安い・激安のシェービング・ムダ毛処理

安い・激安のシェービング・ムダ毛処理一覧

940商品
0お気にいり 1,510View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

シェービング・ムダ毛処理全940商品の価格を、1刃あたり安い方から並べて紹介。 最も安い商品は「貝印 ひげそり用カミソリ KAI-KII 替刃8個付」の¥61/刃で、あなたがいつも買っている商品より安いかも!?
スマートショッピングでは電気シェーバー髭剃り・シェーバー(替刃)といったジャンルの品揃えはもちろん、パナソニックシックといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較も確認することをおすすめ。

1位: 貝印 ひげそり用カミソリ KAI-KII 替刃8個付

シェービング・ムダ毛処理のサブカテゴリ

シェービング・ムダ毛処理のブランド


「シェービング・ムダ毛処理」カテゴリの新着口コミ

これまで2,000円くらいで売ってた印象でしたが最近は高くなってるみたいです。いつもヤバくなってから気づいてしまうので近所のドラッグストアで買うことが多いです。

1 いいね

安くて満足です!耐久性につきましては、まだ使用していないので、とりあえず普通で。でも以前から使用している製品なので大丈夫でしょう。

シンプルでクリーンで扱いやすいです。電動もいいけど、貝印もね。(^ ^)

迅速な対応でとてもよかったです。また、お願いしたいと思います。

確かに、肌への負担が少なく感じる。これはいいかも。

切れ味が期待ほどで無かったなあ。割と早く切れ味が落ちて来た気がする。

日立製の商品から買い替えのプレゼントです。顔のぽつぽつを巻き込むことなく、切れ味抜群とのことで喜んでもらえました。

長年、このシック製品を愛用しています。肌に優しい製品と感じています。

同じ物が近所のドラッグストアーで、更に3割近い価格で売っていたので、がっかりしました。反省大でした。

迅速な対応で安心してお取引ができました。

シェービング・ムダ毛処理を安く買うために

シェービング・ムダ毛処理

髭剃りといえば、男の大切な身だしなみ。電動シェーバーも普及していますが本体・替刃でお金がかかる上に、やはり剃り残しがどうしても残ってしまう。そのため、未だに原始的ではありますが、髭剃りには使い捨てカミソリが使われることのほうが主流のようです。市販されるアイテムのほとんどがT字カミソリと呼ばれる、棒のようなホルダーの先に、一定期間すれば替刃を付け替えておくタイプです。床屋さんでも使われている最高の髭剃り方法は、1) 肌を濡らす・蒸らすなりして柔らかくして、2) シェービングフォームをつけて滑りやすくして、3) 順剃りでまずは長めのヒゲを剃り落す、4) 深剃りができる逆剃りで短い剃り残しを落す。ただし真逆の方向から剃ると肌への負担が大きいのでナナメの方向をこころがける、5) 余裕があればアフターシェービングローションでお肌をメンテ、といった方法です。お父さんも教えてくれないことなので、きちんと剃れている方は少ないようです。

T字カミソリは、基本的には替刃の刃の枚数によって大きく異なります。肌が強い方であれば1枚刃・2枚刃のように枚数が少ないものがベストで、深ぞりも効きますし、替刃の費用を圧倒的に安く抑えることができます。ただ肌の弱い方にとっては、引っかかるたびに肌が荒れ出血してしまうことも。そういう方には、値段は高くなりますが、剃り心地が滑らかで肌に優しい、3枚刃以上のカミソリのほうがベターです。ただ、ただでさえ髭剃りの商品価格が他の日用品と比べて目立って高い上、昨今の4枚刃・5枚刃といった高機能なアイテムが必要かについては疑問です。貝印の方でさえ、「3枚刃でもヒゲの97.8%はそれていて、さらに深剃りをするために4枚刃・5枚刃が必要です」と発言していて、普通にコスパを考えると3枚刃が一番バランスよいように思います。あとは、前に説明した上手な剃り方を工夫を各個人がすることで解決すべきでしょう。最近では刃の数以外にも、ホルダーにも進化が見られます。ジレットが発売したのは、電池が入ってヘッド部分が微小振動してより剃り心地を滑らかにしたもの。シックは振動する上、逆側に電動トリマーがついていて、眉毛・モミアゲも整えられるようになりました。貝印のものだとミニトリマーまでついて鼻毛ケアもできるようにまで。たかが使い捨てホルダーとは侮れず、電動シェーバーに近づきつつあるので驚きです。

