無添加のベビーフードが話題!種類やおすすめベビーフードも

ベビーフードのおすすめと種類・話題の無添加フード

ベビーフード・ミルク

ベビーフードというものがあります。赤ちゃんというのは最初はお母さんの母乳を飲んで育っていますが、いつかは離乳をしなければいけません。これに苦労をしている母親は多いです。自然と離乳ができるようにするため、ベビーフードが活用されます。現在ベビーフードにはいろいろな種類が出ています。

現在子育てをしている方やこれから子育てを予定している方のためにベビーフードについて説明しましょう。ベビーフードを上手く活用することによって、赤ちゃんは離乳をスムーズに済ませられるようになります。ベビーフードについて、ぜひとも知ってもらいたい情報をまとめています。

最終更新日: 2018-09-06   閲覧数:7461

ベビーフードの種類

現在非常に豊富な種類のベビーフードが市販されています。それらを大別すると、ドライタイプとウェットタイプがあります。ドライタイプというのは、湯や水を加えることによって使えるものです。ウェットタイプというのは完成品の状態で売られているため、そのまま食べさせることができるものです。

ベビーフードとして使われる食材はいろいろあります。基本的には米やポテト、うどん、パンといった穀物となっています。これに加えて、肉類や魚介類、野菜や果物なども使われています。赤ちゃんの栄養のことをしっかりと考えて、いろいろな材料が使われています。離乳開始したときに与える、粥状や裏ごし状になったものから、それぞれの赤ちゃんの発育度合いに合わせて調理されたものが揃っています。

ベビーフードのタイプとして、瓶詰めされているものがあります。保存性が高いため、多くの家庭で重宝されています。しっかりと密閉することができるため衛生的です。そのまま食べさせることができるため、外出先に持ち運ぶことも多いです。

ベビーフードの種類

粉末タイプのものも売られています。すでに下ごしらえがしてあるため、赤ちゃんのための食事の用意が簡単にできるようになります。粉末によって、赤ちゃんの離乳食の代用とすることができます。フリーズドライタイプのものも売られています。こちらは皿に入れてからお湯を注ぐことによって完成します。レトルトのベビーフードも売られています。

ベビーフードというのは赤ちゃんにとってはこれから初めて母乳以外のものを口にすることになります。そのため、とても大切です。ベビーフードによって、しっかりと栄養補給をするのはもちろんのこと、噛むための力を養ったり、食品の味や舌触りなどを覚えさせる役割も果たしています。これによって、赤ちゃんがさまざまな機能を発達させられるようになります。そのためのサポートとして、ベビーフードが使われています。

ベビーフードは徹底した安全管理がされています。メーカーの方で赤ちゃんに食べさせても問題ないように、非常に気を使っていて、常に品質向上を目指してメーカーが努力をしています。昔に比べて、今ではかなり安全なものが増えており、商品のバリエーションは非常に豊富となっています。

そのため、さまざまなベビーフードを利用することによって、子育ての負担が減少しています。自分たちで離乳食を用意しなくても、ベビーフードで代用できます。子育て中の方はぜひとも活用しましょう。

無添加ベビーフード

赤ちゃんというのは、大人と違って体の抵抗力はまだまだ弱いです。そのため食の安全性には気を使わなければいけません。特に離乳食の時期というのは神経質にならなければいけません。赤ちゃんに与えてはいけないものについて医師から注意を受けることになるでしょう。

そんなとき、ベビーフードというのはとても役に立ちます。赤ちゃんの成長時期に合わせた商品が用意されているからです。それを活用していれば、赤ちゃんに問題を与えるようなことはないでしょう。

ただし、ベビーフードが必ずしも安全かといえばそうとは限らないでしょう。ベビーフードの商品に中には、添加物が含まれているものがあるかもしれないからです。そのため、赤ちゃんの健康のことを考えているなら、できるだけ無添加のベビーフードにしましょう。

大人の場合は、多少の添加物があっても特に問題にはなりません。しかし、赤ちゃんの場合はベビーフードの影響を大きく受けてしまう可能性があるため、注意しなければいけません。

無添加ベビーフード

現在、多くのメーカーから無添加のベビーフードが出されています。それであれば、安心して子供にベビーフードを与えることができるでしょう。もちろん手作りで料理を作るなら、そこに添加物が入る可能性は低いでしょう。

しっかりと注意をしておけば自分で安全な食事を用意することは可能です。しかし、それはかなりの負担がかかることになります。毎日赤ちゃんの食事をしっかりと作ることができない家庭もあるでしょう。そのような場合は、無添加のベビーフードはとても役に立ちます。

また、最近はオーガニックのベビーフードも登場しています。ベビーフードに野菜や果物などが利用されることがありますが、それらがすべて有機栽培されたものとなっている商品が出ています。無農薬で育てられた食材を利用していれば、安全性の高さはかなり期待できるでしょう。赤ちゃんに影響のないように丁寧に作られています。安心安全なものを使いたいという需要に、きちんとメーカーは応えています。

有機栽培されたものを使っていて、無添加であり、なおかつ化学調味料やエキスといったものが一切含まれていないベビーフードがあります。それでいて、さらにおいしい味のするベビーフードが売られています。そのような理想的な要素の揃っている商品を利用しましょう。それなら、赤ちゃんに安心して食べさせることができます。健康への効果を心配する必要はあまりなくなります。

ベビーフードのおすすめ

11位: ベビーのじかん アクアライトりんご ボトル1本

商品説明

ベビーのじかん アクアライトりんごは、小児科の先生と協力開発した、日本で最初に作られた乳児用イオン飲料です。ベビーのじかん アクアライトりんごは必要な成分が赤ちゃんの体内に素早く吸収されるように作られています。

まず知っておくべきことは、赤ちゃんは脱水状態になりやすいということです。赤ちゃんは大人に比べて身体から出ていく水分の量が多いため、きちんとした水分補給を心掛ける必要があります。水分補給には普通の水よりも、汗や涙で失われるイオン成分も一緒に補給したほうが良いとされています。ベビーのじかん アクアライトりんごは、汗や涙と一緒に流れてしまう成分を水と一緒に補給することができる赤ちゃん用の水分補給飲料なのです。赤ちゃんにちょうど良い甘さのリンゴ味で、赤ちゃんが美味しく飲めるように考えた味付けがされているので、白湯やお茶が苦手でなかなか水分を取ってくれい赤ちゃんにもお勧めです。

お風呂上りや散歩のあと、夏場の温度が高い時期やたくさん汗をかいた時、空気が乾燥している時などにあげるようにすると良いです。ただしミルクや食事の前にあげてしまうと、水分でお腹がいっぱいになってご飯が食べられなくなってしまうことがあります。

商品詳細
  • 原材料:糖類(砂糖、ぶどう糖)、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、クエン酸、香料、塩化カリウム
  • 原産国:日本
  • 内容量:500ml
  • 月齢・年齢:3ヶ月
  • シリーズ名:ベビーのじかん
  • ブランド:WAKODO(和光堂)
  • 賞味期限:300日
  • その他:3ヶ月頃から
レビュー: 4.30点/5点

全対象ショップのレビューは計43件、その平均は4.30点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO4.30点43件
外部ショップでの口コミ: 6件
  • 一週間くらいで届きました︎。また購入したいです。
  • 店頭で買うよりもお安く購入できました。
  • アクアライト好きな娘用にパックタイプと一緒にペットボトルタイプも買いました!家で飲む用であると便利
  • とても迅速な対応でした。またお願いしたいと思っております。商品も思い通りのもので使うのが楽しみです。
  • 子供の水分補給に買い続けてきましたが最後になるかと思いますが、助かりました。ありがとうございました。
  • この度はありがとうございました。梱包もしっかり、連絡も頂き安心して購入でしました。またのリピート時も変わらぬお取引よろしくお願い致します。

ベビーフードのおすすめの上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops