安い 安い・激安の焼酎

人気順にもっと見る

焼酎1642商品を、1lあたり安い順に紹介。 最安値の商品は「宮下酒造 初代亀蔵 シェリー樽貯蔵本格米焼酎 25度 甕壺1880ml」の¥3511/lで、よく買う商品より安いかも!?
スマートショッピングでは芋焼酎麦焼酎といったジャンルの品揃えはもちろん、乙類25°いいちこといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較もチェックしてみて。

焼酎のサブカテゴリ

焼酎のブランド

関連キーワード

「焼酎」カテゴリの新着口コミ

父用に購入、味としては平々凡々らしいです。やはりこの量を自分で買ってくるとなると億劫になってしまうもの。こういう時こそネットショップだな〜って感じで他のものと一緒に頼んじゃってます。

2いいね

氷なしでいろいろな飲み方を楽しむことができ、非常に満足です。まぁ凍らせなきゃいけませんが。焼酎としてもおいしいです。また買いたいと思います。

香りも味もとても良いです。リピ買いしています。

大きいサイズの焼酎を探してサイトで見つけて購入しました。価格も手頃で美味しくて満足しています。又リピートしたいです。

鹿児島のホテルの方から勧められたのが知ったきっかけですが、味も香りも良くとにかく美味い!焼酎派の方以外でも飲んでいただけるのではないでしょうか。

美味しいくいただいています。何よりも安いが1番です。

いろいろと試した結果泡盛はこの銘柄に落ち着いて安心して飲み続けている。年数はきちんと記録していないが多分20年近くは経っているのではないだろうか、今後もお世話になる予定である。

癖のない飲みやすさで選んでいます、水で割って飲むので後味とか匂いが強いのが無いのが選んでいる理由です。私にとっては好きな焼酎です。

最高です。美味い。美味しい。ロックが一番。

焼き鳥屋で飲んだときに香りが気に入って自宅でも飲みたいと購入したものの自宅で飲むとそれほどおいしいとは感じなかった。外で飲むときの雰囲気とかも味の感じ方に影響するのだろうと思いました。

焼酎を安く買うために

焼酎

焼酎と一般的に言われるのは乙類焼酎で、本格焼酎と呼ばれるものです。単式蒸留器で1度だけ蒸留して原料の風味を活かしたもので、メジャーな原料は、麦、さつま芋、米(泡盛含む)、黒糖で、珍しいタイプの焼酎だと、そば、栗、ジャガイモ、ごまなども使われます。九州では酒といえば焼酎を指すことが多く、ロックで氷が溶け出すにつれて変わる味を楽しむもよし、水割りでまろやかに飲むもよし、お湯割りで香りを最大限に楽しむもよし、いろんな味を楽しむことができます。最近では梅酒やソーダ、お茶で割っても一味違った風味を楽しむことができます。ネットだと、なかなか手に入らず、幻の焼酎と呼ばれる銘柄でも、比較的簡単に手に入るようになりました。ウイスキー、ブランデーなどと比べて安く買える上、食事にも合わせやすいため、毎日飲む方にとってはお手頃でベストなハードリカーといえます。

そんな本格焼酎ですが、安く買う上で知っておきたい点が3つあります。

まずは各タイプの相場感について。15年10月現在、1リットルあたりの値段で見ると、芋焼酎が1,600円/l、麦が1,650円/l、米が1,800円/l、黒糖焼酎が2,100円/l、泡盛が2,200円/lといったあたりが平均水準です。1本720mlの商品が通常サイズなので、1本あたりで1,200円〜1,600円が相場といったところでしょうか。やはりど定番の芋や麦の焼酎を選ぶ2割ほどは安く済ませることができるようです。家に1本はこれらの定番品を揃えておくとしても、時折違った味わいの違う米などのボトルを飲むのがベストなのではないでしょうか。泡盛を中心に、何年もカメで熟成させたような古酒(クースー)と呼ばれるビンテージものもあるので、そのまろやかな味わいも楽しんでみたいです。

次に大容量アイテムによる節約について。ネットだと業務用・大容量のアイテムも多く販売されています。もし毎日飲むかたであれば、1.8lや4lといったボリュームで一気に買ってしまえば、日々の生活費を安く抑えることができます。15年10月現在、本格むぎ焼酎のんのこが1.8lで1,000円ほど、1リットルあたり560円なので平均水準の1/3ほどの格安価格で手に入ります。芋焼酎でも、サントリーのはないもが1リットル当たり570円でこれまた平均の1/3ほど。米でも一番安い1.8lだと1lあたり650円。有名ないいちこブランドでも800円/lほどで相場の半額で入手できます。酒飲みで出費がかさんでいる方は検討してみることをお勧めします。普段買っている値段とぜひ1lあたりの値段で比べてみてください。

最後に代表的な安い商品について。15年10月現在、九州でもよく飲まれている黒霧島だと、720mlの通常サイズで900円(1lあたり1,270円)、900mlの瓶で900円(1lあたり980円)、1.8lの大容量パックで1,600円(1lあたり890円)。 泡盛の定番、久米仙だと、720mlの通常サイズで1,300円(1lあたり1,800円)、1.8lの大容量パックで1,500円(1lあたり820円)といったところ。いずれにせよ、ネットできちんと比較することで、普段買っているよりは安く手に入るはず。最新情報は実際の商品ページにいってチェックしてみてください。

焼酎通販で賢い買い方

焼酎

焼酎とは芋、麦、米、そば、黒糖などの原料を発酵させてできた醸造酒を蒸留してつくる蒸留酒です。 米焼酎は大雑把にいうと醸造酒である日本酒を蒸留してつくられています。

芋、麦などの原料の種類ではなく、焼酎の製法によって甲類焼酎、乙類焼酎の2種類にわけられます。

甲類焼酎はクセがないピュアな味わいが特長です、代表的な銘柄は大五郎、金宮などです。クセがない味わいのため酎ハイからお湯割りまでどんな飲み方も楽しみやすいです。

乙類焼酎は本格焼酎とも呼ばれ、原料によって独特の風味や味わいを楽しめます。気軽に焼酎を楽しめる黒霧島、いいちこから日本酒同様にプレミア価格がついてしまっている森井蔵、魔王などまで多くの種類があります。焼酎好きはロックやお湯割りで原料の風味を味わう方が多いです。

通販では有名銘柄の瓶入りの焼酎より、やはり気軽に買える価格帯の紙パック、大容量ペットボトルを買う方が多いです。

スマートショッピングでは黒霧島が人気です。黒霧島人気により、芋焼酎出荷量で宮崎県が鹿児島県をぬいたというニュースが最近話題になっていました。それくらい手軽に飲める焼酎の中では人気があります。

黒霧島同様にお手軽価格の焼酎で最近話題なのが、いいちこ。下町のナポレオンというキャッチコピーも有名ですが、焼酎らしからぬフラスコのようなスタイリッシュボトルデザインがギフトにも使える焼酎ということで人気になりました。アートディレクター河北秀也がてがけるポスターなどの販促物でいいちこという銘柄に対してよいイメージを持つ方も多いみたいです。

取り扱い商品数が多い焼酎通販サイトはAmazon、種類はおおくないけど焼酎を安く通販で買いたいならロハコがおすすめです。(2015年11月28日現在)

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

焼酎でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら10.7%安いイトーヨーカドー。一方幅広く選ぶなら1578商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

1578

-5.9%

イトーヨーカドー

113

10.7%

楽天西友ネットスーパー

218

3.6%

LOHACO(ロハコ)

204

5.3%

Amazonパントリー

117

6.1%

cainz

248

0.9%

ビックカメラ

6

-2%

楽天24

102

0.6%

焼酎の特集記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。