ドレッシングのおすすめランキング、人気・低カロリー商品

ドレッシング

主にサラダを食べるとき、味付けのために活用されるのがドレッシング。ドレッシングを毎日のように使っている方も多いでしょう。健康やダイエット、美容のために毎日サラダを食べている方は多いです。しかし、サラダだけで何の味付けもされていなかったら毎日食べ続けることは難しいと思います。

やはりドレッシングによって味付けをすることが大切です。味付けすることによって、味気なかった野菜の味が引き出されてとてもおいしいと感じるようになります。現在、多くのメーカーからドレッシングが販売されています。なかにはダイエット向けのものも登場しています。ダイエットをしたい方のためにドレッシングの情報をまとめました。ドレッシングへの理解を深めましょう。

ドレッシングの人気ランキング。おすすめ商品やカロリーの違いも

ドレッシングの種類

市販されているドレッシングの中にはいろいろな種類があります。それぞれの種類の特徴について解説しましょう。いろいろな場面で使う機会の多いマヨネーズ。実はドレッシングの一種です。独特の味があり、好きな人は多いでしょう。生野菜だけではなく、ほかにもさまざまなものに活用することができます。ただしダイエットにはあまり向いていないでしょう。

マヨネーズとよく似たドレッシングとしてサラダクリーミードレッシングがあります。こちらは低カロリーでダイエット向きです。また、マヨネーズをベースにしたものとしてタルタルソースがあります。フレンチドレッシングは分離タイプと乳化タイプの二種類が存在しています。食用植物油脂や醸造酢、あるいは柑橘類の果汁にパプリカやこしょうを加えたものです。さっぱりとした味で生野菜のサラダに使われることが多いです。

フレンチドレッシングとよく似たものとしてイタリアンドレッシングがあります。こちらはワインビネガーによって風味がつけられていたり、ガーリックやオニオンの香辛料がきいています。そのため、生野菜だけではなく、肉料理にも適しているドレッシングです。シーザーサラダドレッシングはガーリックやチーズ、アンチョビなどの風味があるのが特徴です。乳化液状となっており、生野菜との相性が良いです。

ドレッシングの種類

コールスロードレッシングは生キャベツのためのドレッシングであり、酸味と甘味が強くてスパイスがきいています。ほかにドレッシングタイプ調味料というものもあります。こちらは食用油脂を原料として用いていないのが特徴となっています。マヨネーズ状のものや液状のものがあります。

このようにドレッシングには幅広い種類が存在しています。ドレッシングの主な原料として食用植物油脂や醸造酢、鶏卵などがあります。特に食用植物油脂というのはドレッシングのメインといえるものであり、これが土台となってドレッシングが作られています。これらに香辛料や調味料、食品添加物などが加えられることによって各種のドレッシングが生まれます。

ドレッシングには人間にとって必須な栄養素が含まれており、疲労回復の効果も期待できるため健康に良いです。ドレッシングでサラダを食べることによって、野菜からの栄養を摂取することもできるため、健康への効果は大きいです。たっぷりと野菜を食べたいときにはドレッシングは欠かせないものとなるでしょう。

ドレッシングとカロリー

ダイエットをするためにサラダを食べている方は多いです。サラダに欠かせないものがドレッシングですが、ドレッシングは選び方によってダイエットの妨げとなる可能性があります。ドレッシングの中にはマヨネーズをベースとしたものがありますが、こちらはカロリーが高くなっています。

また、オイルの含有量が増えるほどカロリーは上がっていきます。普段、あまりドレッシングのカロリーを気にしていない方が多いと思いますが、ダイエットをするのであれば、常にカロリーには注目するべきでしょう。

ドレッシングの中でも比較的カロリーの低いものはしょうゆをベースにしていたり、玉ねぎやにんじんなどのペーストが混ぜられています。注意点として、ごま油が入っているものはカロリーが高くなりやすいです。

定番のドレッシングのカロリーを紹介しましょう。マヨネーズは大さじ1で約105kcalとなっています。非常にカロリーが高いので注意しましょう。シーザーサラダドレッシングは大さじ1で約70kcalとなっています。イタリアンドレッシングは大さじ1で約40kcalです。このようにドレッシングの種類が違えばカロリーもかなり違うことを認識しましょう。

ドレッシングとカロリー

最近はメーカーの方でも工夫をしており、ダイエットや健康のためにカロリーの低いドレッシングを販売しています。基本的にノンオイルドレッシングの方が低カロリーとなっています。ただし、ノンオイルでも糖質がたくさん含まれていると意味がないため注意しましょう。

基本的に和風のアレンジがされているものについては低カロリーとなっていることが多いです。クリーミーなドレッシングはカロリーが高くなりやすいでしょう。どのような商品にもきちんとカロリーは表記されています。実際にドレッシングを買うときには、カロリーをチェックする習慣を作りましょう

マヨネーズについても最近は低カロリーのものが登場しています。しかし程度問題であり、従来のマヨネーズよりもカロリーが抑えめになっていたとしても、普通のドレッシングと比較するとカロリーの高いものは多いです。ダイエットをしている方はマヨネーズには注意しましょう

低カロリーのドレッシングを使っていたとしても、量が増えればカロリーも高くなってしまいます。サラダを食べるときにはドレッシングをかけすぎてしまわないように注意しましょう。本当に必要な分だけ使うようにすれば、余分なカロリーを摂取しないで済みます。ダイエットをしたい方はドレッシングに気をつけましょう。

ドレッシング人気ランキング

5. 日清ドレッシング ダイエット うまくち和風 ボトル200ml

対象ショップで取扱いなし

「日清ドレッシング ダイエット うまくち和風 ボトル200ml」は「植物のチカラ。」がキャッチフレーズの日清オイリオグループ株式会社から発売されている和風ドレッシングです。

使用する際に使いやすい200ml入りのペットボトルサイズ。「サラダをおいしくヘルシーに楽しめるドレッシング」をコンセプトに、日清オイリオで発売されている従来のドレッシングと比べて使用油分を3分の1にしています。醤油ベースのさっぱりとしたドレッシングは、おひたしやシーフードサラダ、オニオンスライス、麺類のつけだれとしても活躍します。

原材料には玉ねぎ、赤ピーマン、オリーブの実など野菜のほかに、砂糖、醸造酢、食用植物油脂、醤油、食塩、濃縮ぶどう果汁、調味料(アミノ酸等)、たん白加水分解物、酵母エキス、にんにく、チキンブイヨン、香辛料、増粘剤(キサンタンガム)、甘味料(スクラロース)が含まれています。栄養成分は1食分15gあたりとして、エネルギーが28kcal、たんぱく質0.2g、脂質2.0g、炭水化物2.3g、ナトリウム312mg、コレステロール0mgになります。本品はダイエット効果を目的としたものではありませんのでお気をつけください。封を開ける前は直射日光を避けて常温保存し、開栓後は冷蔵庫に保存します。


4. トスサラ イタリアン・バジル味 袋23.7g

¥158 ヨドバシカメラ
¥159 (x10) Amazon(アマゾン)
他4ショップ

「トスサラ イタリアン・バジル味 袋23.7g」は味の素から発売されている、新しいタイプの粉ドレッシングです。

「トスサラ」のネーミングは野菜サラダに混ぜる(トスする)というところからつけられています。本品はバジルとトマトが入ったイタリアンタイプの香り高い粉末ドレッシングに、トッピングとして全粒粉入りクルトンとカリカリアーモンドが入っており、食感も楽しめるようになっています。ひと袋で2人前から3人前のサラダができあがります。作り方はまずカットしたお野菜をボールに入れて本品をふりかけます。フォークなどを使ってボールの底から野菜と本品をよく混ぜてなじんできたらできあがり。食感だけでなく、見た目もきれいに楽しく仕上がります。

栄養成分は1袋(23.7g)あたりにエネルギー110kcal、脂質4.9g、たんぱく質2.8g、ナトリウム670㎎、食塩相当量1.7gが含まれています。原材料にはスライスアーモンド、クルトン、砂糖、デキストリン、食塩、トマトペースト、でん粉、粉末醸造酢、乾燥バジル、食用油脂、オニオンパウダー、乾燥パセリ、レモン果汁パウダー、ガーリックパウダー、酵母エキス、こしょう、ローリエパウダー、陳皮パウダー、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘剤(キサンタンガム)、香料が使われています。


3. キューピードレッシング 焙煎胡麻ドレッシング 1L

キューピードレッシング 焙煎胡麻ドレッシング 1L
¥65/100ml
66%安
¥645 SEIYUドットコム(西友)
¥737 ヨドバシカメラ
他5ショップ

「キューピードレッシング 焙煎胡麻ドレッシング ボトル1000ml」は「愛は食卓にある。」のキャッチフレーズでおなじみのキューピーから発売されている乳化タイプのドレッシングです。

業務用としても使える大容量タイプ。ご家庭でも切らしてしまうことが少なくなくなり、たっぷり使えてとても重宝します。

すりたての煎りごまの風味を味わうことができる、とろりとしたクリーミィさは野菜サラダと相性が良く、またお豆腐や和え物にかけたり、鍋もののつけダレとしても素材を引き立て美味しくします。原材料には食用植物油脂、しょうゆ、醸造酢、砂糖、ごま、香辛料抽出物、しいたけエキス、食塩、卵黄、調味料(アミノ酸)、増粘剤(キサンタンガム)、甘味料(ステビア)が使用されており、原材料の一部に小麦・りんごを含まれておりますので、これらのアレルギーの方はお気をつけください。100gあたりの栄養成分はエネルギー541kcal、水分29.9g、たんぱく質2.3g、脂質53.3g、炭水化物10.7g、灰分3.3g、ナトリウム1156mg、食塩相当量2.9gが含まれます。使用する際には容器のキャップをしっかりとしめて上下によく振ってからかけてください。


2. 伊豆産本わさび入りわさびドレッシング 170ml

伊豆産本わさび入りわさびドレッシング 170ml
¥174/100ml
¥296 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥304 爽快ドラッグ
他2ショップ

「伊豆産本わさび入りわさびドレッシング 170mlの最安価格」は1952年創業、株式会社万城食品から発売されている、分離液状ドレッシングです。

株式会社万城食品は、わさびをを使用した食品を中心に、ドレッシングやポン酢、スパイスなどを製造販売している老舗のメーカーです。

本品はモンドセレクションにて金賞を連続受賞した実績のある、伊豆産のわさびを使ったドレッシングで、便利なボトル型の卓上タイプ。ツーンと辛味を効かせた、和風仕立てのため海鮮サラダ、野菜サラダ、麺類のつけダレなどとして美味しく召し上がれます。原材料は、しょうゆ(うすくち、こいくち)、食用植物油脂、砂糖、醸造酢、本わさび、食塩、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、香料が入っており、一部に小麦、大豆を含みます。100gあたり栄養成分はエネルギーが235kcal、たんぱく質2.7g、脂質19.1g、炭水化物13.0g、ナトリウム2650mgとなります。

油層と水層が分離しているため、よく振って混ぜ合わせてからご使用ください。また栓を開けて使用したあとはしっかりとキャップをしめて冷蔵庫で保存をし早めに使い切るのがおすすめです。


1. キューピードレッシング エルドレッシング和風たまねぎ(業務用) 1L

キューピードレッシング エルドレッシング和風たまねぎ(業務用) 1L
44円お得
¥43/100ml
80%安
¥429 SEIYUネットスーパー(ス)
¥502 ケンコーコム
他3ショップ
玉ねぎの具材感のある醤油ベースの和風ドレッシングです。マイルドな酸味と玉ねぎのうま味を加えたことで、サラダはもちろん幅広いメニューにご使用いただけます。実際にレストランなどの飲食店等で使用されている、たっぷり使える業務用サイズの商品です。

ドレッシングの人気ランキング。おすすめ商品やカロリーの違いも

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。