安い・激安の食器洗い・台所洗剤

635商品
0お気にいり 3,381View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

食器洗い・台所洗剤全635商品の価格を、100mlあたり安い方から並べて紹介。 激安No.1商品は「ヤシノミ洗剤 つめかえ用 1000ml×8個」の¥4.5/100ml、45/個で、よく買う商品より安い可能性あり!?
スマートショッピングでは食器用洗剤除菌スプレーといったジャンルの品揃えはもちろん、ジョイキュキュットといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較も確認することをおすすめ。

1位: ヤシノミ洗剤 つめかえ用 1000ml×8個

食器洗い・台所洗剤のサブカテゴリ

食器洗い・台所洗剤のブランド

関連キーワード



「食器洗い・台所洗剤」カテゴリの新着口コミ

    • フィニッシュ パワー キューブ M タブレット 食器洗い機専用洗剤(60コ入)
      フィニッシュ パワー キューブ M タブレット 食器洗い機専用洗剤(60コ入)
      ¥666 Amazonパントリー
      他5ショップ
      送料別

パッケージが変わって使いやすくなりました。いつもアマゾンでまとめ買いしています。

1 いいね

タイプの違う洗剤なら4000円超えるのに、マスカットだけ738円の大特価!買わなきゃ損。

0 いいね
    • 消臭力 ゴミ箱用 シトラスミントの香り 2個セット 6.4ml
      消臭力 ゴミ箱用 シトラスミントの香り 2個セット 6.4ml
      ¥231 ヨドバシカメラ
      他5ショップ
      ¥3609/100ml

生ゴミの臭いより強烈な臭いで くさくて気持ちわるくなった

    • シャボン玉石けん EM食器洗い液体せっけん つめかえ用 63498(250mL)
      シャボン玉石けん EM食器洗い液体せっけん つめかえ用 63498(250mL)
      ¥235 ケンコーコム
      他2ショップ
      送料別
      ¥94/100ml

汚れもよく落ち、泡立ちで汚れ落ちが判断できます。EMでないものとどちらがよいか検討中です。

安いので、良い。コスパよく、まずまず落ちる。

    • ソネット ナチュラルウォッシュアップリキッド カレンドラ 1L
      ソネット ナチュラルウォッシュアップリキッド カレンドラ 1L
      ¥1,070 ケンコーコム
      他2ショップ
      送料別
      ¥107/100ml

こちらの洗剤はよく落ちるのに手に優しいです。ほかの商品は怖くて使えないぐらいです。 香りも優しくまた使いたいです。

びっくりするくらい、綺麗になります。この電気の力なのか、一緒に使う洗浄剤の力なのか。ボトル部分は新品時に戻りました!

とても綺麗になります。\n今までも、色々な洗剤を使ってきましたが、\nどれもいまいちでした。\nこちらの洗剤は値段も安く、大変満足\nしております。また、購入したいです。

食事のあとのテーブルふきはこれを使用しないと気がすまず大量購入。赤ちゃんもいるのでいろんなものの消毒に使ってます。

早い対応ありがとうございます。

食器洗い・台所洗剤を安く買うために

食器洗い・台所洗剤

食器洗い・台所洗剤は、食事で発生する汚れを落とすための洗剤で、大きくは使った食器類のお皿洗いと、台所自体の洗浄用の2つに分かれます。食器洗剤は、台所のシンクに置かれるボトルでスポンジと一緒に使われる、ママのイメージが一番強いアイテムではないでしょうか。油に対する洗浄力、肌・環境へのやさしさ、コストパフォーマンスが商品選定の基準となります。昔は油汚れにとにかく強い商品が好まれてきましたが、やはり直接手に触れるものなので、手荒れにやさしいマイルドタイプものが好まれるようになってきています。ボトルもコンパクトになってきていて、スポンジの除菌効果もあるものが増えてきました。中でも一番肌にやさしいものとしては界面活性剤を使わないせっけんタイプの食器洗い洗剤も人気が出てきています。また、共働きで時間のない家庭が増えるにつれて、キッチンに食器洗い機(食洗機)が備え付けられることも多くなり、食器洗い機専用の洗剤もバリエーションが増えてきています。食洗機用の専用洗剤では、高い洗浄力と、すすぎ性の高さが重視されています。一方の台所そのものの掃除という意味では、普通の汚れには中性洗剤を用いることが多いです。しつこい汚れには、物理的に協力にこびりついた汚れを削り落とすクレンザーや、除菌・消臭効果も期待できる漂白剤・ブリーチも併用するとより効率的です。また、ノロウイルスなど近年は食中毒系の話題も増えてきた影響もあり、まな板などのキッチン用具を手軽に清潔に保つためにはアルコール消毒・除菌スプレーも欠かせない便利アイテムになってきました。

