安い・激安のドレッシング

安い・激安のドレッシング一覧

546商品
0お気にいり 3,625View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

ドレッシング546商品を、100mlあたり安い順に紹介。 最安値の商品は「リケン 和風ごまフレンチ 業務用 ボトル1l」の¥44/100mlで、あなたがいつも買っている商品より安い可能性あり!?
スマートショッピングではサラダドレッシングごまドレッシングといったジャンルの品揃えはもちろん、キューピードレッシングケンコーマヨネーズといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック!

1位: リケン 和風ごまフレンチ 業務用 ボトル1l

ドレッシングのサブカテゴリ

ドレッシングのブランド


「ドレッシング」カテゴリの新着口コミ

キューピーのドレッシングが好きなのでよく買います。

これかシーザーサラダ、中華が多いです。



いつも思い立った時にライフで買うのですが、値段いくらっだかな。

西友が最安で¥150ぐらいか。

0 いいね

納期が遅い。もう少し早ければよいのですが。

有機栽培で、安価に販売されていたので購入しました。

色々ゴマドレが出ていますが探してました。一番おいしいです 神戸市北区で取り扱いのお店があれば教えて下さい。 

健康を考えて購入しました。またお願いしたいとも思っています。

大好きなドレッシングなのですが、油が多いのが少し気になります…。

何度が購入させて頂きありがとうございます。梱包のスタイルが毎回変わるので開封時心配になります。

このドレッシングは味が無くてびっくりしました。 これをどうして購入したかは、ずーと前から市販のキューピーイタリアンドレッシングを愛用いて、 同じ商品だと思い購入したのですが、まるで違いました。 1ℓも どうしましょう。完全に失敗しました。キユーピーがこのようなものを、商品化したとは信じられません。

胡麻ドレッシングの中でナンバーワンです。価格は高いですが、これ以上の商品はないと思います。

お土産で頂いて味見すると、シンプルで柑橘系で美味しく飽きない味なのでリピートして4本限定の人に食べて欲しく注文しました。

ドレッシングを安く買うために

ドレッシング

ドレッシングは、サラダにかけるだけで、見違えるほど美味しくしてくれるお馴染みの調味料。大手メーカーの有名な商品から、地域ごとの素材を活かしたものまで、1,000種類以上のドレッシングが日本には存在しています。味のほうも、ベーシックなものだけも、果汁が入ってさっぱりしたフレンチドレッシング、オニオン・ガーリックなども効いたイタリアンドレッシング、マヨネーズ+ピクルス・ケチャップで華やかな甘みがあるサウザンアイランドドレッシング、青じそ・わさび・醤油などをベースにした和風ドレッシング、ごま油を用いた中華風ドレッシングと分かれていて、人によって使う物は様々。それ以外にも2つの大きな新タイプに関するトレンドがあります。まずはノンオイルと呼ばれる、植物油を大幅にカットしたドレッシングで、正式にはドレッシングタイプ調味料と呼ばれています。健康を気にしてサラダを食べているのに、ドレッシング自体のカロリーが高かったら本末転倒でしょうと、健康ブームに乗っかって流行しています。一見もっともらしいのですが、気をつけたいのが、オイルをカットする代わりに糖分を多めに使って味を調整していること、オイルによってできていた野菜の栄養吸収がうまくできなくなること、などの弊害も多いです。もう1つのトレンドは「粉ドレッシング」で、液体タイプにはないトッピングのサクサクした食感や、混ぜるだけでデパ地下のRF1的な美しいサラダが出来上がるという見た目の楽しさも手伝って、普通のドレッシングに若干飽きてきたユーザーの間で話題になっています。サラダ1食あたりにかかるお値段は上がってしまいますが、サラダラバーであれば試してみる価値は大いにあります。

さて、ドレッシングを安く手に入れるために抑えるべきポイントが3つあります。

最初にタイプ別の価格相場について。15年11月現在、各タイプのドレッシングの100mlあたり平均価格は、通常のサラダドレッシングが170円/100ml、ノンオイルが若干安めで155円/100mlになっています。粉ドレッシングだとトッピングが入っている関係上、1食あたり100円はします。先ほど説明した通り、ノンオイルだと栄養をうまく撮れないので、スマートショッピングでは、カロリーを気にするかたも、バリエーションも風味も豊かな通常のオイルタイプを控えめに(適量より気持ち少なめ)使ったほうがスマートと考えています。粉ドレッシングは週末や落ち込んでいるときに、とっておきの贅沢品として楽しむというのはいかがでしょうか。デパ地下の惣菜を買うよりは値段が安く、本格的なサラダが食べられます。いずれにせよ、皆様がおつかいの商品の単位あたり価格と比べてみてください。

第二に、プロ向け・業務用商品の存在について。インターネットだと、飲食店などプロの料理人が使っている、業務用パッケージも多数見つけることができます。やはり大容量であるがゆえに、市販のものよりコストパフォーマンスはよく、まとめ買いさえできれば節約につながります。15年11月現在、キューピーの1lタイプのドレッシングだとフレンチ〜和風まで味が揃っていて、1lあたり52円で平均相場の1/3ほどの格安価格になっています。SSKの1lタイプでも、1l各種ラインナップがそろって、1lあたり55円〜とこれまた市販用ではでない爆安価格です。オイルタイプのものであれば、開封してからでも最低半年は賞味期限があるものがほとんどなので、1lはサラダが好きな方であれば確実に使い切ってしまう分量ではないでしょうか。お気に入りの味があれば、買いだめしてしまうのもスマートな節約方法でしょう。

最後に、有名ブランド・商品の最安値について。通常容量で、誰もが知っている有名ブランドの15年11月現在の価格を元に紹介します。ドレッシングといえば一番最初に連想される、ど定番キューピードレッシング。中でも人気がある深入りごま味の380mlは、101円/100mlで383円が最安値です。キューピーの通常ボトルであれば、どの味でもオイル・ノンオイルに関わらず、100-115円/100mlが最安値になっています。誰もが美味しいと認める、パスタ屋ピエトロのドレッシング、定番の和風醤油味280mlボトルが、140円/100mlの388円が最安値になっています。あとはノンオイルブームより前から、ノンオイルを貫いてきたリケンの青じそ380mlが、72円/100mlの275円と通常ボトルの中では安い部類です。粉ドレッシングになると、味の素トスサラは1食158円、彩りプラスが1食75円。あなたのお気に入りのドレッシングはいくらでしょうか?最新情報は、検索から商品詳細ページで是非チェックしてみてください。

ドレッシング通販で賢い買い方

ドレッシング

健康志向が高まる中、野菜を食べるよう心がけている方は多いと思います。野菜を食べるにあたって、欠かせないのはドレッシングですよね。こだわりの手作りドレッシングを作る方も増加傾向にありますが、実際のところ手間もかかりますし、市販の物で済ましてしまうことが多いと思います。近年のあるアンケート調査では、市販のドレッシングを利用する人が9割超で、約半数ほどの人は自宅に2〜3種類以上のドレッシングを常備しているようです。

アンケート調査やネット上でのランキングを見ていると、ごまドレッシングが一番人気で、醤油ベースの和風ドレッシング、青じそタイプが続いていますが、近年では一時売り切れが続出したトスサラのような粉末タイプや、製法や素材にとことんこだわった商品まで様々なものが売られています。ドレッシングは多くのメーカーから数え切れないほど商品が販売されており、全てをカバーするのは困難ですが、ドレッシングの基礎から健康への影響、こだわり商品までご案内したいと思います。


1. ドレッシングにはどのようなものがあるのか?

私たちがドレッシングと聞いて思い浮かべるものは、きちんと規格が決められており、大きく三つに分かれますのでまずはこれらを簡潔にお伝えします。

  • ドレッシング:食用植物油脂、食酢またはかんきつ類の果汁が含まれるもので、マヨネーズやマヨネーズに類似するもの(カロリーオフのマヨネーズで、「サラダクリーミードレッシング」と定義されます)、また、食用植物油が入っているドレッシング(一般的なオイル入りのドレッシング)等を含みます。さらに形状に応じて、半固体状ドレッシング(マヨネーズ、サラダクリーミードレッシング)、乳化液状ドレッシング、分離液状ドレッシングに分かれます。
  • ドレッシングタイプ調味料:食用植物油脂を使用していない、一般的にノンオイルドレッシングと呼ばれるものです。
  • サラダ用調味料:加工油脂等を使用しているもので、粉末タイプのもの等が含まれます。

これらの3つを合わせて「ドレッシング類」と呼び、販売されているドレッシングはこれらのいずれかに属していることになります。例えば、フレンチドレッシングに乳化液状タイプと分離液状タイプがあるように、必ずしも一つの味がどれか一つのみに当てはまるということはないので、ここから先はあまりこの区分にこだわらず、市販されているドレッシングを主要な味別にご紹介していきます。どうしても、ドレッシングは、いつも使うものを繰り返し買ってしまい、あまり新しいタイプを買わないことが多いと思います。以下を参考に、新しいタイプのドレッシングにも挑戦していただけると幸いです。

<ごまドレッシング(乳化タイプ)>

  • 原料:食用植物油脂、醸造酢に、しょうゆ、砂糖、ごま、卵黄、食塩、その他香辛料等
  • 特徴・相性の良い料理:日本での支持率は長年トップで、各社各様な商品を販売しています。濃厚で香り豊かで豚しゃぶや温野菜にぴったり。生野菜や洋風サラダと合わせる人も。物によっては1食あたりのカロリーが60kcal程度と高カロリーになる点に注意が必要(以降、1食分15gのカロリーを使用します)。

<和風ドレッシング(醤油ベース)>

  • 原料:食用植物油脂、醸造酢、しょうゆ、砂糖(ブドウ糖液糖)、食塩、豆板醤、にんにく等(ごまや玉ねぎが入っているものもあり)
  • 特徴・相性の良い料理:このタイプで最も定番といえばピエトロの和風しょうゆ(生玉ねぎ入り)でしょうか。和風から洋風のどのサラダにも合います。また蒸し鶏やから揚げ等と合わせても美味しくいただけます。また、和風ドレッシングをご飯と具材と混ぜ、フライパンで炒めると美味しいチャーハンが出来上がります。分離型のものが多いですが、上下に振るのではなく、ボトルの真ん中を持って左右に振ることがポイント。糖質が多いこともあり、カロリーはそれなりに高い(35~70kcal程度)のが難点です。

<青じそドレッシング>

  • 原料:しょうゆ、醸造酢、糖類、梅肉、青じそ、カツオエキス、りんご、レモン果汁等
  • 特徴・相性の良い料理:リケンやキューピーのノンオイル青じそドレッシンが代表商品。豆腐を使ったサラダや海藻サラダ、大根サラダ等との相性が良いです。また、さっぱりとした味わいを生かすため、ノンオイル商品が多く、カロリーもかなり低め(4~8kcal程度)です。

<すりおろしオニオンドレッシング>

  • 原料:食用植物油脂、醸造酢、糖類、玉ねぎ、しょうゆ、ガーリックペースト(生タイプ・ソテータイプ)、ごま、人参、食塩等
  • 特徴・相性の良い料理:こちらも熱烈なファンが多い商品。代表的なキューピーのすりおろしオニオンドレッシングでは、すりおろした玉ねぎを、練りごまとにんにくを炒めたものと合わせて仕上げられており、味わい深い仕上がりを目指しています。和風・洋風問わず合いますが、特にキノコ類のサラダやベーコンが入ったサラダとの相性が抜群です。また、冷奴や鶏肉、蒸し野菜・温野菜ともよく合います。あと、これはかなり意外かもしれませんが、カツオのたたきにネギやスライスオニオンとともにかけると絶品になります。

<中華ドレッシング>

  • 原料:食用植物油脂、しょうゆ、醸造酢、ごま油、ごま、にんにく、ブドウ糖果糖液糖、食塩、香辛料等
  • 特徴・相性の良い料理:ピリッとした辛さとごま、ごま油の風味が相まって、レタス等と和えるだけでも美味しいですし、豚しゃぶや春雨等とも相性が良いです。叙々苑の野菜サラダのたれやキューピーの商品が代表的な商品です。砕いたピーナッツや豆板醤を加えると、また違った味わいを楽しめます。脂質・糖質が多いため、カロリーは高め(56~85kcal程度)のものが多いです。

<フレンチドレッシング>

  • 原料:食用植物油脂、醸造酢、ブドウ糖果糖液糖、レモン果汁、香辛料(主にこしょうやパプリカパウダー等)
  • 特徴・相性の良い料理:乳化型と分離型の2タイプがあります。さっぱりとした仕上がりで、生野菜のサラダやマリネ、手作りドレッシングのベースとして合います。意外かもしれませんが、めんつゆやしょうゆと混ぜると美味しく食べられます。

<イタリアンドレッシング>

  • 原料:食用植物油脂、醸造酢、ブドウ糖果糖液糖、食塩、こしょう、オニオンエキス、ニンニクパウダー、香辛料(パプリカパウダー等)(ベーコン入りのものも)
  • 特徴・相性の良い料理:フレンチドレッシングと似ていますが、よりこしょうやお酢、その他香辛料が効いているタイプです。生野菜や肉料理・魚料理に合います。

<サウザンアイランドドレッシング>

  • 原料:マヨネーズ(食用植物油脂、卵黄、醸造酢等)、ピクルス、ケチャップ等
  • 特徴・相性の良い料理:マヨネーズやケチャップの甘みとピクルスの風味がマッチしたマイルドな仕上がり。肉系・魚介系のサラダや温野菜等によく合います。カロリーは高め(50kcal程度)。

<シーザーサラダドレッシング>

  • 原料:食用植物油脂、醸造酢、チーズ、レモン果汁、食塩、こしょう、卵黄、アンチョビ、にんにく等
  • 特徴・相性の良い料理:チーズやガーリックの風味にこしょうの相性が抜群の乳化型のドレッシング。洋風サラダ、ベーコンや鶏肉とレタスの合わせサラダ等によく合います。カロリーはかなり高め(70kcal程度)。

<コブサラダドレッシング>

  • 原料:食用植物油脂、醸造酢、砂糖、卵白、ピーナッツ、食塩、卵黄、ガーリック等
  • 特徴・相性の良い料理:数種類のスパイスやナッツを組み合わせたスパイシーでクリーミィな味わい。チキン、アボガド、ゆで卵などが入った具沢山のサラダ「コブサラダ」や、肉・魚料理にも合います。カロリーはかなり高め(70kcal程度)。

2. ダイエット中・健康を気にされる方へ

健康のために野菜をたくさん食べる方、ダイエットのために炭水化物を減らして野菜を多めに取っている方も、ドレッシングの使い方を上手にしないと、かえってカロリーの摂りすぎになってしまいます。以下で、簡単にできる対応策をご紹介します。

クリーミーなドレッシングを避ける

  • サウザンアイランド、シーザー、コブサラダドレッシングはクリーミーで美味しいですが、特にカロリーが高いので注意が必要です。また、人気のゴマドレッシングも、醤油と混ざったタイプのものは平均的なカロリーですが、ゴマ中心の原材料で濃厚に作られたものはカロリーが高いです。また、マヨネーズは1食分で100kcalなので、当然避けるか分量を控えめにすべきですし、マヨネーズベースのドレッシングにも注意が必要です。
  • ノンオイルタイプのものだと15gあたり5kcal程度の物もある一方、クリーミータイプだと80kcalを超えてくるものあります。仮に大さじ2杯分をかけるとそれだけで150kcalも余分にカロリーをとることになってしまいます(コンビニおにぎり1個分弱です)。

ノンオイルタイプを使う

  • 青じそや和風ドレッシングだけでなく、近年では多くの種類にノンオイルタイプがあります。例えば、リケンからは中華やシーザードレッシングのノンオイルドレッシングも販売されています。ノンオイルドレッシングのカロリーは概ね5~20kcal程度です。
  • かけすぎない限り大きな問題にはなりませんが、ノンオイルだからと言って脂質がゼロというわけではないので、気になさる方はパッケージの表示を確認されると良いと思います。

少量をかけて、和えるようにする

  • せっかくノンオイルドレッシングを使っても、かけすぎてしまってはあまり意味がありません。
  • 単純にかけるのではなく、全体を和えることでドレッシングを行き渡らせることができれば、意外なほど少量でしっかりした味付けにすることができます。もちろん、どうしてもクリーミーなタイプのものを食べたい時も、ドレッシングの量を減らすだけで大幅にカロリーをカットできるのでオススメです。ぜひ試してください。

3. 話題のドレッシング

ここまでは定番タイプのドレッシングについて書いてきましたが、最近では原料や製法にこだわりのあるドレッシングや、味付けにこだわりのあるドレッシングがいくつも売られています。

通販で購入できるものの中から、話題性の大きい商品・筆者の関心の高い商品についてご紹介します。

  • 粉ドレッシング:味の素のトスサラ、キューピーの彩りプラスが代表商品です。トスサラは一時期品切れ状態が続きました。メリットとしては、粉末ドレッシングとともにトッピング具材が入っているため、充実したサラダになり、また粉末であるため野菜をしんなりさせずに全体に行き渡りやすく、お店で食べるようなサラダが自宅で簡単に作れてしまうことです。一方デメリットとしては、値段が高い点です。1食分あたりで考えると、トスサラが60円程度、彩りプラスが50円程度ですが、やや割高なピエトロでも1食あたり20円程度です。
  • サンクゼール:本来はジャム・ワインを製造する会社ですが、ドレッシングも作っています。シーザーやゴマドレッシングもありますが、ゆずみそドレッシング、りんごと白ワインドレッシング、アンチョビとニンニクドレッシング等、あまり目にしない種類のドレッシングを販売しており、評判も上々のようです。やや割高ですが、ご興味のある方は是非お試しください。
  • 松本醤油商店「はつかり ごまドレッシング」:某テレビ番組で百貨店バイヤーがオススメしていた商品です。ごまの味がかなり強く、でも醤油の風味が残っており、まろやかで豊かな味わいです。野菜だけでなく、お豆腐、ハンバーグ、冷麺、しゃぶしゃぶ等にもオススメです。

4. 通販で上手に買うために

ドレッシングは1パッケージあたり200〜500円程度が中心の価格帯なので、送料を無料にするためにはまとめ買いが必要になります。しかしながら、こだわりのドレッシングになればなるほど、生野菜を使用したりしている関係で、賞味期限が短くなるため、消費できる範囲でのまとめ買いとなります。目安としては、通常タイプのドレッシングで賞味期限は3~6か月程度、生野菜等が入っている場合は1~3か月です。

分量の目安ですが、通常サイズのサラダには15mgが1食分です。週に3回ドレッシングを使って食べることを想定すると、一人当たり45g/週、180g/月ですので、200mlのサイズであれば1か月で1パッケージです。

単身もしくは二人暮らしの場合にはまとめ買いで送料無料にできないケースもあるので、他の生活必需品と合わせて買うことをお勧めします。3人以上であれば、ある程度まとめ買いをしたとしても問題なく消化できると思いますので、様々な種類のドレッシングをまとめ買いし、比較されながら楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

ドレッシングでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら39.5%安い楽天西友ネットスーパー。一方幅広く選ぶなら453商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

453

-14%

爽快ドラッグ

154

-2.3%

ケンコーコム

161

4.2%

イトーヨーカドー

23

21.2%

楽天西友ネットスーパー

69

39.5%

ヨドバシカメラ

81

7.9%

LOHACO(ロハコ)

117

-5%

Amazonパントリー

61

7%

ドレッシング 人気トップ10商品

ドレッシング人気ランキング1位は"キューピードレッシング エルドレッシング和風たまねぎ(業務用) 1L"で、人気スコアが89点。レビューも高く、おすすめの人気商品です。

ドレッシングの特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops