安い 安い・激安の除湿剤・乾燥剤

人気順にもっと見る

除湿剤・乾燥剤420商品を、1個あたり安い順に紹介。 最も安い商品は「ワイズ ズレにくい消臭棚敷きシート 40cm×360cm ホワイト 袋1巻」の¥0.01/個で、よく買う商品より安い可能性あり!?
スマートショッピングではクローゼット/押入れ用除湿剤・乾燥剤シリカゲルといったジャンルの品揃えはもちろん、ドライナウドライ&ドライUPといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較もチェックしてみて。

1位: ワイズ ズレにくい消臭棚敷きシート 40cm×360cm ホワイト 袋1巻

除湿剤・乾燥剤のサブカテゴリ

除湿剤・乾燥剤のブランド

「除湿剤・乾燥剤」カテゴリの新着口コミ

住所変更にも対応していただき送料も無料で信頼できまたお願いしたいと思います。

スーツの湿気を吸ってくれる優れ物。店舗で買いたくてもなかなか取扱いの店が見つからずネットで購入。背中部分の汗やニオイをとってくれますし、干して置けば元通り。繰り返し使えます。

非常に扱いやすい商品です、後は使用出来る期間だけです

ハンガーの様に掛けるだけで、邪魔になりません。店頭で見つけた時は、必ず買います。引越して1階の部屋になったので、除湿剤が欠かせません。欲を言えば、倍以上の大きさがあると、まんべんなく除湿が出来るのでは?と、思いました。

梅雨の時期にたくさん購入しました。たくさん置いています。

2年ほど使っています。カビが生えるまに設置したのでまだ黒カビはほとんど生えていません。多分効果があるのだと思います。最初の2週間換気できないのが少しきになりますが、使用期限が切れたらまた購入したいです。

近くの薬局で買ってもほぼ値段は変わらないけれども、ネット大量購入で付与率が高い日を狙ってポイント獲得で割安

この時期の湿気が気になり、家族用に追加購入しました。 マットレスと布団の間に入れて使用しています。 吸水したら天日干しが必要ですが、そのサインがあるので助かります。

下駄箱に使っています。 湿気をよくとり、カビ防止にやくだっています。 もう少し安いと高い評価になると思います。

通常、除湿剤は大型を使っているが、カビの生えるのは込み入った狭い所。このサイズは本棚、靴箱など心配なところに突っ込んでいる。

除湿剤・乾燥剤通販で賢い買い方

除湿剤・乾燥剤

日本は非常に湿気の多いと言われる国で、特に梅雨の期間は革製品には災難の時期で、気が付いたら革靴やバッグがカビだらけという事も良くある話です。また湿気はカビだけではなく、細菌やウイルスが蔓延する好機でもある為に、食中毒や夏風邪などもこの時期から多くなってきます。また食品なども傷みやすくなるほか、お菓子類なども袋を閉じていたつもりでも、いつの間にか湿気にやられて味も損なわれてしまうでしょう。

押し入れなどの収納場所も、空気がよどんで湿気がこもり易いために、布団や毛布なども湿気にやられきの地悪いという事もあります。こうした時期に活躍するのが除湿剤や乾燥剤で、色々な場所で使い分けする事によって、様々なトラブルの回避対策となります。

【1.湿気のこもりやすい場所を知っておこう】

元来の日本家屋は、程よいすき間がある為に湿気とは無縁の造りでした。床が高く土間があり、ふすまや障子に土塀は湿気をほどなく吸ってくれ、畳と共に冬場には一定の保湿効果があり、天然の湿度調節をしていました。しかし、現代家屋は当時の面影はほとんど無く湿気に悩まされています。

湿気のこもりやすい場所とは、空気の流れが日常的に行われていない場所の事で、納戸や押し入れは特にこもりやすく、クローゼットやくつ箱に床下やその周辺の収納などもこもりやすい場所です。また年中湿気の多い場所として、浴槽や洗面所などの収納などもそうした場所と言えるでしょう。しかし、近頃のマンションや新築の住宅などでは密閉した状態で、年間を通じてこうした湿気のこもりやすい状態が、室内中で広まっていると言えるでしょう。

【2.乾燥剤の種類やニーズ】

乾燥剤には、色々と種類がある事をご存知でしょうか、実は用途や商品の種類によって、色々な使い分けがなされています。

・ライム 生石灰:化学的乾燥剤に分類されるもので、粒状の生石灰から水分を吸収する事で化学反応が起こり、粉状の消石灰に変化するもので吸湿性には優れています。目的は、水分を吸着する事によって、包装内の湿度を低く保つ事ができますので、食品が湿るのを防ぎますが、子供が誤飲や誤食をしないように、子供が食べるような食品にはほとんど使われていません。

・ケアドライ クレイ:主成分が粘土で、物理的乾燥剤に分類され物質自体は変化せずに、毛細孔によって水分を吸着する性質を持ち、形状は粒で袋に入れられています。

・シリカゲル:原料は二酸化珪素でビーズ状がその特徴で、物理的乾燥剤になります。また、酸素を吸収する事で酸化を防ぐタイプに、脱酸素剤があります。

【3.除湿剤の用途やニーズ】

除湿剤は、食材や食品の保存に利用するのではなく、狭い範囲のスペースの除湿を行う事に利用します。むいているのは、主にクローゼットや押し入れに靴箱などの場所で、気になる湿気を上手く吸収してくれるのがその特徴です。脱臭剤ではありませんが、湿気を採る事でカビや匂いを抑える事ができます。またタイプによって色々な種類も用意されています。

・布団用除湿剤:これはフトンに挟んでおくタイプの除湿剤です。・吸湿ウエットシート:これは窓ガラスなどの部分に貼るもので、結露などによる滴を吸湿します。

・ドライペット:一般的に、多くの水分を除湿できるタイプがこちらの商品で、塩化カルシウムが主成分になっていますので、容器が一杯になるまで大量の除湿が可能になります。

【4.人気の商品を選ぶポイント】

除湿剤や乾燥剤を選ぶポイントとしては、その使い方をはっきりさせておく事が、一番重要な課題となります。除湿剤などは、押し入れやクローゼットなど、普段目につかない場所に置く事がほとんどで、一旦設置してしまって忘れてしまう事も多く、挙句の果てには設置した事すら忘れ、除湿の機能を果たせなくなりカビだらけという事も考えられます。その為、設置した場合には設置した日付を記入しておき、カレンダーなどにチェックしておくと良いでしょう。

乾燥剤は、勿論目的に応じて求めますが、子供が誤って口に入れないタイプのものを選ぶようにします。また、除湿効果と脱臭効果のある炭タイプの製品などもありますので、冷蔵庫やペットのおトイレなどに設置しておくと、両方の相乗効果が期待できます。

【5.通販でのお得な購入法価格】

通販では、様々なタイプの除湿剤や乾燥剤が存在しています。特に除湿関連の商品は多く、多くの皆さんが湿気取りに悩んでいることがうかがい知れます。ただし、冬場の除湿は逆効果で、喉や鼻の粘膜の乾燥を招きますので、かえって風邪などを引きやすくしてしまうので、冬場の寝室などには除湿剤を置かない方が良いでしょう。

最近は密閉された家屋が多く、1年中湿気に悩まされているお宅も多いので、除湿剤に関してはある程度のまとめ買いの方が、向いていると言えるでしょう。新しく便利な商品が出回っている事も多く、こまめにチェックなどをしておくのもいい方法です。最近は香り付きの除湿剤も売っていますので、靴箱やペットのトイレなどには、非常に便利なアイテムだと思われます。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

除湿剤・乾燥剤でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら18.6%安いAmazonパントリー。一方幅広く選ぶなら316商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

316

-11.4%

イトーヨーカドー

17

-2.4%

楽天西友ネットスーパー

12

0.3%

ヨドバシカメラ

18

15.2%

LOHACO(ロハコ)

74

-9.7%

Amazonパントリー

40

18.6%

ロフト

8

-9.8%

cainz

18

16.7%

DCMオンライン

148

-4%

PREMOA(プレモア)

23

2.7%

ビックカメラ

39

12.3%

ジョーシンweb

49

12.6%

楽天24

172

3.6%

コジマ

78

4.5%

ヤマダ電機

34

18%

エディオン

12

-0.3%

ソフマップ

6

5.2%

たのめーる

26

9.7%

除湿剤・乾燥剤の特集記事

除湿剤・乾燥剤の周辺を探す

除湿剤・乾燥剤の関連カテゴリ


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。