日本酒おすすめランキングと種類・飲み方

日本酒・清酒

日本酒は日本独自に発展してきたお酒のことであり、好んでいる方はたくさんいます。お酒を飲むときに日本酒を選んでいる人は今でも多いです。ほかのお酒とは異なる独特の味わいがあり、たくさんの種類が出ていて、いろいろな味を楽しむことができるため、自分の好きなものを見つけることができるでしょう。

ひょっとしたらこれから日本酒を飲んでみたいと思っている方がいるかもしれません。そういう方は日本酒についての知識をきちんと集めておくべきでしょう。こちらでは日本酒の種類について説明したり、日本酒の飲み方を紹介します。これから日本酒を楽しみたいと考えている方にとって役に立つ知識を教えましょう。日本酒についてもっとよく知りましょう。そして日本酒を楽しんでください。

日本酒おすすめランキング | 日本酒の種類や飲み方は?

日本酒の種類

日本酒にはいろいろな種類があります。それぞれの違いを理解しておかないと、そもそもどれを買えばいいのか分からなくなってしまうでしょう。日本酒には純米酒というものがあります。こちらは水と米だけで造られたものです。それ以外のものも含まれている場合は純米酒とは呼ばなくなります。醸造アルコールが添加されているものもあります。

米というのは芯の部分に近づいていくほど、でんぷんが強くなっていきます。そのため、日本酒を作るときには、表面の部分を取り除いて芯の部分のみを使うようにします。通常は3割くらいしか削らないのですが、場合によっては4割以上も削ってしまうことがあります。4割削ったものは吟醸であり、半分以上削ったものは大吟醸と呼ばれます

以上の点について理解しておけば日本酒の種類分けを理解できるようになるでしょう。水と米だけで造られているものは純米酒です。純米酒の中でも、米が4割削られているなら、純米吟醸酒と呼ばれます。また、米が半分以上削られているなら、純米大吟醸酒と呼ばれるでしょう

日本酒の種類

もし米が4割削られていて、さらに醸造アルコールが添加されているならば吟醸酒となります。米が5割以上削られていて、醸造アルコールが含まれているものは大吟醸酒です。米と水に醸造アルコールが添加されているものは本吟醸酒と呼びます。

純米酒が一番良いと考えてしまうかもしれませんが、それは間違いです。醸造アルコールというのはサトウキビを原料としている蒸留酒であり、純度が高くて無味無臭となっています。そのため、醸造アルコールもちゃんとしたアルコールであり、質の高いものです。これに純米酒に加えることによって、酒質はさらりとした感じになります。また、香りも良くなります。そのため、醸造アルコールが添加されている方が好きだという方もいます

大吟醸酒や吟醸酒については、香りが高くて味が淡いという特徴があります。本醸造酒は香りが低くて味が淡いです。純米酒は味が濃くて香りが低いという特徴があります。このように、それぞれの種類ごとに香りや味に違いがあります。一概にどれが良いと決められるものではありません。基本的には自分が好きなものを選べばいいでしょう。

いろいろな種類の日本酒を飲んでみることによって、それぞれの違いを理解できるようになります。そして、自分の好みの日本酒を飲むようにすればいいでしょう。そうなれば、いつまでも楽しみ続けることができます。好みの日本酒を注文したいなら、日本酒の種類を理解しておくことは大切です

日本酒の飲み方

実際に日本酒を楽しむためにはどのような飲み方をすればいいのでしょうか?日本酒にはさまざまな飲み方が存在しています。

冷酒という飲み方は、文字通り日本酒を冷やして飲む方法です。日本酒の飲み方としては最もポピュラーです。冷やすときの温度は7〜10℃くらいが良いとされています。冷酒のための入れ物もあります。日本酒の瓶をそのまま冷やすだけでも、おいしく飲めるようになるでしょう。冷酒として飲むときにおすすめの日本酒は、吟醸酒系です。吟醸酒は熱燗にしてしまうと、あまりおいしくなくなってしまいます。

いわゆる熱燗と呼ばれている飲み方があります。こちらは日本酒を温めて飲むという方法です。どのくらいの温度にするかによって呼び方が違います。まず人肌燗があります。こちらは35℃前後に温めた場合です。徳利の底に指を押し当ててみたときに、肌と同じぐらいの温かさとなります。

ぬる燗の場合は、40℃くらいまで温めます。いわゆる熱燗というのは50℃くらいまで温めたものです。熱燗として飲む場合におすすめの日本酒は本造醸酒や純米酒です。熱燗にすると、日本酒の独特のうま味を引き出せるようになります。

日本酒の飲み方

これら以外にも常温で飲むという方法があり、こちらは冷と呼ばれています。ただし、常温といっても15〜20℃くらいには冷やしておきます。以上が日本酒の基本的な飲み方となっていますが、これら以外にもまだまだ、たくさんの飲み方があります。

みぞれ酒は日本酒を徐々に冷却していって、-12℃くらいにしたものです。液体をグラスに注ぐとみぞれ状になっていきます。たまご酒という飲み方があります。こちらは日本酒の中に卵と砂糖を入れて温めてから飲むという方法です。風邪に効き目があるとされていました。

生姜酒という飲み方もあります。こちらは日本酒を温めてから生姜を加えたものです。こちらも風邪に効果があるとされています。にんにく酒という飲み方もあり、にんにくをすりおろしたものを熱燗の中に入れます。体を温めるのに効果的なため、冬に向いている飲み方となっています

このように、いろいろな飲み方が日本酒には存在しています。それぞれの日本酒に合った飲み方を選びましょう。また、自分の好きな飲み方を追求していくことは大切です。いろいろな飲み方を試してみて、自分が一番日本酒をおいしく飲めそうな方法を考えてみましょう。おいしく日本酒を楽しみましょう。

日本酒おすすめランキング

1. 大関 のものも パック3000ml

大関 のものも パック3000ml
¥460/l
58%安
¥1,380 SEIYUドットコム(西友)
¥1,496 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他2ショップ

「大関 のものも パック3000ml」は兵庫県の大関株式会社が製造販売する日本酒です。大関株式会社は、日本有数の日本酒の産地である灘の五郷の一つである今津郷で300年の歴史を有する老舗です。他に2,000MLパック、900MLパック、500MLパック、180MLカップタイプの製品があります。

定番の日本酒と言える製品で、昔から多くの人から支持をされている製品です。コクとキレのバランスが良く、どんな料理にもマッチする美味しい日本酒です。原材料は米、米麹、醸造アルコールです。大関独自の醸造技術を活かして独特のコクを醸し出します。独自に育種した清酒酵母によってキレのある味わいが完成しています。

「大関 のものも パック3000ml」は3,000MLとサイズが大きく、一度に大容量の購入が出来るので価格的なメリットは期待できます。ただ、重さが1本3Kgになるので、配送してくれる業者を選ぶか、通販を利用するほうが良いでしょう。また、持ちやすさから見ても3,000MLタイプはかなり大きく適していません。主に業務用としての利用が考えられます。家庭用には2,000MLや900MLなどのパックタイプが適しています。


2. 黄桜 ピアノ 300ml

黄桜 ピアノ 300ml
¥1540/l
¥462 SEIYUドットコム(西友)
¥938 Amazon(アマゾン)

「黄桜 ピアノ 300ml」は酒処である京都市伏見区で、河童のキャラクターがお馴染みの黄桜株式会社が販売するスパークリング純米酒です。

和食の世界的ブームで日本酒が注目をされていますが、新分野であるスパークリング清酒も大いに注目をされています。「黄桜 ピアノ 300ml」は自然発砲の泡立ちが特徴で、アルコール度数をビール並みの5度に抑えたスパークリング清酒です。スッキリとした甘さの口当りと、リンゴや洋ナシのようなフルーティーな味わいが特徴です。お酒の発酵の際に出る自然の泡の音が、音楽を奏でるように聞こえることから、ピアノという名称が付いています。デザイン的にも黒いスタイリッシュな瓶で、300MLと手に馴染みやすいサイズです。見た目にオシャレで、食卓においても映えるものとなっています。

日本酒好きな人には異色の製品ですが、日本酒に馴染みのない人、苦手だと言う人、女性には嬉しい新感覚なアルコール飲料として人気です。上品な甘さも人気で、ワインよりも飲みやすいと感じる人も多いです。飲み方は良く冷やしてグラスに入れて飲みます。微炭酸ですので食事の邪魔をすることなく、食中酒としての飲用も出来ます。


3. 白鶴 まる パック3000ml

白鶴 まる パック3000ml
¥445/l
59%安
¥1,335 SEIYUドットコム(西友)
¥1,594 (x2) Amazon(アマゾン)
他3ショップ

「白鶴 まる パック3000ml」は白鶴酒造が開発した紙パック入りの日本酒です。

おなじみ真っ赤な紙パックに白い丸印、インパクトのある「まる」というネーミングは1984年の発売以来長い間親しまれています。軽くて飲み終えたあとも処理が簡単な紙パックに合うような日本酒の開発を行い、白鶴独自の麹に「まる」に適した麹を発見するまで試行錯誤を重ねました。伝統のある醸造技術と名水である六甲山系の水を使い、米や米麹には国産米を使用。味わいは中口でやや淡麗です。爽やかさも感じされる辛口の日本酒で、どんな料理にもよく合います。アルコール度数は13度以上14度未満のマイルドタイプです。

飲み方は室温や、40度前後のぬる燗にも適しており、冷やして、または50度以上の上燗でも美味しく飲めるので1年を通して常備しておくと食事も美味しく楽しめます。お燗する場合は紙パックから徳利に移してから温めます。紙パックのまま電子レンジ使用はできません。

開栓前は製造年月日より1年は飲むことができますので冷暗所での保存をします。開栓後はなるべく早く飲みきるほうが美味しく飲むことができます。すぐに飲みきれない方には2000ml、900ml、640mlサイズもおすすめです。


4. 久保田 千寿 1.8L

久保田 千寿 1.8L
221円お得
¥1600/l
¥2,880 Amazon(アマゾン)
¥3,248 LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

「久保田 千寿 1.8L」は新潟県長岡市の1830年創業の蔵元、朝日酒造が製造販売する日本酒です。「久保田」には常時販売されているものが5種類あります。純米大吟醸「萬寿(まんじゅ)」、純米大吟醸山廃仕込み「碧寿(へきじゅ)」、純米吟醸「紅寿(こうじゅ)」、吟醸「千寿(せんじゅ)」、特別本醸造「百寿(ひゃくじゅ)」です。他に生酒として、「翠寿(すいじゅ)」があります。

「久保田 千寿 1.8L」は酒米に五百万石を使用し、アルコール度数は15度です。香りは穏やかに、飽きることがない飲み味に仕上がっています。食事と一緒に楽しめる吟醸酒をモットーにしています。「久保田」の中でも一番スッキリとして辛口のお酒です。辛口を好む人にオススメです。ほのかな甘さのアクセントを感じることもでき、女性のユーザも多いのが特徴です。飲み方は常温でも、冷でも、燗にしても美味しく楽しめます。

「久保田」は淡麗辛口の代表の日本酒で、数ある日本酒の中でも非常に人気が高いお酒です。そのため、「久保田 千寿 1.8L」もプレミアム価格が設定されており、定価よりも高値で販売されていることもあります。正規の販売店では定価で販売しているので、誤って高値で購入しないように注意が必要です。


5. 月桂冠 定番酒 つき パック 3L

月桂冠 定番酒 つき パック 3L
345円お得
¥467/l
57%安
¥1,401 SEIYUドットコム(西友)
¥1,458 (x2) Amazon(アマゾン)
他2ショップ

「月桂冠 定番酒 つき パック 3L」は1637年創業で、京都市伏見区の月桂冠株式会社が製造販売する日本酒です。1997年に新発売し、3Lタイプ以外に、2Lパック、900MLパック、650MLパック、500MLパック、180MLパック、210MLカップ、100MLカップがあります。

「月桂冠 定番酒 つき パック 3L」は米本来のまろやかさと、スッキリとした味わいを生み出す四段仕込み製法で製造されています。アルコール度数は13度と控えめです。家飲みをする際の定番酒として、いつでも安心して飲めます。飲み方は常温、燗、冷と何でも合います。料理に合わせて、温かい料理には燗で、冷たい料理には冷でと、お酒の温度を変えて楽しむのもオススメです。肩ひじ張らずに、家でゆっくりと料理と共に、いつものお酒を楽しむには非常に適している定番酒です。

3Lタイプは大容量のパックです。価格面ではメリットが出る可能性がありますが、量販店なで購入して、持ち帰るのは大変です。配達をしてもらうかネットショッピングでの購入をオススメします。食卓の手元に置いて楽しむのであれば、2Lパック以下のサイズの商品が手に持ちやすく便利です。


日本酒おすすめランキング | 日本酒の種類や飲み方は?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。