安い 安い・激安のノンアルコール飲料

人気順にもっと見る

ノンアルコール飲料全295商品の価格を、1lあたり安い方から並べて紹介。 激安No.1商品は「日本ビール 龍馬1865×6缶」の¥2629/個で、あなたがいつも買っている商品より安いかも!?
スマートショッピングでは甘酒ノンアルコールカクテルといったジャンルの品揃えはもちろん、ドライゼロプラス糀といった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック。

ノンアルコール飲料のサブカテゴリ

ノンアルコール飲料のブランド

関連キーワード

「ノンアルコール飲料」カテゴリの新着口コミ

最近健康や美容にいいとTVでよく見かけるので、試しに購入してみました。クセのないさっぱりとした味わいでとても飲みやすいです。ストレートでそのまま飲めます。

1いいね

もぉ何回もリピしてます。 商品は今更⁉️って感想を言うのもおこがましいくらい美味しいし、ショップの対応も良し❗️ 本当に大好きです。 飲んでない人に教えたい!

丁寧な梱包して頂き有難うございます。 楽しみにしていたので、明日のひな祭りに子どもに飲ませてあげようと思います。タイミングも丁度だったので助かりました。

賞味期限が長くて買い置きに便利です。小分けされていて使いやすい。

とてもお買い得でした またよろしくお願いします

そろそろ 暑い日が出てきて 外の仕事終わりに 直ぐにビールとは出来ない時に 一本 プシューと ほぼビールテイストとかわらないので いつも 冷蔵庫に入ってます。 後 ビールを飲んで まだ飲みたいなっていうときに ノンアルで 。

紙カップとプラスチックの蓋なので、ゴミが捨てやすい。酒粕オンリーの甘酒が、あまりないので、嬉しいです

グレープフルーツのほろにがい味と香りが食前酒代わりになります。清涼感があり、サラダや白身魚との相性が良いです。 食事を通して相性の悪い場面はなく万能です。 カロリーオフなので運動後にグビグビ飲めるのも嬉しいです。

久しぶりにノンアルコールチューハイのグレープフルーツ味が飲みたくなり注文しました。まだ届いてきてませんが、今から楽しみに待ちたいと思ってます。あと届いてきたら、真っ先に冷蔵庫へ入れて飲みたいです。

一番レモンがうまいよね。どんな食事にも合うのでよく買っています。とくに肉料理なんかの脂っこい食事に合います。お気に入りはステーキとの相性ですね。

ノンアルコール飲料を安く買うために

ノンアルコール飲料

ノンアルコール飲料は、アルコールを取れない時に活躍するドリンクで、大きくはビアテイストのノンアルコールビールと、カクテル・梅酒などのテイストのノンアルコール飲料に分かれます。これらw安く入手するために頭に入れておくべきポイントが2つあります。

商品タイプ別の平均相場

15年11月現在、平均的な1リットルあたり価格は、ビアテイスト飲料(ノンアルコールビール)だと約350円/l、ノンアルコールカクテルだと若干安くなって約330円/l、そのため350ml缶1本だと120円が平均的なラインになります。ノンアルコールワインだと1,500円/l、750mlボトルで1,100円程度。

まずは買う前にこの水準より上だと高い、下だと安いという目安にすると、高値掴みすることはなくなるでしょう。頻繁に飲むものなので、年間通じると結構な節約額になるはず。一度普段買っている値段をチェックしてみるのをお勧めします。

有名ブランドの最安値

CMでもおなじみのブランドが多数並びます。ノンアルコールビールの雄といえば、白い缶が印象的なサントリーのオールフリー、さすがに勝てないにしても一番ビールに近い味わいと評判です。最安値は1リットルあたり302円で、350ml缶だと106円/1本、500ml缶だと151円/1本から手に入れることができます。次は外見はまるでスーパードライ、アサヒのドライゼロ、ドライ感と泡立ちがビールそっくりとの声を多く聞きます。1lあたりの最安値は294円とオールフリーを下回り、350ml缶だと103円/1本、500ml缶だと147円/1本から買うことができます。不思議なことに、350mlでも500mlでもあまり1lあたり価格が変わらないので、小さめの350mlを買う方がお得です。ビールと同じ製法で作った後アルコールを抜いて製造しているドイツ産のヴェリタスブロイも根強い人気です。クオリティだけでなくお財布にも優しく1lあたりの値段は278円/lと、なんと330ml缶が92円という格安っぷりでおすすめです。

ノンアルカクテルだと、「のんある気分」が306円/lで350ml缶が107円/1本で、カシス・ジンライム・ソルティドッグなどバラエティ豊かな味を楽しめます。ウメッシュのノンアルコールは若干高くて373円/lで350ml缶が370円ですが、あの梅の濃厚な味わいをアルコール抜きで楽しむことができます。ブランドなんて気にしないぜ、とにかく安いものが欲しい、という方には、サンガリアのチューハイテイストがなんと184円/lで相場の約半額、350ml缶が65円という爆安っぷりを見せています。サンガリアのカクテルテイストも350ml缶が80円ほどで強烈な安さです。また、とにかく安いビアテイストであれば、合同酒精のノンアルタイムが350ml缶で89円/本とヴェリタスブロイすらくぐるお値段をつけているため、おすすめです。皆さんがいつも飲んでいるあの商品はいくらでしょうか?最新情報は目当ての商品の詳細ページにてご確認あれ!

ノンアルコール飲料通販で賢い買い方

ノンアルコール飲料

ノンルコール飲料はアルコールが含まれない、もしくはアルコール1%未満のアルコールを含むアルコールテイストの飲料。「車で外出したとき」など、アルコールを摂取できない時に飲むドリンク。お酒を飲める人は車を運転することがある場合、お酒を飲めない人は場の雰囲気を壊さないなどのために飲みます。飲酒運転の罰則が厳しくなって以来、急速に飲まれるようになり、今では運転する人だけでなく、妊娠中の方、昼間からスッキリとリフレッシュしたいときなど、いろんなシーンで飲まれるようになりました。どんな食事にでもよく合うあっさりとした炭酸として毎日飲む人もいるようです。

また特に女性に人気がありますドリンクで、理由は以下2つになります。

  • ノンアルコール飲料は睡眠の質をあげて、リラックスさせてくれる効果があると言われています。
  • ビールがアルコールが入っており睡眠の質を下げるのに対してノンアルコール飲料は主要成分の神経を落ち着かせる成分のGABAが入っているためです。

  • ダイエットに向いている
  • ビールが350ml1缶あたり150kcalに対し、ノンアルコール飲料は60kcal以下のものがおおい。中には0kcalのものもあります。またビールには食欲増進作用があるのに対し、ノンアルコール飲料はほぼアルコールが入っていないので、食べ過ぎにもなりにくいといわれています。

1. 完全ノンアルコール vs 微アルコール

アルコール1%未満ふくまれているのにノンアルコール飲料といわれています。法律改正によって飲酒運転への罰則が強化されたことにより話題になりました。ただ1%未満のアルコールが含まれるものもあるので、多量に飲むと飲酒運転となる可能性があるので注意が必要でした。

  • 最近では国産品は、完全にアルコールがゼロになっている商品が主流になってきています。ノンアルコール飲料も微量含まれているものを大量に飲んでしまうと飲酒運転と判定される恐れがあります。そんな心配を微塵もしたくない方は、アルコール含有量が0.00%のものを選びましょう。国産だとドライゼロ、のどごし生、オールフリーが人気です、取り扱い商品数が多いのはAmazon、ノンルコールを通販で安く買いたいならロハコがおすすめです。(2015年12月5日現在)
  • 輸入物だと、0.4%-0.9%という微量のアルコールが含まれているものが多いです。これはアルコールを除去することよりも、モルトの風味やホップ感、苦味などの味を重視しているためです。ノンアルとは言えども、ちょっとでも美味しいものをという方にはオススメです。ドイツのクラウスターラー、オーストラリアのブローリーなどが人気です。

2. 健康に配慮したノンアルコール飲料

アルコールがゼロなだけでなく、ヘルシー志向を反映してカロリーまで合わせてゼロの商品も急増しています。それをもう一歩進めた「機能性表示食品」「トクホ」対象のアイテムまで発売されました。

  • キリンの「パーフェクトフリー」は、機能性表示食品制度を利用した機能性飲料。ノンアルコールであることに加え、脂肪・糖分を吸収しにくくする、健康にいい機能があります。黒烏龍茶のように油物を食べながら飲むと脂肪がつきにくい飲料です。もちろんアルコール含有量は0.00%。
  • サッポロの「サッポロ+(サッポロプラス)」は、特定保健用食品で、食事中の糖の吸収をゆるやかにすることで、食後の血糖値上昇を抑えてくれます。血糖や中性脂肪が気になる方には注目の1本です。
  • サントリーの「オールフリー」は、アルコール分ゼロ、カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロ。とことん体に悪いものをゼロにすることに追求した商品です。
酒税がかからないという背景もあって、飲料メーカーも次々と最新技術を投入して新商品を出して活気がある状況です。アルコール分がないだけじゃない、特別な機能を持つ商品が今後も出てくるでしょう。味以外にも、ダイエットなどの目的があるのであれば、商品を選ぶ際には是非考えたいポイントです。

3. ノンアルコールジャンルの拡大

元々ノンアルコール飲料にはビールテイストのものが多かったのですが、ノンアルコールワイン、日本酒など近年種類が増えてきています。
  • カクテル・酎ハイテイストのノンアルコールカクテル。のんある気分・ゼロカクなどが有名
  • 梅酒テイスト。チョーヤの酔わないウメッシュが定番
  • ワインテイスト・スパークリング。私の休日が代表ブランド
  • 純米酒テイスト、ノンアルコール焼酎など
お酒で存在するジャンルには全てノンアルコール商品が作られてきていて、自分の好みの味を簡単に探し出すことができるようになりました。ノンアルコールワインの中にはモンドセレクション受賞するなど本格派?の商品も登場しています。いずれにせよ種類が多いので、普段飲んで好きなアルコールのノンアルコールバージョンが簡単に見つかるようになりました。

4. 通販で送料無料にするためのコツ

ノンアルコール飲料の平均単価は2,000円近くと高いため、それだけで送料を気にする必要は低いかもしれません。特に24本以上で買うことをルールにしてしまえば悩むことはないでしょう。筆者もビールは玄関のドアの前に置いたりしてスペースを確保しつつ、必ず24本で買うようにしています。

それでも飲む量が少ない人にとっては6缶入りで買わなければならない場合もあるでしょう。そういう場合は、通常時に飲むビールとセットで買う、おつまみであるスルメイカやチップス類と一緒に買うなどの工夫をしてみましょう。

一部の商品では送料とは別に、重量手数料・特別配送料で300円ほどを追加徴収されることもありますので注意が必要です。スマートショッピングでは特別配送料なども加味して価格比較しているので安心してお使いください。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

ノンアルコール飲料でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら75.1%安いたのめーる。一方幅広く選ぶなら189商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

189

-2.2%

イトーヨーカドー

14

6%

楽天西友ネットスーパー

47

33.6%

LOHACO(ロハコ)

136

-15.9%

Amazonパントリー

53

14.2%

楽天24

85

1.3%

たのめーる

7

75.1%

ノンアルコール飲料の特集記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。