粉ミルクの最安値比較|グラムあたりの安さで通販ショップ比較

粉ミルクが安い通販サイトは?グラムあたり最安値を毎日ショップ比較

粉ミルクの最安値比較(毎日更新)

粉ミルクメイン画像

「母乳で育てているの?」と聞くのがナンセンスだと感じるほど、最近ではさまざまな育児用の粉ミルクが市販されています

なるべく完全母乳を目指したいかたも、粉ミルクを利用されることは多いようです。

お子様によって違いはありますが、だいたい1歳半くらいまでミルクが必要とされています。
また赤ちゃんの成長に合わせたミルクはもちろん、ミルクアレルギーのお子様向けの粉ミルクも販売されています。

さまざまな種類が販売されている粉ミルク。
使う目的によっても、おすすめのものも変わってきます

そこで、お子様の成長や体質、さらにさまざまなシチュエーションによってどのような粉ミルクを選ぶとよいか、 先輩ママたちの口コミも織り交ぜながらご紹介していきます。

ミルクミルクを飲む赤ちゃん

また粉ミルクの最安値についてサイト総力あげてご紹介!
毎日最安値を更新!

粉ミルクは、グラム違い、入数、缶やスティックタイプなどの種類がたくさん。
何を選ぶのがよいのか、コスパについてだけでも悩みがちなお母さんのために、最安値はもちろん、ミルクのさまざまな基礎情報をご紹介。

さらにママ達にお得な情報!

おむつ1枚当たりの最安値
おしりふき1枚当たりの最安値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド別粉ミルク価格比較

赤ちゃんを1年間粉ミルクだけで育てるには、理論上45−50kgのミルクが必要となります。
100g当たりの平均価格が300円程度なので、年間約15万円もの費用負担に。

1割安い価格で購入し続けると、15,000円、2割だと30,000円もの節約に!

そんな中で、粉ミルク最安値比較と表示しているサイトもありますが、ショップ内だけの価格比較をしているか、情報が古い場合がほとんど。

そこで、スマートショッピングでは、毎日、主要通販サイトを横断!
粉ミルクのグラムあたりの最安値を徹底比較しています。

粉ミルク節約
  • 比較対象ブランド

粉ミルクのメジャーブランドである育児用ミルク(ほほえみ、はいはい、アイクレオ、はぐくみ、E赤ちゃん、ぴゅあ)、フォローアップミルク(ステップ、ぐんぐん、アイクレオ、つよいこ、たっち)の計11種類。

缶・スティックの違い、育児用・フォローアップ用に分けて100gあたり最安値を分析しました。

最新の価格情報をもとに最安値を毎日更新するから、その日にどの粉ミルクが一番安いかを表示!

ブランド別粉ミルク価格比較

まずは粉ミルクのブランド別、タイプ別に比較してみました。

缶の粉ミルク・育児用タイプの100gあたり価格比較(税込価格-ポイント)

缶育児用
タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
はいはい ¥215---
ぴゅあ ¥202¥1,721-¥234

缶の育児用タイプで比較するとぴゅあを Amazon(アマゾン)で買うのが最安値で、その価格は100gあたり202円となっています。


缶の粉ミルク・フォローアップタイプの100gあたり価格比較(税込価格-ポイント)

缶フォローアップ
タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ステップ ----

缶のフォローアップタイプで比較するとぴゅあを で買うのが最安値で、その価格は100gあたり0円となっています。


スティックの粉ミルク・フォローアップタイプの100gあたり価格比較(税込価格-ポイント)

スティックフォローアップ
タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ステップ ¥603-¥337-
たっち ¥336¥327-¥329

スティックのフォローアップタイプで比較するとたっちを ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は100gあたり327円となっています。


スティックの粉ミルク・育児用タイプの100gあたり価格比較(税込価格-ポイント)

スティック育児用
タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ぴゅあ ¥357¥352-¥354

スティックの育児用タイプで比較するとぴゅあを ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は100gあたり352円となっています。


缶・スティックの粉ミルク・アレルギー疾患用タイプの100gあたり価格比較(税込価格-ポイント)

缶・スティックアレルギー疾患用
タイプ AmazonケンコーLOHACO爽快ドラッグ
ミルフィーHP ¥505---
エレメンタルフォーミュラ ----
ペプディエット -¥493-¥493

缶・スティックのアレルギー疾患用タイプで比較するとペプディエットを ケンコーコムで買うのが最安値で、その価格は100gあたり493円となっています。


粉ミルクもお得:Amazonファミリー

amazonファミリー
  • 「Amazonファミリー」は、ネット通販ショップ最大手のAmazonが提供する、パパ・ママのための便利サービス。
  • おむつがいつでも15%オフで買える上、お急ぎ便の無料使い放題などの特典がついてきます。
  • さらには、粉ミルクを含むベビー用品の激安セールも多数実施されていて、有名ブランドの5,000円以上粉ミルクを買うと1,000円引きになることも
  • さらに嬉しいのは、粉ミルクに限らず全商品で、2,000円以上買わないとかかる配送料が完全無料。ちょい買い足しには便利。
  • 他にも、Amazonプライムの各種会員特典である、プライムビデオ(映画・TV番組が見放題)、Prime Music(100万曲以上が聞き放題)、プライム・フォト(無制限での画像保存)まで使えるから、超おトク!
  • 小さいお子さんがいらっしゃる家庭であれば入っておくだけで大きな恩恵を受けられるサービスです。

Amazonファミリーの特典一覧

特典 通常
おむつ価格 5%OFF 15%OFF
おしりふき価格 5%OFF 15%OFF
当日お届け 514円 無料
翌日お届け 360円 無料
日時指定お届け 360円 無料
Amazonファミリー限定セール - 月10件
お買い得情報 - 毎週配信
無料Kindle本 - 毎月1冊
  • ※諸条件はAmazonにて再度ご確認ください。
Amazonファミリーを見てみる

粉ミルクと母乳の違い

赤ちゃんを迎える準備の中で、産前や産後の入院中に行われるママさん教室でもさまざまなことを教わります。

その中で、粉ミルクや哺乳瓶について教わる機会もありますね。
母乳で育てたいと考えてらっしゃるママも、粉ミルクや哺乳瓶を準備されるのがおすすめ!

いったい何故?
と、新米ママさんは思われるかもしれませんね。

また、「粉ミルクか母乳か」という議論はよく行われています。
こちらでは単純にメリット・デメリットを比較し、なぜ粉ミルクを準備しておいた方がよいかご紹介していきます

粉ミルク 母乳
粉ミルク 母乳
  • 粉ミルクのメリット

    赤ちゃんが飲むミルク量がよくわかる。
    ママだけに育児が集中しない。パパもミルクをあげる機会ができる。
    母乳と比べて腹持ちがよい。
  • 粉ミルクのデメリット

    母乳に含まれているような免疫物質がない。もしくは代替物質。
    コストがかかる。
    哺乳瓶やニップルの消毒の手間がある。
  • 母乳のメリット

    調乳や哺乳瓶の消毒などの手間が不要。
    また、母体の健康上のメリット(乳がんやマタニティーブルーになりにくいなど)がある。
    さらにはダイエットにもなるとの声も。
  • 母乳のデメリット

    薬やお酒が飲めない、食事にも注意するなどママへの制限が大。
    ママの育児負担がどうしても大きくなり、パパの育児参加の機会が少なくなる。

上記のメリット・デメリットを見ても、粉ミルクは単にママの子育ての負担を減らすだけではないと判りますね。

さらに、実は母乳はどなたでもすぐに十分出るわけではありません
お母さんの体調や体質によることも非常に多く、特に初産婦さんは経産婦さんと比べても母乳が出にくいとされています。

何より大切なのは、赤ちゃんの成長に必要な母乳を毎日毎日、きっちり必要量を与えるということです

しかしお母さんの体質や体調によっては、母乳を上げるのが厳しい状況となるときもありますね。

粉ミルクを使用することでお母さんの肉体的な負担だけでなく、精神的な負担も軽くなります

ミルク夫婦で子育て

母乳育児でもうまく粉ミルクも併用しつつ、いいとこ取りをできるような育て方がおすすめ。
少し、肩の力を抜いてゆっくり子育てに取り組むには、粉ミルクはママの大切なお助けアイテムです。

では実際にどんな粉ミルクがあって、何をポイントに選べば良いかご紹介していきましょう。

粉ミルクってどんな種類があるのでしょう?

赤ちゃんの成長に合わせたミルク

赤ちゃんは生後すぐから、だいたい1歳半までミルクを飲みます
お子さまによっては3歳くらいまでミルクを飲んでいる子も!

しかし、生まれたての赤ちゃんと3歳児ではずいぶん差がありますね。
実は、赤ちゃんの成長に従って、あげる粉ミルクも変わっていきます

新生児からおよそ9ヶ月までのミルク

生まれたての赤ちゃんは、消化器官が未発達なため、粉ミルクでは消化に悪いと言われていました。
しかし、最近では母乳に近い成分の粉ミルクが多く発売されるように

その中でも森永のE赤ちゃんの成分は消化に良いペプチドが含まれています
このペプチドとは、ミルクに含まれているタンパク質を消化しやすく、細かくしたものです。

E赤ちゃん E赤ちゃん N6 大缶 800g

こういった新生児用ミルクが、各メーカーで競って販売されるようになりました。 その中で、「初乳」と呼ばれる母乳の成分に似た粉ミルクも販売されています。

初乳とは、出産直後から数日間のごく短い間に分泌される母乳のこと。 これは免疫グロブリンを多く含み、新生児の免疫力アップに効果があるとされています。

そのため、初乳はなるべく赤ちゃんに与えたほうが良いとされています。

粉ミルク初乳

しかし実際、特に初産婦さんは、分娩後すぐに母乳が分泌されるわけではないですね
少なくとも分娩後2日、人によっては1週間以上かかる場合もあります。

出産後のお母さんの身体は、人それぞれ。
生まれてくる赤ちゃんのために、新生児から与えられる粉ミルクを準備しておくことをおすすめします

フォローアップミルク

離乳食に慣れ始めたころに、「フォローアップミルク」に移行しましょう。

目安としては離乳食が1日3回となり、その目的はあくまで「栄養補給」

離乳食の時期は、どうしても赤ちゃんの食べ方に偏りが出てしまうのです。
そのため、赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素を補給するのがフォローアップミルクの目的です。

粉ミルク離乳食

育児用ミルクを販売しているメーカーでフォローアップミルクも提供ています。
メーカーの各ブランドによって、9ヶ月以降からオススメされている粉ミルクと、1歳からの使用をすすめているものがあります。

栄養素としては、カルシウム、鉄分、DHAなどのおなじみのものから、ヌクレオチドやビオチンと聞きなれないものもあります。

簡単に言えば、ヌクレオチドはDNA構造に含まれる核酸の一種、ビオチンはビタミンB7の別称です。
どちらもそもそも母乳に含まれている栄養素であり、赤ちゃんの生育には欠かせない栄養素です。

粉ミルクが合わない赤ちゃんのためのミルク

粉ミルクの元は、「牛乳」です。 そのため、赤ちゃんによっては、乳糖不耐症やミルクアレルギーである場合も

症状としては、下痢や湿疹などが見られます。 そういった場合は医師の診察を受け、病状に応じた特別な粉ミルクを処方してもらいます。

粉ミルク赤ちゃんの病状

また、先天的な代謝異常をもつお子様にも特別なミルクが処方されます。

乳糖不耐症の赤ちゃんのための粉ミルク

乳糖不耐症とは、ミルクに含まれる乳糖を消化できないずに、下痢などを引き起す症状です。 これはミルクアレルギーとは異なる病状です。

森永の「ノンラクト」という商品が、乳糖不耐症の赤ちゃんのための粉ミルクです。 赤ちゃんんの乳糖不耐症は症状が改善する多く場合があります。

森永乳業 ノンラクト(300g)

そのため、ノンラクトを使用して症状が改善すれば、普通の粉ミルクに戻すことが出来ます。 ただし、症状がぶり返す場合があるので、様子を見ながら徐々に戻してあげましょう。

せっかく治ったのに、急に普通の粉ミルクに戻してぶり返してしまったという口コミもありました。

ご使用は必ず医師の指示の下に行ってください。 また、この粉ミルクはガラクトース血症の赤ちゃんのためにもお使いいただけます。

ミルクアレルギーの赤ちゃんのためのミルク

和光堂、明治、森永の3つのメーカーが、ミルクアレルギー用の粉ミルクを販売してます。 アレルギーの原因物質である「カゼイン」を除去、もしくはすでに分解させている粉ミルクです。

明治 ミルフィー HP(850g)

また、原料として牛乳を使用せず、豆乳を使用したタイプの粉ミルクがあります

ただし、豆乳のものはずっと飲み続けると大豆アレルギーを引き起こす心配もあるようです。
またアレルギー対策ではなく、乳糖不耐症の改善に使用されたママも。

ボンラクト i 缶360g

何にせよ、ミルクアレルギー用の粉ミルクも医師の指示のもと、ご利用くださいね

治療用特殊ミルク

厚生労働省の規定により、産まれたばかりの赤ちゃんに全員に先天的代謝異常の検査を実施しています。

それは、ガラクトース血症、フェニルケトン尿症、ホモシスチン尿症などの6つの症病のマス・スクリーニングによる検査です。

こういった病気を発症していた場合には、専門医の指導のもとで、食事療法中心の治療が実施されます。

その際には症状に応じた特殊ミルクを処方
この特殊ミルクは「社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会」の特殊ミルク事務局で取り扱っています。

シチュエーションで粉ミルクを選ぼう!

赤ちゃんが粉ミルクをのむのは、お家の中に限ったことではありませんね

赤ちゃんとのお出かけの時などにも授乳・ミルクは必要です。
お出かけは赤ちゃんへの良い刺激にもなりますね。

また、母乳と併用されているママと、100%ミルクだけを与えるママでは粉ミルクの使用量は違いますね

粉ミルクさまざまなシチュエーション

さまざまなシチュエーションでどういったものを選べばよいでしょうか?
コストは?使い勝手は?

そのあたりを徹底解説していきます。

粉ミルクの形状

粉ミルクの形状は、大きく2つに分けることが出来ます。

  • 粉末タイプ
  • キューブタイプ

粉末タイプは、昔からある粉ミルクですね
今の子育て世代のかたがたも赤ちゃんの頃に、粉末タイプのものにお世話になったと思います。

キューブタイプは、粉ミルクメーカーのひとつである明治から提供されています。 これはごく最近(2013年ごろ)に発売され始めた商品です。

キューブタイプの特徴はステックに4つ、もしくは5つのキューブ状にな固めた粉ミルクが入っています。
そのためミルクの計量不要で、少量包装のため無駄がないとお母さんたちに人気があります。

ほほえみ らくらくキューブ 27g×48袋入り

余談ですが、海外では粉ミルクではなく濃縮した液体タイプのミルクが多く使われています
日本ではまだ認可が下りていませんが、ひょっとすると近い将来、液体タイプの育児用ミルクが登場するかもしれませんね。

速報!

乳児用液体ミルクが2018年夏に日本での製造・販売が解禁されるとのこと

実際の日本メーカーによる販売は2年後と予想されていますが、災害備蓄やママの育児負担の軽減などに期待されています。

粉ミルクの包装の違い

また、粉末タイプの粉ミルクもさまざまな包装形状で提供されています。 さまざまなシチュエーションに合わせて粉ミルクの形状を選ぶことが出来ます

  • ステックタイプ
  • 詰め替え用アルミパウチ
  • 缶タイプ

ステックタイプ

ステックタイプはお出かけや旅行などにおすすめ

粉ミルクおでかけ

一本のステックに対して、必要なお湯の量が決まっているので粉ミルクを計量する必要はありません

また、外出用としてだけではなく、母乳で子育てしているお母さんにもおすすめ出来ます

体調により母乳があまり出ない時や、薬を飲む必要があり赤ちゃんに母乳を上げられない時がありますね。 そのようなときは、一回使い切りのステックタイプがおすすめです

育児用の粉ミルクは、防腐剤や酸化防止剤などは入っていません。 そのため、開封後の使用期間は1ヶ月

普段あまり粉ミルクを使用しない場合、缶入りよりは一回使い切りのスティックタイプやキューブタイプが良いでしょう。

詰め替え用アルミパウチ、缶包装

コスパを考えるならば、缶やアルミパウチに包装されている粉ミルクがおすすめです。

母乳とミルクの併用でミルクの少量が多いママや、ミルクのみで子育てされているママにおすすめ!
また、赤ちゃんの月齢や年齢が進んでくると、母乳だけでは量が賄いきれない場合や、そもそも母乳が出なくなっていまう場合があります。

粉ミルク缶

このように赤ちゃんにたくさんミルクが必要な場合は、缶やアルミパウチの詰め替え可能なタイプがおすすめ

また、アルミパウチは少し割高になりますが、缶のようにごみを分別する必要がありません。

また、缶入りのものは最も多くのメーカーによって提供され、種類も豊富
コストパフォーマンスとしても、缶のものが一番よいでしょう。

無理なく・無駄なく、粉ミルクをかしこく使って、赤ちゃんとの生活を楽しむことが出来ればいいですね

調乳について

調乳とは、赤ちゃんに飲ませるミルクを作る作業を調乳と言います。
ここで大切な調乳のポイントを一挙ご紹介!

調乳量

赤ちゃんの月齢によって調乳量は変化していきます。

おおよそ生後3日目からミルクを飲み始める赤ちゃん。
なんとその一回の量は40ml!

大人からするとほんのちょっとの量ですが、新生児を抱っこするとそのあまりの小ささに納得。
40mlも飲んだら「たくさん飲んだねー」と言ってあげたくなります

ただ、生後1週間までは毎回のミルク量を10mlずつ増やしていきます。
退院する頃には、1回80mlに増加

それ以降は1週間ごとにミルク量を増やしていきますが、生後1ヶ月で140ml、生後4ヶ月で220mlがおおよその目安です。

あくまで目安ですが、成長段階別のミルク量を参考にしてください。

粉ミルク新生児

調乳温度

実は粉ミルクの栄養素には、熱で壊れたり失われたりするものが多く含まれています
なので、メーカーが推奨する70度程度のお湯での調乳が必須!

また、逆に温度が低すぎた場合、粉ミルクが溶けきらない場合があります。
さらに調乳温度が低い場合は、雑菌の消毒が不十分になる可能性も

粉ミルクは衛生的な工場で製造されていますが、無菌というわけではありません。
できれば、一度沸騰したお湯を冷ました湯冷ましなどで調乳すると安心。新生児の頃は特に!

もちろん、赤ちゃんにミルクをあげる時は、人肌まで冷ましてからあげることをお忘れなく!

赤ちゃんのミルクのためのお水。
日本の水道水はどこよりも衛生的だと言われてはいますが、安心できませんね。

そこでミネラルウォーターを使用されるママは多いと思います。

粉ミルクミネラルウォーター

しかし、ミネラルウォーターには軟水と硬水があるとご存知でしたか?
この軟水と硬水の区別は、水に含まれるミネラル分の量によって分かれています。

ミネラルとは、つまり無機物
カルシウムやマグネシウム、カリウムを始め、バナジウムなどの成分を言います。

この量を硬度で表し、硬度100以上のものを硬水、100以下のものを軟水と呼びます。

そして、赤ちゃんのミルクには軟水を使用することが必須!
ミネラルは人の体の機能を潤滑化させるために必要な要素ですが、体に消化吸収されるものではありません。

必ず排出される成分ですが、ミネラルの排出は赤ちゃんの腎臓に非常に負担をかけます
ミネラルが多く含まれる硬水の使用は避けましょう。

最近では、ウェーターサーバーを利用されるママも多いとのこと。 その場合も、届けられる水が軟水かどうか確認しておきましょう。

粉ミルクの選び方と比較ポイント主要通販ショップのレビュー平均比較先輩ママの粉ミルク口コミ比較をご覧ください。

もちろん、赤ちゃんによって好みや体質も違いますね。
こういったことを参考にしながら、ご自分のお子様にあった粉ミルクを探しましょう。

成長段階別の粉ミルクの量

粉ミルクは月齢を経るに従って、飲む量が異なってきます。ここでは月齢に応じた適切な粉ミルクの量、タイミング、頻度などに関してまとめています。

月齢 1日に飲む量の目安 1回のミルク量 回数 頻度
生後0-1日 160ml 20ml 8回 3時間ごと
生後2日 240ml 30ml 8回 3時間ごと
生後3日 320ml 40ml 8回 3時間ごと
生後4日 400ml 50ml 8回 3時間ごと
生後5日 480ml 60ml 8回 3時間ごと
生後6日 560ml 70ml 8回 3時間ごと
生後7-15日 560ml 80ml 7回 3時間ごと
生後16-1ヶ月 700ml 100ml 7回 3時間ごと
生後1-2ヶ月 840 140 6回 3時間ごと
生後2-3ヶ月 840-960ml 140-160ml 6回 4時間ごと
生後3-4ヶ月 900-1,100ml 180-220ml 5回 4時間ごと
生後4-5ヶ月 1,000-1,100ml 200-220ml 5回 4時間ごと
生後5-6ヶ月 1,000-1,100ml 200-220ml 5回 4時間ごと
生後6-9ヶ月 1,000-1,1000ml 200-220ml 5回 4時間ごと
生後9-12ヶ月 1,000-1,100ml 200-220ml 5回 4時間ごと

粉ミルクの成分徹底比較

母乳と育児用ミルクブランド別成分比較

ここでは母乳に含まれる成分について、粉ミルクでは何が含まれているかをまとめました。 育児用粉ミルクの7種類(ほほえみ、はいはい、アイクレオ、はぐくみ、E赤ちゃん、ぴゅあ、すこやか)に関する比較表。

粉ミルクプロット画像
成分 母乳 1.ほほえみ 2.はいはい 3.アイクレオ 4.はぐくみ 5.E赤ちゃん 6.ぴゅあ 7.すこやかM1
葉酸 100μg 100μg 80μg 100μg 100μg 100μg 100μg
DHA 100mg 80mg × 70mg 70mg 70mg 70mg
ヌクレオチド 14mg 8mg 20mg 8mg 8mg 6mg 12.5mg
タウリン 28mg 25mg 30mg 20mg 20mg 28mg 26mg
オリゴ糖 2.0g 2.3g 0.5g 0.5g 0.5g 2.0g --
βカロテン 70μg 40μg 190μg 45μg 45μg 40μg 40μg
シスチン × 190mg × 200mg 200mg 210mg 210mg
ラクトフェリン × 90mg × 80mg 50mg × ×
アラキドン酸 67mg 40mg × 35mg 35mg × ×
ラクトアドヘリン × × × × × 10-100mg ×
シアル酸 × × × × × × 193mg

「母乳に含まれる成分」としては、DHA・ラクトフェリン・オリゴ糖・ヌクレオチド・βカロテンなどが代表的な成分として挙げられます。
それぞれについて最も成分量が多い粉ミルクは以下のとおりです。

フォローアップミルクブランド別成分比較

主要ブランドのフォローアップミルクの成分をまとめました。

成分 ステップ ぐんぐん アイクレオ たっち つよいこ
ビタミンA 500μg 360μg 490μg 360μg 390μg
ビタミンB1 0.7mg 0.6mg 0.7mg 0.7mg 0.7mg
ビタミンB2 0.8mg 0.8mg 0.8mg 0.8mg 0.8mg
ビタミンB6 0.7mg 0.6mg 0.7mg 0.7mg 0.5mg
ビタミンB12 1.2μg 1.2μg 1.5μg 1.2μg 1.2μg
ビタミンC 63mg 50mg 74mg 60mg 50mg
ビタミンD 3.6μg 5.0μg 5.5μg 7.0μg 5.2μg
ビタミンE 5.5mg 6.0mg 6.5mg 6.0mg 5.0mg
ビタミンK 19μg 20μg - 18μg 15μg
ナイアシン 6.3mg 5.3mg 7.7mg 5.0mg 5.0mg
葉酸 130μg 110μg 130μg 120μg 100μg
パントテン酸 4.4mg 4.0mg 5.5mg 5.7mg 5.7mg
βカロテン - 30μg 90μg 40μg 40μg
カルシウム 805mg 720mg 725mg 700mg 716mg
カリウム 790mg 750mg 625mg 700mg 700mg
マグネシウム 95mg 65mg 60mg 90mg 71mg
9.0mg 9.5mg 8.3mg 9.0mg 9.6mg
リン 405mg 400mg 390mg 380mg 357mg
リノール酸 2.0g 3.0g 2.6g 3.0g 2.4g
αリノレン酸 0.50g 0.30g 0.45g 0.50g 0.40g
DHA 70mg 80mg - 53mg 71mg
ヌクレオチド - 6mg 21mg 6mg 6mg
オリゴ糖 - 1.0g - 1.5g -
フラクトオリゴ糖 0.5g - - - -
ガラクトオリゴ糖 - - 0.3g - -
ラクトフェリン - - - - -
ラクトアドヘリン - - - 10-100mg -

フォローアップミルクはもともと離乳食でとりにくい栄養分を補給するためのものです。
離乳食で不足しがちな栄養分としてはビタミンC、ビタミンD、カルシウム、鉄分などが挙げられます。
それぞれについて最も成分量が多い粉ミルクは以下のとおり。

ミルクが合わない赤ちゃんのためにミルクブランド別成分比較

主要アレルギー疾患用ミルクの成分を詳細です。

成分 ミルフィーHP エレメンタルフォーミュラ ニューMA1 ボンラクト ノンラクト ペプディエット
ビタミンA 360μg 310μg 600μg 420μg 380μg 420μg
ビタミンB1 0.6mg 0.6mg 0.4mg 0.4mg 0.4mg 0.4mg
ビタミンB2 0.9mg 0.9mg 0.7mg 0.6mg 0.7mg 0.8mg
ビタミンB6 0.3mg 0.3mg 0.3mg 0.3mg 0.3mg 0.4mg
ビタミンB12 4.0μg 4.0μg 2.0μg 1.5μg 1.5μg 2.0μg
ビタミンC 50mg 50mg 50mg 60mg 50mg 50mg
ビタミンD 6.3μg 5.3μg 9.3μg 7.0μg 8.8μg 8.6μg
ビタミンE 6.0mg 6.0mg 6.3mg 4.5mg 6.7mg 4.0mg
ビタミンK 24μg 25μg 25μg 20μg 25μg 17μg
ナイアシン 6.0mg 6.0mg 7.5mg 7.2mg 3.5mg 6.0mg
葉酸 200μg 200μg 100μg 60μg 100μg 100μg
パントテン酸 3.9mg 4.2mg 3.0mg 4.0mg 4.0mg 5.5mg
βカロテン 68μg - 45μg 40μg 45μg -
カルシウム 370mg 380mg 400mg 380mg 360mg 400mg
リン 205mg 220mg 240mg 210mg 200mg 230mg
カリウム 550mg 450mg 540mg 540mg 540mg 530mg
マグネシウム 41mg 42mg 45mg 40mg 45mg 37mg
6.4mg 6.5mg 6.0mg 7.0mg 6.0mg 6.0mg
塩素 320mg 320mg 360mg 360mg 330mg 310mg
リノール酸 1.8g 1.3g 2.4g 3.5g 3.0g 3.2g
αリノレン酸 0.46g 0.26g 0.40g 0.70g 0.40g 0.45g
ナトリウム 170mg 185mg 160mg 160mg 160mg 270mg
亜鉛 3.0mg 2.8mg 3.2mg 3.6mg 2.7mg 2.6mg
310μg 320μg 320μg 320μg 330μg 312μg
フラクトオリゴ糖 2.2g - - 2.1g - -
ヌクレオチド 14mg - 10mg - 6mg 6mg
リン脂質 - - - - 200mg -
イノシトール 98mg 84mg 50mg 20mg 35mg 60mg
タウリン 46mg 39mg 25mg 25mg 20mg 25mg
ラフィノース - - 850mg - - -
ラクトフェリン - - - - 50mg -
シスチン - - 180mg 190mg 200mg 200mg
カルニチン - - - 6.0mg - -
メチオニン - - - 200mg - -
ヨウ素 - - - 90μg - -
ビオチン - - - - - 14μg
浸透圧(mOsm/kg/H2O) 280 400 330 - 190 310
アレルギー適応 ミルクアレルギー、先天性乳糖不耐症、一過性乳糖不耐症 牛乳アレルギー、 卵・大豆等のタンパク質不耐症 乳糖不耐症 牛乳アレルギー、卵アレルギー、大豆アレルギー 牛乳アレルギー、卵アレルギー、乳糖不耐症 乳糖不耐症、ガラクトース血症用 牛乳アレルギー、乳糖不耐症、ガラクトース血症
注意点 - 下痢(高浸透圧) - 大豆アレルギー 大豆・乳アレルギー 大豆アレルギー

アレルギー疾患用粉ミルクはミルクアレルギーやその他のアレルギーなどで、普通のミルクでは困ってしまう赤ちゃんのための粉ミルクです。下痢になるのを避けるために乳糖が含まれないのが特徴です。アレルギー疾患用粉ミルクに求められる成分が多い粉ミルクは以下のとおりです。

粉ミルクの選び方と比較ポイント

粉ミルクの選び方と比較のポイントをおまとめします。 大切なチェックポイントは、以下のとおり!

1アレルギーや乳糖不耐症の有無

2赤ちゃんに合うかどうか

3粉ミルクの成分

4お手頃な価格

粉ミルク赤ちゃんの手
1

アレルギーや乳糖不耐症の有無

赤ちゃんがミルクを飲んで、下痢や湿疹が続いたりするようなら、ミルクアレルギーや乳糖不耐症を疑ってください。
詳しくは、ミルクが合わない赤ちゃんのためのミルクへ!
病状にあったミルクもご紹介しています。

2

赤ちゃんに合うかどうか

また、うんちの状態も粉ミルクを選ぶときの重要な要因となります。
先に述べたアレルギーや乳糖不耐症でなくても、特定のミルクで便秘や下痢を起こす場合もあります。
ただし、一過性の場合もあるので、様子を見ましょう。
また、味覚に敏感な赤ちゃんの場合はミルクの種類を変更すると飲まなくなる場合もあるようです。
種類を変更するときも、大量に購入せず、サンプルなどを活用するのがおすすめ。

3

粉ミルクの成分

粉ミルクの成分で何が含まれているかも重要な要素。
粉ミルクの成分比較でも紹介していますが、粉ミルクはできるだけ母乳に近い成分を配合しています。ただし、その成分はメーカーにより少し異なることも。

例えば「ぴゅあ」のメーカーである雪印メグミルクは、「母乳に含まれる成分」として、DHA・ラクトフェリン・オリゴ糖・ヌクレオチド・βカロテンの5つを配合。
しかし、メーカーが変わるとまた違う成分を重視しています。

■母乳成分が多く含まれているおすすめ粉ミルク:はぐくみE赤ちゃんぴゅあ

4

お手頃な価格

粉ミルクお手頃価格

最後は価格です。粉ミルクもおむつやおしりふきと同様、家計負担が重い赤ちゃんアイテム。
和光堂のはいはいや雪印メグミルクのぴゅあのように、粉ミルクメーカーの中には広告宣伝費を極力抑え、商品の低価格をキープしているメーカーさんも。
ただ、同じ商品ならできるだけ安く買いたいという人も多いでしょう。
粉ミルク費用を節約するために、

  • ①粉ミルクブランドを比較して安いブランドを選ぶ
  • ②同じ粉ミルクブランドでも通販ショップを比較して安いショップを選ぶ
と2種類の節約方法が。

①についてはぴゅあはいはいが最安値をつける傾向が多いと評判です。
また②を比較したいときには、ぜひ価格比較のページへ!

■お手頃な値段のおすすめ粉ミルク:ぴゅあはいはい

主要ブランドの特徴比較

次に粉ミルクの主要ブランドの特徴を比較してみました。

たっちの特徴

たっち

雪印メグミルク たっちは、離乳食だけでは不足しがちな栄養をバランス良く補うフォローアップミルクです。離乳期の赤ちゃんの栄養状態を調べて、日本人の食事摂取基準(2015年版)、離乳期の食事摂取状態、乳幼児の栄養について徹底的に調査した結果を参考にして、たんぱく質、脂質成分、ビタミン・ミネラルを適切に配合しているミルクです。また、このほかにも離乳時に不足しがちな鉄や、離乳期からの乳幼児の発育に大切なDHA、オリゴ糖などを配合しています。また、 牛乳よりも乳清たんぱく質を強化し、カゼイン:乳清たんぱく質の比率を50:50に近づけています。このほか、 母乳に含まれるの平均値を参考に、ヌクレオチドを100gあたり6mg配合しており、その他にはビタミンAに変換されるβ-カロテンを母乳の含量を参考にして配合しています。

たっちは850g入りの普段使いの大缶、携帯に便利な軽量いらずのスティックタイプ(内容量:14gx10本)の2種類を提供しています。

はいはいの特徴

はいはい

はいはいはアサヒグループの和光堂が提供する育児用粉ミルクで、永年の母乳研究と最新の乳児栄養の知識にもとづいてつくられた育児用ミルクです。母乳の成分とバランスにできるだけ近づけるべく、母乳に含まれる様々な栄養素が含まれています。代表例として、赤ちゃんを守ってくれるラクトフェリンというたんぱく質や、5種類のヌクレオチド、発達を促進させるDHA、乳糖やオリゴ糖などの炭水化物のほか赤ちゃんの発育に必要なビタミン・ミネラルをバランス良く配合しています。和光堂のポリシーとして、母乳育児を推進するため、病院での調乳指導などの宣伝活動やマスコミ宣伝を行っていないという特徴があり、そのような広告宣伝にお金をかけない分、お求め安い価格で高品質のミルクを提供するということを推進しています。

はいはいは850g入りの普段使いの大缶、少しだけ使いたい時の300g入りの小缶、携帯に便利な軽量いらずのスティックタイプ(内容量:13gx10本)の3種類を提供しています。

ぴゅあの特徴

ぴゅあ

ぴゅあは雪印メグミルクが提供する育児用粉ミルクで、母乳が保有する成分や機能性に着目したミルクです。これまで長年培ってきた技術や乳児栄養に関する知識を参考として、たんぱく質成分や脂質成分、ビタミン・ミネラルを調整し、母乳に含まれ乳児の健康維持に大切な発達を促進するDHA・オリゴ糖・乳児期に大切なラクトアドヘリン・5種類のヌクレオチドなどを配合しました。病院や産院での広告宣伝費を抑えてお金を節約することで、商品全体にかかる広告宣伝費を抑えています。これにより、お客様が買い求めやすい「育児応援価格」で提供できるというメリットがあり、他の粉ミルクより安い価格を実現しています。

ぴゅあは820g入りの普段使いの大缶、携帯に便利な軽量いらずのスティックタイプ(内容量:13gx10本)の2種類を提供しています。

エレメンタルフォーミュラの特徴

エレメンタルフォーミュラ

エレメンタルフォーミュラは食品大手メーカー、明治が提供するアレルギー疾患用ミルクで、精製アミノ酸を唯一の窒素源とし、これに脂質、糖質をバランスよく配合した母乳代替食品です。窒素源としてアミノ酸のみを使用しているので、たんぱく質に対するアレルギーの心配がなく、ミルクアレルギーの赤ちゃんに安心してお与えいただけます。

エレメンタルフォーミュラはスティック状で17gのスティックが20本入りで販売されています。

ステップの特徴

ステップ

ステップは、大手メーカー明治が販売する粉ミルクで、3歳頃までの乳幼児期に合わせて栄養素をバランスよく配合したフォローアップミルクです。母乳や食事、牛乳ではとりにくい栄養素を補給するミルクで、1日当たりコップ2杯分(約400ml)を飲むことで、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2010年版)」で記載された鉄分とカルシウムの推奨量(1~3歳)を100%サポートしています。その他、主な「ビタミン」、「ミネラル」の推奨量または目安量(1~3歳)も70%以上サポートしていることが特徴です。また、牛乳には含まれていないけれども、幼児期にしっかり摂りたい栄養素であるDHAを400ml中に40mlも配合しており、大きな栄養サポートとなっています。

また、携帯用の「ステップ らくらくキューブ」は育児用ミルクのほほえみ同様、ミルクがキューブタイプになっています。スプーンでの計量が不要で、手間いらずで簡単にミルクを作ることができます。小分け包装で、少量のみ持ち運ぶ時も非常に便利な上、外包装は箱タイプなので、場所を取らずうまく収納することが可能です。

ステップは820g入りの缶が1個のもの、2個セットのものの2種類、らくらくキューブに関しては、

  • 5個入(200ml分)x24袋x2箱
  • 5個入(200ml分)x16袋
  • 4個入(160ml分)x5袋
の3種類が様々なニーズに合わせた形で存在しています。

ペプディエットの特徴

ペプディエット

ペプディエットは雪印メグミルクの子会社、ビーンスタークが提供する牛乳アレルギー疾患、乳糖不耐症、またはガラクトース血症の赤ちゃんのために作られたアレルギー疾患用ミルクです。雪印ビーンスターク独自の酵素分解技術によって、アレルギーのもとになっている牛乳たんぱく質を細かく分解し、アレルゲン性を抑えたミルクです。また、乳糖を含んでないので、乳糖不耐症やガラクトース血症の赤ちゃんも飲めるようになっています。酵素分解により、アレルゲン性を十分に低減した牛乳たんぱく質分解物を配合しており、その他にも赤ちゃんの成長に必要なヌクレオチドやビタミンK、必須脂肪酸であるリノール酸やα-リノレン酸をバランスよく配合、適正なアミノ酸バランスに調整し、赤ちゃんに大切なタウリンを配合しています。独自の技術により、飲みやすい風味に改良しており、母乳に近い浸透圧で、赤ちゃんに負担をかけません。溶けやすい顆粒状なので、すばやく調乳できることも特徴の一つです。専門の医師にご相談してからご利用ください。

ペプディエットは350g入りの小缶で販売されています。

ミルフィーHPの特徴

ミルフィーHP

ミルフィーHPは食品大手メーカー、明治が提供するアレルギー疾患用ミルクで、良質な牛乳乳清たんぱく質を酵素分解するとともに、乳糖を含まない、風味と溶けのよさを実現したミルクアレルギーの赤ちゃんのための粉ミルクです。ミルフィーHPのHPとは分解されたたんぱく質(Hydrolyzed Protein ハイドロライズドプロテイン)の意味です。乳児の成長・育成に必要な脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルを消化吸収しやすい形でバランスよく配合しています。ミルク、卵、大豆のたんぱく質アレルギーなどの赤ちゃんにおすすめの一品です。もし心配な場合にはかかりつけのお医者さんのアドバイスに従い使うようにしてください。

ミルフィーHPは850gの大缶と一袋7.25gx12本入りのスティックパックで販売されています。

ブランド・タイプ別:主要通販ショップのレビュー平均比較

粉ミルクの主要11ブランドについて、通販ショップでつけられている5段階のレビューの平均値をご紹介!
4.5以上の高レビューのものは強調して表示。
商品そのものの品質より価格や欠品度合い、使い勝手などがレビューに反映されているようです。

缶の粉ミルク・育児用タイプのレビュー比較

はいはいぴゅあ
4.33.9

缶の粉ミルク・フォローアップタイプのレビュー比較

ステップ
4.2

スティックの粉ミルク・フォローアップタイプのレビュー比較

ステップたっち
4.11.1

スティックの粉ミルク・育児用タイプのレビュー比較

ぴゅあ
4.2

缶・スティックの粉ミルク・アレルギー疾患用タイプのレビュー比較

ミルフィーHPエレメンタルフォーミュラペプディエット
4.0-4.1

粉ミルクに関する先輩ママの口コミ比較

スマートショッピング独自で集めた先輩ママさんの粉ミルクに対する口コミをご紹介します。

E赤ちゃんに関する口コミ

  • 夫も私もアレルギー気味なので、ミルクをどうしよう・・・と思っていた時に病院ですすめられたのがE赤ちゃんです。E赤ちゃんは、ミルクのアレルゲン性に配慮したミルクということで選びました。生まれた時から、入院の最中も退院後もずっとE赤ちゃん1本でいきました。大体1歳前後まで飲ませていたと思います。価格がそれなりに高いので、途中変えてみようかなと思った時もありますが、やっぱり「安心感」が違ったので。その後フォローアップミルクに移行するまでは、ずっとE赤ちゃんを飲ませていました。その間特に問題も起こらなかったし、よいミルクだと思います。(39歳女性)
  • 出産した病院がE赤ちゃんのミルクを使っていて退院後も使っています。母乳に近く、消化吸収のよいペプチドミルクを使用していてミルクアレルギーになりにくいそうで安心して飲めます。一度安い粉ミルクを使用したところ便秘になってしまいミルクの飲みが悪くなってしまいました。母乳ミルクの混合ですが母乳の飲みも悪くなってしまった為E赤ちゃんに戻した所、母乳もミルクも美味しく飲んでいます。便秘も治りました。少しミルク高いですがアレルギーが出ないので安心して飲ませる事が出来ます。(36歳女性)

ぐんぐんに関する口コミ

  • 今まさに進行形で一歳半の子供に飲ませています。生まれてからずっとこのシリーズの育児用ミルク【はいはい】を飲ませてきたので、自然な流れで【ぐんぐん】を選びました。牛乳より栄養バランスに優れているのも、飲ませている理由のひとつです。私自身、他社のミルクと飲み比べてみましたが、あっさりとしていて甘過ぎないように感じました。その為、飲み飽きることがないのだと思います。育児用品を取り扱っている某チェーン店ではまとめ売りがあるので、家計に優しく購入する事が出来ます。また携帯するのに便利な小分けになっているタイプもあるので、外出や旅行の時にとても助かりました。携帯用は他社の小分けタイプと違って粉状なので、外出先でも溶け易く、使い勝手が抜群でした。これからもまだまだお世話になる予定です。(39歳女性)
  • 和光堂のフォローアップミルクの「ぐんぐん」を子どもが離乳食期に使用していました。うちの子どもは離乳食を食べるのが苦手でした。また、水や麦茶も飲みたがりませんでした。「ぐんぐん」はしっかりと飲むことができたので助かりました。なぜか、他のメーカーのフォローアップミルクは飲みませんでした。私も試しに飲んでみましたが「ぐんぐん」は他のメーカーと比較し、甘すぎない感じがしました。よって、子どもにも安心して与えることができました。(41歳女性)

たっちに関する口コミ

  • 母親の年齢(私)が40歳を超え、子供も3人目、しかも出産後&育児中のタイミングで2回の引っ越し…。これだけ重なったらおっぱいも出ません。1歳を過ぎたらいつも経済的な理由から牛乳に切り替えるのですが、忙しい中、離乳食や取り分け食を十分にやって上げられなかった感があり、文字通りフォローアップしてくれる粉ミルク、『たっち』を毎日あげることにしました。『たっち』にした理由は、粉ミルクの中でも『ぴゅあ』が一番体に合っていたので、フォローアップミルクもそのラインにしました。便秘気味の時も、『たっち』を飲むとスムーズです。栄養不足になるのではないかという母親の不安を和らげてくれる、親子ともどもホッとするミルクタイムとなりました。(42歳女性)

つよいこに関する口コミ

  • 三人の子供を育てるのに三人ともつよいこを選ばせて頂きました。初めての子のときはどれにするか悩んだのですが1番美味しそうに飲んでいたので安いミルクではなかったですが毎回選ばせていただきました。粉の溶け具合も他のよりよかったです!ミルクの匂いも良くて今ではすごく懐かしくなる匂いです。 なによりも三人ともミルクで育てたのですがみるみるうちに体重も順調に増えて元気いっぱいに育ってくれました!特典も良くついていてそれを目当てにしていたのもあります。(28歳女性)

はいはいに関する口コミ

  • わが子のミルクには「はいはい」を使用しています。もともと産院では異なる銘柄を使っており、退院後しばらくはその銘柄で調子よくミルクを飲み、便も快調でした。しかし、生後1か月を過ぎたあたりから、便秘をし始め、ミルクを「はいはい」に変えてみました。「はいはい」だと、便秘がしつこくなることが減り、1日1回の便を確保できるようになりました。わが子は、ミルクの味の好みはないようですが、便通の点で「はいはい」があっているようです。(29歳女性)
  • 子供が赤ちゃんの頃、ずっとはいはいのミルクを使っていました。他のミルクも試したのですが、ちょっと甘さが強い感じがしました。はいはいは、母乳に近い成分と書いてありましたが、確かに味も薄くて近いような気がします。子供も特にトラブルはなかったので、合っていたのだと思います。調乳もしやすかったです。他のミルクのサンプルをもらったとき、溶けにくいと感じました。はいはいは溶けにくいと思ったことがなかったので、すごく使いやすかったです。(34歳女性)

はぐくみに関する口コミ

  • 初めての出産を地方の総合病院でしました。出産前のアンケートで母乳のみで育てたいか、または混合にする予定か、混合にしなくてはいけない場合は、しても大丈夫かなどのアンケートがあり、私は、ミルク育児にも賛成だったので、混合でお願いしたい旨を伝えていました。出産後、母乳だけではなく、ミルクを飲ませる時、病院で使っていたのがはぐくみでした。赤ちゃんもよく飲んでくれたので、退院後もミルクと母乳の混合育児をするため、はぐくみを継続して使いました。一度も嫌がることなく、飲んで、大きくなりました。(42歳女性)
  • はぐくみは産院で使用していたので同じものを使い続けましたが、美味しいみたいでよく飲んでくれました。母乳とミルクと混合だったのですが、ミルクが大好きで母乳が出ない時でも喜んで飲んでくれました。別のもらった試供品のミルクを飲ませたことがあるのですが、粉が溶けにくくて驚きました。はぐくみはいつも粉が簡単に溶けて調合しやすかったです。子供も同じものの方がいいみたいで、試供品のミルクは残したくらいです。他の商品を使用してみて初めて、今まで使っていたミルクの良さがわかりました。(39歳女性)
  • 出産した産院で使っていたので、そのまま使っています。いろんなミルクの味見をしましたが、はぐくみが一番美味しいと親は感じました。成分も母乳に近づけてくれており、オリゴ糖も含まれているため便秘になりにくいと教えてもらい、確かに便秘知らずです。お値段も確かにほかの企業に比べると少し高めですが、エコ楽パック等自然にも配慮しているみたいです。しかも400グラムが2袋入っているので、封を切ってからも衛生面でほかのミルク缶に比べるといいと思います。(30歳女性)

ぴゅあに関する口コミ

  • 子どもが離乳するまで、母乳と混合で雪印の「ぴゅあ」を使用していました。他の粉ミルクと比べると知名度が低いですが、意外と大手有名メーカーのものより価格が良心的です。実店舗のドラッグストアでは売っていなかったのですが、ネットでお安く購入できました。オリゴ糖が配合されているため、ほんのり甘く、母乳に慣れた子どもにとっても飲みやすかったようです。これを飲み始めてから、子供の便秘も良くなってきたので、この粉ミルクのおかげかと思います(25歳女性)

ほほえみに関する口コミ

  • 第一子を出産した病院で勧められたのがほほえみらくらくキューブでした。このミルクはキューブタイプで、1袋5個入りで小分けになっています。キューブ1個あたり40mlで、必要な量だけ直接哺乳びんに入れて作れるので、とても便利です。いちいち計量しなくてもよいので、余計な手間を取られることもないし、計量ミスということもありません。また、お湯にサッと溶けるので、溶け残りのストレスもありません。一番のメリットは、持ち運びが楽だということです。子供を連れてお出かけするときも、スティックタイプなのでかさばらず、外出先で非常に重宝しています。(37歳女性)
  • 粉ミルクを自分で選んだ理由は、出産した病院がほほえみだったからです。初めての出産だったので、どこの粉ミルクが良いとかもわからないので、病院で出してるものだし、入院中も何事もなかったので、ほほえみにしました。大きい缶のを使用していますが、残り少なくなった時が軽量しにくいので、ちょっとめんどくさいです。でもそれは、どこの粉ミルクも同じかなと思い、変える事もなく、この先も変える事もなく同じ物を子供に与え続けると思います。(31歳女性)

アイクレオに関する口コミ

  • 赤ちゃんが生まれてからしばらく入院しており、病院で紹介されたのがアイクレオバランスミルクでした。母乳に近い成分と味にしてあるようで、子供も飲み口がとても良く、美味しい様子でした。色は他の粉ミルクに比べると、クリーム色のような感じで、さらさらとしていて、すぐにお湯に溶けてくれます。値段は少し高めですが、栄養や安心を考えるとこちらを使用するのが良いと感じました。病院でも使用されているというのも選ぶ理由になりました。(38歳女性)
  • 「アイクレオ育児用」は、私の母からのオススメで娘を育てる際に使用しました。昔とは商品名は変わっているそうですが、実際に私が赤ちゃんの時に飲んでいたそうです。母から、ギュッと引き締まった赤ちゃんになると言われ、この粉ミルクを選びました。栄養価は高いけれど質が良いので、必要以上に赤ちゃんがブヨブヨにならず、見た目より中身が詰まってる赤ちゃんでした。他の粉ミルクよりも少し値段は高いですが、この粉ミルクを選んで良かったと思います。(34歳女性)
  • アイクレオ育児用は出産した病院を退院する際に試供品をもらいました。母乳のみで育児をしようと思っていたのですが、私はあまり母乳が出なかったためアイクレオを使いました。母乳の成分や味に一番近いミルクということで、他のミルクよりも高かったと思いますがここは節約する所ではないと思い使いました。他のミルクも少しは使いましたが、アイクレオは粉がふんわりしていてほかのミルクとは明らかに違うなと思いました。母乳オンリーでは育てられなかったけど、アイクレオで育てられたことは良かったです。子供はとても健康に育っています。(46歳女性)

ステップに関する口コミ

  • ママ友達から良いと勧められ使っています。母乳や離乳食から撮りにくい栄養素を取れるようでわが子も喜んで飲んでいます。離乳食もまだ充分食べれていないのでこのフォローアップミルクが助けてくれているのだと思います。家の上の子の時は、敏感でアレルギーがあったりしましたが、この子にはこのミルクで充分あっている様です。体重も申し分なく増えておりこの粉ミルクで満足しています。特に子供が喜んで飲んでくれるのがうれしいです。(38歳女性)
  • ステップの粉ミルクはキューブタイプがあります。それは1キューブを40ccのお湯で溶くものですが、私は、外出時や寝る前、子どもをどうしても預けなければならない時などに愛用していました。缶のタイプだと開封したら、なるべく早く使いきってしまわないと勿体ないですが、キューブタイプは1袋に5つ入りで小分けになっているので、とても経済的で便利でした。価格的には割高になりますが、基本、母乳で時々ミルクの方には少量(1箱5袋入り)から購入できるので、余らせる心配もなくオススメです。(32歳女性)

ノンラクトに関する口コミ

  • 6か月から離乳食を始めたのですが、始めて2週間経ってから下痢が止まらなくなりました。病院で整腸剤を貰ったのですが、2週間たっても治らなかったので、乳糖不耐症になっているのではと思い、ミルクを森永のノンラクトに替えることにしました。ミルクを変えてからは段々と症状が治まってきて、替えてよかったと思いました。ただ、値段はかなりするので、何か月も使うことはできませんでした。下痢が収まるまで1ヶ月ちょっとだけ使いました。(38歳女性)

ニューMA1に関する口コミ

  • 息子が4ヶ月の頃からずっと使っています。もうすぐ3歳になりますが、今でも保育園では飲んでいるようです。元々、アレルギー体質で肌が弱く、アレルギー反応を起こす一種に乳製品があったので、病院で勧められたのがきっかけでした。いろいろなアレルギー対応の粉ミルクがありますが、このミルクが一番アレルギー反応を起こしにくいと当時のお医者さんはおっしゃっていました。少しお値段が高いのと特徴的なにおいがするのはデメリットですが、安心して飲ませることが出来るので、ずっと使っています。(26歳女性)

粉ミルクの良くある質問

粉ミルク質問
    Q. 赤ちゃんが粉ミルクを飲みません。どうしたらいいですか?
    A. 赤ちゃんが粉ミルクを飲まない原因としては4種類くらいの原因が考えられます。
  • 哺乳瓶の乳首(ニップル)の感触が嫌い:哺乳瓶のニップルの素材の感触はおっぱいとは異なります。それを嫌がる赤ちゃんや、ニップルの穴から出るミルクの量が赤ちゃんにとって多すぎたり少なすぎたり。そのような場合は、ニップルを他のサイズ・種類に取り替えると飲むようになる赤ちゃんもいます。
  • ミルクの温度が適切ではない:ミルクの温度が冷め過ぎてしまう、もしくは熱すぎる場合など。熱すぎないように注意することはあっても、冷ましすぎてしまう場合も多いようです。この場合は再度湯煎などで温め直してあげてみましょう。ただし、再加熱は1回が限度だと言われています。あまりに何度も加熱するのは成分が変質してしまうので注意。
  • ミルクの濃さや味が嫌い:単純に母乳混合の赤ちゃんの場合、母乳の味と違ったり、濃さが違ったりすることで飲まないケースもあります。ミルクの濃さを少し変更したり、別の粉ミルクを試してみるのも一つの手です。
  • 粉ミルクを与える環境が悪い:ミルクを与える環境も重要です。特に3-4か月を過ぎると赤ちゃんは視界が定まってきます。遊び飲みも始まる時期なので、ミルクを飲むときには集中できる環境を作ってあげましょう。騒がしかったり、テレビなどが付いていて落ち着かない環境だと赤ちゃんもミルクに集中できません
    Q. 外出先で赤ちゃんに粉ミルクをあげるときの便利アイテムってありますか?
    A. 外出先は、お湯の準備や哺乳瓶の消毒ができない場合がありますね。そんなときのためにさまざまな便利アイテムがあります。
  • スティックタイプの粉ミルク:外出先で、粉ミルクを計量するのは難しいので、スティックタイプなどの粉ミルクを用意するのがベスト。各ブランドからステックタイプのものが販売されています。いつも使用されている粉ミルクのスティックタイプを用意しておけば安心ですね。
  • 使い捨て哺乳瓶:長時間の外出や旅行のときは、使い捨ての哺乳瓶がおすすめ。 ただし、使い捨ての哺乳瓶のニップルが赤ちゃんに合わない場合があります。事前に試しておくか、いつも使用している哺乳瓶も持っていくことをおすすめします。
  • ミネラルウォーター:お湯だけではなく、水も準備しておくことをおすすめします。ある程度粉ミルクを溶かしたあとに、人肌の温度にするために水を入れるほうが外出先では時短になります。また、サービスエリアやショッピングモールなどの赤ちゃん休憩室ではお湯が準備されています。外出先で水を購入する場合は、軟水であるかどうか確認しましょう。

粉ミルクの比較でお得な「サンプル活用」

これまで、粉ミルクを比較するのに色々な角度で説明してきました。
しかし、実際ママにとって大切なのは、結局何が自分の子供に合うかということ。

この粉ミルクがいいよ!
と、いくらすすめられても、自分のお子さんに合わなければ意味がありません

できれば、実際さまざまな粉ミルクを試したいですね。
ただし、もし粉ミルクを購入すると安いものでも700円はします。何種類も購入すれば負担は大

そんなとき活用できるのが、粉ミルクの商品サンプル。
これは各メーカーが消費者に自社製品を認知してもらう目的で、数量限定でサンプルを無料配布する仕組みです。

消費者としても便利なシステムですね。

粉ミルクのサンプルについては以下のページで広告されていることがあります。

ただし、いつも無料のサンプル配布があるとは限りません。
キャンペーン期間などが設けられていますので、頻繁にチェックすることがおすすめ。

ご紹介したページ以外にも、ビーンスターク(すこやか、つよいこ)は、電話でサンプル請求することが可能なようです。
0120-241-537(9:00-17:00 土日祝除く)

粉ミルクもお得なAmazonファミリーを見てみる

粉ミルクの関連記事一覧



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops