ポテトチップスおすすめランキングと種類・カロリー

スナック菓子・米菓

ポテトチップスは日本で昔から人気のあるお菓子です。スナック菓子の代表といえるものであり、ジャガイモをもとにして作られています。さまざまな味付けがされており、現在多くのメーカーからいろいろな種類のポテトチップスが出されています。長期間保存することができ、冷めてもおいしいです。

そんなポテトチップスにはどのような種類があるのでしょうか?どのくらいのカロリーが含まれているのか気になる方はたくさんいるでしょう。こちらではポテトチップスに注目をして、いろいろな情報を紹介します。ポテトチップスについて気になる方や興味のある方はとても参考になるでしょう。役に立つ情報を教えます。

ポテトチップスおすすめランキング!種類やカロリーを徹底分析

ポテトチップスの種類

ポテトチップスは現在いろいろなメーカーから出されています。そのため、非常に幅広い種類の味が揃っています。いろいろな味を楽しむことができるようになっています。一部のお店限定で発売されているようなものもあり、毎年新しい味のポテトチップスが登場しています。味の種類だけでも数十種類はあります

ポテトチップスはじゃがいもを揚げたものですが、なかには揚げないポテトチップスもあります。そちらは低カロリーな点が特徴となっており、揚げたものとあまり食感は変わりません。そのため、ヘルシーな分だけダイエットをしている方にも、おすすめとなっています。

ノンオイルのポテトチップスは、食感や風味などの問題があるため、なかなか商品化することが難しいのですが、最近はノンフライポテトチップスが日本でも発売されるようになりました。価格は普通のものよりも高めとなっていますが、低カロリーのため安心して食べられます

ポテトチップスの種類

ポテトチップスといえばじゃがいもですが、日本以外の国ではバナナの方がむしろポピュラーなものとなっています。バナナチップスと呼ばれています。日本ではさつまいもをチップスにしたものも食べられています。ほかにも、リンゴやれんこん、かぼちゃなどを使ってチップスにしたものもありますが、日本で多くの方に受け入れられているのは、やはりじゃがいもを使ったポテトチップスです。

ポテトチップスといえば、塩味のものが一般的でしょう。それだけではなく、コンソメ味やのり塩味、ほかにもしょうゆ味やもっと珍しい味のものも登場しています。地域限定のものもたくさん売られています。その地域の独自のグルメや食品などの味を再現したものがよく売られています。基本的には、地域限定で発売されているため、ほかの地域の人が買うことはできません。

そのため、よくおみやげとして購入されています。また、期間限定として発売されるものもあります。それぞれの季節限定のポテトチップスも売られています。特定のお店でのみ発売されているようなものもあり、特定のコンビニとタイアップしています。

このように、ポテトチップスというのはさまざまな種類があります。市販されているものだけではなく、自分で作ってみるという方法もあります。いろいろなポテトチップスを満喫することができるでしょう。バラエティ豊かなため、飽きません。

ポテトチップスのカロリー

ポテトチップスはカロリーが高いというイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?いろいろな商品があるため、それぞれカロリーは異なっていますが、基本的に100gあたりのカロリーは550kcalくらいとなっています。実際には、1袋に入っている量は100g以下のものが多く、350kcalくらいのカロリーとなっていることが多いです

これは、ほかのお菓子と比較してみても、カロリーが高い部類となっています。ビスケットやクラッカーは100gあたりで500kcalくらいであり、かりんとうやあられなどは400kcalくらいとなっています。塩せんべいの場合は、400kcal以下となっています。そのため、ポテトチップスをたくさん食べてしまうと簡単に太ってしまうので、注意しましょう

お店に行くとたくさんのポテトチップスの商品が売られていますが、基本的にそのようなものを買うべきではありません。軽い食事をとるのと同じぐらいのカロリーとなってしまうからです。普通サイズのポテトチップスを食べてみたり、あるいは一人で食べるのではなくてみんなで分けて食べるようにしてみると良いでしょう

ポテトチップスのカロリー

最近は小さいサイズのものも売られています。いくつかの袋に小分けされているものもあります。また、ダイエットをしている方のためにできるだけカロリーを抑えているものも少なくありません。ノンフライのポテトチップスも登場しています。

ポテトチップスを食べるときには、ジュースは飲まないようにした方が良いでしょう。それよりも普通の水やお茶、コーヒーなどにしておくべきです。そうすることによって、カロリーを抑えられます。ポテトチップスを食べているとどうしてものどが渇いてしまうことが多いです。それを避けるために、水分を補給することは欠かせませんが、それで太ってしまうことがあります