そんな髭剃りですが、賢く安く買うために覚えておきたいポイントが2つあります。

まずは平均的な相場を把握しておくことです。カミソリの価格は正確には1刃あたりの値段で把握しないとわかりません。15年11月現在、カミソリ本体の平均的な1刃あたり価格は、本体が720円/刃、替刃が240円/刃です。当然のことながら替刃のほうが安いので、一度気に入ったものがあれば替刃を買い続けるほうがよいです。が、たまに例外があって、メーカーとしてはまず本体が行き渡れば替刃が売れるとの思惑があるため、時々本体のほうが安くなるという不思議な現象も起こるので要注意です(特にシック・ジレットで多い)。いずれにせよ、ショッピングをする際には、値段が安いか高いかを判断する目安に、覚えておいて損はない数字です。

次に、とにかく安い商品について。髭剃りの替刃ってほんとに高くてうんざり、もうとにかく徹底的に安いものがいいという方も多いです。いろんなものがデフレで手頃な値段になる中、髭剃りだけは驚くほど高いのはみんな同じ認識のようです。15年11月現在、とにかく安く買おうと思うなら、1枚刃のフェザー・ハイステンレスが1刃40円(相場の6分の1!)という格安・爆安なことになっています。ただこの商品は一癖あって、切れ味鋭すぎるため、シェービングフォームを使った上で、床屋さん顔負けのテクニックを身につけないと、顔が血だらけになることも。それが面倒な方は、2枚刃だとシックのスーパー2プラス、ジレットのアクタスプラスが1刃88円と平均の1/3の値段で手に入るのでオススメです。あとは3枚刃以上だと貝印のカイレザーも高品質で安いと評判で、4枚刃が1刃111円で買えて多枚刃のモデルではダントツの安さ。コストパフォーマンスで考えると最強でしょう。カイレザーは5枚刃でも140円/刃と平均を大きく下回る単価で買えるので驚きです。

最後に売れ筋商品の最安値について。まず誰もが知っている歴史があり技術力も高いジレット。ジレットといえば5枚刃で有名ですが、フュージョンの替刃は1刃252円が最安値になります。振動するタイプのプログライドだと1刃290円、最新作のフレックスボールだと1刃332円が最安です。長年のライバル、シックも中心製品は5枚刃になっていて、ハイドロ5が1刃232円、クアトロ5が1刃238円が最安値です。いずれにせよジレットより2-3割は安い上、品質面で大きく差があると思えないので、トップ2社のハイエンド商品で迷ったらシックがおすすめです。カイレザーの値段は先ほど紹介した通りですが、貝印はクロスフィットという変わったコスパに優れた新商品も出していて、これまた5枚刃にもかかわらず1刃160円。やはりカイレザーは一押しです。また、カイレザーがお肌に合わない場合は、韓国のドルコも格安の3枚刃を1刃148円で販売しています。いずれにせよあなたがいつも買っている髭剃りと1刃あたりの値段で比べてみてください。最新情報はお目当の商品の詳細ページにてチェックしてください。

シェービング・ムダ毛処理通販で賢い買い方

シェービング・ムダ毛処理

男性の多くにとって、髭剃りは毎朝の日課ですね。前日遅かった時、朝時間がない時等、髭剃りは面倒だったりすることもありますが、特に人前に出る職業の方にとっては、エチケットとしてそれでもやらなければいけないのが髭剃りです。であれば、せっかく毎朝することである髭剃りを、義務として捉えるのではなく、朝のリフレッシュの一環、1日のモチベーションを上げるためのルーティン・儀式といった位置づけにしたいですよね。

カミソリ派の方も電気シェーバー派の人もいらっしゃると思いますが、消耗品であるカミソリは通販でお得にまとめ買いをするのがオススメです。今回は、そもそも電気シェーバーとカミソリの何がどう違うのか、肌質に合ったカミソリの選び方、シェービング剤の選び方についてまとめました。


1. カミソリと電気シェーバーの比較

カミソリ派と電気シェーバー派の方の割合ですが、約半数が電気シェーバー 派、4分の1がカミソリ、残り4分の1が併用との調査結果を見つけました。確かに筆者の周りでも大体その位のイメージです。

これはかなり個人的な意見なのですが、筆者は、何度か試したことはあるものの、どうしても電気シェーバーを使う気にならず、生まれてこの方、ずっとカミソリ派です。今回この記事を書くにあたり、また、自分自身がただの「食わず嫌い」的に電気シェーバーを敬遠してるのではないかという反省のもと、カミソリと電気シェーバーの比較を行ってみました。

<カミソリ>

  • 特徴:電気シェーバーの性能が上がり使用率も上昇していますが、依然根強い支持を集めているのがカミソリです。確かに肌に負担がかかっているのはわかっていても、剃り心地がよく、クリームやカミソリを豊富な種類から自分に合った商品から選べたりする楽しさが良いですよね。なお、カミソリと言っても、理容院で使われるようなタイプを使う方はごく稀で、T字型の使用が一般的だと思いますので、その前提で記事を書いていきます。
  • コスト(年間):7250円=1,000円(本体1年使用)+250円×25(2週間に一度刃を交換)
  • メリット:剃り心地がよく、髭を剃っているという感覚がある。深ぞりがしやすくツルツルにできる。操作性が高く細かな部分まできれいにそれる。クリーム・カミソリを自身で豊富な選択肢の中から選べ、楽しむことができる。お風呂場で使うことができる。
  • デメリット:直接刃が肌にあたるため、肌との摩擦が大きく、負担が大きい。場合によっては髭剃り負けをしてしまい、出血したり、肌が赤くなることも。顔にお湯をつけたり、クリーム等を塗ったり髭剃り前に手間がかかる。

<電気シェーバー>

  • 特徴:手軽でどこでも髭剃りができる電気シェーバー。穴の開いたカバー(外刃)を顔に当て、そこから出てくる髭をカットしていくので、肌に直接刃が当たらず、髭が濃かったり肌が弱い人でもトラブルを起こしにくいです。
  • コスト(年間):7,500円=10,000円÷5(本体5年使用)+4,000円(年に一度外刃交換)+3,000÷2
  • メリット:どこでも髭を剃ることができる(髭を濡らす必要がない)。肌への負担が小さい(基本的にカミソリ負けは起きない)。刃の交換を頻繁に行う必要がない。
  • デメリット:初期費用が高い。深剃りがしにくくザラザラ感が残ることがある(最新の高価なモデルの中にはカミソリ同等の剃り味があるものも)。カミソリに比べると剃り心地や髭剃り後の爽快感が得にくい。手入れが面倒。

以上、比較を行ってみましたが、剃り心地や操作性を重視するのであればT字カミソリ、肌への負担や手軽さを考えたり、1日に何度も剃る必要がある人は電気シェーバーという選択肢になるのだと思います。コストは、概算値を計算してみましたが、大きく変わるということはありません。比較しながら考えてみたものの、筆者はやはり剃り心地を重視してしまうため、依然カミソリ派を継続します。また、このカテゴリでの販売商品はカミソリが中心ですので、以下はカミソリに関してさらに深く見ていこうと思います。


2. カミソリのタイプ・選び方

T字型カミソリを使う人にとって、常日頃から悩ましいのは、「結局何枚刃をう使えば良いのか」という点だと思います。プラスチック製の1枚刃のものを日常的に使う人はいないと思いますので、ここでは使用率の高い複数刃と、一部に愛用者の多い両刃カミソリを見てみます。

  • 複数刃カミソリ:T字カミソリを使う方で最も使用率が高いのがこちらのタイプではないでしょうか?2枚から5枚の物が主流ですが、今では6枚刃もあります。スピーティに髭剃りを行え、満足度の高い仕上がりを期待できるのが特徴です。一般的に刃の枚数が多くなるほど高くなりますが、多いほど肌との摩擦が小さくなり、トラブルも防ぎやすくなります。肌の弱い人は4枚刃以上を、深剃りがしたい方は2枚もしくは3枚刃を使うと良いでしょう。
  • 両刃カミソリ:高級な髭剃りセット(グルーミングセット)などについてくるのがこの両刃カミソリです。イメージがつかない方は、両刃カミソリとググってみると出てきます。1枚刃なので慎重に扱う必要があり、また髭剃りに時間がかかりますが(10分程度)、目一杯の深ぞりが可能で、仕上がりは理容院で髭を剃ってもらった後のようになります。さらに、刃自体は1つ45円程度と安く、ランニングコストは安いです。しかしながら、うまく剃るのには慣れが必要で、複数刃のような感覚で剃るとトラブルの原因になります。また、剃る前に髭を蒸すなど、入念な下準備が必要になります。そのため、ゆっくりと髭剃りを楽しみたい方向けの商品と言えるでしょう。

3.シェービング剤の選び方

次にシェービング剤について見ていきます。英国式のシェービングソープ等もありますが、やはり日々使いという意味では、シェービングフォーム、シェービングジェル、シェービングクリームのどれかが選択肢になるのではないかと思いますので、これらを比較してみます。

  • シェービングフォーム:最も利用率が高いのがこちらではないでしょうか。やはり使い勝手が良く、使用感も良いのが人気の理由だと思います。また、泡が肌をカミソリから守ってくれる効果も高いです。一点短所を挙げるとすれば、泡で髭と髪の毛の生え際が認識しにくくなる点です。ですが、案外いつも使っている人は気にならず、感覚で上手にそれてしまうのも事実ですので、特に困っていない方はシェービングフォームの使用を継続するという判断になります。
  • シェービングジェル:シェービングフォームと共に定番です。やはり、髭と髪の生え際を認識しやすい点が、ジェルの最大のメリットです。髭を伸ばしていて、部分的に剃りたい人に最適です。また、最近はよく伸びるタイプのものが多いので、泡に比べると洗面台等を汚さずに髭剃りができるというメリットもあります。デメリットとしては、時間が経つと固まってしまうものがあったり、ジェルに通常含まれているメンソールが苦手な人には向かない、といった点が挙げられます。
  • シェービングクリーム:最近じわじわと人気が出てきているのがこちらのタイプです。ジェルに比べるとより肌を守る効果があり、かつ水と混ぜることで少し泡立てて使うこともできます。それでいて、泡のように生え際が分かりにくくなる心配もありません。ただし、一点だけ注意が必要で、クリームはどうしても肌へしっかりとくっつきやすいため、髭剃り後に洗顔をしっかりする必要があります。

4. 通販で上手に買うための留意点

髭剃り関連商品の価格は、一般的なタイプだと本体が1000円程度、替え刃が4個で1000円程度、8個で2000円程度ですので、通販で買う際には替刃8個入りを買うようにすれば、送料は無料にすることができます。何枚刃が一番適しているかわからない、という人は、上の記事も参考にしていただき、コンビニやスーパーで単品や4個入りを購入してみて、比較したのちに通販でまとめ買いをすると良いでしょう。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

シェービング・ムダ毛処理でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら25.0%安いヨドバシカメラ。一方幅広く選ぶなら878商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

878

23.3%

爽快ドラッグ

459

-12.4%

ケンコーコム

443

-8%

イトーヨーカドー

159

-12.3%

楽天西友ネットスーパー

86

-9.4%

ヨドバシカメラ

334

25%

LOHACO(ロハコ)

250

-8.8%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

76

-9.1%

Amazonパントリー

82

10.5%

ロフト

8

-7.9%

シェービング・ムダ毛処理 人気トップ10商品

シェービング・ムダ毛処理人気ランキング1位は"シック インジェクター1枚刃 替刃 10枚"で、人気スコアが96点。レビューも高く、多くの通販ショップで売られている、おすすめの人気商品です。

シェービング・ムダ毛処理の特集記事

シェービング・ムダ毛処理の周辺を探す

シェービング・ムダ毛処理の関連カテゴリ



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops