焼酎おすすめランキングと種類・カロリー・飲み方

焼酎

日本にはさまざまなお酒がありますが、その中でも注目されているのが焼酎です。ここ最近焼酎がブームのようになっており、全国的に焼酎を飲む人が増えています。ビールや日本酒などとはまた違った味わいのあるお酒として注目されています。ほかのお酒にはない魅力があるため、焼酎を好んで飲んでいる人がたくさんいます。

そんな焼酎に注目した記事をまとめています。焼酎にはどのような種類があるのか、どのくらいのカロリーがあってどんな飲み方があるのかを紹介します。これから焼酎を飲んでみたいと思っている方のために解説します。焼酎について分かりやすくまとめているため、ぜひとも参考にしてください。焼酎のことがもっと分かるようになるでしょう。

焼酎おすすめランキング | 種類やカロリー、飲み方を大特集

焼酎の種類

焼酎にはさまざまな種類が存在しています。米焼酎は米と米麹を原料としている焼酎です。米を精米してから米麹とかけあわせることによって生産されています。熊本県の人吉市を中心として作られています。最近は全国各地で米焼酎が生産されるようになりました。吟醸酒に近い香りや味わいがします。そのため、焼酎の中でも初心者が気軽に飲みやすくなっています

大麦や大麦麹、米麹から作られるものが麦焼酎です。大都市圏においては焼酎といえば、麦焼酎というイメージがこれまでありました。知名度の高い銘柄が存在しており、かつての焼酎ブームの際にはお店で麦焼酎のボトルをキープしておくことが一般的でした。大分の名産品であるというイメージが強いです。

ただし、もともとは長崎県において数百年の歴史があります。同じ麦から作られるお酒であるウイスキーと味が似ています。そのため、洋酒が好きだという方には麦焼酎もおすすめです。大分ではすっきりと飲むことのできる麦焼酎が主流となっています。

さつまいもとさつまいも麹、あるいは米麹から作られる焼酎が芋焼酎です。さつまいもにはでんぷん質が少ないため、たとえ麹にしたとしてもアルコールができにくいです。そのため、米麹が使われることが多いです。鹿児島県の名産となっており、鹿児島で酒といえばこちらを指します。

焼酎の種類

かつての焼酎ブームのときにはあまり注目されていませんでした。それはこちらが味がくどく、くさいというイメージがあったからです。最近は芋焼酎の良さが認知されるようになっています。

黒糖焼酎というものもあります。こちらは奄美諸島でのみ生産されています。名物となっており、独特の味わいや香りがするのが特徴となっています。女性からの人気が高く最近注目されているお酒です

そば焼酎というものもあります。こちらの歴史は浅く、生まれたのは1973年のことです。北海道や長野などそばどころでたくさん生産されています。ロックで飲むのが一番おいしいとされています

このようにさまざまな焼酎が存在しています。日本では定期的に焼酎ブームが起きています。今では日本全国の焼酎を気軽に注文して飲めるようになっています。非常に豊富なラインナップがあるため、焼酎を好きになるとさまざまな銘柄を飲むことが楽しみになるでしょう。

奥の深い世界であり、すべての焼酎を飲み尽くすことは困難なほどです。これからも人気の酒として多くの方が飲むでしょう。

焼酎のカロリー

焼酎に興味はあるけれどもカロリーも気になる方は多いでしょう。いくらおいしいといってもカロリーが高いのであれば、敬遠してしまう方はいるでしょう。100mlあたりのカロリーとしては焼酎は甲類が205kcalであり、乙類は145kcalとなっています。ほかのお酒を見てみると赤ワインや白ワイン、日本酒は73kcalです。ビールは40kcalとなっており、ブランデーやウイスキー、ウォッカは250kcalとなっています。

これだけを見ると焼酎のカロリーはとても高いと思うかもしれません。しかし、これはあくまで、そのまま飲んだときのカロリーとなっています。実際に比較するときには、焼酎は大抵の場合は薄めて飲むことを考慮に入れるべきでしょう

仮に缶ビール一本分のアルコールを摂取する場合にそれぞれのお酒のカロリーを比較してみましょう。この場合、ビールの場合は140kcalとなりますが、焼酎甲類は100kcalであり、焼酎乙類は56kcalとなっています。なので、割ることを考えるなら、同じアルコールを摂取した場合にビールと比較すると焼酎の方がカロリーが低いことが分かります

ダイエットをしている方がどうしてもお酒を飲みたいなら、焼酎がおすすめです。焼酎なら、お酒を飲むことによるカロリーをあまり気にしなくても良いからです。ほかにもウイスキーやブランデー、ウォッカなどもカロリーは低くなっています。これらはすべて蒸留酒であり、ダイエット時におすすめのお酒は蒸留酒です

焼酎のカロリー

蒸留酒の中には糖質は含まれていません。しかも、アルコールによるカロリーというのはエンプティカロリーとされているものであり、これは体を太らせるものではないです。そのため、焼酎を飲んでいたとしても太ってしまうことはないでしょう。

ただし、焼酎を割って飲むときに何を選ぶかによってカロリーに影響を与えてしまいます。割ったものに含まれているカロリーが高いなら、意味がないからです。ダイエットのためには、カロリーのないもので割るべきでしょう。

そのため、水割りやお湯割りで飲むことをおすすめします。これであれば、余計なカロリーを増やしてしまう心配はありません。安心してダイエット中でも焼酎を楽しめるようになります。

焼酎と一緒に食べることになるおつまみのカロリーも気にした方が良いでしょう。どれだけ焼酎がヘルシーだったとしても、おつまみのカロリーが高かったら意味がないからです。おつまみを選ぶときにはできるだけヘルシーでカロリーが低いものを選びましょう

焼酎の飲み方

焼酎にはいろいろな飲み方があります。できるだけおいしく飲むための方法を紹介します。まず、常温の焼酎をそのまま飲むという方法があります。こちらは焼酎そのものの味を楽しむことができるでしょう。それぞれの焼酎の味や香りの特徴が一番はっきり分かります。冷やしておいてからショットグラスで楽しむという方法もあります。

ロックで飲むという方も多いです。グラスの中に氷を入れてそこに焼酎を注ぎます。氷は徐々に溶けていくため、味が変化していく楽しさがあります。氷はできるだけ大きなものを使いましょう。今ではコンビニでロックアイスが気軽に買えるので、そちらを利用すると良いでしょう。氷に当てるようにして焼酎を注いでいくのがポイントです。そうすることによって、焼酎の香りを楽しめます。

焼酎の飲み方

ロックやストレートといった飲み方がきついという方がいるかもしれません。そういう方におすすめの方法は水割りで、焼酎を水で薄めて飲む方法となっています。香りはソフトになり、味もさわやかな感じになります。注意点としてはまず先に焼酎を注いで、そのあとに水を加えてください。これによって、対流が生まれるためかき混ぜる必要がなくなります。 割合としては、焼酎と水を6:4や5:5、あるいは4:6とするのが基本となっています。いろいろな濃さを試してみましょう。焼酎の仕込み水を使うのが一番良いとされていますが、手に入れるのは難しいでしょう。ミネラルウォーターでも問題ありません。軟水と硬水については好みが分かれています。自分の好きなもので割りましょう。

焼酎をお湯で割る方法がお湯割りです。こちらは水割りよりもさらに香りがはっきりするようになります。焼酎の素材の良さを感じられる飲み方です。こちらの場合、お湯を先に入れておくべきです。そのあとにゆっくりと焼酎を注いでいきます。注意点は沸騰した熱湯を使うべきではない点です。それによって焼酎の香りを壊してしまうかもしれません。

焼酎の代表的な飲み方は以上となっています。これらの飲み方をそれぞれ試してみましょう。銘柄によって同じ飲み方でも味が異なるケースは珍しくありません。相性の良さもあります。自分の好みの問題も関わってくるため、自分の好きな飲み方を追求していくべきでしょう。いろいろな飲み方を試していくうちに最高の味を見つけることができます。毎回違った飲み方を試していくのも良いでしょう。

焼酎おすすめランキング

1. 黒霧島 乙類25°芋 チューパック 1.8L

黒霧島 乙類25°芋 チューパック 1.8L
256円お得
¥868/l
50%安
¥1,563 SEIYUドットコム(西友)
¥1,607 (x2) Amazon(アマゾン)
他4ショップ

霧島酒造の黒霧島といえば、手ごろな価格でおいしい芋焼酎のひとつとして有名です。

黒霧島は霧島酒造で最初に作られた焼酎で、その歴史は90年以上になります。原料は、南九州で栽培されている黄金千貫というサツマイモです。仕込み水や割り水として使っている霧島裂罅水は、適度なミネラルと炭酸ガスを含みながら鉄分はほとんど含んでいないので、焼酎の酵母菌の発酵に適した湧き水です。これら2つの原料と黒麹で仕込んで作られた芋焼酎が黒霧島です。特長は、黒麹が醸し出すトロリとした甘みとキリッとした後切れの良さです。芋焼酎は臭いが強くて苦手という方もいますが、黒霧島は香りにくせがなくて飲みやすいことも人気の理由の1つでしょう。そんな飲みやすい芋焼酎だからこそ、ホームページでもロックで味わう飲み方をおすすめしています。

黒霧島のチューパック1.8Lは、一升瓶と同じ1.8Lの焼酎が紙パックに詰められています。一升瓶だと重くて置き場所に困ることもありますが、紙パックなら扱いやすくて便利で、価格も少し抑えられます。また、アルコール度数25度と20度の2種類がありますが、よりアルコール度数が高黒霧島乙類25°芋チューパックは、コストパフォーマンスにも優れた商品になっています。


2. 黒霧島 乙類20° 芋 チューパック 1.8L

黒霧島 乙類20° 芋 チューパック 1.8L
824円お得
¥773/l
56%安
¥1,391 SEIYUネットスーパー(ス)
¥1,476 LOHACO(ロハコ)
他2ショップ

「黒霧島 乙類20° 芋 チューパック 1.8L」は宮崎県都城市の創業より90年余年の霧島酒造により製造されています。他に1.8Lの一升瓶タイプ、900ML瓶、900MLのスリムパック、200MLのペットタイプがあります。アルコール度数が25度の商品もあります。

黒霧島の原料は南九州の特産であるサツマイモ・黄金千貫です。仕込み水や割り水として、都城盆地の地下から湧き出る霧島裂罅水を利用しています。適度なミネラルと炭酸ガスを含み、酵母菌の発酵に適しています。黒霧島の特徴は黒麹仕込みです。大正5年、霧島酒造の創業者の江夏吉助により初蔵出しされた焼酎が始まりです。黒麹が織りなすとろっとした甘みとキリッとした後味には定評があり、全国的にファンが多い芋焼酎です。

黒霧島の旨味を活かす飲み方は、オンザロックがオススメです。香りに癖が少なく飲みやすいからです。ミネラルウォーターなどの美味しい水を凍らせて、かち割り氷として使用します。氷の入ったグラスに黒霧島を注ぎ、ゆっくりかき混ぜます。よく冷えた黒霧島の喉越しと心地良い香りを楽しむことが出来ます。もちろん、水割りやお湯割りでも美味しく召し上がれます。900MLを2本購入するよりも、1.8Lを購入したほうが断然お得です。


3. キンミヤ焼酎 甲類25゜ パック 1.8L

キンミヤ焼酎 甲類25゜ パック 1.8L
¥754/l
¥1,358 LOHACO(ロハコ)
¥1,406 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他2ショップ

国内の甲類焼酎の中でも最高峰の品質を誇る亀宮焼酎、通称「キンミヤ」の1.8リットルパックです。製造は創業170年余りの老舗で、酒造りの歴史を今に伝える株式会社宮崎本店です。

甲類焼酎はどこのメーカーも同じ原材料と製法で、違うものといえばそれぞれの仕込み水しかありません。 キンミヤを製造する宮崎本店の仕込み水は、鈴鹿山系の伏流水である超軟水を使っています。際立って粒子が細かいためブレンドする素材となじみ、それぞれのおいしさを引き出します。また、この仕込み水は鈴鹿山系が作り出した天然水でミネラル分がほとんど入っていないため、ピュアですっきりした味わいの中にも、ほのかな甘みとまろやかな舌触りを演出します。口に含んだ瞬間広がるふくらみのある香りとふくよかな甘み、かすかな酸味が特徴です。味はまろやかで、口当たりの良さが特徴です。酎ハイベースとしても、絶品です。

ブレンドされる素材の美味しさをぐっと引き立てるため、どのような飲み方でも満足頂ける美味しさです。東京の江東区、千住、新宿の下町の料飲店で昔から慕われている焼酎です。様々な割り材と相性が良く、東京で大人気のホッピーとの相性は抜群で、青色のラベルにも人気が集まっている甲類焼酎です。


4. いいちこ 乙類25°麦 パック 1.8L

いいちこ 乙類25°麦 パック 1.8L
225円お得
¥827/l
55%安
¥1,488 SEIYUドットコム(西友)
¥1,552 (x2) Amazon(アマゾン)
他4ショップ

「いいちこ 乙類25°麦 パック 1.8L」は大分県宇佐市の三和酒類が製造販売する麦焼酎です。パック商品では、他に900MLと200MLタイプの製品があります。1.8Lの一升瓶タイプ、900ML、225MLの瓶タイプの製品もあります。アルコール度数は20度の製品もあります。

三和酒類は山紫水明の地である大分県日田市に「いいちこ日田蒸留所」を設けています。蒸留所では、同じ「いいちこ」でも、「いいちこスーパー」「いいちこ長期熟成貯蔵酒」、「いいちこシルエット」「いいちこフラスコボトル」「いいちこ日田全麹」などの製法が違う別製品のライナップを製造しています。「いいちこ」は下町のナポレオンとして親しまれ、昭和50年代から60年代にかけて、現在の焼酎ブームの魁を作った製品です。厳選した大麦に大麦麹を原料に、大分県の清冽な水飲みを使用した口当たりの良い、万人受けする本格麦焼酎の一つです。飲み方はオンザロックでも、水割り、お湯割りにも適しています。居酒屋や酒屋において、他の本格焼酎は置いてなくても、「いいちこ」だけは置いているほどの製品です。非常にポピュラーな製品で飲み飽きることがない、多くの人に支持されている麦焼酎です。


5. 宝焼酎 甲類25° エコペットSジプロック付 関信越 4L

宝焼酎 甲類25° エコペットSジプロック付 関信越 4L
¥510/l
44%安
¥2,039 SEIYUドットコム(西友)
¥2,119 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他3ショップ

「宝焼酎 甲類25° くじ付き エコペット 4L」は宝酒造から発売されている、アルコール度数が25%の甲類焼酎です。シリーズのなかでも1番の大容量ペットボトルタイプです。

宝焼酎の誕生は大正元年、100年の伝統に培われた、品質と味わいを追求した甲類焼酎です。栄養表示基準により宝焼酎は糖質ゼロ(一般的に甲類焼酎に糖質は含まれていません)。アルコール類を飲まれる方で糖質が心配な方も安心なお酒です。原材料はトウモロコシ、サトウキビ糖蜜、大麦です。サトウキビ糖蜜は連続式蒸留を何度も繰り返し不純物を取り除いています。そしてトウモロコシと大麦は糖化、発酵、もろみ、蒸留の工程を経て、樽貯蔵にて熟成。これら3つをブレンドし、まろやかさとピュアですっきりした味わいに仕上げています。

ストレートやロック、水割りで飲むときはまろやかに、焼酎の味がしっかりと感じられるのでチューハイやカクテルのベースとしてさまざまな飲み方が楽しめます。エコペットが使用されているサイズには2.7L、2Lタイプも販売されています。また同シリーズにはアルコール度数が20%のタイプもあります。1週間の飲酒量がどのくらいであるかを検討して選ぶと良いでしょう。


6. 本格麦焼酎 のんのこ 20° パック1800ml

本格麦焼酎 のんのこ 20° パック1800ml
31円お得
¥550/l
70%安
¥990 イトーヨーカドー
¥1,013 SEIYUネットスーパー(ス)
他1ショップ

「本格麦焼酎 のんのこ 20° パック1800ml」は佐賀県西松浦郡有田町の宗武酒造が製造販売する本格麦焼酎です。他に200MLカップ瓶タイプの製品があります。アルコール度数が25度の製品もあり1800Ml、900ML、720MLの瓶タイプ、1800MLと900MLの紙パックタイプがあります。

「のんのこ」は誕生30年を迎えます。日本一の生産量を誇る佐賀県産の二条麦を100%使用し、水源の森100選にも選ばれる有田黒髪山系の清らかな水で仕込まれた麦焼酎で、白麹仕込みです。麦の香りが心地よく、口当たりもマイルドな飲み口が特徴です。また、黒麹仕込みの本格麦焼酎として「のんのこ黒」も製造販売しており、人気を博しています。同様に長期貯蔵酒として「のんのこ長期貯蔵」、九州産のサツマイモを原料とした「のんのこ芋」もシリーズとして製造販売されています。

飲み方はストレートでも、水割りでも、お湯割りでも美味しく楽しめます。原料は佐賀県産100%で製造を行っているので、佐賀県より「The SAGA認定酒」として認定されています。酒蔵である宗政酒造株式会社「有田蔵」は有田ポーセリンパークに隣接しており、多くの人の見学も受けつけています。


7. いいちこ 乙類20°麦 パック 1.8L

いいちこ 乙類20°麦 パック 1.8L
¥747/l ¥1345/個
59%安
¥1,344 (x2) Amazon(アマゾン)
¥1,380 SEIYUドットコム(西友)
他4ショップ

「いいちこ 乙類20°麦 パック 1.8L」は大分県宇佐市の三和酒類の麦焼酎です。他に1.8L一升瓶、900MLボトル瓶、900MLパック、200mLカップがあります。アルコール度数は25度の製品もあります。大分県日田市にいいちこ専用の日田蒸留所があります。その地では、「いいちこスーパー」や「いいちこフラスコボトル」、「西の星」等に代表される熟成期間や使用する原料にこだわりを持つことで別銘柄のいいちこブランドを数多く生産しています。

下町のナポレオンとして一世を風靡した麦焼酎で、多くの人から支持をされています。大麦と麦麹を使用した心地よい香りと口当たりの良さが特徴の焼酎です。飲み方はロックでも水割りでも、お湯割りでも適しています。クセの少ない味わいで万人受けする美味しさです。長年、麦焼酎の中でも全国的に売り上げがトップクラスであることも頷けます。

「いいちこ 乙類20°麦 パック 1.8L」は最近、特に都心部を中心に人気です。アルコール度数が低くても、独特の味わいを楽しむことが出来ます。蔵元の割水でアルコール度数を20度に調整しています。アルコール度数25度の製品よりも、20度の製品の方が美味しく水割り感覚で飲めるのです。


8. 博多の華 本格焼酎 すっきりむぎ 25度 1.8L

博多の華 本格焼酎 すっきりむぎ 25度 1.8L
81円お得
¥704/l
61%安
¥1,268 LOHACO(ロハコ)
¥1,269 Amazon(アマゾン)
他1ショップ
すっきりとしたクリアな口当たりと爽やかな香り。食中酒にはさらりと水割りで、食後にはロックでじっくりと爽やかな香りを楽しむのがおすすめです。

9. 直球勝負 そのままおいしい アルコール12% ペット4l

直球勝負 そのままおいしい アルコール12% ペット4l
¥629/l
31%安
¥2,514 Amazon(アマゾン)

合同酒精の直球勝負 12% ペットボトルは、ロックでもストレートでも美味しく楽しめる、アルコール12%の焼酎甲類です。4Lとたっぷりサイズで、お値段はお手頃価格に設定されているので、大きめのグラスに豪快に氷を入れて、なみなみと注いで飲むのがおすすめです。商品名になっている直球勝負というのは、そのままでおいしく飲めるという意味が込められたものです。

また、焼酎甲類はロックやストレートのほかにもさまざまな美味しい飲み方があります。焼酎甲類の最大の魅力は、その自由度の高さにあるとも言えます。この商品のおすすめであるロックやストレートのほか、個人の好みで水割りやお湯割り、お茶割りやレモンサワーなど、多種多様な割り方で楽しむことができます。家飲みでは、お店ではなかなかできない、変わり種で美味しい飲み物で割ってみるなどといった楽しみ方もあります。

あまりにも量が多いと、飲んでいる間に飽きてしまうのではと心配する人もいますが、これだけ多くの割り方ができ、いろいろな味を楽しめる焼酎甲類はたっぷりの量で購入しても飽きることなく最後まで楽しむことができるので、より安く購入することができる大容量サイズがおすすめです。


10. むぎのか まろやか麦焼酎 25度 パック1.8L

むぎのか まろやか麦焼酎 25度 パック1.8L
¥582/l
68%安
¥1,047 イトーヨーカドー
¥1,526 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

「むぎのか まろやか麦焼酎 25度 パック1.8L」はサントリ―が製造販売している麦焼酎です。焼酎甲類乙類混和です。焼酎甲類84%(糖蜜、麦)、焼酎乙類16%(麦、麦こうじ、米こうじ(タイ産米))です。他にアルコール度数が20度の製品があります。製品ライナップには「すっきり麦焼酎むぎのか」、「檸檬とむぎのか」が他にあります。

「むぎのか まろやか麦焼酎 25度 パック1.8L」はまろやかさの源である三段仕込み原酒と、コクと旨味の元である全麹長期熟成原酒、スッキリとした後味を醸し出す爽快新酵母原酒の3つの乙類原酒、さらに、旨味麦原酒味わい甲類原酒を使用します。これらを、バランスよくブレンドした焼酎が「むぎのか まろやか麦焼酎 」となり、麦本来の香りと味わい、まろやかな口当たりを実現しています。

飲み方はロックでも、水割りでも、お湯割りでも美味しくいただけます。麦の香りを存分に楽しむにはロックか水割りがオススメです。都心部では炭酸割にしても人気が高いです。まろやかな麦の香りと旨味が大きな特徴です。相性の良い料理としては、おでんや肉じゃがなどの汁気が多く出汁が効いた料理が挙げられます。厚焼き玉子やぶり大根などもオススメです。


焼酎おすすめランキング | 種類やカロリー、飲み方を大特集

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。