ノンアイロンシャツ鉄板おすすめ人気ランキング10選【メンズ・レディースの選び方やはるやま・ユニクロなど人気ブランドもご紹介!】

メンズファッション

ビジネスシーンの必需品とも言えるワイシャツ。

シワのないシャツを毎日着ていたけれど、アイロンがけが苦手!という方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、「ノンアイロンシャツ(ノーアイロンシャツ)」。

ノンアイロンシャツは、「形状記憶シャツ」や「形態安定シャツ」とも呼ばれ、洗濯してもシワになりにくいアイロンがけ不要な機能性シャツのこと。

最近では、メンズ・レディース問わず比較的価格の安いものも多く販売されていて、白シャツ以外にもカジュアルでおしゃれなものも人気です。

そこで今回は、ノンアイロンシャツの選び方やお手入れのポイントに加えて、口コミ評価の高い商品や青山・ユニクロと言った人気ブランドをご紹介します!

↓詳しく見る↓

安いノンアイロンシャツはこちら
最終更新日:2020-07-10  閲覧数:0

ノンアイロンシャツの選び方

W&W性(ウォッシュ&ウェア性)の等級で選ぶ

ノンアイロンシャツ_選び方

W&W性(ウォッシュ&ウェア性)とは、洗濯後のシワになりにくさを表す指標のこと。

この指標はJIS(日本工業規格)が定めた基準で、ノンアイロンシャツを選ぶ際に参考にするとよいでしょう。

完全ノーアイロンで着れる「5.0級」

W&W性5.0級と言えば、シワカット率100%で洗濯後でもシワにならない状態です。

完全にノーアイロンで着ることができる、ノンアイロンシャツの最高峰

このクラスの防シワ性なら、アイロンの出番はないでしょう。

アイロンがけが苦手で、どうしても避けたいときは、W&W性5.0級を選ぶのがおすすめ。

ほとんどシワが気にならない「4.0級以上」

シワカット率が90%以上で、ほとんどシワが気にならない状態が4.0級以上のW&W性。

洗濯後でもシワになりにくいため、ノーアイロンでも問題ありません。

W&W5.0級と同じく、防シワ性に優れていると言っていいでしょう。

洗濯後のシワが少ない「3.2級以上」

一般的なノンアイロンシャツのW&W性は、3.2級以上とされるもの。

シワカット率は50%以上で、このクラスであれば十分な機能性があると言えます。

洗濯後のシワが少なく、ノーアイロンでも問題ないレベル。

もしも気になるところがあれば、サッとアイロンがけするか、洗濯の仕方や干し方を工夫してみましょう。

手入れが楽になる「2.5級以上」

W&W性2.5級以上は、イージーケアシャツと呼ばれ、お手入れが楽なものを指します。

簡単にアイロンがけができることから、シャツを洗濯した後のストレス軽減にも。

自分でしっかりアイロンをかけたいけど時短もしたいという方におすすめです。

着心地を左右する素材にも注目!

ノンアイロンシャツ_素材

ノンアイロンシャツには、綿100%や綿とポリエステルの2種類を使ったもの、ニット生地などさまざまな素材が使用されています。

綿とポリエステル混合の素材は、一般的で比較的安く高機能なものが多く発売されています。

反面、綿100%は着心地がよく人気ですが、価格が高い場合も。

ニット生地であればストレッチ性が高く動きやすいといった特徴があります。

着心地を左右する素材に注目するのもノンアイロンシャツを選ぶポイントとなるでしょう。

ビジネス・カジュアルなどシーンに合わせて選ぶ

ビジネシーン以外にもカジュアルなシーンで着る場合では選び方も変わってきます。

ネクタイ必須のビジネスシーンでは、レギュラーカラーの襟袖がカチッとしたものが◎

ビジネス・カジュアル、どちらにもおすすめなのがボタンダウンのタイプです。

ネクタイを外していても、襟元が開きすぎずおしゃれに決まります。

また、白シャツにこだわらず、カラーシャツやストライプといった柄を取り入れるのもおしゃれです。

ただし、フォーマルな場ではボタンダウンにネクタイはマナー違反になるため注意が必要です。

ノンアイロンシャツおすすめ人気商品の比較一覧表

商品画像
商品名
素材
特徴
商品リンク
5
綿(オーガニックコットン)
ベーシックデザインで程よい光沢のブロードシャツ
10
ポリエステル・綿
接触冷感素材・ノータイでも決まるボタンダウン
※2020年5月現在の情報です。

ノンアイロンシャツの洗い方【お手入れのポイント】

シワになりにくい洗い方・干し方

ノンアイロンシャツ_洗い方

ノンアイロンシャツは型崩れしないよう、畳んで洗濯ネットに入れて洗濯するのが基本です。

汚れが落ちやすいよう裏返し、襟袖など汚れがひどい部分は事前に部分洗いをしておくとよりキレイな洗い上りとなるでしょう。

ノンアイロンシャツの素材によっては、手洗いコースやドライコース・おしゃれ着コースなどデリケートな衣類を洗うコースを選ぶ必要があるため、洗濯表示は必ずチェックしましょう。

通常の洗濯なら6~9分の脱水をしますが、脱水のしすぎはシワの原因となるため、30秒程度に設定して脱水するのが◎。

脱水後はすぐに取り出し、肩部分に厚みのある太いハンガーにかけ、第2ボタンまでボタンをとめると良いでしょう。

ハンガーにかけたら、袖口・襟・ボタン部分・ポケット部分を伸ばしておくと、乾いたあとのお手入れがより楽になります。

アイロンがけのポイントは?

ノンアイロンシャツ_アイロン

ノンアイロンシャツは、アイロンがけがいらないのが最大の特徴です。

しかし、襟や袖口などパリッと仕上げたい部分やシワができてしまった部分はアイロンがけをしたいですよね。

アイロンがけで注意したいのがアイロンの温度

ノンアイロンシャツの中には高温に弱いウールなどデリケートな素材が使われているものもあります。

高温でアイロンがけをしてしまうと生地を傷めてしまう可能性が

洗濯表示にしたがって低温~中温でアイロンがけするのがよいでしょう。

また、テカリ防止のための当て布も忘れずにしてください。

  • ファッション
  • メンズファッション
  • ノンアイロンシャツ鉄板おすすめ人気ランキング10選【メンズ・レディースの選び方やはるやま・ユニクロなど人気ブランドもご紹介!】

  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。