、チョコレートの大半は湿度と高温(28度から溶け始めます)を避けて常温保存が望ましいとされており、「念のため冷蔵庫に」等してしまうと、品質が低下しますのでその点もご注意ください。

総合すると、チョコレートの消費量を考えながら、多種類をまとめて買うのか、合わせ買いの対象商品と位置づけるのか、柔軟に対応していくのが良さそうです。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

チョコレートでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら22.4%安いヨドバシカメラ。一方幅広く選ぶなら262商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

262

-51.2%

爽快ドラッグ

15

20.5%

ケンコーコム

10

2.2%

ヨドバシカメラ

35

22.4%

LOHACO(ロハコ)

72

-5.8%

Amazonパントリー

10

5.6%


チョコレート 人気トップ10商品

チョコレート人気ランキング1位は"チョコレート効果 カカオ86% 70g"で、人気スコアが86点。レビューも高く、おすすめの人気商品です。

チョコレートの特集記事

チョコレートのブランド別最安商品



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops