安い・激安のカップ麺

安い・激安のカップ麺一覧

735商品
0お気にいり 6,533View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

カップ麺735商品を、1個あたり安い順に紹介。 最も安い商品は「マルちゃん ごつ盛り ソース焼きそば カップ 171g×12」の¥9.6/個で、あなたがいつも買っている商品より安い可能性あり!?
スマートショッピングではカップラーメンカップうどんといったジャンルの品揃えはもちろん、マルちゃんどん兵衛といった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較も確認することをおすすめ。

1位: マルちゃん ごつ盛り ソース焼きそば カップ 171g×12

カップ麺のサブカテゴリ

カップ麺のブランド



「カップ麺」カテゴリの新着口コミ

正直本家にそんなに味は似ていないですね。ジャンキーな味…たまに食べるのはサイコー…。値段的にそんな頻繁には食べられないけれど、それでもネット販売だといいかなって思ってしまうから不思議。近所よりは断然安いです!

3 いいね

辛さと旨味のバランスが絶妙。セブンプレミアムの最高傑作やと思います。コンビニやセブン系のスーパーでよく売り切れているので、ネット購入してストックしています。

1 いいね

この辛味とジャンク感がたまに食べたくなってしまうので箱買いして常備しています。チーズを添えて食べると贅沢してる感じがたまりません。

1 いいね

美味しいです!普通のカップ麺より油っぽくなくて 私はこの方が好きなくらいです。ソースも美味しくて3日連続お昼に食べてしまいました。 ただ、もう少し安くなると嬉しいのと、カロリーは普通のカップ麺並みに高いのが少々気になります。

私は醤油キムチよりこれが美味しいと思います。

どん兵衛は本当に美味しいですよ。これはスープまで飲み干します。

遅くなりすみません。喜多方の名に惹かれて二ケース買いましたが、余り期待したほどになかったです。

小腹が空いた時にちょうどいいサイズです。商品も安定のメーカーさんですし美味しさにも問題ありませんでした

ありがとうございました。 また注文したいと思います。

ありがとうございました。 また注文したいと思います。

カップ麺通販で賢い買い方

カップ麺

面倒くさい時、夜に食欲が襲ってきたときに、食器の準備・片づけをせずにお湯だけで手軽に作れるカップ麺はありがたい存在。定番の日清カップヌードルが好きな人もいれば、有名ラーメン店のラーメンが好きな人もいるでしょうし、カップ焼きそば、カップうどん等を好む人もいるでしょう。

世界ラーメン協会によると、2013年に日本人が年間消費した即席ラーメンの量は55.2億食で、中国、インドネシアに次いで世界第3位。日本の人口は1億2,730万人として、一人あたり1年間に43食消費しています。

日頃より親しみのあるカップ麺だからこそ、既にご自身の定番が決まっている人も多いと思います。わざわざコンビニ等へ買いに行く手間を省くためにも通販で割安かつ便利に購入してしまうのが合理的だと考えます。また、特に固定していない方も、バラエティパック等で購入して、食べ比べをするのも良いかもしれません。

1. カップ麺 vs 袋麺 vs パスタ vs カップスープ vs コンビニ弁当

カップ麺を食べようと思う時はどんな時でしょうか?どうしても麺類が食べたい時でしょうか?それとも忙しいから手軽に食べたい、夜食として食べたい時でしょうか?皆さん、いずれも経験があると思います。そういう時に選択肢になるものをリストアップし、比較してみましたので、参考にしていただけると幸いです。

  • 袋麺:ラーメン・うどん・そば・焼きそばを想定します。確かに、カップ麺で食べるより麺の食感は良いですし、お好みの具材を入れたり、味付けもアレンジができます。また、調理器具1つか2つとお皿を準備するだけなので、手間もそれほどかかりません。ただし、生麺や生うどん・そばは賞味期限が短いため、家族が少ない場合には短期間で立て続けに食べる必要がありますし、冷凍うどんは冷凍庫のスペースを取ってしまう点が難点です。
  • パスタ:パスタはカップ麺と同様に長期保存ができ、家にある具材で比較的簡単に美味しく調理できます。もしくは、レトルトのソースがあれば短時間で調理が可能です。パスタを茹でることと、食器と鍋の後片付けが追加の手間になります。
  • カップスープ:全般的にカップスープの方がカロリーを抑制した商品が多いことは挙げられますが、ほぼ同ジャンルと言って差し支えないのではないでしょうか?保存がきく点も同じです。特に、スープ春雨なんかは、食べたいタイミングもほぼ同じで、筆者もコンビニでよく悩みます。カロリーを控えめに軽く食べたいのか、がっつり食べたいのか、に拠るところが大きいのではないでしょうか。
  • コンビニ弁当:これも、時間がない時、お腹が空いて手軽に食べたい時に悩む選択肢の1つです。ですが、まず言えるのは、カップ麺は家に常備しておける点です。コンビニが近くにないかもしれないですし、コンビニに行くのが面倒な時もあります。また、コンビニ弁当は往々にしてカロリーが高く、500kcalを超えているものがほとんどで、700kcalを超えているものも沢山あります。おにぎりですら、1つで170kcalです。ロケーション、時間的余裕、あとは純粋に何を食べたいかが判断基準になるかと思います。

こう見てくると、意外にカップ麺は優等生であることがわかると思います(それが幅広い層に人気な理由だとは思いますが)。保存がきくため家に常備することができ、短時間で調理が可能で、準備片付けもいりません。さらにカロリーを見ても驚くほど高くはありません。スープ春雨に関しては、正直甲乙つけがたいですが。。。実は、筆者はこの記事を書いている段階で、家にカップ麺もスープ春雨も常備していませんが、カップヌードルとスープ春雨を箱で購入して常備しておこうと考えています。

2. 豊富な種類から選べるカップラーメン

カップ麺の成長は猛烈な勢いで進んでいて、少なくとも1077銘柄はあり、254銘柄の袋麺に対して大差をつけています(日本即席食品工業協会、2014年時点)。確かにコンビニにやスーパーに行っても、プライベートブランドを含め、多くの種類が並んでいますし、定番商品でないものは棚にある銘柄の移り変わりが激しいですよね。

そこで、特に種類の豊富なカップラーメンをグループ分けし、比較しながらご紹介します。

<定番・低価格帯カップラーメン>

  • 代表商品:カップヌードル、ホットヌードル、スーパーカップ、チキンラーメン
  • 価格/カロリー(目安):100〜180円程度。300〜500kcal程度
  • 特徴・好まれる理由:食べ慣れた味で、飽きがこない。カロリー等抑制していないため満足感は高い。定番シリーズの中に味が豊富に存在し、手頃な値段で多種類を楽しめる。
  • 留意点:麺にフライ麺を使っていることが多く、そのためカロリーは高くなりがち。また、やはり、こだわり系カップラーメンと比べると、味や具の完成度等は落ちるため、比較するのではなく、このカテゴリーの商品は別物として楽しむべきだと思います。

<カロリー控えめの定番・低価格帯カップラーメン>

  • 代表商品:カップヌードルライト、スープヌードル、日清麺職人、マルちゃん麺作り、中華三昧タテ型、明星低糖質麺
  • 価格/カロリー(目安):130〜230円程度。198〜300kcal程度(スープにより超える場合あり)
  • 特徴・好まれる理由:ノンフライ麺を使用したり、麺の一部(中間部)に食物繊維を利用したり、麺の量を少しだけ減らしたり、スープの塩分や脂質を減らすことで、できるだけ通常の商品に近い味を再現しいるため満足度があり、カロリーを気にする女性や夜食用に人気が高い。
  • 留意点:これはこれでOK、という声も多いですが、一部商品についてもう少し旨味が必要、ボリュームに欠ける、麺がふにゃふにゃになりやすい、等々、満足いかない意見もあります。

<こだわりのカップラーメン>

  • 代表商品:マルちゃん正麺、ラ王、地域・有名店コラボ商品
  • 価格/カロリー(目安):200〜300円程度。340〜600kcal程度。横浜家系などの地域・有名店コラボ商品はカロリーが高くなりがちで、ラ王もカロリーが450kcalだが、マルちゃん正麺はカロリーも300kcal台半ばと抑制されている。
  • 特徴・好まれる理由:2015年秋に待望のカップ麺タイプが登場し、コンビニの棚を占拠したマルちゃん製麺や、元祖生タイプ麺の日清ラ王など、ノンフライ麺をカロリー抑制ではなく、生麺に近い食感を実現するために利用したこだわり商品。カップ麺でも袋麺の生麺と同レベルの水準が確保されていると人気が高い。また、各社、横浜家系、すみれ、麺屋一燈、青葉、太陽のトマト麺等の有名店とのコラボしたカップラーメンを名店シリーズとして次々と商品化していますが、これらは、麺やスープにとどまらず、具の1つ1つまでこだわりが徹底されており、好評です。
  • 留意点:価格が高く、カロリーも比較的高くなりがちな点が共通したデメリットです。また、特に有名店コラボ系は期間限定商品が多く、気に入ったものがあってもお店から姿を消している点がネックです。また、有名店の名前が付いてしまうとどうしても期待が先行してしまい、期待外れな結果に終わることもあります。そこは、あくまでもカップラーメンということを念頭に置いて食べてくださいね。

カップラーメンを3つのタイプに分類してご紹介しましたが、家に常備するという点では、自身の中での定番のものを選ぶということになると思います。一方、期間限定のコラボラーメン等は、気づいた頃には無くなってしまうこともあるので、食べてみて気に入った場合にはまとめて買ってしまうのも良いかもしれませんね。いずれの場合も、カップラーメンは重くはないですがかさ張りますので、通販でまとめ買いがベストと考えます。

3. カップラーメンに一手間加えてさらに美味しくする方法

様々なカップラーメンの種類があることをご紹介しましたが、まとめ買いをするとなると、価格も安く、飽きのこない定番カップラーメンだと思います。もし、定番カップラーメンに一工夫するだけで美味しくなり、色々な楽しみ方ができるとしたらいかがですか?筆者が見聞きしたことをまとめてみました。

  • (醤油、塩等)+あおさのり:香り高くなり、少し贅沢な一品になります。
  • (全般)+酢:半分くらい食べた後に入れて、さっぱりとした味を楽しめます。
  • (塩ラーメン)+生クリーム:マイルドで濃厚な味わいになります。
  • (全般)+スライスチーズ:カレー、醤油、塩、シーフードのいずれにも合います。
  • (シーフード)+豆乳300mlほど+粉チーズ+コショウ:リゾットになります。
  • (シーフード)+コーヒーミルク2~4個:濃厚なあじわいにります。

4. 通販で上手に買うために

カップ麺のまとめ買いは、場所を取り持ち運びが大変なので通販をお勧めします。カップ麺は単品での価格は100円から300円程度なので、送料無料にするには複数購入する必要があります。そんな時は、特に定番商品には12個入りの箱買いの選択肢も用意されているので、まとめ買いをして常備するのが良いのではないでしょうか?カップ麺の賞味期限は通常半年程度と長めなので、常備に適していると言えます。

単価によって異なりますが、12個入りの箱が1500円から2400円程度なので、送料無料になる合計額に足りない場合は、その他の不足するものや、他種類のカップ麺を単品で買うことで用意に無料にできるでしょう。また、複数種類がひとまとめにされて販売されているケースもあるので、そういったものを見つけたら買っても良いかもしれませんね。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

カップ麺でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら24.5%安いヨーカドーネットスーパー。一方幅広く選ぶなら356商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

356

22%

爽快ドラッグ

167

5.9%

ケンコーコム

127

6.4%

イトーヨーカドー

33

2.2%

ヨドバシカメラ

136

-71.7%

LOHACO(ロハコ)

225

-21.8%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

64

24.5%

カクヤス

28

-1.6%

Amazonパントリー

201

19.7%


カップ麺 人気トップ10商品

カップ麺人気ランキング1位は"セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌 カップ 118g"で、人気スコアが94点。レビューも高く、多くの通販ユーザーに見られている、おすすめの人気商品です。

カップ麺の特集記事

カップ麺の周辺を探す

カップ麺の関連カテゴリ



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops