安い・激安の生理用品

安い・激安の生理用品一覧

461商品
0お気にいり 2,051View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

生理用品461商品を、1枚あたり安い順に紹介。 最安値の商品は「エリス Megami 素肌のきもち 超スリム 羽なし 17cm (軽い日) 108枚(36枚入×3パック) 」の¥2.6/枚、286/パックで、よく買う商品より安いかも!?
スマートショッピングでは失禁ショーツ生理用ナプキンといったジャンルの品揃えはもちろん、ソフィロリエといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック!

1位: エリス Megami 素肌のきもち 超スリム 羽なし 17cm (軽い日) 108枚(36枚入×3パック)

生理用品のサブカテゴリ

生理用品のブランド



「生理用品」カテゴリの新着口コミ

自分が使う訳ではないので何とも言えません

まず、値段が、ダントツ安く、衛生的。買い物に行くのがとても面倒くさかったので、大量買い、正解でした。

香りが良かったです。また頼むと思います。ありがとうございます。

香りが、良かったです。また頼むと思います。ありがとうございます。

リピーター。 値段、対応と満足しています。

結構な勢いで使うので、安さと枚数で購入しましたが、肌が弱い人には向かない。かぶれてしまった。

14個入り3パックセットを注文したのに、12個入りのものが届いた。 連絡もこない。 そして、後日まちがえの12個入りがまた、大量に届き、連絡なし。 二回もまちがえ商品を連絡なしに送って、 きた会社は、ここか初めて。 連絡しても、返事が一切こないし、どうなってるんでしょうか?

使い易く気に入っています。ありがとうございました。

安くなっていたので買いましたが、特に問題なく普通に使えています。

ありがとうございました。とても良い取引ができました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

生理用品通販で賢い買い方

生理用品

女性にとって必要不可欠な生理用品。各メーカーから多くの商品が発売されており、ナプキンだけでも100種類程度と言われております。生理用品は使用期限がない、対面での購入に抵抗があるなどの理由から、通販で買われる方も多くいらっしゃいますが、たくさんの種類の中から皆さんどのように選ばれているのでしょうか。あるアンケートでは、「ナプキンを購入する際に最も重視する点」を尋ねたところ、最も多かった回答は「価格」、次いで多かったのは「肌への負担」でした。

急に生理になってしまい知人から1枚もらった、急いでコンビニで買った、という経験は多くの女性から「あるある」という声が聞こえてきそうです。そんな時、いつも使っている物と違って肌触りが悪かった、使い心地が違ったので漏れないか不安だった、という方も相当数いらっしゃると思います。 そこで本記事では、生理用品を選んでいただく際のポイントを、肌への負担も踏まえてご紹介していきます。また、肌への負担の実体はなんなのか、その対処法などもみていきます。

1. ナプキン vs タンポン

生理用品の種類を、使用率が高いとされている順に挙げると、

  • ナプキン
  • おりものシート
  • タンポン
  • 吸水パッド
  • 使い切りビデ

となります。ここでは選ぶ際のポイントということで、この中からナプキンとタンポンに絞ってそれぞれの特徴、メリット・デメリットをご紹介します。ちなみにおりものシートは経血を吸収するよう設計されていないため、経血量が減っていても生理中には使用しないでください。

〈ナプキンの構造〉

ナプキンは大きく分けて3層で構成されています。下の層から、

  • 固定材…粘着テープなどで下着に固定する層。
  • 吸収体…経血を吸収する層。一度吸収された経血はゼリー状に固まるため、ここから漏れることはありません。
  • 表面材…肌に触れる層。

となります。肌への負担は表面材によるところが大きいと思われますが、表面材はさらに不織布タイプとメッシュタイプとに分けられます。

  • 不織布:線維を科学的に絡み合わせ、織らずに布状にしたもの。ナプキンとしての肌触りはふんわりしています。表面に孔を開け、経血の吸収を助けるタイプもあります。
  • メッシュ:合成樹脂などの高分子成分などを薄い膜状にしたものに孔を開けたもの。ナプキンでの肌触りはさらっとしています。メッシュとはいえ材質がフィルムですので、通気性が悪いものもあります。

