安い 安い・激安のラップ・ホイル

人気順にもっと見る

ラップ・ホイル 415商品を、1mあたり安い順に紹介。 激安No.1商品は「日立 化成 ラップ ビューカッター 詰め替え用 30cm×110m 1箱 30本 」の¥0.09/m、9.6/箱で、あなたがいつも買っている商品より安いかも!?
スマートショッピングでは台所用ラップアルミホイルといったジャンルの品揃えはもちろん、三菱アルミニウム日立といった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較もチェックしてみて。

ラップ・ホイル のサブカテゴリ

ラップ・ホイル のブランド

関連キーワード

「ラップ・ホイル 」カテゴリの新着口コミ

よく見ずに購入したため、透明と思っていたが半透明だった。 そんなこだわりがあるわけではないし、100均より安く買えたので問題なし。

普通に王道の商品。 小さい物を小分けして使うのに非常に便利です。 こちらのショップさんは毎回いろんなものを 購入しているので安心して注文しています。

下手に安いその辺のサランラップより断然使い勝手も質もしっかりしてていい、まとめ買いのためか届くまで少し日にちがかかったがそこそこ満足。

サランラップ、クレラップ等の高価格帯ラップを除いて、色々と使いましたがこのラップが品質は一番良い気がします。

あと500文字入力できます。あと20文字入力してください 写真投稿(任意) 下記、タグ内容から適切なものを選んで投稿お願いします(画像は最大6枚まで添付できます) 写真を投稿する ※画像を投稿するとお買い物レビュースコアが付与されます。 1つの商品レビューに対して複数枚の画像投稿をした場合でも、最大30点となります。 ※ファイル形式はjpg・jpeg・pngの画像を最大6枚まで添付できます。最大20.0 MBまで可能です。 ※画像の縦横の大きさは5,000ピクセルまで可能です。 ※パスワードのかかったファイルは添付できません。 ※一度投稿した画像の編集はできません。 投稿した写真について タイトル(任意)

他のサイトっ見たら ブルーではなくレッドがありました。 値段的には ちょっと高いけど 今度 購入してみたいと思います。

もうずっとリピートして使っています。 ジッ○ロックよりも作りがしっかりしていて、 液状のものを入れても安心です。 デザインがもっと可愛いといいなー...とデザイン性で-☆1

ラップはやっぱりクレラップが使いやすい。指で押さえたところでキッチリとカットできるのでストレスなく使えています。 すごくこだわって作っているんだろうなと思わずにはいられない。

ラップ自体丈夫なかんじかする 皿などにくっつきやすく簡単に切れる 使い慣れてるせいか他のラップは使えない

子供が野球にもっていくのでおにぎりシートを。これならノリがパリッと食べられます。ただ開けるときにぐちゃぐちゃにあけてしまいます。。。

ラップ・ホイル 通販で賢い買い方

ラップ・ホイル

キッチンには、ラップ、アルミホイル、クッキングペーパー、クッキングシート、キッチンペーパー(キッチンタオル)、等々さまざまなアイテムがあり、皆さんも必要に応じて使い分けていると思います。ですが、同じように見えるサランラップにも色々な種類があったり、アルミホイルやクッキングペーパー、クッキングシート等をどう使い分けるか、クッキングペーパー、クッキングシート、キッチンペーパーの違い等々、気になる点や知っておくと役に立つことがあると思います。今回はそういった点をご紹介したいと思います。


1. ラップの選び方・使い方

サランラップ、クレラップ、ポリラップ、○○ラップ等の商品名で売られているラップ製品は、どれも一緒のように見え、大した差はないように感じませんか?筆者自身もあまり何も考えず、足らなくなった時に売っているものを買うというスタンスでした。ちなみに、筆者を含め、ラップのことを「サランラップ」と呼ぶ方が多いと思いますが、サランラップは米国のダウケミカル(日本は旭化成)の商品名(登録商標)であり、全体を指すものではありません。クレラップもクレハの登録商標です。

しかしながら、ラップは商品により材質が異なり、用途によって向き不向きがあったり、ラップのカッターが紙か金属製かで使い勝手が違ってきます。ですので、普段何気なく選んでいるラップですが、商品の特徴を理解した上で、ご自身に合った商品を選ぶことで、より便利で効果的な使い方ができると思います。

<素材の違いと選び方>

*以下、価格は30cm×20mの商品の価格です(同サイズが無い場合は非掲載)。

【ポリ塩化ビニリデン】
  • 代表的な商品(価格):サランラップ(140円)、クレラップ(147円)
  • 特徴・適した用途:上記の定番商品の2つはこちらを使用しており、普及率が高いです。最大の特徴としては、酸素や水蒸気を最も通しにくい素材であり、酸化・乾燥から食品を守り鮮度を保つ機能は一番高いです。また、十分な耐熱性があるほか、密着性が高く匂い移りも起こしにくいです。生鮮食品の保存、電子レンジでの利用に適しています。さらに、粘着性が高く、どなたでも簡単にラップができます。
  • 留意点:使い勝手は良いですが、最も割高です。また、塩素系素材であり、ダイオキシン発生の原因になります。
【ポリ塩化ビニール】
  • 代表的な商品:日立ラップ(117円)、リケンNewラップ
  • 特徴・適した用途:気体・水蒸気は通りやすいですが、伸縮性・粘着性・カット性が高いため、扱いやすいです。耐熱性も十分にあるため、電子レンジで使うのに向いています。使いやすさがあり、かつ値段も安いので、飲食店が業務用として用いることが多いようです。
  • 留意点:こちらも塩素系素材になり環境面で良いとは言えません。
【ポリオレフィン(多層構造型)】
  • 代表的な商品:ビューラップ5(88円)
  • 特徴・適した用途:非塩素系で環境に優しく、複数枚構造になっていることでポリエチレン製のデメリットである機密性や耐熱性をカバーしています。そのため、電子レンジ使用に向いています。また、多層構造により、切りやすいので扱いやすいです。
  • 留意点:市販の商品ではあまり商品数がなく、欲しくても売っていない場合が多いです。
【ポリエチレン】
  • 代表的な商品:リケンハイラップ(79円)、ポリラップ(80円)、環境思いエコノミー
  • 特徴・適した用途:非塩素系で環境に優しく、また価格も最も安い素材です。一方、デメリットもあり、使用は冷蔵庫や冷凍庫での保存に向いています。
  • 留意点:性能面では、粘着性が小さく容器を包みにくい点、機密性が低い点がデメリットになります。また、切りにくいという難点もあります。ただし、最近は研究開発が盛んに行われており、使いにくさは改善しつつあります。

上記の通り大きく4種類あり、それぞれに特徴があります。おそらく、このラップは付きが悪くて切りにくい、といった経験はあると思いますが、それはポリエチレン製を使っていた可能性が高いです。ただし、必ずしもポリエチエレン製が悪いというわけではなく、むしろ環境に優しく、価格も安いので、冷蔵庫保存用等が多い場合には、ポリエチレンを使うのが望ましいと言えます。実際、飲食店の方の多くは、レンジ用、冷蔵・冷凍保存でラップを使い分けているようです。

また、使いやすさという点では、切りやすさも重要な点だと思いますので、商品が紙製のカッターなのか、プラスチック・金属製のカッターなのかを見る習慣をつけていただくと良いと思います。一般的には、塩素系のラップはしっかりしているので、切れ味の良いプラスチック・金属製が、非塩素系は切れ味はよくない一方でゴミを捨てるときそのまま捨てられる紙タイプであることが多いです。ぜひ、ご自身の用途にあったラップを見つけてくださいね。


2. その他アイテムの違いと使い分け

ラップ以外にも、アルミホイル、クッキングシート、クッキングペーパー、キッチンペーパー(タオル)がありますが、これらの違いと使い方について解説したいと思います。

<アルミホイル>

  • こちらはみなさんご存知のアルミホイルです。オーブン利用の際や落としぶた、フライパンで焼き魚を作るとき、揚げ物の温め直し等、料理への利用の他にも、2〜3重に折ったものをハサミで切ることでキレをよくしたり、排水溝のぬめり取り(丸めて入れておくだけでOKです)等他の使い道もあります。
  • アルミホイルは、裏と表があり、光沢が違うので、悩まれる方も多いと思います。実は、製造工程上の理由によるもので、機能的にはどちら側を使っても全く違いはないことが、製造メーカー側からのコメントで明らかになっています。
  • また、近年では、フライパン調理用のホイルシートも販売されています。

<クッキングシート>

  • 半透明の紙のような素材のもので、耐熱性が高く、また、表面がテフロンもしくはシリコンでコーティングされているので、オーブンやフライパン料理で使います。商品名にクッキングシートという名称が用いられている場合は、このタイプになります。

<クッキングペーパー>

  • 紙でできていますが、厚みがあり、毛羽立っています。後述のキッチンペーパー(タオル)と比べて、より厚みがあり、ふわふわした感触です。用途は、油や水分の吸収で、キッチンペーパーと似ていますが、キッチンペーパーに比べても吸収力は高いです。
  • 定義が曖昧な部分があり、クッキングペーパーという名称で上述のクッキングシートを販売しているメーカーもありますので、ご注意ください。一方、クッキングペーパーと書いてあっても、後述のキッチンペーパーに近いタイプのものもあります。また、ここで書いているクッキングペーパーの場合には、くれぐれもオーブンやフライパンで使用をしないよう注意してください。

<キッチンペーパー(タオル)>

  • 油や水分の吸収と、クッキングペーパーと用途は似ていますが、さらに薄く、ふわふわ感もありません。分厚いティッシュペーパーといったところでしょうか。
  • また、キッチン周りの掃除や布巾がわりの使用にも適しています。

クッキングシート、クッキングペーパー、キッチンペーパーの定義はあいまいな場合が多く、箱を開けてみて思っていたものと違う、ということもありえます。そのため、フライパンやオーブンで使う際には、クッキングシートという名称が付いているものを選ぶと無難でしょう。


3. 通販で上手に買うための留意点

ラップやアルミホイル、クッキングシート・ペーパー等、ご紹介した商品は意外に減りが早い一方で、ロールタイプのため減っていることに気づきにくい製品です。500円以内で買えるものが多く、単品や2~3個買っても送料は無料になりませんが、各種類を2個ずつ買うような買い方にするとか、他の商品を通販で買う時にストックがないものは一通りストックを揃える、等の買い方をすることで、送料を無料にしつつ、突然無くなってしまって困るという状況を回避することをお勧めします。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

ラップ・ホイル でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら56.8%安いcainz。一方幅広く選ぶなら329商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

329

-2.3%

イトーヨーカドー

12

29%

楽天西友ネットスーパー

43

19.5%

ヨドバシカメラ

29

26.5%

LOHACO(ロハコ)

77

-94%

Amazonパントリー

65

19%

ロフト

6

-17.7%

cainz

13

56.8%

DCMオンライン

80

-37.5%

ビックカメラ

33

6.6%

ジョーシンweb

46

21.8%

楽天24

164

21%

コジマ

74

38.9%

ヤマダ電機

33

23.9%

エディオン

6

10.9%

ソフマップ

14

9.2%

たのめーる

36

51%

ラップ・ホイル の特集記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。