ウイスキーおすすめランキングと種類・カロリー・飲み方

ウイスキー

お酒の中でも世界中で愛されているウイスキー。日本でもウイスキーを好んで飲んでいる方はたくさんいます。ウイスキーにはいろいろな種類があり、それぞれの国で製造されています。さまざまな料理との相性もよく、飲み方にもバリエーションがあります。そのため、いろいろな楽しみ方が可能なお酒となっています。

こちらではそんなウイスキーに注目してみました。今まであまりウイスキーを飲んだことがなかったという方にも興味を持てるような内容となっています。ウイスキーにはどんな種類があるのか、どのくらいのカロリーを含んでいるのか、おいしく飲むためにはどうすればいいのかといった情報を紹介します。ウイスキーに興味のある方は参考にしてください。

ウイスキーおすすめランキング | 種類や飲み方、カロリーは?

ウイスキーの種類

ウイスキーはいろいろな国で製造されていますが、その中でも世界五大ウイスキーとされている国があります。それはスコットランドとアイルランド、アメリカ、カナダ、日本です。これらの国のウイスキーにはそれぞれに違いがあります。

日本が含まれていることを意外と思う方がいるかもしれませんが、日本はお酒造りが昔から盛んであり、ウイスキーについても、多くのメーカーが挑戦しています。その結果、世界に誇れるウイスキーが生まれています。

スコットランドのウイスキーはスコッチと呼ばれています。スコッチは聞いたことのある方が多いでしょう。その中でも、モルトとグレーンというタイプがあります。アイルランドのウイスキーはアイリッシュと呼ばれています。こちらはまろやかで軽快な風味が特徴となっており、舌触りはとろりとしています

アメリカのウイスキーはアメリカンと称されています。バーボンやテネシー、ライといったものがあります。独特の色がついているのが特徴です。カナダのウイスキーはカナディアンで、軽快な風味が特徴です。日本のウイスキーはジャパニーズです。モルトとグレーンがあります。控えめな味であり、コクがあります

ウイスキーの種類

スコットランドにはウイスキーの蒸留所が100ヶ所以上も存在しています。ハイランドやスペイサイド、アイランズ、ローランドといった地域に分かれています。それぞれの地域ごとに製法が異なっていたり、香りも違います

日本で製造されるものは基本的にスコッチを手本としています。日本人に合ったものを工夫しています。ほかの国にはない、繊細さや優美さ、上品さがあるのが特徴です。カナディアンについては最もクセのないものとなっています。そのためとても飲みやすいです。ウイスキー初心者の方に向いているといえるでしょう。

ウイスキーの種類であるモルトとは大麦麦芽のみを原料としているものです。ただし、これはスコッチの場合の定義であり、アメリカンにおいては原料の51%以上が大麦であれば、それはモルトとなります。グレーンというのはとうもろこしや小麦、ライ麦といった穀物を主原料としているものです。

ウイスキーの定義はそれぞれの国によって違います。そのため、国によってウイスキーの味や香りなどは大きく異なっています。これからウイスキーを飲もうと思っているのであれば、自分の好みに合ったものを見つけてみると良いでしょう。おいしいウイスキーを飲みましょう。

ウイスキーの飲み方

ウイスキーにはさまざまな飲み方が存在しています。その中でも代表的なものはハイボールでしょう。こちらはウイスキー本来の味を楽しむことができます。いろいろな料理との相性も良いため、人気のある飲み方となっています

ハイボールの飲み方はグラスに氷を入れてから冷やします。そこにウイスキーを加えて、さらにソーダを加えてまぜます。これで完成です。ウイスキーとソーダの割合については、ウイスキーが1に対してソーダが3から4が一般的です。

ウイスキーをストレートで飲む方法もあります。こちらはウイスキーのおいしさそのものを楽しめるでしょう。香りが良いのが特徴となっています。また、余韻の心地よさを感じることもできるでしょう。ストレートを飲むときにはチェイサーも一緒に用意しておきます。

両方を交互に飲むことによって、口の中をリフレッシュすることができるからです。チェイサーは普通水を使用しますが、ウイスキーに合わせていろいろなものを試してみると良いでしょう。

ウイスキーの飲み方

トワイスアップという飲み方があります。こちらはグラスにウイスキーを入れて、それと同量の天然水を加えるという方法です。常温の水を加えるのが特徴となっています。これによって、グラスからウイスキーの香りが立ち上ってくるのを楽しめるでしょう。香りを楽しみたい方に最適な飲み方です

オンザロックという飲み方があります。こちらはウイスキーと大きめの氷を組み合わせた飲み方です。氷とグラスによって、奏でられる音を楽しめるでしょう。グラスをしっかりと冷やすことが大切です。氷はなかなか溶けにくいものを使い、チェイサーも用意しておくと良いでしょう。

水割りでウイスキーを飲む方も多いです。ウイスキー1に対して天然水を2から2.5の割合で加えます。ゆっくりと飲みたいときには適しています。食事を楽しみたいときにおすすめの飲み方とされています

ミストという飲み方があります。こちらはグラスの中にクラッシュドアイスを入れます。そしてウイスキーを入れて最後にレモンピールを搾りかけてからそれを落とします。グラスの外部に白い霧がつきます。冷涼感のある飲み方となっているので、夏には最適です

このようにウイスキーの飲み方はいろいろとあります。それぞれの飲み方をぜひとも試してみましょう。ウイスキーをおいしく飲めるようになるでしょう。自分が本当にウイスキーを楽しめるような飲み方を追求してみてください

ウイスキーのカロリー

ウイスキーを飲むと太るのかどうか気になる方は多いでしょう。ウイスキーの100mlあたりのカロリーは237kcalです。ただし、これは銘柄によっても異なるため気をつけましょう。ほかの酒と比較すると、日本酒は100mlあたり107kcalであり、梅酒は156kcal、ビールは40kcalとなっています。

これだけを見るとウイスキーは太りやすいのではないかと錯覚してしまうかもしれません。しかし、ウイスキーを飲むときは、普通は何かで割ります。一杯のウイスキーには通常30mlくらいしか入れないため、その場合のカロリーは71kcalとなります。ビールの缶が1本あたり140kcalとなので、それと比較するとウイスキーは低カロリーといえるでしょう。

ウイスキーというのはあらゆるお酒の中でも、カロリーが最も低い部類に入ります。そのため、ダイエットをしている方にもおすすめできるお酒となっています。また、これはアルコール由来のカロリーであるため、それを摂取したとしても太りにくいです。

そのため、ウイスキーをたくさん飲んだとしても太る心配はありません。ただし、あくまでもお酒であるため、飲み過ぎてしまうと健康上のいろいろな悪影響を及ぼす可能性があります。飲み過ぎには気をつけましょう。

ウイスキーのカロリー

また、ウイスキーには糖質は含まれていません。ウイスキーは蒸留酒であり、こちらは発酵させたお酒をさらに蒸留して作ります。蒸留することによって糖質が含まれなくなります。そのため、ビールや日本酒と比べると糖質のまったくないウイスキーはやはり太りにくいといえるでしょう

ウイスキーの中にはポリフェノールが含まれています。こちらは血糖値や乳酸値を下げる効果があります。そのため、ウイスキーを飲んだとしても糖尿病や痛風にはなりにくいです。お酒による健康への影響を考えている方にはありがたいものです。

ウイスキーを飲むときのおつまみには気を使うべきでしょう。おつまみによって、カロリーをたくさん摂取してしまい、その結果、太ってしまうケースは珍しくありません。ウイスキーの飲み過ぎによって太る心配をするよりも、食べ過ぎによって太ることに注意するべきでしょう

以上のようにウイスキーというのはカロリー的にいえば太りにくいものであり、ほかの要素も考え合わせると、ダイエット中でも安心して飲めるお酒といえるでしょう。ダイエットをしていてストレスを抱えてしまうことは珍しくありません。そんなときには、ウイスキーを飲んでストレスを解消すると良いでしょう

ウイスキーおすすめランキング

5. ブラックニッカ クリア 瓶700ml

ブラックニッカ クリア 瓶700ml
¥1046/l
70%安
¥732 SEIYUドットコム(西友)
¥790 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他2ショップ

「ブラックニッカ クリア 瓶700ml」はアサヒビールが製造販売しているウィスキーです。他に180ML瓶、300ML瓶、700ML瓶、1920ML瓶、1800MLペットボトル、2700MLペットボトル、4000MLペットボトル、1800ML紙パックがあります。原料はモルトとグレーンです。アルコール度数は37度です。

ビート由来のスモーキーフレーバーのない大麦麦芽を使用しています。やわらかな香りとまろやかな味わいが特徴です。全体的にクセがなくクリアな味で、飽きの来ないウィスキーで人気を博しています。飲み方はオンザロックや水割り、お湯割りに適していますが、最も人気なのはハイボールです。作り方はは氷を入れたグラスに、ブラックニッカを30ML注ぎ、ソーダを120ML加えて軽くステアすることで完成です。

こち他の製品は、多くの家庭で晩酌や仲間の集まりなどに利用されています。値段的にもお手頃で、日常飲みで楽しむ分には十分だからです。毎日のように飲むのであれば、大容量タイプのペットボトルでの購入がオススメです。ただし、製品の重量などを考えると、量販店での購入は大変苦労します。送料などを加味したうえで、玄関先まで届けてもらうのも良いでしょう。


4. シーバスリーガル 12年 グラス付 40° 700ml

シーバスリーガル 12年 グラス付 40° 700ml
¥3717/l
44%安
¥2,602 SEIYUドットコム(西友)
¥2,678 Amazon(アマゾン)
他2ショップ

「シーバスリーガル 12年 グラス付 40° 700ml」は様々なモルトとグレンウィスキーをブレンドしたスコッチウィスキーです。原酒はすべて12年以上熟成したものを使用しています。2015年 インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションにて金賞を受賞しています。2015年 スコッチウイスキーマスターズにて金賞を受賞しています。こちらの製品はマックス・ワーナー考案の「シーバスジンジャー」キャンペーングラスが2脚ついて来ます。また、シーバスリーガルには他に18年物、25年物、ミズナラがあります。

シーバスリーガル12年の特徴は香りは、ハーブ、蜂蜜、果物の香りが特徴です。味わいは、バニラとヘーゼルナッツの風味と、熟したりんごと蜂蜜の味わいが口の中に広がるクリーミーでまろやかな舌触りが残ります。そして、最後には長くやわらかな余韻が残ります。

全体的にマイルドでアルコールの刺激の少ないスコッチです。日ごろ、ウィスキーを飲む機会が少ない人でも、抵抗なくスッキリと楽しむことが出来ます。値段的にも12年物はお手ごろな価格です。自宅で、くつろぎながら少しずつ飲むのに適しているウィスキーです。


3. ブラックニッカ クリアブレンド ペット2.7L

ブラックニッカ クリアブレンド ペット2.7L
¥1004/l
72%安
¥2,710 Amazon(アマゾン)
¥2,741 SEIYUドットコム(西友)
他3ショップ

「ブラックニッカ クリアブレンド ペット2.7L」はアサヒビールから発売されているペットボトル入りタイプで注ぎやすい、アルコール度数が37%のブレンデッドウイスキーです。

キャッチフレーズは「飲みやすく飲み飽きない、かろやかな味わい」。カジュアルなブレンデッドウイスキーの実現のために、ピート(草炭)は使わずに熱風で乾燥させたピート由来のスモーキーフレイバーのない大麦麦芽、ノンピート・モルトとほど良い甘みや香味成分を持ち合わせた、良質のグレーンウイスキーとブレンドしました。そのことで2つがお互いの個性を引き立て調和することに成功。口あたり良い、スッキリとした後味の飲みやすいブレンデッドウイスキーに仕上がりました。ハイボールにしても水割りでも美味しく飲むことができます。2.7Lの大容量入りでホームパーティやお祝いの会にぴったりのサイズ。さらに4Lサイズや後処理のしやすい紙パック入りタイプ、お一人で飲むのにもちょうどいい700mlの瓶サイズなど豊富なラインナップのなかから選ぶことができます。2.7Lサイズで飲みきれない方にはまず、持ち運びに便利なお試しサイズ180mlタイプもおすすめです。


2. トリス クラシック 4000ml

トリス クラシック 4000ml
101円お得
¥859/l
76%安
¥3,434 Amazon(アマゾン)
¥3,648 SEIYUドットコム(西友)
他4ショップ

1946年に日本に誕生し70年以上も親しまれているサントリーのウイスキーです。トリスクラシックはブレンデッドウイスキーであり甘い香りとなめらかな味わいが特徴でロック、水割り、ハイボールと多様な楽しみ方が可能です。四角い顔のキャラクター「アンクルトリス」と共にCMでも目にすることの多いトリスはとても安価でおいしく普段使いしやすいお酒です。

街中で気軽にトリスウイスキーを楽しめるトリスバーではハイボールが人気商品です。2010年にはトリスハイボールブームが起き若者の間でもよく飲まれる飲み物になりました。味や香りで主張しすぎないトリスクラシックならハイボールや水割りにして食事と一緒に楽しむのにもおすすめです。アルコール度数は37%で自分の好きな濃さで作ることができるためお酒に強くない人でも楽しめます。

毎日飲むという人やアルコールに強く一日に何杯も飲むという人でも安心の4000mlという大容量が嬉しいです。レギュラーが700mlで瓶なのに対しペットボトル1本で約5本分をカバーしてくれているので、何度も買いに行く手間や空き瓶の処理に悩まされません。ただその1本が運ぶには重いというネックがあるので、上手にインターネット通販を活用して玄関まで運んでもらいましょう。


1. ブラックニッカ クリア ペット4L

ブラックニッカ クリア ペット4L
36円お得
¥913/l
74%安
¥3,650 Amazon(アマゾン)
¥3,812 SEIYUドットコム(西友)
他3ショップ

ブラックニッカクリアは、創業者である竹鶴政孝が日本で本物のウィスキーをつくりたいといったところから始まった、非常に伝統のあるブランドであり、そのため愛飲者も多いのではないでしょうか。1936年に始まったウィスキー製造、1940年にニッカウィスキーが初めて販売され、ブラックニッカが1956年に販売開始されそのラインナップの一つに2007年より販売されているブラックニッカクリアがあります。その味わいは飲みやすく軽やかな味わいであるとされており、その理由の一つ挙げられるのがノンピートモルトの採用です。これによりピート香をを抑えることで軽やかな味わいが表現され、飲み飽きないウィスキーとして愛されていると考えられます。また、ブレンドされているグレーンウィスキーの程よい甘みが、クリアな飲み心地として、より飲みやすさを強調しています。

そのブラックニッカ クリア ペット4Lの市販価格は、3000円台後半で取り扱うお店が多く、およその相場としては3800円ほどだと思われます。その中でも酒の通販カクヤスは3650円と、最安値での販売となっており、他のオンラインショップの多くがこの値段では送料が必要であるのに対し、それも無料とトータル的にかなり魅力的な価格となっています。


ウイスキーおすすめランキング | 種類や飲み方、カロリーは?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。