いろいろな商品が出ているため、それぞれのカロリーをよくチェックしてみましょう。ピザ味のようにさまざまなものが添加されている場合にはカロリーが高くなりやすいです。しょうゆ味の場合は、あっさりとしていてカロリーも低くなっていることが多いです。

また、一日にポテトチップスを食べるのは1袋にしておきましょう。たくさん食べ過ぎてしまうと太りやすくなります。あくまでもおやつとして食べるべきものであり、これを主食にするものではありません。食べる量をきちんとコントロールすることによって、ダイエット中でもポテトチップスを楽しめます

ポテトチップスおすすめランキング

1. チップスター S うすしお味 箱50g

チップスター S うすしお味 箱50g
¥170/100g
40%安
¥85 SEIYUドットコム(西友)
¥99 ヨドバシカメラ
他4ショップ
"ナビスコ チップスター S うすしお 50g"は、あっさりした塩味の成形ポテトチップスです。パリッとした食感とじゃがいものうまみを楽しめる、誰でもおいしく食べられるスナック菓子です。食べきりサイズで、ふたも付いているため持ち運びにも便利。

2. じゃがりこ サラダ カップ60g

じゃがりこ サラダ カップ60g
¥228/100g
¥137 イトーヨーカドー
¥148 (x12) Amazon(アマゾン)

じゃがりこは、細長いスティック状の形とカリカリの食感でおなじみの、カルビーから発売されているポテトスナックです。

スライスしたジャガイモを蒸して裏ごししてから味付けをしてからスティック状に形を整えたものを乾燥させてから油で揚げて作るポテトスナックは、カルビー独自の製法と設備で作られているので、他にはないポテトスナックです。カップ型のパッケージも特徴のひとつです。カップ型のパッケージは、女子高生がカバンに入れて持ち歩けるようなポテトスナックをコンセプトに考えられました。それまでの袋のポテトチップスとは違い、いつでもどこでも持ち運べて食べやすいスナック型のスナックを、カバンの中でもつぶれにくいカップ型の容器入れて出来上がったのが、スティック状のカップ入りポテトスナックのじゃがりこです。発売開始後も、改良が重ねられていて、新しいパッケージは今までよりカップのサイズが1cm短くなり、よりコンパクトで持ち運びに便利な形になりました。

じゃがりこサラダは、裏ごししたジャガイモにニンジンとパセリを練り込んで作っています。素材の美味しさをあじわえるようなあっさりとしたサラダ味になっています。一番初めに登場したサラダ味のフレーバーは、定番中の定番です。


3. カルビーポテトチップス うすしお味 袋60g

カルビーポテトチップス うすしお味 袋60g
¥130/100g
54%安
¥78 SEIYUドットコム(西友)
¥95 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他5ショップ
"カルビーポテトチップス うすしお味 袋60g"は、誰もが知っているキングオブポテトチップス。一番ベーシックなうすしお味ですが、毎年素材や製法が進化してきています。良質かつ生産地の見える馬鈴薯(じゃがいも)をそのままスライスしているため、一番じゃがいもの味をダイレクトに味わうことができます。石垣島の美しいサンゴ礁の海から汲み上げた海水から抽出された「石垣の塩」を使い、しょっぱいだけの塩味ではなく、きちんとミネラルが含まれたまろやかなうすしお味に仕上げました。隠し味のこんぶエキスパウダーが、さらにポテトの味を引き立てています。筆者も長年のファンで、あの成形しない新鮮かつパリッとした食感がたまらず、未だに夜食に食べてしまうことが多いです。ビールのおつまみにも最高。食べ切りやすい60gサイズで、次から次へと手を伸ばしているうちに、気づいたらなくなっていることがほとんどです。

4. キャラメルコーン 袋80g

キャラメルコーン 袋80g
763円お得
¥110/100g ¥88/個
70%安
¥88 (x3) LOHACO(ロハコ)
¥88 (x12) Amazon(アマゾン)
他6ショップ

キャラメルコーンは、東ハトから発売されている赤いパッケージでおなじみのスナック菓子です。

トウモロコシを挽いて作られたコーングリッツが原料のパフ状のスナックに、ミルクキャラメルでコーティングがされています。さらに、香ばしいローストピーナッツが一緒に封入されているのも特長です。サクサクッとした食感でキャラメルの香りが口の中にとろけて広がるスナックの優しいおいしさとそれを引き立てるピーナッツの塩味が絶妙の組み合わせです。