〈タンポンの構造〉

タンポンを、経血を止めるための栓だと思っておられる方がいらっしゃいますが違います。タンポンも吸収体でできており、脱脂綿やレーヨン綿を圧縮したものです。つまり、ナプキンとの違いは経血を体内で吸収するか、体外で吸収するかです。

タンポンは入れ方の違いから3つに分けられます。以下、タンポンを選ぶポイントは、原料ではなく入れやすさによります。

  • アプリケータータイプ…タンポン本体がアプリケーターと呼ばれるプラスチック製の筒で包まれているタイプ。アプリケーターごと挿入して体内で押し出すため、手で触れることがなく衛生的で初心者でも使いやすいのが特徴。このタイプがタンポンでのシェア率7割ほどと言われています。
  • フィンガータイプ…タンポンが直にパッキングされているタイプ。パッケージのセロファンをはがし指にカバーをして直接手で挿入します。筆者は使用したことがありませんが、慣れると自分で位置を調整しやすいとのことです。
  • スティックタイプ…吸収体の紐のついている部分にスティックを刺して持ち手にし、その逆側から挿入するタイプ。こちらも直接手で触れないので衛生的ですが、日本ではあまり販売されていないようです。

〈ナプキンとタンポンのメリット・デメリット〉

使用者にそれぞれを使う理由を伺いました。そこから主なメリットを挙げます。

  • ナプキン派…体の中に入れる必要がない/入れるのが怖い、経血の状態が見られる、取る時に手が汚れない/取りやすい
  • タンポン派…むれない、漏れない、匂いが気にならない、下着・服を気にしなくていい、動きやすい、入浴・水泳ができる、ドッと出る感覚がなく楽

一見するとタンポンのほうがメリットが多いようですが本当にそうなのでしょうか。それぞれのデメリットもみてみましょう。

  • ナプキン派…かぶれやすい、臭う、漏れやすい、アウターに響く
  • タンポン派…取り出しづらい/取る時に失敗したことがある、誤った使用法でトキシックショック症候群(以下TSS)を発症する?

漏れやすい、アウターに響きやすいという物理的なデメリットもありますが、かぶれなどの肌トラブルに関するデメリットは軽減できます。次の項目ではこれらのデメリットの原因と対処法をご紹介します。

2. 肌への負担の実体とその対処法

〈ナプキンでかぶれる原因と対処法〉

皮膚と呼ばれる部分は表皮と真皮から成っており、表皮はさらに4つの層に分けられます。この中で皮膚の最も外側に位置しているのが角質層で、これは外界からのバリア機能を担っています。 デリケートゾーンは角質層が薄い部分であり、よって、バリア機能も弱いと言えます。前述したとおり、ナプキンは化学物質で作られているため、通気性が悪く、湿度が高くなっています。また、経血は鮮血とは異なり多くの分泌物が混ざった状態です。赤く見えますが経血のほとんどは子宮内膜がはがれたもので構成されています。①バリア機能が弱い、②ナプキンによって通気性が悪く湿度が高い、③経血の分泌物、のトリプルパンチで雑菌が繁殖しやすい環境となっています。この状態でナプキンが皮膚と摩擦を起こすと刺激となり、かぶれの原因となります。また、臭いの原因も雑菌です。以下の対処法で臭いも軽減されると考えられます。

対処法として

  • こまめにナプキンを替える。これには湿度を下げるという意味があるため、経血があまり付着していなくても替えるべきです
  • オーガニックコットン(綿)製のナプキンを使う。化学物質を使用していないため、通気性に優れており、かぶれの軽減につながると考えられます。
  • 布ナプキンを使う。流行しているようでご存知の方もおられると思いますが、綿や麻などの布製のナプキンで、重層などで漬け置き洗いをして繰り返し使います。オーガニックナプキンと同様の理由からお勧めします。ただし、布ナプキンは付け心地がよくても紙ナプキンと同程度の頻度で取り替える必要があり、出先で取り替えるとなるとその後はビニール袋等に入れて持ち歩かなければいけません。経血量の多い日や終日外出している日などは無理に使わなくてもよいでしょう。また、布ナプキン使用で生理痛が軽くなる、経血量が減る、生理期間が短くなる、不妊が治ると言った意見もありますが、まだ医学的根拠はないようです。

それでもかぶれてしまったら…

  • 石鹸でごしごし洗わない。そもそも女性の膣内には後述の常在菌による自浄作用があり、石鹸で陰部の内側まで洗う必要はありません。石鹸による刺激でさらに炎症を悪化させる可能性もあるため、お湯だけで洗いましょう。
  • ノンアルコールのかゆみ止めを塗る。アルコールの入った薬もありますが、炎症を悪化させる場合もあります。

〈タンポン使用によるTSS発症の予防〉

TSSとは感染症の一種で、症状は発疹・発赤、倦怠感、高熱、下痢、嘔吐、血圧低下、粘膜充血などが挙げられ、死亡例もあります。黄色ブドウ球菌が原因とされていますが、これは人では1/3の方に生息しており、通常は害がありません。まれな病気で、性別年齢問わず罹る可能性のある病気です。しかし、TSS発症者の半数がタンポン使用者と言われており、そのメカニズムはわかっておりません。 膣内にはデーデルライン桿菌という乳酸菌が常在菌として存在しており、陰部を酸性に保っています。これにより他の雑菌の繁殖を防いでいます。(これが先程の自浄作用です。)タンポンがその防御機能の粘液まで吸収してしまっている可能性はあるようですが、TSSとの関連はわかりません。予防法としては、タンポンのパッケージに使用法、禁止事項などが書かれていますので、それをよく読んで忠実に守ってください。慣れてくるとおざなりになりがちですが、慣れているから発症しないというわけではありません。

また、タンポンのデメリットとして挙がらなかったのですが、医学的にはタンポンのほうが臭いの原因になりやすいと言われることもあります。タンポンで陰部が空気に触れにくい状態をつくると、嫌気性細菌という酸素が苦手な菌が繁殖しやすくなります。嫌気性細菌は嫌な臭いを伴うため、使用法に記載された時間より短めに取り替えた方がいいかもしれません。

以上、ナプキンとタンポンの特徴、メリット・デメリットをご紹介しました。各メーカーのホームページなどで商品の特徴をご確認し、ご自身の経血量・用途・肌質に合ったものを選んでいただく必要がありますが、上記をご参考にしていただければ幸いです。

3. 通販で上手に買うために

前述したとおり、生理用品は急に必要になった時、購入を先延ばしにできない点で困ります。筆者もいい歳になりながら、先日急いでコンビニで買う事態を起こしてしまいました…。通販でまとめ買いをして各バッグにも1,2枚ずつ常備しておくことをお勧めします。また、ご自身に合ったものを見つけるという意味でも、数種類をまとめて購入して比較して使用してみるのもいいと思います。送料が無料にならない場合、トイレットペーパーやお掃除用のシートなど、同じ場所にしまうような消耗品と一緒に購入してしまうと楽かもしれませんね。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

生理用品でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら42.4%安いAmazon(アマゾン)。幅広く選ぶ場合でも405商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

405

42.4%

爽快ドラッグ

352

-3.4%

ケンコーコム

348

-1.2%

イトーヨーカドー

214

-6%

ヨドバシカメラ

225

-52.4%

LOHACO(ロハコ)

228

-1.2%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

148

1.1%

Amazonパントリー

111

9.3%

ロフト

6

-0.9%


生理用品 人気トップ10商品

生理用品人気ランキング1位は"エリス 新素肌感 多い日の夜用 羽なし 11枚×2"で、人気スコアが98点。レビューも高く、多くの通販ショップで売られている、おすすめの人気商品です。

生理用品の特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops