安い・激安の洗濯洗剤

安い・激安の洗濯洗剤一覧

909商品
0お気にいり 14,142View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

洗濯洗剤909商品を、100mlあたり安い方から並べて紹介。 最も安い商品は「丹平製薬 ニューアロマ アルカリ性 1.5kg」の¥24/100mlで、あなたがいつも買っている商品より安い可能性あり!?
スマートショッピングでは液体洗剤染み抜き・部分洗いといったジャンルの品揃えはもちろん、トップアタックといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較も確認することをおすすめ。

1位: 丹平製薬 ニューアロマ アルカリ性 1.5kg

洗濯洗剤のサブカテゴリ

洗濯洗剤のブランド

関連キーワード



「洗濯洗剤」カテゴリの新着口コミ

test

0 いいね

実家で母が使っていたので、梅雨時期は使おうかな。。と思って購入。ただ、期待したほど洗濯物の消臭効果はなかったです。フツー。洗濯槽はキレイになってるのか?ただ、食べこぼしなどの汚れは落ちます。

1 いいね

嫌な香りというわけではないんですが、とにかく香りが強い。ファーファ使ってるんだな〜という香りになります。香りに酔っちゃう人もいるんじゃないでしょうか。洗い上がりはいたって普通ですね。

1 いいね

毎日の洗濯に使用しています。香りもいいし、汚れ落ちもスッキリするのでお気に入りです。重いものはやっぱり通販に頼っちゃいますね。

1 いいね

子供用に買いました!ドラム式の洗濯機にも使用可能なので重宝してます。

1 いいね

洗濯前にちょっとつけておくだけで、落ち方が違います。重宝しています。

1 いいね

家族全員肌が弱いので、洗濯洗剤をジプシーした結果たどり着いたのが石油系洗浄成分ゼロのこの洗剤でした。粉の粒子が細かいため、冬の冷たい水での洗濯でも溶け残りが無く、すすぎも1回で済むため水の節約にも一役かっています。また、梅雨等の長雨の時などでも、生乾きの嫌な臭いもせず、柔軟剤ナシでも洗い上がりが他の洗剤に比べ、柔らかに仕上がる気がします。税込み540円で特に安売りになる事もないため、ドラッグストアの5%Offデー目がけて3~4個まとめ買いをしていました。しかし近所のドラッグストアやスーパーで次々と取り扱いが無くなってしまったため、今ではロハコ頼みです。

3 いいね

ドラッグストアで購入します。値段は360円です。買う頻度としては自宅の洗剤のストックがなくなりそうな時に利用させていただいているので、セールの値段は意識していません。オススメの理由は柔軟剤の役目も果たし、頭皮を守るために美容師の方に勧められた商品です。

2 いいね

迅速なお手配有り難う御座いました。次回またよろしくお願いお願いします。

作業服が油で汚れクリーニング屋さんに出しても汚れが落ちなくてホームセンターで見つけて使っいました。固形石けんなのて付属のネットにいれて擦って石けんを付けてブラシを使うとキレイになります。いつの間にかホームセンターで販売もお取り寄せも出来なくなり困っていました。今回は多目に購入させて頂きました。有難う御座いました。

洗濯洗剤を安く買うために

洗濯洗剤

洗濯洗剤は、お洋服の汚れを落とすための洗剤で、毎日の生活に欠かせないアイテムです。大きく分けると、液体タイプと粉末タイプがあり、最近ではジェルボールと呼ばれる新形態が出てきたり、肌にやさしいせっけん洗剤が見直されてきたりする動きがあります。粉末洗剤は一番伝統的なタイプで、みな洗剤といえばこれを思い浮かべるのではないでしょうか。アルカリ剤の比率が高く、泥などの汚れにはいまだに一番強く、かつ一番安く洗濯を済ませてくれる存在です。最近主流になっている液体洗剤は、界面活性剤が多く含まれて汗などの皮脂よごれ、繊維の深いレベルまで入り込んで落としてくれます。また、粉末と比べて若干高くはなりますが、計量もし易く、使いやすさの面でも優れているのが特徴です。ジェルボールは海外ではよく使われる形で、日本にもアリエールが先陣を切って導入したタイプです。測り間違いや、手が汚れることは一切なく、極めて利便性が高いのですが、洗濯分量に合わせて調整できない、子供が間違って飲んでしまうなどの問題も発生しています。子供がいる家庭では、界面活性剤を使わない、せっけん洗剤が、アトピーなどの病気への対応の面でも、環境への配慮という面でも好まれているようです。

いろんなタイプが混在する洗濯洗剤ですが、安い値段で手に入れるために押さえておきたい点が3つあります。

まずは各タイプの相場感を頭に入れておくと、賢く買い物ができます。15年11月現在、平均的な単位あたり価格は、粉末タイプの平均が40円/100g、液体タイプが220円/100ml、せっけん洗剤が75円/100mlといった水準です。粉末と液体では単位が違うので、単純には比較できないですが、実際に使った人の声をまとめると、粉末洗剤のほうがコスパが高いという意見が圧倒的です。その上、実は洗浄力も粉末タイプのほうが強いことが多く、若干時代遅れ的な感覚はあるものの、節約したい方には粉末タイプを大プッシュしたいです。また、せっけん洗剤はうまく溶かさなければ洗浄力が発揮されないため、お風呂の残り湯を使うなどの工夫は必要ではありますが、時間があって肌への優しさを大切にする方にとっては、とても魅力的なチョイスになります。値段も粉末ほど安くはならないものの、液体の合成洗剤よりはずいぶん安くすませることができます。液体タイプしか使ったことがない方は、他の2タイプのものも一度検討してみてはいかがでしょうか。また、自分の普段使っている洗剤が、平均水準と比べてどれくらいの安さになっているかは是非チェックしてみてください。

2つ目は業務用アイテムの活用について。ランドリー、ホテルや飲食店など業務用でも洗剤は幅広く使われていて、そのための業務用の大容量タイプの商品が多数存在します。店頭だとまず目にすることはないですが、インターネットでは簡単に豊富なバリエーションからお気に入りを探すことが可能です。例えば、粉末洗剤だと6kg, 10kgといった容量だと100gあたり10円〜20円と平均の半額以下で入手が可能です。液体洗剤でも緑の魔女という有名なランドリー業務用商品が40円/100ml、トップの業務用アイテムが42円/100mlと、こちらはなんと平均価格帯の1/5という格安っぷり。洗濯せっけんも、ミヨシ石鹸の5lボトルが39円/100mlで半額で手に入れること可能です。いずれ必ず使うものですし、賞味期限など気にする必要がない商品なので、一気に買っても無駄になることはありません。家のスペースさえ許せば、まとめ買いしてしまうのは賢い買い方になるでしょう。

最後に代表ブランドの安さについて。CMでブランド名は目にするアイテムがほとんどなので、知っているブランドばかりでしょう。15年11月現在、せんたく洗剤の代名詞とも言える、花王のアタックの最安値は1kgの粉末パッケージで30円/100g、1kgで買っても1箱なんと300円になります。もう1つの大定番ブランド、ライオンのトップの最安値は900gの粉末パッケージで同じ30円/100gで除菌効果もあり生乾きのイヤなニオイも抑えてくれます。最近ではよく日本でも目にするようになったくまさんでおなじみのファーファの粉末洗剤は、2大ブランドよりさらに安くて22円/100gから。液体タイプで激安なのも、これまたファーファで詰め替えが28円/100ml〜で買うことができます。2014年のヒット商品ベスト30にも選ばれた、アリエールのジェルボール洗剤は437gの詰め替えが360円、特大の874gタイプの詰め替えが650円といった水準です。皆様がいつも使っているブランドの最新情報を一度ページでチェックしてみてください。普段のお店より安値のショップがあったり、パッケージ違いでお得なバージョンが見つかるかもしれません。

洗濯洗剤通販で賢い買い方

洗濯洗剤

日々生活をしていく上で誰もが行っている洗濯。洗剤も各メーカーの商品やPB商品等、多くの種類が販売されています。コンビニやスーパーで買う、という方が多いと思いますが、意外と重いですし、粉末状の洗剤は、箱の角でスーパーの袋が破れてしまったり、面倒なことも多いと思います。こう言った、スーパー等で買って持ち運びの大変なものこそ通販に適しており、また通販で節約ができることも多いです。

洗剤の選び方や、粉末洗剤と液体洗剤について、中性洗剤と弱アルカリ性洗剤の違い、等々は、本ページ下部のコラムやスマートショッピングブログに説明がありますので、今回はこれら以外の点についてご紹介したいと思います。具体的には、洗剤に含まれる成分の働き、最近話題のジェルボール、上手な洗濯の方法、等について書いていきます。


1. 洗剤に含まれる成分の働き

何気なく使っている洗剤ですが、どんな成分が入っていて、どんな働きで汚れを落としているか、あまり考えずに使っていることと思います。間違った洗剤を使ってしまい、せっかくの服が台無しになった、という経験もあるのではないでしょうか?

ここでは、洗剤に含まれる主要な成分について、その働きとともにご紹介いたします。これで、パッケージに書いてある商品のキャッチコピーや裏にある成分表を見て、大体のイメージが湧くようになると思います。

  • 界面活性剤:汚れを落とす成分です。通常時にはなじみにくい油分と水分をなじませることで、衣服についた汚れ(主に油分)を衣服から剥がし、コーティングした上で水中に分散させて汚れを落とす、という効果があります。
  • 水軟化剤:水道水にはマグネシウムやカルシウム等の金属イオンが含まれていますが、これらは界面活性剤にくっついて界面活性剤の機能を低下させてしまいます。水軟化剤は金属イオンが界面活性剤にくっつくのを防ぎ、洗剤の機能維持に働きます。
  • 酵素:タンパク質を含んでいるえりや袖の汚れ、しつこい皮脂汚れ、衣服の繊維の奥深くまでは入ってしまっている汚れ、などは界面活性剤だけでは十分に落とせない場合があります。酵素は界面活性剤の作用を助ける働きがあり、より洗浄効果を高める働きがあります。
  • 蛍光増白剤:一部の目に見えない紫外線を吸収することで、衣服の白さをより目立たせる働きがあります。白色の衣服の大半は、製造の時点で生地にこの蛍光増白剤を染み込ませているのですが、洗濯を繰り返すうちに落ちてしまいます。そのため、洗剤に蛍光増白剤を入れることにより、生地に対して補充をする役目を果たしています。ただし、生成り色やパステルカラーの生地等、もともと蛍光増白剤が使われていない生地に対しては、蛍光増白剤を使うと白っぽくなってしまうため、注意が必要です。
  • 漂白剤:汚れの色素やシミを分解して汚れを落とす働きがあります。蛍光増白剤、漂白剤が入っていない洗剤もあるので、通常の洗剤に加えて一つ常備しておくと便利です。
  • アルカリ剤:汚れの多くは酸性なので、それを中和するアルカリ性に洗剤を保つことで、汚れが取れやすくなります。アルカリ性である方が洗浄効果が高いですが、衣服の色を落としてしまう場合もあります。そのため、デリケートな生地(毛や絹など)にはアルカリ性のものは避けた方が良いです。通常、中性洗剤にはこのアルカリ剤は入っていないです。
  • pH調整剤:洗剤のpHを調整するために使われる成分です。中性洗剤は、アルカリ剤を入れないことに加えて、pH調整剤を入れることで洗剤を中性にしていることが多いです。
  • 工程剤:洗剤の成分表示に入っていて、一瞬何かと思いますが、こちらは洗剤を作る工程をよりスムーズにするために用いられているもので、多くの場合は「水」です。また、硫酸塩が使われることもあります。

2. 新形態洗剤:ジェルボールについて

一時期、CMもよく放映されていたジェルボール、洗浄効果が高いとの評判ですが、どういったものなのでしょうか?メリットデメリットと合わせてご紹介します。

<ジェルボールの概要>

  • プニプニとした感触のジェルが詰まった粒を一つ洗濯機に入れるだけで、漂白剤を混ぜたような洗濯効果が得られる、とされているのがジェルボールです。
  • その洗浄効果の高さの秘密は、有効成分が濃厚に、かつ1粒1粒全く同じ配合で入っていることだそうです。普通の液体洗剤は約65%が水で構成されている一方、ジェルボールは90%以上が洗浄成分です。また、どうしても液体洗剤の場合はボトルの中で少なからず成分に偏りが出てしまうため、そこから一部を注いでしまうと、毎回の洗濯で実は有効成分の量が違う、ということもありえます。一方、ジェルボールでは1回の洗濯あたり1粒を使いますが、その1粒1粒に含まれている成分量は同じで、毎回同じ効果を期待できます。この1回使い切りの形式にしたことで、有効成分を高濃度で配合することが可能になったそうです。

<メリットとデメリット>

  • メリット:洗浄力の高さに加え、手軽さがあります。軽量の必要もなければ、手も汚れません。また、詰め替えの時にこぼす心配もないですし、コインランドリーを使う方、旅行に持っていきたい方にも便利です。
  • デメリット:デメリットとしては、こまめに少量を洗濯するという方には向きません。また、ジェルボールの香りが好きという方が多い一方、その香りの強さから苦手にされる方もいるようなのです。柔軟剤の匂いが苦手な人は避けたほうが良いでしょう。

3. 上手に洗濯するための豆知識

もちろん、自分の目的にあった洗剤を選び・使用するのが一番ですが、クリーニング業界の方を中心に、「日本製の洗剤は品質が良く、大して性能は変わらない。むしろ、きちんと衣服にあった洗剤を使い、あとは洗い方に一工夫をするだけでより上手に洗濯ができる」といったような意見もあります。

ここでは、そういった一工夫をいくつかご紹介します。

  • お風呂の残り湯を使う:私の実家もお水の節約のためにやっていましたが、実は水温が高いほど洗剤が水に溶けやすく、洗浄力がかなり上がります。残り湯を使える環境にある方は是非お試しください。
  • 通常の洗剤に液体漂白剤(酸素系)を混ぜる:もともと漂白剤が入っている洗剤もありますが、液体漂白剤をキャップ一杯分追加することで、さらに効果を高めます。同時に、衣類の殺菌や洗濯機内部の殺菌もしっかりと行えます。ただし、色落ちがきになる衣類に使ったり、衣類に直接塗ったりするのはトラブルの原因になるので避けてください。

4. 通販で上手に買うための留意点

洗濯洗剤は、通常サイズの場合は200円から500円程度のものが多く、それだけでは送料が必要になってしまいます。そのため、複数購入する、各メーカーが用意している特大サイズ・業務用サイズを買う、漂白剤とともに買ったり、漂白剤・蛍光増白剤が入っていない洗剤とともに買う等の工夫をすることで、送料を無料にすることができるでしょう。保管スペースとも相談になりますが、上手に洗濯する上では、衣類に応じて洗剤を変えたり、漂白剤を混ぜたりすることが効果的ですので、メインで使用するものを複数、他を1つずつといった形で購入してみてはいかがでしょうか?

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

洗濯洗剤でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら6.4%安いAmazonパントリー。一方幅広く選ぶなら751商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

751

4.9%

爽快ドラッグ

571

3.7%

ケンコーコム

559

6.3%

イトーヨーカドー

221

-1.9%

ヨドバシカメラ

334

-37%

LOHACO(ロハコ)

249

-0.6%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

112

0.6%

Amazonパントリー

181

6.4%

アカチャンホンポ

13

-0.2%

ロフト

28

-5.4%


洗濯洗剤 人気トップ10商品

洗濯洗剤人気ランキング1位は"ウタマロ 洗濯石けん 133g"で、人気スコアが98点。レビューも高く、多くの通販ショップで売られている、おすすめの人気商品です。

洗濯洗剤の特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops