ボディケアの人気商品、おすすめのケアの仕方、ランキングを紹介

ボディケア用品

ボディケア商品と言っても、ボディクリームやボディローション、マッサージオイルにボディバターなど様々な種類があります。ブランドごとに押しの種類は違うし、個人ごとに好きなジャンルや肌に合うものも違うでしょう。そもそもどう使い分けたらよいかわからないという人もいるでしょう。ここではざっと違いやおすすめポイントをご紹介します。自分に合うものを見つけましょう。

ボディローションとはどんなもの?どんな人におすすめ

ディクリームよりもさっぱりとした使い心地で身体用の化粧水のようなものです。体への水分の保湿用に作られているので水のような形状のものが多いですが、クリームと水の間のようなトロリとしたものも多いです。

ボディローションとはどんなもの?どんな人におすすめ

使用方法としては、ボディクリームの代わりに使う人もいますし、ボディクリームの下地として使用する人もいます。特に乾燥しやすい部分に使用するという人もいます。また、ボディローションは入浴後、水分をタオルでふき取る前にローションでしっとりさせるという人もいます。さらにそれぞれ香りがついているものも多く、気分を落ち着かれてくれる効果もあります。さっぱりとした使用感が好きで、さっと濡れるものを選ぶ方にお勧めです。

ボディクリームの特徴は?

ボディクリームの特徴は?

ボディクリームは油分多めのこってりとした使用感です。カバー力が高く乾燥肌の人は、ボディクリームを選ぶ人も多いでしょう。肌が濡れた状態で、水分をからませながら、ボディクリームを塗ることで水分と油分が良い感じで融合するのでおすすめです。ボディケア商品の中でも一番数も多く、選択肢が充実しています。バターのようにかためのものやミルクのようにゆるめのものがあるので、肌質や使用感で選ぶと良いでしょう。

ボディオイルはどんなもの?

ボディオイルは、その名の通りオイルでできていて、ボディローションやボディクリームに比べトロっとした液状なので、伸びがよく、肌に馴染みやすいのが特徴です。ボディオイルは、お肌の水分と油分をともに補うことができ、肌の乾燥を防きます。オイルというとベタつくイメージがありますが、ボディオイルは体全体への伸びを考えて作られているので、比較的なめらかなものが多いです。

ボディオイルは、肌の水分と油分を補い保つことができ、肌の乾燥を防ぐこともできます。

ボディオイルはどんなもの?

オイルはベタつくイメージがありますが、ボディオイルは滑らかで伸びがよいため、肌の角質層まで浸透し肌にうるおいを与えます。

ボディオイルの塗るタイミングとしては、お風呂上りの温かく清潔な肌が良いでしょう。ボディオイルは冷たくなると固まりやすいので、お風呂上がりの温かい肌につける事で伸びがよくなり、肌への浸透が期待できます。

ボディオイルを塗るときは、手のひらで温めてオイルをやわらかくしてから、マッサージするように塗ると肌が柔らかくなりリンパの流れもよくなるのでお勧めです。

ボディオイルに使われるオイルの違いについて

  • アルガンオイル
  • モロッコ南西部の乾燥地帯に生息するアルガンツリーの実から採れるオイルです。100kgの未の芯の部分から1リットルしか採取できないというとても貴重なオイル。別の名を「モロッコの黄金」とも言われるオイルです。古くから民間療法としても使われているオイルで、最近では美容のオイルとして人気が出ています。

  • ホホバオイル
  • 砂漠の中で育ったホホバの種子から採取されるオイル。

    ボディオイルに使われるオイルの違いについて

    乾燥地域で育つホホバには非常に浸透性の高い、さまざまな肌質に合うオイルが含まれていて、美容成分としてかなりの効果が期待できます。敏感肌やアレルギー肌の人でも使うことができるオイルで、アトピーの人にもおすすめと言われています。ホホバオイルには、一般的に無精製のゴールデンホホバオイルと、加熱処理で精製されたクリアホホバオイルの2種類があると言われています。

  • ココナッツオイル
  • 栄養価が非常に高い、ココナッツから採取するオイルで、さらっとしているので食品としても使え、肌に馴染ませやすいので体に使いやすいオイル。比較的オイルの中でやわらかいので、マッサージ用としても使いやすいです。

  • アーモンドオイル
  • アーモンドから摂れるアーモンドオイルも美容や健康にとても良いオイルの一つ。アーモンドオイルにはオレイン酸が60%とたっぷりと含まれています。ほかの美容オイルに比べ、安価なのでボディ用としてたくさん使えるので良いでしょう。

    セルフオイルマッサージのやり方

    セルフオイルマッサージのやり方

    やり方さえ覚えれば、簡単に自分でオイルマッサージができます。身体の中のリンパの流れに沿ってオイルをつけてマッサージをすることで、身体の中にたまっていた老廃物を流しながら、肌の保湿ができるのでおすすめです。鎖骨、わきの下、ひざ裏、鼠径部など、身体の各箇所にリンパ節があるので、その部分は少し押したりもみほぐすようにすると良いでしょう。オイルリンパマッサージのコツはあまり強く力を入れすぎないことです。下から上になでるようにやさしくマッサージしましょう。そうすることで肌も柔らかくなり、乾燥を防ぐとしみしわの予防にもなります。

    季節関係なく、夏もボディケアをおすすめ

    季節関係なく、夏もボディケアをおすすめ

    夏は湿気が多く汗をかくので、肌が潤っていると勘違いしてしまう方が多いようですが、汗をかくからこそ乾燥していることも多々あります。また、肌みせの季節である夏だからこそ、触りたくなる肌にするには、保湿が必要と言われています。夏の場合はボディクリームやボディローションを冷蔵庫に冷やして、お風呂上りにひんやりと肌を鎮静させるのもおすすめです。また夏ならではの、ホワイトニング効果のあるクリームを選ぶのも良いでしょう

    ボディケア用品人気ランキング

    1. ヴェレダ バーチセルライト ボディオイル 100ml

    対象ショップで取扱いなし

    ヴェルダのマッサージオイル。セルライト予防のマッサージ用オイルとして世界で1000万本以上売り上げている商品です。気になるパーツの肌の引きしめに、ほのかに香るさっぱりとした香りが心地よい商品。店舗で買うよりネットのほうがお得なことが多いので探してみることをおすすめします。

    2. ロクシタン ローズ ベルベット ボディミルク(250mL)

    プレゼントにも人気のロクシタンのローズの香りのボディミルク。さらっとした使用感で肌なじみよく、何よりローズの癒しの香りが女子力を上げてくれます。

    3. ニベア 薬用 エクストラリペア ボディミルク 200g

    ニベア 薬用 エクストラリペア ボディミルク 200g
    ¥429/100g
    82%安
    ¥858 ケンコーコム
    ¥860 LOHACO(ロハコ)
    他4ショップ

    ニベア 薬用エクストラリペアボディミルク(200g)は、おなじみ花王のボディ用乳液です。肌のスキンケアのために、多くの女性が使用している人気アイテムです。

    ニベア 薬用エクストラリペアボディミルク(200g)の一番の特徴は、グリセリンなどの保湿成分がたくさん配合されている事です。そのため、普段のスキンケアに取り入れれば乾燥肌を解消することができます。また、乾燥や加齢で不足している皮脂の働きを補う働きもあるので、健やかな肌を保つ事が可能です。さらに、リピッドリペア処方がなされているので、冬の冷たい空気や外部刺激から肌を守りつつ潤いを維持する効果もあります。つまり、乾燥で肌荒れ、皮膚の粉ふきに悩まされている人、肌をきれいに保ちたい方に最適な美容ケア商品と言えます。

    通常、保湿用のボディミルクというと、皮膚にべた付いて使い心地が悪いと言う意見もあります。しかし、ニベア 薬用エクストラリペアボディミルク(200g)は高保湿なのにもかかわらず、軽やかな使い心地だと評判です。潤いたっぷりの濃密なクリームを肌になじませると、肌にスッと伸びて、素早く浸透していきます。さらに、無香料、無着色なので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。


    より広い範囲から探す


    スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
    簡単な使い方


    • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
    • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
    • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
    • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
    • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。