日本茶おすすめランキング!ギフト向け日本茶、種類・淹れ方・効果も

日本茶

日本人にとって最も馴染みのある飲み物といえばやはりお茶でしょう。ほとんどの日本人が毎日のようにお茶を飲んでいます。特に日本茶というのは昔から歴史があり、日本茶を飲まないと落ち着かないという方は多いでしょう。そんな日本茶にはいろいろな種類が存在しています。日本はお茶の歴史が古く、さまざまな品種が存在しています。

また、日本はお茶の淹れ方にもかなりこだわっています。これらについて解説をしていきます。日本茶を飲むことによって、どのような効果を期待できるのかも説明します。日本茶についてもっとよく知っておきましょう。意外と日本茶について知らないことも多いです。日本茶をもっと理解して、これからもたくさん飲みましょう。

最終更新日:2020-06-25  閲覧数:41

日本茶おすすめランキング!日本茶の種類・淹れ方・効果は?

お茶の種類と特徴、効能

日本茶にはいろいろな種類があります。すべての日本茶を飲んだことがあるという方はなかなかいないのではないでしょうか。日本茶の中から代表的なものを紹介します。まず煎茶です。こちらは香りがさわやかであり、うま味や渋味のバランスがよく、多くの方に好まれています。一般的に緑茶といえば煎茶のことを指します。

また、煎茶の蒸す時間を長くしたものは深蒸し茶と呼ばれています。こちらは普通の水道水でもおいしく飲めるのが特徴です。ほかに緑茶として人気が高いのは玉露です。こちらはアミノ酸の含有量が多いため、うまみがあります。渋味のもとであるタンニンはあまり含まれていないので、甘みがあります。

さっぱりとしていて薄味なのは玄米茶です。お茶としてはカフェインの量が少ないのが特徴となっています。そのため、子供にも安心して飲ませることができます。玄米独特の香ばしさがあります。食後に飲むお茶の定番はほうじ茶です。茶色をしているのが特徴です。飲んだあとは口の中がスッキリします。カフェインやタンニンの量が少ないため飲みやすいです。あらゆる世代の方から愛されています。

芽茶というものがあります。煎茶や玉露を製造するときに生じる細かくなってしまった茶葉だけを使ったものです。味が濃いのが特徴で、すぐに淹れることができます。茎茶という種類があります。こちらは玉露や煎茶を仕上げるときに出てくる茶軸や茎を選別したものが使われています。さわやかな味わいが特徴です。

茶道に使われるお茶としてよく知られているものは抹茶です。まろやかさがある甘いお茶です。渋味はほとんどありません。とても深い味わいがします。茶葉そのものを飲むので、葉の栄養成分をしっかりと摂取できます。

お茶を粉末状にしたものは粉末茶と呼ばれています。回転寿司のテーブルよく置いてあります。急須で入れて飲むお茶と比べると味や香りはかなり異なっています。そのほか、最近は有機栽培茶というものが注目されています。こちらは農薬や肥料などを使わずに育てた茶葉を使っているものなので、安心して飲めます。

このように日本茶には非常にいろいろな種類が存在しています。こちらで紹介したものだけではなく、ほかにもまだまだたくさんの種類があります。いろいろなお茶を試してみましょう。そうすれば自分に合ったお茶が見つかります

お茶の淹れ方

お茶をおいしく淹れるための方法を紹介します。まずは水を準備します。水道水でも問題ありません。日本の水道水は弱酸性の軟水で、お茶を淹れるのに適しています。ただし、塩素が含まれているため、必ずしっかりと沸騰させてから使いましょう。市販されているミネラルウォーターの中でも外国産のものは硬水のため、日本茶には合いません。

お茶の種類によって水の温度を変えるといいでしょう。煎茶の場合は70〜80度が良いです。玉露は50度くらいの低温が良いでしょう。玄米茶やほうじ茶、中国茶などは100度の熱湯にした方が良いです。お茶のうま味成分は50度以上で溶け出しやすくなり、渋味であるカテキンは80度以上で溶け出しやすくなっています。

実際にお茶を淹れるときは、まず急須の中に茶葉を入れましょう。そして一度お湯を湯のみの中に移してください。湯冷まししてから急須の中に注ぎます。そしてそれぞれの湯のみに均等になるようにお茶を入れていきます。このように簡単に淹れることができるため、特に難しくはないでしょう

お湯は残さないようにしましょう。もし残っていると次に飲むときに渋くなってしまいます。そのため、最後の1滴まで出すようにしましょう。一度注ぎきったあとは急須のフタをずらしておきましょう。こうすることによって茶葉が蒸れてしまうのを防げます。

2杯目は最初よりも高温の湯を使用すると良いでしょう。そうすると茶葉に残っているうま味と高温によって溶け出してくる渋味の両方を楽しむことができます。また、2杯目以降は早めにお茶を注ぐようにしてください。

お茶を淹れるときには温度が大切ですが、どのくらいの温度なのか分からないという方もいるでしょう。簡易的なチェック方法として湯気を見る方法があります。勢い良く湯気が上がっていれば、90度ぐらいです。湯気が横にゆれながら出てくる場合は70度となっています。湯気がかすかに出ているくらいなら50度ぐらいと考えましょう。

それぞれのお茶の種類ごとにおいしく飲むためのポイントがあります。煎茶の場合はやや高温の湯を使いましょう。深蒸し煎茶の場合は抽出時間は少し短めにします。玉露は低温のお湯を使い、ゆっくりと時間をかけることによって、しっかりとうま味成分が引き出されます。玄米茶やほうじ茶は香りが大事なため、高温のお湯で入れましょう。

以上の点に注意をしてお茶を淹れるようにしてください。

ギフトにオススメのお茶

日本茶には種類がたくさんあるので、どれを選べばいいのか悩んでしまう方は多いです。特にギフトの場合は相手が本当に喜んでくれるものを選ばないといけないので大変です。まず、あまり安すぎるお茶を買うべきではないでしょう。ギフトとしては適していません。ある程度の値段のするお茶の方が質が良いです。

プレゼントをする相手の好みによって選ぶと良いでしょう。甘いものが好きな方には玉露が向いています。お茶の甘味成分はテアニンで、リラックス効果を得ることができます。そのため喜ばれることが多いです。

急須を使わない、ポットから直接淹れるタイプのお茶として、ほうじ茶や玄米茶もおすすめです。相手が日常的にお茶を飲んでいないのであれば、自宅に急須がないことは珍しくありません。そんな時にはほうじ茶や玄米茶の方が喜ばれることが多いでしょう。

この二つのお茶はどのような方でも飲みやすく、人を選びません。お茶の香りを楽しむのにおすすめなのもほうじ茶や玄米茶です。ほうじ茶は香ばしい香り、玄米茶は炒りたての香りがします。また、相手が子供や高齢者、妊婦の場合にもこれらのお茶はおすすめです。カフェインの量が少ないため、誰でも気軽に飲めます。

見た目の色が良いものをプレゼントしたいのであれば、玉露やかぶせ茶がおすすめです。これらのお茶は少し青みがかった緑色をしています。鮮やかな色なので、見ているだけでも楽しめます。

簡単に飲むことのできるお茶をプレゼントしたいのであれば、ティーバッグも良いでしょう。最近はティーバッグのお茶でも、とても質の良いものがたくさん登場しています。どこにでも持ち歩くことができるので、オフィスで利用したり、旅先で使うこともできます。なかには、高級なものも販売されています。

このようにそれぞれのお茶の種類ごとに特徴が異なっているため、相手の好みや生活習慣などを考慮しながら選ぶと良いでしょう。実際にプレゼントするお茶を自分でも一度飲んでみることをおすすめします。そうすることにより、そのお茶がどのようなものなのかが分かるでしょう。相手のことをしっかりと考えてプレゼントすることで、きっと嬉しく思ってくれます。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。