うどんおすすめランキングと栄養・カロリー・種類

うどん

麺類の中でも、特に人気の高いものがうどんです。うどんは子供やお年寄りも大好きであり、幅広い人たちに人気があります。消化しやすく、やわらかいため小さな子供でも食べれます。風邪をひいたときに、うどんを作ってもらった経験のある方は多いでしょう。カップ麺でもいろいろなメーカーがうどんを出しています。立ち食いそば屋でもうどんを出しているお店は多く、わざわざうどんを注文する人も少なくないでしょう。

このように日本人から人気の高いうどんについて、どのくらいの栄養が含まれていて、どのくらいのカロリーがあるのかを紹介します。うどんというのは、あまりにも身近なもののため、あまり詳しい知識を知らないという方は多いのではないでしょうか?うどんについて理解を深めましょう。

うどんおすすめランキング | 栄養やカロリー、種類は?

うどんの栄養・カロリー

うどんにはいろいろな栄養が含まれています。うどんの主な成分は炭水化物です。炭水化物はエネルギー源として、人にとってとても重要なものです。うどんはとても消化吸収が早いという特徴があります。そのため、うどんを食べることによって、すぐにエネルギーになるので、朝食にうどんを食べるのも効果的でしょう。

どうしてうどんが消化吸収されやすいかといえば、うどんを作る過程でデンプンがグルテンによって包み込まれるためです。これによって、体内に入ったときにすぐに消化酵素に分解されやすくなります。

うどんの栄養素は、そばに劣っている部分が多いです。特定の栄養素が、ほかの食材よりも目立って多いということはないです。うどんの一番のメリットは、上記で紹介したように消化吸収が早いことです。炭水化物を摂取する方法として、うどんを選ぶことはとても良いことです。エネルギー源としてはかなり優れています。

うどんのカロリーは100gあたり105kcalくらいで、1玉は約240kcalです。そばのカロリーは100gあたり114kcalくらいとなっており、1人前で300Kcalくらいあります。実はそばよりも、うどんの方がカロリーが低いです。これはイメージとは異なっているかもしれません。

うどんの栄養・カロリー

うどんというのは、基本的に水分がたくさん含まれているため、単純に同じ重量で比較するとうどんの方がカロリーが低くなりやすいです。それでいて、そばよりも食べごたえがあるため、ダイエットに向いています。ただし、栄養素という意味では、そばの方がさまざまな栄養が含まれています。

うどんにはいろいろな食べ方があり、それぞれのうどんごとにカロリーは異なっていますカレーうどんは500kcalくらいであり、きつねうどんや天ぷらうどん、肉うどんなどは450kcalくらいです。たぬきうどんや山かけうどん、月見うどんは400kcalくらいとなっています。

うどんにいろいろな具材を加えて食べることが多いでしょう。その場合には、カロリーにも気をつけましょう。カレーうどんが最もカロリーが高くなっていますが、そこに野菜を加えることもできるため、必ずしもダイエットに不向きとはいえません。

うどんには、いろいろなアレンジの方法があります。なかには、サラダうどんという料理もあり、これであれば、野菜をたくさん食べることができるため、栄養の効率が良いです。いろいろなうどんを試してみましょう。

うどんの種類

うどんというのは種類がとても豊富です。実はそうめんやひやむぎなどもうどんの仲間です。うどんの細いものをそうめんやひやむぎという名称で呼ぶことが一般的となっています。ただし、厳密な定義が存在しているわけではありません。また、きしめんやひもかわといった乾麺については、うどんの一種に含まれています。

うどんは全国各地で作られています。それぞれの地域が独自のうどんを開発しており、それを売り出しています。そのため、地域おこしとしてうどんが活用されることもあります。香川県の讃岐うどんは特に有名でしょう。秋田県には稲庭うどんがあり、長崎県には五島うどんがあります。

群馬県には水沢うどんがあり、富山県には氷見うどんがあります。さらに愛知県にはきしめんがあり、これらが代表的な日本のうどんとされています。スーパーやコンビニなどへ行けば、これらのうどんがよく売られているでしょう。

長径が1.7mm以上あるものがうどんと呼ばれています。長径が1.3〜1.7mmのものはひやむぎとされています。ただし、この範囲にあるものを細うどんと呼ぶこともあります。広義の定義によれば、小麦粉に水を加えて練りあげ、製麺したものについてはうどんと呼ぶことになっています。そのため、ひやむぎやそうめんも広い意味においてはうどんに分類されています。

うどんの種類

うどんは製法によって分類することができます。手打ちうどんと手延うどんがあります。手打ちうどんとは、途中でコシを出すために、足で踏むのが特徴で、麺棒で平たく伸ばしてから包丁で切ります。手延うどんは、2本の棒を使って、何度も伸ばしたものです。コシがないのが特徴となっています。手延うどんの代表例として、稲庭うどんや五島うどんがあります。

うどんの状態によって分類することも可能です。まずチルド麺があります。こちらはうどん玉と呼ばれているものです。1食分ずつに分けられており、玉になっていて、使いやすいです。生うどんは長期保存ができませんが、製麺してからそのままの状態で包装されているため、味は優れています。ほかにも半生うどんや干しうどん、冷凍うどんといった種類が存在しています。

うどんといえばコシが特徴的でしょう。コシというのは、やわらかくて張りのある状態のことです。うどんの伸長度のことをコシと呼んでいます。そのため、硬いうどんがコシがあるというわけではありません。噛んだときに弾力があれば、それはコシがあるとされます。

このようにうどんの種類はいろいろあります。

うどんおすすめランキング

5位: マルちゃん正麺 カレーうどん 5食パック 袋475g

マルちゃん正麺 カレーうどん 5食パック 袋475g
¥65/100g
61%安
¥311 SEIYUドットコム(西友)
¥397 (x6) Amazon(アマゾン)
他3ショップ

商品説明

マルちゃん正麺は、東洋水産から発売されている袋麺です。

麺は、油で揚げるのではなく熱風で麵を乾燥させて作るノンフライ麺です。ノンフライ麵は、従来のインスタントラーメンよりも生麵に近いなめらかな食感の麺に仕上がりますが、そのさらに一歩上をいき、乾燥麺なのに生麵本来の味となめらかでコシのある食感を味わうことができるのが特長です。生麺をそのまま乾燥させる独自の特許製法は、生麵うまいまま製法と呼ばれています。また、一度麺をほぐしてから麺を乾燥させているので、茹でた時に麵がほぐれやすくなっています。麺の製造工程では、その日の気候に合わせて生地の硬さや粘りを微妙に調整して、生麺により近い食感を保つよう考えています。また、丸い形に成形してあるので鍋で調理しやすくなっています。

マルちゃん正麺カレーうどんは、生麺うまいまま製法をいかしたもちもちとしてコシのある麵とマイルドな味わいで風味豊かなカレースープを合わせたカレーうどんです。

ホープページ内のマルちゃん正麺のサイトでは、もっとおいしく、より生麺に近い出来上がりにするためのゆで方の極意を紹介しているので、参考にしてご自宅で本格的なカレーうどん作りに挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

4位: 寿がきや みそ煮込 キャンペーン 5食 455g

¥321 SEIYUドットコム(西友)
¥508 爽快ドラッグ
他2ショップ

商品説明

"寿がきや 名古屋名物 みそ煮込 (5食入)"は、名古屋地区では伝統的な郷土料理。昭和41年発売以来、愛され続けている豆みそ100%使用の名古屋伝統の味です。極太のめんに味噌の旨味が染み込んで絶品です。合計6分煮込んで、お召し上がりください。

3位: アンパンマンおうどん 4食入り 袋88g

アンパンマンおうどん 4食入り 袋88g
115円お得
¥229/100g ¥201/個
¥201 (x12) Amazon(アマゾン)
¥211 爽快ドラッグ

商品説明

アンパンマンおうどん4食入りは、日清食品から発売されているお子様向けの袋めんタイプのうどんです。

小さなお子様が食べることを考えて、めんがやわらかめになっています。スープもかつおだしのあっさりとしたやさしい味に仕上がっています。カルシウムとビタミンB1、B2が豊富に含まれていて、しかも合成保存料や合成着色料は使用していないので、お子様にも安心の商品です。アンパンマンとばいきんまんのなるとが入っているので、見た目にも楽しくて子どもの食欲をそそります。めんとかやくを器に入れて熱湯を注げば2分で出来上がりなので、とてもお手軽です。お子様がお気に入りのマグカップやボウルに入れて作れば、食事にちょっと一品足したい時にもおやつ代わりとしても、喜んで食べてくれるのではないでしょうか。

もともとミニカップタイプのうどんとして登場した商品ですが、袋めんタイプにすることで一食当たりの価格が安くなり、かさばらなくなりました。1パック4食入りなので毎日食べてもお友達や家族みんなで食べても大丈夫です。ネット通販なら1ケース12パック入り(48食分)をお得に購入することもできるので、まとめ買いしてストックしておくのもおすすめです。

2位: はくばく お鍋一つでごちそう麺 甲州あばれほうとう 袋260g

はくばく お鍋一つでごちそう麺 甲州あばれほうとう 袋260g
49円お得
¥98/100g
¥255 イトーヨーカドー
¥304 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

はくばくお鍋一つでごちそう麺甲州あばれほうとうは、穀物にこだわるはくばくが製造販売するスープ付き乾麺です。

ほうとうの麺は、独自の製法によって手もみ麺に近い麺に仕上がっています。また、原料には高タンパク質の小麦粉を使用しているので、煮崩れしなくて下触りの良い麺に仕上がっているのも特長です。さらに、3種類の巾の麺がランダムに入っているのでほうとうならではの食感が味わえます。スープは、麦みそ仕立てでほうとう本来の味を楽しめるこだわりのスープです。

ほうとうは、主に山梨県を中心とした甲州の地域で食べられている郷土料理のひとつです。懐かしい地元の味、甲州地方に行ったときに食べたことがある、名前だけは聞いたことがある、まったくなじみがない、などいろいろな方がいるかと思いますが、この商品があれば全国どこのご家庭でも本場のほうとうを味わうことができます。ほうとうは、1つの鍋で野菜も肉も麺も全部食べることができるまさにごちそう鍋ですが、作り方が分からないという方も多いかもしれません。でも、パッケージにはほうとうを作るために必要な具材や下ごしらえなどの調理方法が記載されているので、初めての方でも安心して作ることができます。

1位: YOU160R 160g [5854]

YOU160R 160g [5854]
¥206/100g ¥83/個
¥82 (x12) Amazon(アマゾン)
¥86 (x4) LOHACO(ロハコ)
他4ショップ

うどんおすすめランキング | 栄養やカロリー、種類は?

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。