ココアのおすすめ!カロリーやダイエット効果も

ココア・アーモンドミルク

ココアが好きな方は多く、毎日のように飲んでいる方がいるでしょう。子供から大人まで幅広い年代の方が好んでいます。ココアは甘く、飲むことでリラックスできます。ココアを飲むと落ち着くという方はたくさんいるでしょう。冬の寒い時期になるとココアを手放せなくなってしまいます。家でも気軽に飲めます。

このようなココアですが、実際に詳しいことを知っている方はあまりいないのではないでしょうか。こちらではココアのカロリーやココアを飲むことによる効果、さらにはダイエットをするときの注意点についても紹介します。これからココアを飲もうと思っている方やすでに飲んでいる方はぜひとも参考にしてください。

ココアのおすすめ!ココアのカロリー・ダイエット効果は?

ココアのカロリー

ココア1杯あたりのカロリーは約150kcalくらいです。実際にはココアのパウダーに牛乳を加えて作るので、ココアパウダーと牛乳を合わせたカロリーとなっています。普通のジュースと比較するとそれほどカロリーは高くありません。ココアパウダーそのもののカロリーはココア1杯分で約10kcalくらいとなっています。そのため、ココアというのはとてもヘルシーな飲み物といえるでしょう。

ココアに生クリームを使う場合があります。その場合、カロリーは高くなってしまうでしょう。生クリームのカロリーは30gあたりでも100kcalを超えます。また、ココアに使う牛乳のカロリーは1杯分で約130kcalくらいとなっています。低脂肪乳の場合だとカロリーが低くなり、1杯分でも100kcalを下回ります。

ココアのカロリーは商品によって異なります。基本的にはそれほど大きな違いはないですが、ダイエットをしているのであれば、できるだけカロリーの低いものを選ぶと良いでしょう。お店で出されるココアは、1杯分で100kcalくらいの場合もあれば、ホイップクリームもついてきて300kcalくらいになるものもあります。基本的にお店でココアを注文したときの方が、自宅で作るよりもカロリーは高くなりやすいです。

ココアのカロリー

そもそもココアは、なにからできているのでしょうか?ココアの原料はカカオ豆です。カカオマスから油脂分が減らされてできたものがココアです。この油脂はココアバターと呼ばれています。油脂を減らしていないカカオマスや、そこにさらにココアバターを加えたものがチョコレートです。そのため、チョコレートとカカオは原料は同じものとなっています。

ココアというのはココアパウダーを溶かした飲料のことであり、ホットチョコレートというのは固形チョコレートやチョコレートシロップを溶かしたものであるため、ココアとは異なります。ココアとホットチョコレートが混同して使われていることがありますが、実際にはこれは間違いです。

ココアそのものにはカロリーはありませんが、栄養素が豊富に含まれています。それらの栄養素によっていろいろな効果が期待できるので、ココアはダイエットに良く、体にも良い飲み物といえるでしょう。栄養素の中でも、特に食物繊維が豊富なことが知られています。ココアはカロリーが低く、栄養が豊富という理想的な飲み物の特徴を備えています。

ココアの効果

ココアにはフラボノイドが豊富に含まれていて、特にカテキンを多く含んでいます。カテキンには抗酸化作用があり、老化を防止したり、動脈硬化やガンの予防にも効果があるとされています。実際の研究で、ココアの摂取量がとても多いパナマのクナ族では、ココアをよく飲む島の住民ほど本土の人に比べてガンや心臓病の率が低下していることが確認されています。フラボノイドは循環器に大きな効果を与えることで知られています。これによって、脳にも良い効果が期待できるとされています。

フラボノイドは今話題になっているポリフェノールの一種です。ポリフェノールはテレビでも話題になることが多い、抗酸化作用を持っている有効成分のことです。ココアだけではなく、ワインにも多く含まれていることで知られています。フラボノイドにはリラックス効果もあるとされています。ココアを飲むと落ち着いた気持ちになれますが、これはフラボノイドの効果によるものです。

また、ココアにはリグニンという食物繊維が含まれています。こちらは不溶性食物繊維となっているため、水には溶けません。そのため、便のかさを増やす効果があります。これにより、便の量を増やすことができるので、ぜんどう運動を促進させる効果があり、結果的に便秘解消につながります。

ココアの効果

便秘というのは人の健康や美容に大きな悪影響を与えるので、すぐにでも解消するべきでしょう。リグニンには便臭や体臭を改善する効果も期待できます。リグニンだけではなく、フラボノイドにも腸内環境を整える効果があるので、ココアは腸内をキレイにしたい方にとって、とても役に立ちます。

冷え性に悩まされている女性は多くいます。ココアは冷え性改善の効果も期待できます。ココアは冷えた状態で飲んだとしても、あまり体を冷やすことはありません。

ココアには疲労回復の効果もあります。アミノ酸の一つであるアルギニンが含まれているからです。筋肉が疲労しているときでもココアを飲むことにより、その疲れを取り除くことができるでしょう。

このようにココアは、いろいろな健康効果を期待できる飲み物となっています。日常的にココアを飲むことで、大きなメリットを得られるでしょう。いろいろな効果が期待できるので、健康や美容、ダイエットなどに気を使っている方におすすめです。

ココアダイエットと注意点

ココアにはダイエット効果があるとされています。なぜなら、ココアは栄養豊富だからです。ココアは高タンパク質です。タンパク質は人間の体を作る基本となる大切な物質のため、きちんと摂取しないといけません。また、ココアにはポリフェノールやミネラルといった栄養も豊富なため、ココアを飲んでいるだけでもさまざまな栄養を摂取することができます。

そのため、朝食をココアに置き換えたとしても栄養的には特に問題はありません。ほかの食事でしっかりと栄養を摂ることができれば、ココアの置き換えダイエットが健康に影響することはないでしょう。

また、ココアには空腹感を抑える効果があるとされています。ダイエット中は空腹感からくるイライラで、ストレスが溜まってしまうことがありますが、それをココアによって解消することもできます。そのため、無理なくダイエットを続けられるようになるでしょう。

ココアダイエットと注意点

ココアのダイエット方法を紹介します。食事の前にココアを飲むようにしてみましょう。ココアを飲むことで、ある程度の満腹感が得られるので、自然と食事の量を減らすことができます。ココアをおやつ代わりにする方法もあります。ココアを飲むだけでも空腹を紛らわすことができるので、お菓子の食べ過ぎを防ぐことができます。

基本的なココアの飲み方は、ココアパウダーに牛乳を加え、温めて飲みます。この牛乳を豆乳に置き換える方法もあります。豆乳は牛乳より栄養が豊富です。そのため、朝食を豆乳にココアが入ったものだけにしても問題ありません。美容や健康のさまざまな効果を得られるようになるでしょう。ココアの中にしょうがを入れるのもおすすめです。しょうがには体を温める作用があり、代謝を高めることができるので、脂肪を燃焼する効果も期待できます。

ココアダイエットの注意点は、飲み過ぎには気をつけることです。基本的には1日1杯くらいを目安にしましょう。多くても、2杯に留めておくことが大切です。牛乳を入れる場合は特に注意が必要です。牛乳によってカロリーが高くなってしまいます。低脂肪乳を使うことで摂取カロリーを抑えることができます。

おすすめココアランキング

1. バンホーテン ピュアココア 缶200g

バンホーテン ピュアココア 缶200g
¥128/100g
48%安
¥306 ヨドバシカメラ
¥850 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

「バンホーテン ピュアココア 200g」は、精選された良質のカカオ豆100%からつくられた、香料や添加物を含まない純ココアです。ココアはカカオ豆を発酵、乾燥、粉砕・除皮したカカオニブを、焙煎後に圧搾したカカオマスから脂肪分の一部を取り除き、再び細かく粉砕したものですが、そのうち、脂肪分が22%以上のものを純ココアと言います。純ココアには砂糖など余分なものが含まれておらず、代わりに良質なカカオポリフェノールが含まれています。このポリフェノールには強力な抗酸化作用があり、様々な健康・美容効能があります。代表的な効果としては老化を促進させる「活性酸素」を除去する効果を持ちます。これにより細胞を酸化させるのを防ぐため、身体の内側からしわ、たるみ、くすみなどの老化予防を行うことが出来、女性にとって心強い美容ドリンクと言えます。

1828年に世界で初めてココアパウダーの製造法を発明したバンホーテン社が作り出したバンホーテンピュアココアは、その歴史に裏付けされた伝統ある技術と厳しい品質管理のもとにつくられています。吟味され、選び抜かれた良質のカカオ豆のみが、優れた味わい・香り・色を兼ね備えたバンホーテンココアになります。純ココアなのでお菓子作りやお料理にも使用でき、活用の幅が広い一品です。


2. バンホーテン ミルクココア 袋240g

バンホーテン ミルクココア 袋240g
¥127/100g
48%安
¥305 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥306 ヨドバシカメラ
他4ショップ

ココアのリーディングカンパニーであるバンホーテン社のココアを手軽に楽しむことが出来る一品です。ミルクのコクと甘み、バンホーテンココアならではの深い味わいがひとつになった本格的なおいしさです。バンホーテンのココアは、ヨーロッパの菓子職人から「ベルベットのやさしさ」と賞賛され愛用される、きめ細かく深い風合いのココアパウダーを使用しています。バンホーテンのココアは、吟味され、選び抜かれた良質のカカオ豆から作られています。そのため味わいや香り、色が優れたココアが生まれるのです。そんな良質なココアパウダーを使用したこちらのミルクココアは子供からお年寄りまで多くの方に愛飲されるココアです。

また、ココアは体に嬉しい栄養がたくさん含まれている飲み物です。アンチエイジング効果のあるポリフェノールをはじめ、便秘対策でお馴染みの食物繊維や代謝を上げるミネラルなど、優れた美容効果を持つ栄養素がいっぱいです。また豆乳と混ぜて飲めば生理前のPMS(月経前症候群)を緩和する効果もあり、女性に嬉しい飲み物です。ココアの美味しい飲み方は、ミルクやお湯で溶かす前に少量のお湯で滑らかなペースト状になるまで混ぜることです。そうすることで風味を引き出し美味しいココアを作ることが出来ます。


3. 森永ココア 純ココア 110g

森永ココア 純ココア 110g
¥279/100g
¥307 SEIYUネットスーパー(ス)
¥345 (x3) Amazon(アマゾン)
他6ショップ
"森永製菓 森永ココア 純ココア 110g"は、ココアでは定評が高い森永製菓のココアパウダー。厳選されたカカオ豆の最適な配合により生まれた、風味豊かな高品位のココアパウダーです。ケーキ、クッキーなどのおかし作りの材料作りとしても、アイスクリームのトッピングとしても活躍。もちろん、水、砂糖とまぜて煮込めば美味しいココアの出来上がりです。

4. ミロ オリジナル 240g

ミロ オリジナル 240g
¥127/100g
48%安
¥305 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥307 SEIYUドットコム(西友)
他5ショップ

1934年にオーストラリアで開発された古代ギリシャの強靭なアスリートの名前にちなんで名付けられたという「ミロ(Milo)」。現在は約30ヶ国で製造されて多くの人々に親しまれているロングセラー商品です。日本においては1973年よりネスレ日本発売が開始をして、子供世代を中心に大人の方にまで親しまれています。今回は、一日を元気に乗り切るための栄養のバランスが考えられた「ミロ オリジナル 1袋240g」のご紹介します。ミロの栄養成分は、本商品の1杯分を15gとすると、熱量:60kcal、タンパク質:1.2g、脂質:1.6g、炭水化物:10.2g、そしてカルシウム、ビタミン、鉄分と多くの栄養がバランス良く含まれているのが特徴です。冷たい、もしくは温かい牛乳に混ぜて飲むと美味しく頂けて、またさらに栄養のバランスも良くなります。人間は起きがけの朝にエネルギーがもっとも不足している状態ですが、朝は忙しいと朝食を抜くというのは、体にとってすごく悪いことです。そんな時に牛乳に混ぜて気軽に飲むことができるミロは重宝します。特に成長期のお子様にとっては、味も美味しく好まれるので毎日のメニューに加えやすいです。味と栄養どちらも優れている上に、お値段は一袋350円前後とリーズナブルですのでお財布にも優しい商品です。


5. ブレンディ スティック ココア・オレ 1箱(70本)

ブレンディ スティック ココア・オレ 1箱(70本)
¥244/100g ¥39/個
¥273 ヨドバシカメラ
¥2,016 LOHACO(ロハコ)
他3ショップ
マグカップサイズで楽しめる!クリーミー&スイートでお得な1箱70本入り。下の取り出し口から1本ずつ取り出せます。

ココアのおすすめ!ココアのカロリー・ダイエット効果は?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。