用途により使い分けるため、バリエーション豊富なキッチン洗剤ですが、お得に買うために覚えておきたいポイントが3つあります。

まずは各タイプの平均的な価格水準について。賢く買うにはやはり平均的な相場を知っておくことが一番です。スマートショッピングのデータによると、15年11月現在、平均的な単位価格は、食器用洗剤で90円/100ml、食器洗い機用洗剤が480円/パッケージ、キッチン洗剤が135円/100ml、キッチンクレンザーが70円/100g、キッチンブリーチが40円/100ml、アルコール消毒が600円/パッケージが価格相場になっています。それぞれの商品で、あなたがいつも買っている商品がどれだけ安く買えているか一度見てみてください。ちなみに、手洗いと食洗機を比較すると、洗剤・電気代・水道代トータルでみて食器洗い機の方が節約できるとのデータが多く開示されています。これは、食洗機の性能が上がるにつれて、洗浄力は手洗いと遜色ない中で、大幅な節水効果があり、電気代はかかるものの水道代が落ちるためです。ランニングコストを考えると、食器洗い機の導入を考えるか、次回引越しの際には備え付けの物件を探すのも重要になってくるでしょう。

2つ目は業務用アイテムの活用について。飲食店を中心に、業務でキッチン洗剤を使うことも多いため、世の中には大容量タイプの業務用アイテムが多数存在しています。店頭で見つけるのは難しいですが、インターネットだといろんな商品が売られていて、もちろんお得な値段で洗剤を手に入れることができます。例えば、食器用洗剤だと4lや5lといった詰め替えボトルタイプの業務用洗剤が、100mlあたり10円〜20円。平均相場の1/4以下の格安価格で入手することができます。また、キッチン洗剤も4lタイプで100mlあたり30円程度と平均相場のこれまた約1/4の格安っぷり。キッチンブリーチも5kgタイプで100gあたり30円と平均の半額以下、漂白剤だと1.5lの容量で15-25円/100mlとこれまた半額以下のお得な値段で手に入ります。どれも確実に商品するアイテムですし、使用期限などもあってないようなものなので、まとめ買いしても苦にはならないはず。戸棚にスペースさえあれば、大容量タイプでちょっとずつ詰め替えて使っていくのは非常に賢い買い方といえるでしょう。

最後に代表的な商品の安さについて。もはやテレビCMで何度も目にする洗剤ブランド、ご存知のものがほとんどかと思います。あのブランドの最安値は一体いくらになっているのか。15年11月現在、チャレンジジョイのフレーズや、除菌で有名なジョイの最安値は52円/100ml、大容量の600mlボトルが1本あたり300円ちょいといった値段になっています。肌へのやさしさで定評のあるキュキュットだと40円/100mlでジャンボ770mlボトルが1本あたり300円ほど。もう1つの定番ブランド、チャーミーだと40円/100mlと同じですが、400mlのボトルからこの値段で買うことが可能です。最近だと輸入のおしゃれなボトルも人気がありますが、その代表格であるフロッシュだと、若干値段が上がって60円/100mlで1本あたり400円〜。植物由来で手肌にやさしいエコタイプの洗剤だと、エコベールが60円/100ml、ヤシノミ洗剤が35円/100ml、ミヨシ石鹸が45円/100mlで入手可能です。キッチンハイター、カネヨのクレンザーなどは先ほど説明した業務用の商品を活用すれば、相場より大幅に安い値段で買うことができます。最新の価格情報、最安ショップについては、気になる商品の詳細ページにてご確認ください。

食器洗い・台所洗剤通販で賢い買い方

食器洗い・台所洗剤

日々の食事後の食器洗い、皆さんは如何されていますでしょうか?最近では食器洗い機をご利用の方も多いと思いますが、毎回全てを食洗機で洗うわけにはいかないので手洗いもしているという方、どうも食洗機は匂いがきになるので手洗い派、等手洗いをしている方もまだまだたくさんいらっしゃると思います。

筆者は食洗機と手洗いを使い分けていますが、やはり手洗いの問題は、どれだけ洗浄力があるか、どれだけ手荒れをしないか、といったところではないでしょうか。人によって手と洗剤の相性もありますし、実際周りに聞いても手洗いしにくい洗剤は違ったりするので、一概には言えませんが、食器用洗剤にどのような選択肢があって、どういったところを見れば良いのか、といった点を今回はご紹介したいと思います。


1. 食器用洗剤の種類

通常、手洗いの際に使う食器用洗剤といえばスーパーやコンビニに売っているものを使うことが多いと思います。ジョイ、キュキュット、チャーミーマジカ、等々が一般的な商品かと思いますが、これらは合成界面活性剤を用いた合成洗剤に該当します。一方、肌の弱い方の中には、石鹸系の台所用液体洗剤や固形石鹸を用いられる方もいると思います。ここでは、これらの3つにつき、比較して見たいと思います。

<合成洗剤>

  • 特徴・メリット:スーパー・コンビニに多く並んでいるのがこのタイプです。種類が豊富であり、洗浄力がより強いものから、肌へ配慮しつつも十分な洗浄力があるものまで、選択肢は多いです。特に、スーパー等は品揃えに限界がありますが、ネット通販であれば、一般的なタイプから、香りが良いものやパッケージがおしゃれな輸入商品まで、様々な商品を購入することができます。また、最も使用率が高い事もあり、各社の商品開発競争は熾烈で、年々洗浄力・肌への優しさがますます向上してきています。
  • デメリット:洗浄力が強いということは、同時に手の肌を保護している角質や皮脂も同時に落としてしまうということになります。また、その他添加物の影響も大きいです。そのため、どうしても手荒れの原因になってしまう人が多いのが現状です。ただし、ウタマロのように石鹸に近い成分を利用し、合成界面活性剤やその他の添加物を最小限にした商品もあり、そういったものを使うことで軽減されることもあると思います。
  • 上手な使い方:やはり手への負担が気になる方は、面倒でなく、通常通りに食器洗いができるのであれば、ゴム手袋をされることをお勧めします。石鹸系を含め、どんな洗剤を使っても手荒れしてしまっていた人が、ゴム手袋をつけるだけで綺麗になったという話もよく聞きます。

<石鹸系液体洗剤>

  • 特徴・メリット:合成洗剤に比べて洗浄力は少し落ちるものの、その分肌への負担も小さいです。また、石鹸に含まれるのは天然由来の界面活性剤で、他の添加物も少ないため(多くの石鹸系商品は無添加です)、肌に優しいと言えます。さらに石鹸成分の肌への優しさを享受しつつも、液体洗剤であり手軽に使えます。ミヨシ、arau、シャボン玉等から石鹸系の液体洗剤が発売されています。
  • デメリット:汚れが落ちにくかったり、食器が滑りやすかったりします。また、油分がたくさんついてあるとヌメヌメ感がさらに強く洗うのが大変になることもあります。
  • 上手な使い方:どうしても合成洗剤に比べると汚れが落ちにくいので、洗う前にキッチンペーパーで取れる汚れ等は事前に落としておくことが効果的です。また、あまり汚れていない食器から順番に洗うことで、洗っている時の洗浄力の低下を抑制できます。

<台所用・食器用固形石鹸>

  • 特徴・メリット:石鹸系液体洗剤と共通するものも多いですが、固形の方が洗浄成分が多い(水で薄められていない)ので、汚れが落ちやすい点があります。ミヨシ、シャボン玉等から固形タイプの台所用石鹸が発売されています。
  • デメリット:石鹸系液体洗剤のデメリットに加えて、石鹸の崩れや、取り扱いの便利さ・手軽さに欠ける点があります(スポンジに擦り付けて泡立てる必要があります)。少し肌への負担は増してしまいますが、ケイ酸塩や炭酸塩を配合した石鹸を使うことで洗浄力が高まり、滑りにくくなったりぬるつきもより落ちやすくなります。
  • 上手な使い方:液体洗剤と大半は同じですが、冬などの水温が低いときは、泡立てるときにお湯を使ってあげることで、より手軽に泡立てることができます。
  • 以上、3つのタイプにつき説明しましたが、いかがでしょうか?手荒れに気を使う方の多くはゴム手袋を利用していると思いますし、その方法で問題なければ洗浄力を重視した合成洗剤を使うことが合理的です。一方、ゴム手袋をするのが面倒だったり、ゴム手袋をしていても手が荒れてしまうという場合には石鹸系の洗剤を検討するのが良いと思います。また、合成洗剤タイプでも、人により手荒れするものとしないものがあるようなので、比較しつつ自分に最適なものを選んでいただければと思います。


2. 食器用洗剤の弱酸性・中性・弱アルカリ性の違い

食器用洗剤、特に合成洗剤に関して、「○○性」と書かれていることがありますが、その意味について、簡単に説明します。

  • 昔は、野菜や果物に付着した汚れや回虫の卵を落とす必要があり、それを食器洗い洗剤で行っていたため、中性のものが多かったようです(食品衛生法で、野菜や果物を洗うには中性であることが必要とされています)。一方で、近年では、生産管理体制も向上しており、そういった必要がなくなったため、中性にこだわる必要が低下し、弱酸性や弱アルカリ性にすることで、他の特性を持たせ、消費者に訴求するという流れになっています。
  • 汚れの多くは酸性であり、一般的にはアルカリ性の洗剤の方が洗浄力はアップします。そのため、しつこい油汚れ等に対するより強い洗浄力を求める消費者向けに弱アルカリ性の洗剤が開発されてきました。一方、肌は弱酸性なので、できれば同じ弱酸性の洗剤の方が皮脂も落としにくく、肌に優しいと言えます。そのため、弱酸性に保つことで肌への負担を軽減し、それでも十分な洗浄力を維持できるような洗浄成分を開発・導入した商品が現在並んでいる弱酸性の洗剤になります。
  • もちろん、現在でも中性の洗剤はたくさんあります。ですので、洗剤を選ぶ上では、どのような機能を洗剤に求めるのか(とにかく洗浄力が第一なのかどうか)、どういった使い方をするのか(ゴム手袋をはめるかどうか)、肌は強い方か弱い方か、等を総合的に判断して決められることをご推奨します。

3. 通販で上手に買うための留意点

食器用洗剤の価格は単品で100円強〜と、まとめ買いをして送料を無料にするには価格帯が低いです。そのため、基本的には他の生活必需品と合わせて購入することが必要になるでしょう。水やティッシュ、トイレットペーパー等比較的頻繁に購入される消耗品と合わせてこまめに購入されることをお勧めします。

また、詰め替えタイプや業務用の大容量タイプは通常のパッケージと比較して大幅に割安な場合もあるので、ご自身に合ったものが見つかった際はそういったタイプのものを購入されると良いでしょう。使用頻度にもよりますが、減りの早い商品であり、無いと困るものですので、個数・容量は、保管場所がある範囲で多めに購入しておくと良いと思います。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

食器洗い・台所洗剤でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら11.9%安いヨドバシカメラ。一方幅広く選ぶなら692商品を扱う爽快ドラッグです。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

591

-3.6%

爽快ドラッグ

692

-3.2%

ケンコーコム

648

0.4%

イトーヨーカドー

237

-5%

ヨドバシカメラ

471

11.9%

LOHACO(ロハコ)

307

-1.6%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

142

-3.9%

Amazonパントリー

202

7.1%

ロフト

22

-14.1%


食器洗い・台所洗剤 人気トップ10商品

食器洗い・台所洗剤人気ランキング1位は"キュキュット クリア除菌 詰替 1.38L"で、人気スコアが98点。レビューも高く、多くの通販ユーザーに見られている、おすすめの人気商品です。

食器洗い・台所洗剤の特集記事

食器洗い・台所洗剤の周辺を探す

食器洗い・台所洗剤の関連カテゴリ



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。