最終更新日:
 
閲覧数: 23

カロリーはどれくらい?おすすめのコーヒークリームは?

コーヒークリーム

コーヒーを飲んでいる方はたくさんいるでしょう。今では日本人にとって、とてもなじみ深い飲み物となっています。冬になれば熱いコーヒーを飲んで体を温めることができます。夏になると冷たいアイスコーヒーを飲んで清涼感を感じることができるでしょう。そんなコーヒーを楽しむために欠かせないものがコーヒークリームです

ブラックで飲むのが好きだという方もいますが、多くの方はコーヒークリームを使っています。カフェやファストフードなどではコーヒークリームが使い放題となっていることも珍しくありません。今回はコーヒークリームのカロリーに注目しました。ダイエットや美容などを意識している方には興味深い内容となっています

コーヒークリームおすすめランキング!気になるカロリーも

コーヒークリームの種類

コーヒークリームとは一体何なのでしょうか?コーヒーフレッシュやコーヒーミルクという呼ばれ方をされることもありますが、基本的にこれらはすべて同じものを指しています。コーヒーに加えるためのクリームのことであり、入れることでコーヒーに甘みを加えることができます

かつてコーヒークリームがなかった頃には、コーヒーには牛乳や生クリームが入れられていました。しかし、これでは日持ちしなく、コストもかかるといった理由から代用品が開発されるようになりました。それがコーヒークリームであり、日本では1970年代にメーカーが開発して全国に普及しました

成分は生クリームとは異なり、基本的には植物性脂肪が使われています。そのため、乳糖不耐症で牛乳が飲めない方でも安心して使えます。ただし、メーカーによっては乳由来のものを製造しているところもあるので注意が必要です。コーヒーフレッシュという呼び方は関西や中京圏においてよく用いられています。それ以外の地域ではクリームやミルクと呼ぶことが多いです。日本では多くのメーカーがコーヒークリームの開発をしています。

コーヒークリームの種類

基本的にコーヒーミルクというのは中に乳由来のものは含まれていません。あくまでもミルクの代用品であり、ミルク風味の食品であると考えられています。成分は植物性脂肪のほか、水や乳化剤、カラメル色素、増粘多糖類、香料などによって構成されています。白色なのは、水と脂を乳化剤で混ぜているからです。

コーヒークリームはポーションタイプのものが多いです。ポーションという小さな容器の中に一杯分のコーヒーに使えるコーヒークリームが含まれています。小型のカップに入っているため、使いやすいです。たくさんのポーションが一つの袋にまとめられ、販売されています。基本的に値段は安価となっているので、一度にたくさん買ったとしても経済的です。粉末タイプのものも売られており、常温で保存することができます。

場合によっては普通のクリームやミルクでコーヒー用として売られているものをコーヒークリームと呼ぶケースもあります。この違いについては商品に記載されているのでチェックしましょう。乳脂肪分が含まれているものが一般的なクリームです。ただ、乳脂肪が含まれていると長期的に保存することができないというデメリットがあります。

コーヒークリームにはこのようにいろいろな種類があります。定義が曖昧なため、それぞれの商品に乳脂肪が含まれているかどうかをチェックして違いを認識しましょう

コーヒークリームのカロリー

コーヒークリームのカロリーはどれくらいでしょうか?植物性で液状のものは、1回分で5mlあたり13〜15kcalくらいとなっています。乳脂肪分の含まれているものは、大さじ1あたりで25kcalくらいです。また、牛乳の場合も同じぐらいのカロリーとなっています。したがって、基本的にカロリーについていえば、乳脂肪が含まれている方がカロリーは高くなりやすいです。一般的なコーヒークリームやコーヒーフレッシュでも植物性脂由来のものの方がカロリーは低いといえるでしょう。

そもそもコーヒーにどのくらいのカロリーがあるのかは多くの方は知らないと思います。コーヒーは1杯あたり約4Kcalくらいとなっています。そのため、ほとんどカロリーのことは考えなくてもいいでしょう。コーヒーはダイエットのためにとても良い飲み物です。ジュースをたくさん飲むより、コーヒーの方が太りにくいためおすすめです。コーヒーを飲むときにコーヒークリームを入れたとしても、その合計のカロリーはほとんどコーヒークリームによるものといえるでしょう。

コーヒークリームのカロリー

ただし、コーヒーにコーヒークリームだけではなく、砂糖を入れる方もいると思います。この場合、砂糖のカロリーまで入ってしまうため、全体のカロリーはかなり高くなってしまいます。ダイエットを考えている方はあまり砂糖を使わない方が良いでしょう。砂糖を使わなくてもコーヒークリームだけで甘みが出るので、コーヒーの苦味を抑えることができます。

コーヒークリームを入れるときは一回分の量だけを使うようにしましょう。一回分の量が小型のカップに入っていることが多いです。それを1杯につき1個だけ使うようにすれば、カロリーが高くなるということはないでしょう。たくさん入れてしまうとカロリーが高くなってしまうため、ダイエットには不向きな飲み物になってしまいます。

コーヒークリームはたくさんのメーカーから登場しています。それぞれ微妙にカロリーが異なっているので、ダイエットを考えている方は注意しましょう。できるだけ低カロリーのものを選ぶようにすれば、カロリーを過剰に摂取してしまうことを防げます。

コーヒークリームおすすめランキング

1位: 三本コーヒー ガムシロップ ポーション 20個X2袋

主要2モールで取扱い

商品説明

美味しいコーヒーを提供する三本コーヒー株式会社が作る甘味料です。果糖ぶどう糖液糖と砂糖を原料としてブレンドしています。そのため果糖のまろやかなコクと甘さがコーヒー・紅茶の味をいっそう引き立てることが可能になりました。ただ甘いだけではなく果糖の爽やかな甘みが加わっているため、しつこさがありません。アイスコーヒーやアイスティーだけでなく、ヨーグルトやコーヒーゼリー、デザート等にも最適です。「ちょっと甘さが欲しいな」という時にさっと手軽に加えることが出来るので便利です。13gと容量もたっぷり入っており、一杯分ずつ使用することが出来ます。経済的かつ衛生面も安心なポーションガムシロップです。そんなたっぷり詰まったガムシロップが1包装あたり20個も入っているので、アイスコーヒー好きの方やファミリーにもおすすめです。国内工場で妥協を許さない厳しい管理を行っているため、安心の品質です。ただしガムシロップ一つあたり36kcalあるので、ダイエット中の方や糖尿病など持病をお持ちの方は加え過ぎに注意が必要です。また、ガムシロップは冷蔵庫で冷やしてしまうと固まってしまう可能性があるため、直射日光や高温多湿な場所を避け、常温で保管することをおすすめします。

コーヒークリームおすすめランキング!気になるカロリーも

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。