【徹底比較】ココア鉄板おすすめランキング9選【人気商品を購入して飲み比べ!ココアマイスターのおすすめも】

ココア

ご協力いただいた専門家

ココアマイスター:皆川ココ
ココアマイスター:皆川ココ

不定期にてココア好きが集うイベント「ココアバー」を主宰し、ココアのおいしさと魅力を伝えるべく講演やカフェなどのアドバイザーも務める。幼少期にココア発祥の地・オランダで育ったことがきっかけでココアの魅力に目覚め、カフェ勤務を経て商社に勤務。“消費者の顔を見て伝えたい”との思いから退職し、ココアマイスターとして活動中。


冬になると恋しくなるココア。夏にアイスで飲むココアも美味しいものですが、寒い夜にほっとひと息つくのにもってこいです。

甘くてミルクたっぷりのものは子どもに、ちょっとビターでカカオの健康効果を期待する大人にと、幅広い層に好まれています。

インスタントココア導入

ココアには、健康や美容に効果的な成分が入っていることをご存知ですか?

ここでは、ココアの気になるカロリーや栄養素、ダイエット効果、 カフェインの有無について詳しく解説します。

また、ココアに精通した専門家・ココアマイスターによるおすすめのココア情報もご紹介。

そのほか、編集部が人気商品を実際に飲み比べた比較検証ランキングも! 以下5点の比較検証を行いました。

  • カロリー
    パッケージに記載されているのは、パウダーのみのカロリーなので、牛乳で飲む場合は牛乳のカロリーも追加して1杯あたりのカロリーを算出比較。
  • 甘さ
    甘さが強いものほど、子どもが飲みやすく、ビターなものほど大人向け。
  • カカオ感
    カカオの香りや風味を感じられるかを検証。
  • まろやかさ
    ココアをおいしいと感じる要素でもあるので、まろやか度を比較。
  • とけやすさ
    コップの底に溶け残っていないかを検証。

当サイトで売れ筋のココア人気ランキングもありますので、ここで新たなココアを探してみてください。

↓詳しく見る↓

安いインスタントココアはこちら

最終更新日:2020-06-25  閲覧数:851

人気ココア9商品全て購入し、徹底的に比較しました

市販のココアは大きく2種類に分けられます。

ひとつは、砂糖やミルクが入った「調整ココア」。お湯やミルクに溶かすだけでおいしいココアが完成しますが、カロリーはやや高め

もう一方は、砂糖やミルクを含まない「純ココア」。調整ココアよりカロリーは低くなりますが、甘味は一切なし

甘いものが苦手な方は、甘さを調整できる純ココアがおすすめです。

とはいえ、調整ココアもビターなものから甘さ強めのものまでラインナップは実に豊富。今回は調整ココアを取り上げ、人気の9商品をココア好きライターが飲み比べてみました!

5つのポイントごとに評価し、ランキングを作成。タイプ別MVP(おすすめ)もご紹介します。

ココア10商品飲み比べ

【カロリー】……おいしくても、ダイエットにいいと言われても、やっぱりカロリーが高いのは避けたい。カロリーが低いものほど★を多く評価(牛乳でつくったココアには、牛乳120ml分のカロリー83kcalをプラスして計算しています)。

【甘さ】……個人的には甘いものが苦手なのでビターなほうが好みですが、ここではわかりやすく甘さが強いものほど★を多くつけています。

【カカオ感】……カカオの香りや風味を感じられるものほど高評価。カカオ感が強いものほど、ビターな味になります。

【まろやかさ】……ココアをおいしいと感じる要素のひとつ。まろやかさとカカオの風味がココアの肝。まろやかさを感じるものほど★を多く評価。

【とけやすさ】……ちゃんと溶けたようでも、飲み終わる頃にマグカップの底でドロ〜ンとたまったココアを発見すると、悲しさと悔しさと切なさが押し寄せてきます。飲み終えたときに、コップ底にココアが溶け残っていなかったものほど高評価

99位: 味の素AGF ブレンディスティック ココア オレ ポリフェノールリッチ 1セット 24本:6本×4箱

ライター評価

ココアというより”ココア風味"

コメント

牛乳を使わず、お湯にパウダーを入れてつくるタイプ。

牛乳ベースじゃないのでサラッとしていて、まろやかさはなし。甘さは控えめですが、カカオ感も弱め。ほのか〜にカカオの香りを感じるくらいです。

ココア好きな人には物足りないかもしれませんが、「ガッツリしたココアはこってりしていて苦手……」という人におすすめ。サラッとしていてお湯ベースなので、飲みやすいと思います。

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
パッケージと外観
商品説明

マグカップで手軽に本格的な味わいが楽しめるブレンディ スティックシリーズのミルクココア

同シリーズの「ブレンディ ココア オレ」よりもポリフェノールを1.5倍配合

あまり甘くない、ビターな味わいが特徴のミルクココア。入れ方はとても簡単で、カップにスティック1本を入れ、お湯(180mL)をそそぎ混ぜるだけ。

1杯分(11g)に含まれるポリフェノールは120mg。

商品詳細
  • 名称:調整ココア(スティック)
  • 原材料名:砂糖、ココアパウダー(ココアバター10〜12%)、植物油脂、水あめ、脱脂粉乳、食塩、乳糖、でんぷん、香料(乳由来)、ph調整剤、乳たん白、微粒酸化ケイ素、甘味料(アスパルテームL-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、乳化剤
  • 内容量:66g(11g×6本)
  • カロリー(1杯あたり):48kcal
  • たんぱく質(1杯あたり)0.95g
  • 脂質(1杯あたり)1.5g
  • 炭水化物(1杯あたり)7.7g
  • 食塩相当量(1杯あたり):0.15g
  • カフェイン(1杯あたり):5mg
  • ポリフェノール(1杯あたり)120mg
レビュー: 4.07点/5点

全対象ショップのレビューは計157件、その平均は4.20点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.20点154件
楽天244.00点2件
爽快ドラッグ4.00点1件
外部ショップでの口コミ: 3件
  • ポリフェノールリッチということで、精神的には非常に満足できます。実際効いているかどうかは、血液検査でもしない限り分からないですが。
  • すぐ、なくなっちゃった。(^^♪美味しかった
  • とっても簡単に美味しいココアがいただけるので大変便利だと思います 温牛乳で割って飲んでいますが、甘さ控え目で大変美味しいです

88位: 和光堂 牛乳屋さんのミルクココア 250g

ライター評価

濃くてあま〜い!子どもは好きかも

コメント

甘味がかなり強く、濃厚。カカオ感は弱いので、子どもは好きな味かもしれません。

ビター好きな大人には、ちょっと甘すぎるかも……

粉は溶けやすく、飲んだあとのコップの底にも溶け残りはありませんでした。

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
パッケージと外観
商品説明

1917年に国産初の育児用粉乳(調製粉乳)を発売し、100年以上の歴史で培ってきた技術で生まれたクリーミングパウダーを使用したココア。

お湯(または牛乳)を注ぐだけで、豊かなミルク風味のココアが楽しめます

商品詳細
  • 名称:調整ココア
  • 原材料名:砂糖、植物油脂、ココアパウダー(ココアバター10〜12%含有)、デキストリン、脱脂粉乳、乳糖、生クリーム、食塩、酵母エキス粉末(アセスルファムK)
  • 内容量:250g(約16杯分)
  • カロリー(1杯あたり):71kcal
  • たんぱく質(1杯あたり)0.8g
  • 脂質(1杯あたり)2.7g
  • 炭水化物(1杯あたり)11.3g
  • 糖質:10.7g
  • 食物繊維:0.6g
  • 食塩相当量:0.2g
  • カフェイン(1杯あたり):3mg
  • ポリフェノール(1本あたり)不明
レビュー: 4.44点/5点

全対象ショップのレビューは計62件、その平均は4.36点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ4.53点15件
楽天244.50点2件
LOHACO4.30点45件
外部ショップでの口コミ: 7件
  • カフェインなしと聞いてたのしみにしていましたが、人工甘味料が入ってました。残念すぎます。
  • 大手メーカーのココアに比べてバターの様なコクがあります。とても美味しいです。
  • 冷たい牛乳にもとけるココアが中々ないので注文していますが、少し甘すぎるように思います。もう少し甘みを抑えてあると評価は上がると思います。
  • 今まで飲んだココアの中で、一番美味かったです。お湯でも、コクのある甘くて美味しいココアができます。 もう少しお安く買えたらいいなと思いますが、外でお茶するよりはお安く楽しめるので、良しとします^ ^
  • 今まで飲んだココアではこれが一番です。またリピートしたいと思います。最高です。もう他のココアは飲めません。
  • レビューを見てこちらを購入しました!レビュー通り、今まで飲んだココアの中で一番おいしかったです! 冷たい牛乳でも溶けるのもポイントだと思いました! またぜひ購入しようと思います!ありがとうございました!
  • ココアはやっぱり他のメーカーがオススメです。ココアの香りと味が全体的に薄かったです。

77位: 名糖産業 香り高いミルクココア 袋300g

ライター評価

カカオ感弱め、しかし、甘さは強め

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
商品説明

3種のココアパウダーを厳選し、バランスよくブレンド。 牛乳で溶かせば、一層おいしく、栄養豊かなココアを味わえます。

商品詳細
  • 内容量:500g
  • メーカー:名糖産業
  • 商品仕様:
  • ポリフェノール(1杯あたり):140mg
  • カフェイン(1杯あたり):不明
  • 食塩相当量(1杯20gあたり):0.069g
  • 炭水化物(1杯20gあたり):17.3g
  • 脂質(1杯20gあたり):1.1g
  • たんぱく質(1杯20gあたり):0.8g
  • カロリー(1杯20gあたり):80kcal
  • 内容量:500g
  • 原材料名:砂糖、ココアパウダー(ココアバター18〜20%)、デキストリン、乳糖、植物油脂、脱脂粉乳、水あめ、食塩、カゼインNa、リン酸塩(K、Na、Ca)、香料、乳化剤
  • 名称:調整ココア
レビュー: 4.50点/5点

全対象ショップのレビューは計2件、その平均は4.50点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
楽天245.00点1件
Amazon4.00点1件
外部ショップでの口コミ: 3件
  • 1年を通してココアを飲むので、常にストックしておきたい商品です。前回購入した物が少なくなったのでリピしました。暖かくなるとスーパーで販売しなくなる場合があるので、こちらで販売されてたら、また利用したいです。
  • ミルクが少し入ったような感じになって美味しく飲めました。
  • キャンセルされてしまって飲めなかった!ので、味がわかんない。 ということで、とりあえずおいしいだろうとの期待から、真ん中の☆3つです。

66位: ブルボン まろやかでおいしいミルクココア 200g

ブルボン まろやかでおいしいミルクココア 200g

ライター評価

甘めのココアの中ではポリフェノール豊富

コメント

カカオ感は弱く、甘めが強いので、どちらかというと子ども向けのココア

甘味が強いココアはポリフェノールの量が少ない商品が多いなか、同じような甘さの商品のなかではポリフェノール量は多めの164mg(1杯あたり)なところが魅力。

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
商品説明

本格的な味わいが楽しめるミルクココア。カカオが香るパウダーは厳選したものを使っています。

お湯でもホットミルクでもおいしいココアが味わえます。

商品詳細
  • 原材料:砂糖、ココアパウダー(ココアバター22~24%)、デキストリン、クリーミングパウダー(デキストリン、植物油脂、乳糖、脱脂粉乳、全粉乳、クリーム(乳成分を含む))、脱脂粉乳、全粉乳、カカオマス、食塩 : 炭酸カルシウム、カゼインNa(乳由来)、香料
  • 内容説明(栄養成分):(1杯(標準20g)当り)エネルギー81kcal、たんぱく質1.5g、脂質1.7g、糖質14.4g、食物繊維1.g、ナトリウム52mg、カルシウム160mg、カカオポリフェノール164mg、テオブロミン68mg

55位: ハウスウェ 黒豆ココア 234g

ライター評価

まろやかでコクのあるココア

コメント

焙煎した黒豆の粉末が含まれているせいか、豆乳のようなまろやかさとコクがあります。

カカオ感は弱く、甘さは強めですが、飲みやすいので豆乳が苦手な人でも、これなら大豆イソフラボンをおいしく摂取できるかも。

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
パッケージと外観
商品説明

大豆イソフラボン、ポリフェノール(アントシアニン)を含み、タンパク質や食物繊維が豊富な大豆と、ココアポリフェノールと食物繊維を含むココアの健康力を合わせたココア。

大豆に含まれているイソフラボンは女性の健康と美容の維持をサポートする嬉しい食材。とはいえ、調理に手間がかかり、毎日は食べにくいのも事実……

「黒豆ココア」なら、ココアと大豆のいいところを、おいしく毎日摂り入れることができます。

商品詳細
  • 名称:調整ココア
  • 原材料名:砂糖、ココアパウダー(ココアバター21〜24%)、クリーミングパウダー、焙煎黒豆粉末、酵母エキス、食塩、大豆イソフラボン、乳化剤、ビタミンD、(原材料の一部に乳成分を含む)
  • 内容量:234g
  • カロリー(1杯18gあたり):74kcal
  • たんぱく質(1杯18gあたり)1.5g
  • 脂質(1杯18gあたり)2.2g
  • 糖質(1杯18gあたり)12.0g
  • 食物繊維(1杯18gあたり):1.4g
  • ナトリウム(1杯18gあたり):33mg
  • ビタミンD(1杯18gあたり):1.8μg
  • 大豆イソフラボンアグリコン(1杯18gあたり):9.0mg
  • ポリフェノール(1杯18gあたり)100〜253mg
レビュー: 4.58点/5点

全対象ショップのレビューは計26件、その平均は4.54点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
爽快ドラッグ4.67点6件
楽天244.50点20件
外部ショップでの口コミ: 5件
  • 黒ゴマ感もなく、普通のココアとして美味しいです。体にも良く一石二鳥です。
  • ポリフェノールが入っていて、美味しく飲んでます。
  • 周辺お店に季節商品なのか夏場手に入りにくく 価格もお手頃で重宝します
  • 黒豆ココアの大ファンです。 お店にないのでいつも注文させていただいております。 美味しいです。
  • ココアは、安っぽい味のものも中にはありますが、こちらはとても美味しくて気に入っています。 少量のお湯で溶いて、冷たい牛乳を入れ、氷を浮かべて頂いています。

44位: バンホーテ ミルクココア 240g+60g 300g

ライター評価

まろやかで甘さ強め。甘党の人におすすめ

コメント

甘さが強く、カカオ感はそれほど感じません。ただ、他のミルクココアに比べると、とてもまろやかで濃厚

まろやかさと同時にコクもあるので、甘党の人にはおすすめです。

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
パッケージと外観
商品説明

1828年、世界ではじめてココアパウダーの製造法を発明したオランダのC.J.バンホーテン。以来、「バンホーテンココア」は世界中で愛されるブランド。2018年でブランド誕生190周年を迎える、老舗ココアブランドなのです。

缶ココアでも馴染みの深い「バンホーテン ミルクココア」は、香り高く、きめ細かなバンホーテンのココアパウダーを贅沢に使用。まろやかでカカオの風味が際立ちます。

お湯だけでも美味しくいただけますが、ホットミルクを使うことでより高級感溢れる、濃厚な味わいが楽しめます。

商品詳細
  • 名称:調整ココア
  • 原材料名:砂糖、デキストリン、ココアパウダー(ココアバター22%〜24%)、粉あめ、植物油脂、食塩、全粉乳、ガゼインNa、pH調整剤、香料、リン酸Ca、乳化剤、(一部に乳成分を含む)
  • 内容量:240g
  • カロリー(1杯23gあたり):98kcal
  • たんぱく質(1杯23gあたり)1.1g
  • 脂質(1杯23gあたり)2.7g
  • 炭水化物(1杯23gあたり)17.9g
  • 糖質(1杯23gあたり):16.6g
  • 食塩相当量(1杯23gあたり):0.2g
  • カカオポリフェノール(1杯23gあたり)212mg
レビュー: 4.30点/5点

全対象ショップのレビューは計146件、その平均は4.30点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
LOHACO4.30点146件
外部ショップでの口コミ: 5件
  • 調合ココアなので、手軽に好みの濃さで作れていいです。 他のメーカーのココアに比べるとコクがまったく違います。
  • 商品の状態も良く、早く届いた印象でした。今後も取引したいです。
  • バンホ-テンココアは、幼い頃から缶入りタイプを愛飲させて頂いていました。あったかい牛乳で溶かして飲むと身体があったまって夜よく眠れます。大人になってもココアやチョコレ-トで疲れた身体を癒してもらっています。
  • 他よりもかなりお安く買え、対応も早く満足しています。
  • さすがバンホーテン。他のココアより断然濃厚で美味しいです。

33位: 森永製菓 ミルクココア 300g

ライター評価

甘いけど、くどくない! ココア感も◎

コメント

冷たい水や牛乳でもさっと溶けてノーストレス!

そして甘さはあるけど、くどくない!まろやかさもちょうど良く、ココア感もあります

ミルクココアはどうしても甘さがくどくて苦手……という人に、一度飲んでもらいたい! 「ココアはやっぱりモリナガ♪」のCMソングにも納得です。

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
パッケージと外観
商品説明

「ココアはやっぱりモリナガ♪」のCMソングでもおなじみ「森永ミルクココア」は、1919(大正8)年に日本初の飲用ココアとして誕生。多くの人に愛され、ココア界のリーダーともいえる存在です。

伝統に裏付けされた味を守りながら、深くまろやかな味わいを実現した「森永ミルクココア」は、モンドセレクション7年間連続金賞受賞し、まさに“世界が認めた味”と言えます。

商品詳細
  • 名称:調整ココア
  • 原材料名:砂糖、ココアパウダー(ココアバター22〜24%)、ぶどう糖、脱脂粉乳、乳糖、全粉乳、麦芽糖、クリーミングパウダー、カカオマス、食塩、香料、乳化剤、pH調整剤
  • 内容量:300g
  • カロリー(1杯20gあたり):77kcal
  • たんぱく質(1杯20gあたり)2.0g
  • 脂質(1杯20gあたり)1.4g
  • 糖質(1杯20gあたり)14.1g
  • 食物繊維(1杯20gあたり):1.2g
  • ナトリウム(1杯20gあたり):41mg
  • ポリフェノール(1杯20gあたり)180mg
レビュー: 4.42点/5点

全対象ショップのレビューは計92件、その平均は4.09点(5点満点)。レビューが多く、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.90点71件
爽快ドラッグ4.60点5件
楽天244.75点16件
外部ショップでの口コミ: 9件
  • このココアが一番美味しいので、他は買いません。
  • 値段も安く5個も買っちゃいました。とても飲みやすく毎朝飲んでます。又注文したいです。
  • 美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
  • 夫がとても気に入ってあれよという間になくなりました。 さっぱりした薄甘さがあいいですね。 対応も早く、お値ごろなので、またいつかリピしますね。
  • 美味しかったです。やっぱりココアは森永ですね。
  • 主人が、健康のために、ヨーグルトにココアのポリフェノールと、きな粉をトッピングして、毎朝食べています。 栄養価と、美味しさで、このココアしかダメですので、リピート!
  • 昔懐かしい味 美味しいです! 牛乳が飲めないので豆乳でも美味しいです。
  • 冬によく飲むので購入しました。味はもちろん美味しいです。少し牛乳を足すとより美味しいと思います。
  • ミルクココアというものがどんなのかわからなくてたのんでみたけど苦い 牛乳で割らないと美味しくないのかも

22位: 森永製菓 森永ココア カカオ70 200g

ライター評価

甘すぎない!ビターさがちょうどいい!

コメント

「こんなココアが欲しかった!」と声が出てしまうほど、ちょうど良いビターさと控えめな甘さ

ポリフェノールがミルクココアよりも豊富に含まれているのも嬉しいところ。

カカオ感もしっかり感じられ、「う〜ん!ココアを飲んでいる!」と、ひと口目から満足。甘さ控えめが好きな人におすすめです。

冷たい水や牛乳でも溶けますが、やや溶けにくく、飲んだあとコップの底に溶け残りがありました。

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
パッケージと外観
商品説明

日本におけるココアのパイオニア・森永から発売されているハイビターココア

含まれているポリフェノール食物繊維は、「森永ミルクココア」の3倍。ミルクココアと違い、甘さが控えめなので“ちょっと大人のココア”です。

商品詳細
  • 名称:調整ココア
  • 原材料名:ココアパウダー(ココアバター15〜17%)、砂糖、カカオマス、香料、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、(一部に乳成分を含む)
  • 内容量:200g
  • カロリー(1杯20gあたり):68kcal
  • たんぱく質(1杯20gあたり)3.0g
  • 脂質(1杯20gあたり)2.5g
  • 糖質(1杯20gあたり)8.3g
  • 食物繊維(1杯20gあたり):4.3g
  • 食塩相当量(1杯20gあたり):0.001〜0.034g
  • ポリフェノール(1杯20gあたり)600mg
レビュー: 4.35点/5点

全対象ショップのレビューは計64件、その平均は4.47点(5点満点)。レビュー数が充実しており、かつ点数も高い間違いない商品。

ショップ点数レビュー件数
楽天244.36点11件
爽快ドラッグ4.60点42件
Amazon4.10点11件
外部ショップでの口コミ: 7件
  • この商品はなかなか置いてある店が無いのでまとめ買いしました。 ココアが濃くて美味しいです。 他のミルクココアが甘すぎる方にオススメです。
  • これは、繰り返し注文したい商品です。甘さほんのりで、後味も良く飽きません。すぐ無くなってしまうので、少しでも長く楽しめるようにコーヒーに混ぜて飲んでいます。「cacao70%」の表示が、この商品を選んだ一番のきめてです。
  • 迅速丁寧でした。飲むのが楽しみです。(о´∀`о)
  • ふと落ち着いた時に飲みたくなるような味です。コーヒーでは胃の調子が悪くなるような時に良いかなぁと思ってます。身体にも良い高カカオで繊維もたっぷり言うこと無しですね。普通のミルクココアとは違い甘すぎず大人の味がします。
  • 普通ですよね、普通しか、書きようが無いんだけど。
  • 冬の定番品です、いつもブレないおいしさです。
  • 甘さ控えめでおいしいと思います。

11位: 片岡物産 バンホーテン ココアハイカカオ 200g 1袋 [6466]

片岡物産 バンホーテン ココアハイカカオ 200g 1袋 [6466]

ライター評価

これぞ求めていた“大人のココア”!

コメント

さすがはバンホーテン。ビターでカカオ感も強く、まさに“大人のココア”と言える商品。

粉そのものを口に入れても、甘さは控えめ。ココアパウダーの配合が多いのか、あたたかい牛乳でもやや溶けにくく、飲み終わると結構コップの底に溶け残りがありました。が! 少々の溶けにくさを加味しても、このビターさと、しっかりとしたカカオ感はリピしたくなります

評価
カロリー評価評価評価評価評価
甘さ評価評価評価評価評価
カカオ感評価評価評価評価評価
まろやかさ評価評価評価評価評価
とけやすさ評価評価評価評価評価
パッケージと外観
商品説明

1828年、世界ではじめてココアパウダーの製造法を発明したオランダのC.J.バンホーテン。以来、「バンホーテンココア」は世界中で愛されるブランド。2018年でブランド誕生190周年を迎える、老舗ココアブランドなのです。

そんな「バンホーテンココア」のハイカカオタイプとして登場したのが、「バンホーテン ハイカカオ」ミルクココアの約3倍のピュアココアを配合し、1杯あたりのカカオポリフェノール量は約600mg

すっきりと味わいたいときはお湯で、濃厚に楽しみたいときはあたためた牛乳で飲むと◎。

商品詳細
  • 名称:調整ココア
  • 原材料名:ココアパウダー(ココアバター22%〜24%)、砂糖、デキストリン、乳等を主要原料とする食品、クリーム加工品、バター加工品、全粉乳、乳化剤、香料、微粒酸化ケイ素、安定剤(CMC)、pH調整剤、カゼインNa、(一部に乳成分、大豆を含む)
  • 内容量:200g
  • カロリー(1杯23gあたり):97kcal
  • たんぱく質(1杯23gあたり)3.1g
  • 脂質(1杯23gあたり)3.8g
  • 糖質(1杯23gあたり)10.7g
  • 食物繊維(1杯23gあたり):3.6g
  • 食塩相当量(1杯23gあたり):0.03g
  • カカオポリフェノール(1杯23gあたり)600mg
外部ショップでの口コミ: 3件
  • 甘さ控えめで良いと思います。
  • カロリーや価格を下げるため、合成の甘味料が入っているものがありますが気持ちが悪いので、そういうのが入っていない、或いは少なめなこちらを選ぶようにしています。
  • 濃さを調整できることが想像通り便利でした。アウトレット価格で購入できたので嬉しかった。バニラアイスに振りかけたり、葛粉に混ぜたりして楽しめました。

【検証①】飲み比べココアBEST9を甘さとコスパで徹底比較

ココア飲み比べチャート

飲み比べた人気ココアBEST9を、甘さとコスパで比較してみました。

ちなみに、コスパは価格から1杯あたりの価格を算出して比較。商品によって、1杯の推奨gが異なるため、パッケージに記載されている1杯あたりのgで計算しています。

1ヶ月で1,000円も違う!?コスパの良し悪し

ココア飲み比べコスパ比較

価格だけ見ると、209円「ブレンディスティック ココア・オレ ポリフェノールリッチ」がいちばん安いのですが、1杯あたりの価格で計算すると、最もコスパが良いのは1杯21.4円「まろやかでおいしいミルクココア」

1杯あたりの価格がいちばん安いものと高いものでは、32.92円の差があります。1日1杯飲んだとして、1ヶ月で1020円も違ってくるので、コスパはあなどれません。

【検証②】ココアBEST9のカロリー比較

1杯あたりのカロリー比較がこちら。

ココア飲み比カロリー比較

それぞれパッケージの成分表示に記載されているのは、パウダーのみのカロリー。お湯で飲むならそのカロリーになりますが、牛乳で飲む場合は、牛乳のカロリーが加わります

飲み比べた9商品のなかで、牛乳を使わず、お湯で飲むものは「ブレンディスティック ココア・オレ ポリフェノールリッチ」のみ。カロリーがダントツ低いのは、牛乳を使わないためです。

「ネスレ ココア ダーク」は、1杯に使うパウダー量が8gとかなり少ないので、カロリーも抑えめ

残りの商品は、微妙な差はあるものの、150〜180kcalと極端に大きな差はありません

【検証】ホットでもアイスでもOK!飲み方に汎用性があるのはどれ?

冬にはホット、夏にはアイスでもおいしいココア。

お湯やお水で飲めばスッキリした味わい、まろやかさを楽しみたい場合は温めた牛乳や冷たい牛乳で飲むと◎。

牛乳の脂肪分が気になる人や、タンパク質を摂取したい人は豆乳で飲むのもおすすめです。

インスタントココアのなかには、お湯で飲むのが前提のものや、冷たい水や牛乳でも溶けるものなどがあります。多くの場合はパッケージの裏側に記載されているので、なかなかオンラインショッピングで確認しにくいのが難点。

そこで、今回編集部で飲み比べした商品の飲み方一覧を作成してみました!

ココア飲み比べ飲み方一覧

基本的にはどの商品もホット・アイスどちらでも楽しめますが、アイスで飲めるものの多くは、最初に少量のお湯で粉を溶かす必要があります……

アイスでも飲みたい!そしてせっかちで、めんどくさがりの人は、冷たい水や牛乳でも溶けるものがおすすめです。

ココアの美味しい入れ方

ココア・シナモンスティック

ココアパウダーは家庭でも簡単にココアを作ることができる優れものですが、上手に作らないとダマになったり粉っぽい食感になることも

ここからは、まるで喫茶店で飲むような口当たりなめらかな、美味しいココアを作るためのコツを紹介してきます。

日頃、ココアをよく飲むという方もぜひお試しあれ!

ホットココア

1.手鍋にココアパウダー(純ココアは砂糖も一緒に)をスプーン1杯、冷たい牛乳もしくは水を少量加えます。

2.手鍋に入れた1をなめらかなペースト状になるまで練りましょう。

3.中火にかけ、140ccの牛乳を少しずつ加えながらよく混ぜます。

4.沸騰直前に火からおろし、マグカップに注げば完成。

5.お好みによって、生クリームを浮かべたり、シナモンスティックを添えると、より美味しくいただけます。

アイスココア

1.容器にココアパウダー(純ココアは砂糖も一緒に)をスプーン3杯、温かい牛乳もしくはお湯を少量加えます。

2.容器に入れた1をダマにならないよう、切るように練りましょう。

3.グラスに氷を入れ、2を入れます。

4.冷たい牛乳を加え、よく混ぜれば完成。この時、牛乳を少しずつ注ぐのがコツ。

【検証結果タイプ別おすすめ】ビター部門・子ども部門MVP発表!

ビター部門MVP「バンホーテン ハイカカオ」

人気ココアを飲み比べ、タイプ別おすすめをMVPとして発表!

ビター部門MPVは、ピュアココアを3倍配合した”大人のココア"「バンホーテン ハイカカオ」

牛乳で飲むと少し甘味が強くなりますが、お湯で飲むとよりビターな味わいに。

しっかりとカカオの香りと風味を楽しめる上、甘さ控えめなので、普段あまり甘いものを口にしない人でも飲みやすいココアです。

子ども部門MVP「まろやかでおいしいミルクココア」

商品のなかで最も甘味が強く、コスパも良いのが「まろやかでおいしいミルクココア」

ビターなココアは大人向けなので、子どもたちにはやっぱり甘味の強いココアがおすすめ

おやつがわりに牛乳でつくったココアを飲めば、カルシウムやポリフェノールも摂取できて栄養も申し分なし!

1杯あたり21.4円なので家計にやさしいコスパの良さも◎。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops