【イタリア料理研究家に聞いた!】パスタ鉄板おすすめ人気ランキング10選

【イタリア料理研究家に聞いた!】パスタ鉄板おすすめ人気ランキング10選

パスタ

ご協力いただいた専門家

イタリア家庭料理研究家:前澤 由希子

JSA認定ソムリエ。結婚後、単身イタリアへ留学し、現地の料理学校の他、家庭の主婦やリストランテのシェフからイタリア各地の郷土料理を学ぶ。帰国後、都内のトラットリアで修業し、船橋市の自宅でイタリア料理教室CiaoBambinaを開講。家庭でも簡単に作れる素朴なイタリア料理、体にやさしいイタリア料理をモットーに現地のマンマの味を発信中。雑誌での連載や、テレビの料理コーナー出演などメディアでも仕事の幅を広げるかたわら、イタリアに留学後も毎年子連れでイタリアは北から南、小さい村まで訪れて料理修行を続けながらマンマが作るパスタを食べ歩いています。


この記事を書いた人

子供から大人まで、世界中の人に愛され続けるパスタ。その種類は無限大で、その日の気分によって味付けが変えられるので食卓への出番多し!そんなパスタをアレンジにアレンジを重ねて長年作り続けているうちに、気づけば50以上ものレシピを取得!

日本人は昔からそばうどんといった麺類を生み出し、こよなく愛してきた国民です。その後、ラーメンが日本中で流行るようになり、ほかにも西洋から輸入されてきたパスタも国民的に人気の食品の一つとなりました。

代官山などのおしゃれなエリアでは、本場イタリアの味を堪能できるコスパの良いメニューも豊富なため、ランチタイムは特に混み合います。また、自宅ではお好みの料理ソースを用いてアレンジをすることによって無限大の味付けを楽しめるでしょう。このような理由から、特にパスタは近年注目されることが多いです。

比較的安く買えるものが多く、素人でも調理しやすいので、気軽に家庭でパスタを味わっている方も多いでしょう。また、パスタといえばいろいろな種類があることで知られています。こちらではパスタにどのような種類があるのか、どのくらいのカロリーが含まれているのかを説明します。

さらに今回は、イタリア家庭料理研究家の前澤さんからパスタのことについて詳しくお聞きしました。
おすすめパスタの紹介も!

パスタのことをもっと深く知って、より楽しいお食事タイムを過ごしましょう。

最終更新日:   閲覧数:578

【イタリア家庭料理研究家】前澤 由希子さんに聞きました!

日本でも大人気のパスタ。

実際お店に行くと様々な種類のパスタがあって、どれを選んでいいのか悩みますよね。

今回はパスタについて、イタリア家庭料理研究家の「前澤 由希子」さんにパスタについてコメントをいただきました!


イタリア家庭料理研究家 前澤 由希子

イタリア家庭料理研究家:前澤 由希子

JSA認定ソムリエ。 結婚後、単身イタリアへ留学し、現地の料理学校の他、家庭の主婦や、リストランテのシェフからイタリア各地の郷土料理を学ぶ。 帰国後、都内のトラットリアで修業し、船橋市の自宅でイタリア料理教室CiaoBambinaを開講。 家庭でも簡単に作れる素朴なイタリア料理、体にやさしいイタリア料理をモットーに現地のマンマの味を発信中。 雑誌での連載や、テレビの料理コーナー出演などメディアでも仕事の幅を広げるかたわら、イタリアに留学後も毎年子連れでイタリアは北から南、小さい村まで訪れて料理修行を続けながらマンマが作るパスタを食べ歩いています。


それでは早速、パスタについて前澤さんのコメントとともに見ていきましょう!

【料理研究家からのアドバイスも!】パスタにはどんな種類があるの?

パスタが好きな方は多いでしょうが、そもそもパスタの細かい種類をすべて把握している人はなかなかいないでしょう。パスタというのは総称であり、その中にはさまざまな種類が存在しています。パスタには形や長さ違いで数多く種類があり、細かく分類するとその数はなんと500種以上。その中でも特になじみのある種類を取り上げていきます。

パスタの種類

ロングパスタ

スパゲッティ

ロングパスタは長さが25cmくらいのもので、棒状でロングにカットしてあるパスタのことです。こちらは、日本で最も馴染み深いパスタといえるでしょう。その中でも、一般的なのはスパゲッティで、太さや長さに違いがあります

太いものは濃厚なソースとの相性が良く、細いものは軽めな味付けのソースと相性が良いでしょう。ソースによって使い分けることをおすすめします。ロングパスタには、ほかにもバーミセリ-やフィットチーネタリアッテレ、ロングマカロニなどがあります。

ショートパスタ

ショートパスタ

ショートパスタは、文字通り短くカットされたパスタのことです。マカロニが最も一般的なショートパスタといえるでしょう。グラタンやサラダの中に入っていることが多く、濃いソースとの相性が抜群です。

ペンネ

ペンネ

先がペンのように斜めにカットしてあるペンネは、ソースが絡みやすいのが特徴です。中でもペンネ・リガーテは表面には細かい溝があり、よりソースが絡みやすくなっているためよく使われます。

また、パスタの調理方法による分類もあります。パスタアルフォルノはオーブンで焼いて調理されたもの、パスタインブロードは茹で上げたもの、パスタアシュッタは水気を切ったパスタのことです。

パスタには乾燥したものと生のものがあり、乾燥させたものは長期保存が可能で、市販されているパスタのほとんどは乾燥パスタです。乾麺にはないモチっとした食感の生パスタは、小麦粉に卵・塩・水を練りこんだ生地を熱を加えずに作られます。

生パスタ

このように、パスタにはさまざまな種類が存在し、ピンからキリまで分類するとかなりの数になってくるので、せめて代表的なパスタの種類だけは知っておきたいものです。

由希子's アドバイス

t前澤由希子さんプロフ
前澤 由希子さん

イタリアのスーパーの中でパスタ売り場の占める面積は相当なもの。

あまりの広さに最初は驚きました。様々な種類のパスタが色とりどりのパッケージで並んでいる様子は圧巻です。

小規模なこだわりの工房が作ったものから、さまざまな大手メーカー、小規模なメーカー様々な商品が並んでいますが、その中でもバリラとディチェコの売り場を占める割合はかなりのもの。

値段と美味しさのバランスから、バリラとディチェコはイタリアでも人気です。

しっかりとしたコシと弾力があり、どんなソースも美味しく仕上げてくれます。

どちらを選ぶかは好みなので一度両方を食べくらべてお気に入りをみつけてみてください。

【料理研究家に聞いた!】パスタの形状について

パスタにはどんな形状のものが定番なのか、どんな形状のパスタがおすすめなのか気になるところ。

そんな気になるパスタの形状について、イタリア家庭料理研究家の「前澤 由希子」さんにお話をお聞きしました!

パスタの形状 | どんなものが定番?

パスタの形状 画像
t前澤由希子さんプロフ
前澤 由希子さん

昔から、蕎麦やうどんといった麺文化がある日本ではやはりロングのスパゲッティが一番愛されているように思いますが、実はイタリアではショートパスタもかなりよく使います。

カルボナーラの本場、ローマでは実はショートパスタのリガトーニでカルボナーラをいただくことが多いんです。

ショートパスタの穴の中に入り込んだソースは口の中でパスタとソースの一体感を感じさせてくれます。

また、濃厚でしっかりとしたソースには2mmくらいの太いスパゲッティやタリアテッレなどにあわせるのが定番ですが、お客様のときなどには伸びにくい形状のショートパスタでお出した方が伸びることを気にせずにゆっくりとおしゃべりを楽しみながら食事が出来るので好まれます。

たまにはいつもスパゲッティで食べているソースをショートパスタに換えてみるだけで気分が変わって新しい発見があるかもしれないですね。

【料理研究家が教える!】パスタはどれくらいのカロリー?

パスタのカロリーは、ロングパスタのスパゲッティ100gあたり350〜400Kcalくらいとなっています。これは乾麺のときのカロリーであり、実際には茹でることによって重さは250gくらいになり、基本的な1食分の量です。

カロリー

それではスパゲッティのカロリーをほかの麺類と比較してみましょう。一食分あたりのカロリーだと、うどんは240kcalくらい、そうめんは380kcalくらい、ラーメンは340kcalくらい、そばは290kcalくらいです。以上のことから、パスタのカロリーは比較的高い方といえるでしょう。

パスタを食べるときにはいろいろな調理方法があり、それぞれカロリーがかなり異なってきます。カルボナーラは700kcalくらい、ミートソースは680kcalくらい、ナポリタンは670kcalくらいです。ペペロンチーノは520kcalくらいであり、和風パスタは500kcalくらいとなっています。このように、メニューによってかなりカロリーが変わってくるので注意しましょう。

カルボナーラ

基本的にクリーム系のパスタで、チーズが使われていたり、こってりとした味付けのものはカロリーが高くなりやすいです。逆にあっさりとした味付けとなっている和風パスタは、それほどカロリーは高くありません。

パスタといえばスパゲッティだけではなくグラタンもあります。具材の種類にもよりますが、マカロニグラタンはだいたい500〜600kcalくらいです。トマトクリームやたっぷりのチーズとホワイトソースを使うことから、カロリーは高くなりやすいです。

それではダイエットのためにパスタを食べるときには、どのような点に注意するべきでしょうか。まずは栄養不足にならないように、いろいろな具材を入れた方が良いです。不足していると別のメニューを食べる必要があるため、結果的に摂取カロリーが高くなってしまう恐れも。

食材いろいろ

味付けは、カロリーの高いものを避けるようにして、塩分は控えめに薄味にすることを心がけましょう。これらの点に気をつければ、ダイエット中でもおいしくパスタを食べることができます。

由希子's アドバイス

t前澤由希子さんプロフ
前澤 由希子さん

パスタのカロリーはけして低くはありませんが、チーズや肉類ソースを合わせれば体に必要なタンパク質もしっかり取れて健康的です。

健康ブームが高まっている昨今では全粒粉で作られたパスタなども多く出ていますし、イタリアでもグルテンフリーのパスタが流行って店頭にたくさん並んでいます。

日本では低糖質のパスタなどもひそかなブームですから、カロリーは気にせず、いろんな観点からご自分にあったパスタを選んでみるのも楽しいかもしれません。

いろんな観点からパスタを選ぶことが出来る選択肢が増えたのも日本にパスタが根付いている証拠ですね。

【料理研究家がレクチャー!】パスタをおいしく茹でるときのポイントは?

せっかくパスタを食べるなら、おいしく食べたいですよね。

そこで、おいしくパスタ茹でるコツを前澤さんに聞いてみました!

おいしくパスタを茹でるコツ

女の子 ポイント 画像
t前澤由希子さんプロフ
前澤 由希子さん

必ずお湯の量に対して1%の塩を入れて茹で上げましょう。

パスタとソース、どちらも単体で食べて美味しいと思える塩加減に仕上げることが美味しさのポイントです。

イタリア人はタイマーなんてかけずに茹でるのがすごいところ。

袋の茹で時間など気にせず、1本食べてそれぞれが好みの硬さに茹で上げます。

おしゃべりが大好きなイタリア人のこと、実はたまにおしゃべりが過ぎて茹ですぎてしまうこともあるのはご愛嬌。

【料理研究家が選んだ!】おすすめのパスタ3選

最後に前澤さんにおすすめのパスタを3商品紹介していただきました!

しっかりしたコシと弾力でアルデンテに!

t前澤由希子さんプロフ
前澤 由希子さん

1.7mmというサイズが使い勝手がよく、オイル系、クリーム系、何にでもあわせやすいのでソースを選ばずに使えます。

しっかりしたコシと弾力でアルデンテに茹で上がります。

大容量に思えますが、どんなソースにも使えるので登場頻度が高く、意外とすぐに消費できてしまいます。

これだけ量があるといつでもガッツリとパスタを食べることが出来て、家にあると非常食としても安心するパスタです。

全粒粉らしい粉の風味がおいしいパスタ

t前澤由希子さんプロフ
前澤 由希子さん

健康志向の方にお薦めなのがオーガニックの全粒粉を使ったパスタ。

栄養価が高く食物繊維が豊富で独特のザラっとした食感に全粒粉らしい粉の風味が美味しいパスタです。

小麦粉を丸ごと味わえる素朴なパスタはどんなソースともよく合いますが、特に和風パスタなどに相性が良いです。

独特の風味で味わい深い一皿となります。

ナポリっ子たちがこよなく愛するパスタ

t前澤由希子さんプロフ
前澤 由希子さん

ミックスパスタが日本で買えるようになって嬉しいです。

パスタの本場ナポリではこのミックスパスタをよく使うのです。

普通にパスタとして使うほか、スープパスタにしたり、グラタンコロッケにしたり、ナポリっ子たちがこよなく愛するこのいろんな種類が混じったパスタは、個性があふれるイタリア人そのものです。

形状が違うため、茹で上がりが違うのが楽しいところ。

柔らかいのとアルデントとかむたびに違う味わいがあるのがこのパスタの魅力です。

一度ぜひお試しください。

パスタ鉄板おすすめ人気ランキング10選

99位: 昭和産業 食感を楽しむスパゲッティ 1.4mm 袋1kg

商品説明

デュラム小麦のセモリナを100%使用したスパゲティです。1.4mmの麺の太さと食感に合わせた超高温乾燥製法で、ぷりぷりとした食感に仕上げました。

ペペロンチーノや冷製スパゲッティ、スープスパゲッティなど、幅広いメニューをお楽しみいただけます。

商品詳細
  • 容量:300g・500g・1kg
  • 原材料名:デュラム小麦のセモリナ
  • 製造地:日本
  • 栄養成分(100gあたり):エネルギー:362kcal、たんぱく質:12g、脂質:2g、炭水化物:74g、食塩相当量:0g(日本食品標準成分表2015の計算による推定値)
レビュー: 4.60点/5点

全対象ショップのレビューは計4件、その平均は4.60点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.60点4件

88位: ブイトーニ No.71スパゲティーニプレミアム 1.6mm 5Kg

商品説明

「ブイトーニ No.71スパゲティーニプレミアム 」は、イタリアの本場トスカーナで生まれた180年以上の歴史があるブイトーニの人気サイズ1.6mmスパゲッティです。

テフロンダイス/高温短時間製法によって作られているため、ゆで上がり直後には圧倒的にコシが強く、また、ゆで伸びしにくくモチモチ感が長く持続するパスタに仕上がっています。

商品詳細
  • 商品重量:5.02 Kg
  • 商品タイプ:乾めん
  • 原産国名:イタリア
レビュー: 4.39点/5点

全対象ショップのレビューは計89件、その平均は4.36点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon4.30点47件
ケンコー4.76点21件
爽快ドラッグ4.10点21件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 大のパスタ好きで、パスタはイタリア産の色んなメーカーのものを食しましたが、私のお気に入りはこれです! アルデンテのもちっとした食感がたまりません!最近は、ブイトーニは、ネットでしか手に入らなくなりました。 パスタは、日常的に食しているので、すぐになくなってしまうので、私には5キロ買いがお得なんです! ただ、ネット最安値が、1700円ですので、価格面では若干お高いと言えます。 今回、他についでが有った為、購入しましたが、価格面でも、企業努力をお願いします! 非常に良いパスタですが、価格面で、良いの評価です。

77位: ディチェコ No.11 スパゲッティーニ 袋500g

商品説明

DECECCO(ディチェコ)はイタリアを代表するグルメパスタです。

イタリア産のデュラム小麦の中から選び抜かれた20~30種をブレンド、山々に囲まれ辿りついたベルデ川の良質な水を使用、100年以上続く伝統的な製法と3つのこだわりから生まれる美味しさをご堪能ください。

商品詳細
  • 容量:500g
  • 個包装サイズ:85×310×20mm
レビュー: 4.61点/5点

全対象ショップのレビューは計92件、その平均は4.67点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.69点81件
爽快ドラッグ4.74点4件
Amazonパントリー4.40点7件
外部ショップでの口コミ: 4件
  • 美味しいです。 私はこの№11がソースと絡んで一番いいと思います。
  • パスタはディチェコが一番おいしい! 茹で過ぎてしまってもコシや風味をあまり損なわない気がします。 他のお店より安いのでなくなると購入してます。
  • 以前パスタやで勤めていて、ランチにこのパスタつかってました。 家庭でも真似できるかな~
  • うちでは、ペペロンチーノ(オイル系)はバリラ。\nトマト、クリーム系はディチェコを使用。\nディチェコは表面にざらつきが有るのでソースが良く絡みます。

66位: ママー 早ゆで6分 太麺2.0mm 結束タイプ 袋 500g

商品説明

「早ゆで・スーパープロント製法」で作り上げた早ゆで太麺スパゲティです。風ぐるまの形をした麺の断面形状で、短いゆで時間とアルデンテ感のある味わいを両立!太麺ならではの食べ応えあるおいしさが楽しめます。

保存に便利なチャック付き結束タイプです。

商品詳細
  • 容量:500g
  • 個包装サイズ :165×345×20mm
レビュー: 3.50点/5点

全対象ショップのレビューは計3件、その平均は4.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
Amazonパントリー2.00点1件
Amazon5.00点2件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • ボロネーゼなどに合う太麺ってどうしても時間がかかる。これさえあればさっと食べられますね

55位: バリラ No3 スパゲティーニ 5Kg

商品説明

使いやすい1.4mm幅のスパゲッティが5kg入ったファミリーパック。業務用にも使える大容量サイズなので、大量にスパゲッティが必要なとき重宝します。

アルデンテに茹で上げればセモリナ粉の香りとモチモチした食感が最高で、ミートソースやトマトソース、クリーム系のソース、オイル系や和風など、どんな味付けにもよく合います。

商品詳細
  • 栄養成分(100gあたり)エネルギー:356kcal、たんぱく質:12.5g、脂質:1.5g、炭水化物:74.7g、ナトリウム:2.0mg
レビュー: 4.50点/5点

全対象ショップのレビューは計96件、その平均は4.20点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー4.69点16件
爽快ドラッグ4.70点1件
Amazon4.10点79件
外部ショップでの口コミ: 4件
  • パスタを食べることが多いので、このサイズは大変助かっています。バリラは素人でも上手くにゆでることができて、おいしいです。
  • 我が家はパスタの消費量が多く、また私がバリラの1.4mmが好きなので、5kgで販売されているのはとてもありがたいです。 実際に商品が届くと「すごい量だな」と思いますが、安心感があるので何度もリピートしてしまいます。
  • 色々なパスタを食べましたがこのシリーズがコスパ的に1番良かったです 太さは好みだと思いますが 麺のコシと喉越しと旨味がバランス良いです
  • ゆで時間5分なので手軽にパスタ料理ができます

44位: ディチェコ No10 フェデリーニ 横型 500g

商品説明

ディ・チェコのパスタは小麦本来の豊かな香りと味わい、そして心地よい歯応えを持ったアルデンテの食感を楽しむことができます。

本場イタリアではもちろん、日本でも一流と評されるレストランなどで使用されている本品をご家庭でお楽しみください。

商品詳細
  • 容量:500g
  • 個包装サイズ:85×310×20mm
レビュー: 4.45点/5点

全対象ショップのレビューは計14件、その平均は4.06点(5点満点)。レビュー数が充実しており、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
Amazon3.90点12件
LOHACO5.00点2件

33位: ディチェコ No.1ラザーニャ 500g

ライター評価

本場イタリアの味を自宅で味わえるラザニア用パスタ

商品説明

厳選した小麦と清流水で仕上げたディチェコ社のパスタは、シェフも信頼する逸品です。

製造において低温で長時間乾燥させており、茹で上げ時にはもちもちとした食感が楽しめます。

サイドが波型なので重ねたミートソースがはみ出しにくいです。

商品詳細
  • 容量:500g
  • 個包装サイズ:90×190×80mm
レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計1件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ5.00点1件
外部ショップでの口コミ: 1件
  • 本日、商品が届きました。 素早い対応、ありがとうがざいます。

22位: ラ・グランデ スパゲッティ(4kg)

ライター評価

ギリシャ産のデュラム小麦100%使用の高品質パスタ

商品説明

ギリシャ産のデュラム小麦を100%使用した、製粉から成型、梱包までを一貫製造した高品質のパスタです。

4kgの業務用サイズ。どんなレシピにも応用する定番の1.65mm。ゆで時間は9分です。

商品詳細
  • 商品重量:4.02 Kg
  • 特別用途食品:遺伝子組換えでない
  • 商品タイプ:乾めん
  • 容器の種類:パック
  • 原産国名:ギリシャ
レビュー: 5.00点/5点

全対象ショップのレビューは計7件、その平均は5.00点(5点満点)。

ショップ点数レビュー件数
ヨドバシ5.00点2件
爽快ドラッグ5.00点4件
Amazon5.00点1件

11位: ディチェコ リングィーネ No7 500g

ライター評価

モチモチとした食感で噛みごたえのあるパスタ

商品説明

イタリアの一流ホテルやレストランで使用されているディチェコは、水と小麦、製法にこだわったイタリアを代表するグルメパスタです。

リングィーネの断面は楕円形で麺が平たいので、ソースが上手くからみます。また、弾力があってモチモチとした食感が特長なので、濃厚なソースのパスタにおすすめです。

商品詳細
  • 作業時間:約10分:4~5人分
  • 麺タイプ:乾麺
  • ブランド:ディチェコ(DE CECCO)
  • 原産国:イタリア
  • 賞味期限:3年
  • 調理法:約10分茹でる
  • 内容量(g):500g
  • 保存方法:常温
  • 表示すべきアレルギー項目 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:小麦、乳
  • 原材料 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:デュラム小麦のセモリナ
  • 種類 ※お手元に届いた商品を必ずご確認ください:リングイネ
レビュー: 4.87点/5点

全対象ショップのレビューは計605件、その平均は4.74点(5点満点)。レビューが多く、レビュースコアも高い鉄板商品。

ショップ点数レビュー件数
ケンコー5.00点4件
爽快ドラッグ4.74点601件
外部ショップでの口コミ: 2件
  • 娘がパスタ好きで、この麺で朝、冷製パスタをたくさん作って会社に行く娘には弁当箱に入れて持たせています。私と下の娘は冷蔵庫でもっと冷やしてお昼に食べています。このパスタは気持ち固めに茹でて作ると冷製パスタにしても伸びた感が無くて美味しいです。夏は冷たいのが食べやすいので、朝作って昼はすぐ食べられて便利です。無くなったら又買います。
  • ディチェコは色々と揃えて、その時に合わせて使っていますが、No7は使い勝手が良いのでお気に入りです。

パスタ鉄板おすすめ人気ランキング10選の上位商品比較

  商品画像 商品名 最安価格 単位あたり価格 メーカー ブランド
1ディチェコ リングィーネ No7 500gディチェコ リングィーネ No7 500g¥234¥47/100gイタリア産ディチェコ
2ラ・グランデ スパゲッティ(4kg)ラ・グランデ スパゲッティ(4kg)¥1,032¥26/100g富永貿易ラ・グランデ
3ディチェコ No.1ラザーニャ 500gディチェコ No.1ラザーニャ 500g¥583¥117/100gイタリア産ディチェコ
4ディチェコ No10 フェデリーニ 横型 500gディチェコ No10 フェデリーニ 横型 500g¥236¥47/100g
¥236/個
イタリア産ディチェコ
5バリラ No3 スパゲティーニ 5Kgバリラ No3 スパゲティーニ 5Kg¥1,703¥34/100gイタリア産バリラ

パスタの関連ページ



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops