【編集部が検証!】「キユーピー ノンオイル和風たまねぎ」商品レビュー《実際に買って試してみました!》

ドレッシング単体

スマートショッピングの編集部が実際に「キユーピー ノンオイル和風たまねぎ」を購入して徹底検証!

今回はドレッシングと言えば人気の高いブランド、キユーピーから「たまねぎ×和風」の鉄板テイストをチョイス。

「ノンオイル和風たまねぎ」の世間の口コミでは、「ノンオイルなのに濃厚!」や「とろみがあって野菜に絡みやすい」といったレビューが多数。

しかし逆に「ノンオイルなので物足りない…」という評価もあるようです。

そこでスマートショッピングの編集部が「キユーピー ノンオイル和風たまねぎ」を実際に使ってみて、以下の3点を徹底検証しました。

  • 1
    テイスト
     ドレッシング単体とサラダにかけてテイスティング
  • 2
    とろみ
     「ドレッシングの垂れ方」と「野菜への絡み方」をチェック!
  • 3
    塩分チェック
     塩分計で測定!

↓キユーピーシリーズの商品ページはこちら↓

キユピーシリーズはこちら
最終更新日:2020-06-25  閲覧数:600

「キユーピー ノンオイル 和風たまねぎ」とはどんなドレッシング?

チョレギサラダにも人気?「キユーピー ノンオイル 和風たまねぎ」

キユーピー和風とは

「キユーピーノンオイル 和風たまねぎ」とは、食用オイルを一切使用せずに仕上げた和風テイストのドレッシングです。

キユーピーのノンオイルには”しっかり”味わえる「銀キャップシリーズ」と”あっさり”味わえる「青キャップシリーズ」が販売されており、こちらは銀キャップ

人気の「ノンオイル 香りのごま」や「ノンオイル 4種のチーズ」も同じく銀キャップで、いずれも流行りのチョレギサラダ(韓国風サラダ)によく合うと言われています。

また、オイルを使ったドレッシングのカロリーが50〜60kcalに対し、「キユーピーノンオイル 和風たまねぎ」は10kcalとかなり控えめ

さらにキユーピーのノンオイルシリーズは全て「塩味控えめ」であり、健康志向の方に注目されています。

「キユーピーノンオイル 和風たまねぎ」は醸造酢としょう油をベースに、ロースト玉ねぎの香ばしさとカツオ出汁のうま味が効いた味わい。

和風仕立てのテイストはサラダはもちろん、豚しゃぶやサラダチキンにもマッチすると好評です。

スパイス・調味料ライター:遠山しげあき
スパイス・調味料ライター:遠山しげあき

「キユーピー」と表記しますが、実は発音は「キューピー」。CMでも耳馴染みがあるのではないでしょうか。

パッケージデザインのバランスをとって「キユーピー」と表記するようになったとか。

ここ最近のブランドロゴは国内外で「kewpie」が浸透してきたようです。

栄養成分をチェック

栄養成分栄養成分
熱量10kcal食塩相当量0.7g
炭水化物2.1g脂質0.0g
たんぱく質0.2gアレルゲン小麦・大豆・りんごを含む
成分数値は15g(大さじ約1杯分)当たりを示す。参考文献:キユーピーブランドサイト:「ノンオイル和風たまねぎ」

「キユーピー ノンオイル和風ドレッシング」を実際に使って検証

世間のレビューを検証!

サラダにかけたキユーピー

世間のレビューでは「ノンオイルなのに濃厚で味わい深い」、「野菜によく絡んでしっかり味わえる」と称賛の声がある一方、「食べているとだんだん物足りなくなってくる…」という残念な声も。

しょう油や醸造酢、カツオ出汁などでベースの和風テイストをしっかり感じられながらも、味の深みがそれほど感じられないことが予想できます。

そこで実際にスマートショッピング編集部が次の3つのポイントに分けて徹底検証していきます。

  • 1
    テイスト
     ドレッシング単体とサラダにかけてテイスティング
  • 2
    とろみ
     「ドレッシングの垂れ方」と「野菜への絡み方」をチェック!
  • 3
    塩分チェック
     塩分計で測定!


 
【徹底比較】ドレッシング5商品 レビュー記事はこちら

テイスト

1.ドレッシング単体でテイスティング

キユーピーノンオイル和風たまねぎを購入して撮影

まずはドレッシング単体のテイストをチェック。

単体では濃厚な味わいが楽しめる。和風テイストの旨味とコクが日本人好みな印象でした。

日本酒好きのライターは「これだけ舐めながらでもイケる…」とコメント。

2.サラダにかけてテイスティング

3種類のサラダにかける

サラダにかけると微妙にしょっぱさが際立ち、x3種類のサラダを試したがどれも同じテイストでした。

特にきゅうりメインのサラダは、まるで塩もみした浅漬けのような味わいに。

酢が勝っているのか、しょう油が勝っているのか、「肉気が欲しいな……」という正直な感想です。

肉の旨味と甘みでドレッシングの塩味を相殺してしまいたい感覚。単体で感じた旨味や深みがなく、塩味と酸味が勝る印象

これがレビューにあった「物足りなさ」の一因かと思わせられました。

とろみ

1.ドレッシングの垂れ方をチェック

ドレッシングの垂れ方

大さじ1杯分のドレッシングを傾斜をつけたガラス板に垂らす。傾斜角度は約50度。

ドレッシングの垂れ方を観察したところ、垂らしてすぐに流れるがスピードはゆっくりであり、十分なとろみを感じられる。

また約40秒後の垂れた様子と、2分45秒後の様子に大きな差は見られず。

2.サラダへの絡み具合をチェック

画像名(日本語)

サラダへの絡み具合をチェック。

ドレッシングをサラダの上からかけても、下に流れ込むような様子はなく、野菜の上にキープされていることが確認できる。

フォークで混ぜ合わせても野菜とよく絡み、サラダを持ち上げてもドレッシングが流れ落ちることはない様子。

十分なとろみがある印象で、「野菜とよく絡む」というレビュー通りだと感じました。

塩分チェック

塩分計で測定

「ドリテック 防水塩分計」で測定した結果は、ドレッシング原液のままで2.2%を表示しました。テイストからは予想を下回る数値。

一般的に、濃口醤油が約16%、白だしが18%であることを踏まえると塩分はかなり低めだと考えられます。

塩分含有量が少ない点では健康的とされるマヨネーズが2.0%なので、健康面でも問題なさそう。

キユーピーが提唱する「塩味控えめ」に間違いない結果でした。

実際に試してみた!検証のまとめ

キユーピーと野菜

1
テイスト……★★★☆☆

単体で味わうとコクが深く日本人好みのテイストだが、野菜オンリーのサラダにかけると酸味や塩味が際立つところが残念。

さらに肉入りでないと物足りなさも感じ、「ノンオイルは物足りない」の評価通りとして星3つとしました。

2
とろみ……★★★★★

重すぎず、軽すぎずちょうど良いとろみ具合で、野菜にもよく絡むことから星5つ。個人的にはドレッシングとしては理想的な”とろみ”という印象。

3
塩分チェック……★★★★☆

塩分濃度2.2%としょう油や出汁に比べるとかなり低め。といっても減塩・無塩ドレッシングという訳ではないので星4つ。

スパイス・調味料ライター:遠山しげあき
スパイス・調味料ライター:遠山しげあき

しょう油や味噌メインの日本の食文化は、塩分過多になる傾向があるとは昔から言われています。

健康に懸念のある方は、医師と相談の上で減塩・無塩の食事療法を心がけましょう。

ここ最近はバルサミコ酢で作った無塩ドレッシングがかなり美味しいと人気だとか。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。