2003年に、パッケージの赤色はそのままにデザインがリニューアルされました。それ以降、フレーバーのバリエーションが増えて、季節限定の味やパッケージ、サイズを変えた商品などが色々と発売されるようになりましたが、やはり元祖の商品は大人から子供までおいしく楽しめる定番のおやつなのではないでしょうか。

ふんわりと軽いスナック菓子の中身がつぶれないように膨らませてあるパッケージなので、重くはないですがお買い物の時にはちょっとかさばると感じることもあるかもしれません。そんな時は、他のお買い物と一緒にネットで注文すれば、価格も安く買うことができるので、手軽にしかもお得に買うことができるのでおすすめです。


5. マイクポップコーン バターしょうゆ味 60周年 60g

マイクポップコーン バターしょうゆ味 60周年 60g
61円お得
¥174/100g
31%安
¥87 SEIYUドットコム(西友)
¥89 ヨドバシカメラ
他4ショップ

マイクポップコーンバターしょうゆ味は、ジャパンフリトレーから発売されているポップコーンです。

マイクポップコーンは、日本で初めて発売された袋入りポップコーンです。1957年に日本初のポップコーン会社であるマイクポップコーン社が設立されて、マイクポップコーンが発売されました。その後、1983年に日本人好みのフレーバーとして、和を取り入れたマイクポップコーンバターしょうゆ味が発売されました。マイクポップコーンバターしょうゆ味は、焼きとうもろこしのようなしょうゆ味を目指して開発された、日本人が好きな香ばしさとバターのコクとしょうゆの風味がそろったフレーバーです。2009年からはモンドセレクション金賞を受賞しているマイクポップコーンバターしょうゆ味は、現在も日本の代表的なポップコーンです。ポップコーンは油で揚げていないノンフライで、食物繊維も豊富なヘルシーなスナックなので、それも日本人に好まれ続ける理由かもしれません。

マイクポップコーンは2017年に発売60周年を迎えるのを記念して、60g入りに増量した期間限定パッケージのマイクポップコーンバターしょうゆ味60周年を発売しています。60周年の増量パッケージはお得は期間限定品ですがネット通販でも購入できます。


6. じゃがりこ たらこバター カップ52g

じゃがりこ たらこバター カップ52g
¥229/100g
¥119 ヨドバシカメラ

じゃがりこは、カルビーから発売されているスティック状の形がおなじみのカップ入りポテトスナックです。

じゃがりこたらこバターは、たらこのうまみをバターが引き立てています。たらこ感がアップしてリニューアル発売されて、見た目の赤いたらこのプチプチも風味豊かな味わいも増して美味しくなりました。

じゃがりこのパッケージには遊び心がたくさんかくれています。これには、じゃがりこを食べるときに、ただ美味しいだけではなく楽しい気持ちになって食べてもらいたい、という思いが込められています。まずは、じゃがりこのおなじみのキャラクターのキリンです。キリンは色々なダジャレを言っていますが、実はこのダジャレは、それぞれの特長をダジャレで伝えています。また、パッケージの裏側のバーコードも遊び心のひとつです。これはデザインバーコードというもので、じゃがりこには30種類以上のユニークなデザインバーコードがついています。可愛いイラストになっていたり、おなじみのキリンのダジャレがデザインされていたり、カルビーからのメッセージが込められているものやそれぞれのフレーバーに合わせたデザインバーコードもたくさんあるので、全種類を探してみたくなりそうです。


7. じゃがりこ じゃがバター カップ58g

じゃがりこ じゃがバター カップ58g
1078円お得
¥209/100g ¥121/個
¥121 (x3) LOHACO(ロハコ)
¥148 イトーヨーカドー
他2ショップ

じゃがりこは、スティック状の形とカリカリザクザクとした食感がやみつきになる、カルビーから発売されているポテトスナックです。

じゃがりこじゃがバターは、蒸かしたジャガイモにバターをのせたじゃがバターの味を再現しています。北海道産のバターのコクとじゃがいもの風味が絶妙の味わいになっています。

じゃがりこはカバンに入れで持ち歩けるようなじゃがいものお菓子をコンセプトの開発されたスナックですが、現在の形になるまでには様々な歴史がありました。最初に開発されたじゃがりこは、箱型のパッケージに四角いスティックでしたそして、この時同時にカップタイプのパッケージも実験的に作られました。その後棒状の丸いスティックに変わり、長さを短くしてカップもコンパクトになりました。その後、中身を整列させたりなどの工夫でカップサイズをより小さくして、持ち運びに便利な現在のパッケージと食べやすくておいしい食感の棒状スティックにたどりつきました。

スーパーやコンビニなどどこでも買えますが、お得に買いたいならネット通販がおすすめです。また、ポテトチップスなどと比べて、食べきりサイズで安いので、ちょっとしたおやつにストックしておくにもおすすめです。


8. コンソメパンチ 袋60g [3145]

コンソメパンチ 袋60g [3145]
¥167/100g
42%安
¥100 ヨドバシカメラ
¥101 (x12) Amazon(アマゾン)
他1ショップ

カルビーのポテトチップスといえば、ポテトチップスの定番としてほとんどの方がご存じなのではないでしょうか。1975年に発売されたコンソメパンチは、おそらくその中でもたくさんの方に選ばれている味でしょう。コンソメパンチの味は、お肉のうまみと野菜の甘みが凝縮されたコンソメスープの味です。みずみずしくて豊かな香りとコクが、ポテトチップスのパリッとした軽い食感に絶妙にマッチした飽きのこないおいしさです。

カルビーでは、じゃがいも丸ごと!プロフィールということで、ポテトチップスのパッケージに記載されているデータを入力すると、原料であるじゃがいもの産地や生産者、製品の生産工場などの情報を検索できるトレーサビリティを行っています。子どもが食べるおやつにもなるので、食の安心安全が確保されている商品なら安心して選ぶことができます。

1袋60g入りではすぐに食べて終わってしまう、ポテトチップスなら毎日でも食べたい、という方にもおすすめなのが、12袋入り1ケースで購入する方法です。ケースで買えば価格の点でお得です。商品そのものは軽いけれど、かさ張ってしまうのでなかなかまとめ買いはしにくい、という心配もネット通販を利用すれば関係ありません。


9. チップスター パリッとしたうすしお味 箱115g

チップスター パリッとしたうすしお味 箱115g
33円お得
¥147/100g
49%安
¥169 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥207 (x12) Amazon(アマゾン)
他1ショップ

赤い筒型のパッケージでおなじみのチップスターうすしお味は、40年以上前からあるロングセラー商品で、日本初の成形ポテトチップスです。

成形ポテトチップスとは、スライスしたジャガイモではなくポテトフレークを成形して揚げたポテトチップスのことです。チップスターはアイダホ産のポテトフレークを使い、円形に成形した生地を植物油脂を使って揚げているので、風味が良くて油脂分が少なくてさっぱりとした軽い味わいになっています。また、シンプルなオリジナルのうすしお味は飽きがこないのでどんどん食べられます。

チップスターには115g入りのLサイズと50g入りのSサイズがありますが、コストパフォーマンスを考えるならLサイズがおすすめです。115g入っていれば、みんなで食べる時にも1人で好きなだけ食べたい時にも十分な容量です。蓋がついている筒型パッケージなら一度に食べきれなくても大丈夫なので便利です。さらに、以前は筒の蓋にはプラスチック、底にはスチールが使われていましたが、現在は100%紙製のリサイクルパッケージに変更されて、紙筒の底にはミシン目を入れてつぶしやすくしたユニバーサルデザインになっているので、おいしくてエコにも貢献できる商品です。


10. コイケヤポテトチップス のり塩 袋60g

コイケヤポテトチップス のり塩 袋60g
¥130/100g
54%安
¥78 SEIYUドットコム(西友)
¥95 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他5ショップ

スナック菓子メーカーで有名なコイケヤの「ポテトチップス のり塩」が誕生したのは、1962年。当時のポテトチップスは塩味が定番でしたが、日本人になじみのある味付けにしたいという想いから、のり塩が生まれました。ポテトチップスを日本人に定着させた創業者、小池和夫氏はその功績が認められ黄綬褒章を受けた1人です。開発当初は品質を安定させるのに試行錯誤したといいます。小池氏の努力がなければ、日本のお菓子として定着しなかったといっても過言ではありません。

コイケヤポテトチップス のり塩は、のりの風味と塩味が絶妙なバランスで多くの人から支持を得ています。シンプルながらも深い味わいに香りも良く、他のポテトチップスと比べ歯ごたえや舌ざわりに違いがあり、とても人気の商品です。

1袋60gのカロリーは330kcalと標準的ですが、ついつい食べすぎてしまう人が多いようで注意したほうがいいでしょう。アレンジレシピには、コイケヤポテトチップスのり塩を使った季節野菜のチャーハンや、細かく砕いて鶏肉にまぶして焼く鶏料理、サラダの隠し味などさまざまです。コスパもよくお求めやすいお値段になっていますので、ストックして美味しく楽しくオリジナルレシピを考案してみてはいかがでしょうか。


ポテトチップスおすすめランキング!種類やカロリーを徹底分析

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。