安い 安い・激安の靴・シューケア

人気順にもっと見る

靴・シューケア全8999商品の価格を、1足あたり安い方から並べて紹介。 最安No.1商品は「アシックス 靴ひも レーシングシューレース ラメ入り TXX119 90ブラック 100」の¥2.8/個で、よく買う商品より安いかも!?
スマートショッピングではレディース靴インソールといったジャンルの品揃えはもちろん、ルコックスポルティフミズノといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較もチェックしてみて。

靴・シューケアのサブカテゴリ

靴・シューケアのブランド

関連キーワード

「靴・シューケア」カテゴリの新着口コミ

もう何度もリピート買いしました。エアロやダンスにはこれでなきゃってくらいです。サイズによっては品切れになってる事があるので、見つけたら即買いです。

息子用に購入しました。いつもこの靴を履いてます。 すぐに底の部分が切れてしまいますので、2足購入しました。

元々持っているサンダルなので問題なく使っています。 迅速な対応で満足しています。

いつも27.5センチを履いてます。幅広の足ですがこちらも27.5センチで痛くなく丁度良いサイズでした。

写真のように、下駄箱下には入りませんでしたが、普通に玄関に置いていても白いから、自然な感じです。靴もたくさん置けるので、家族がちゃんと、ここに片付けるようになりました。

靴の防水スプレーとして定番商品で、安く購入できて良かったです。

右と左の形の違いが無いおかしいと思います。

私は皮のビジネスバックに使いました、塗ったときは少しべたつきがありましたが、一晩たったらさらっとしていました。艶も自然で新品とは言いませんが、購入時に少し戻ったように思えます。私のバックは少し型崩れしていましたので、カバンの中にカバンの大きさの箱と新聞紙を使ってカバンの形を整え、クリームを2回塗り1週間放置しまた。艶も形元に戻り大変喜んでいます。

0.5大きめのサイズをチョイスしました、その影響もあり丁度良い履き心地でした。

使い心地はよいです。 もう少し安く購入できると、なおいいです。

靴・シューケア通販で賢い買い方

靴・シューケア

現在世界最古の靴とされているものは、放射性炭素年代測定法による分析の結果、紀元前3500年前のものが見つかっており、アルメニア国にある洞窟から2008年に見つかりました。片方だけですがサイズは24.5㎝で革製の紐靴でした。またメソポタミア文明で栄えたシュメール人の神殿遺跡で、陶製の靴が見つかっています。履物というカテゴリで言うと、サンダルが最古のもので、紀元前8500年前の物がアメリカはオレゴン州フォートロックで発見されています。

このサンダルは、セージブラシという植物の樹皮の繊維で作られており、何と足指の後まで残っているのだそうで、実際にオレゴン大学自然史・歴史博物館で見る事ができます。今から約1万500年前というのですから、驚きを通り越してしまいそうです。また、同じ場所で子供用のものも見つかっています。

【1.男性用の靴の歴史と文化】

男女ともにサンダルから始まった靴の歴史ですが、男女の差別化が行われるまでには、かなりの時間が必要でした。そもそも履物は、生活に欠かす事のできないもので、我々人類は、裸足では危険で保護する靴は必需品だったのです。紀元前500年の古代ギリシャでは、モカシンタイプの靴が履かれており、5世紀には騎士はブーツを履いていました。

現在に近い靴は中世以降で、13世紀ごろから履かれていたプーレーヌという革靴は、先が尖り長いのが特徴で、長さの規制まで出来ました。またバロック時代の17世紀には、ヒール付きが流行し、男性も短ブーツのかかとがヒールになったタイプを履いていたのだそうです。18世紀に入ると、左右の足型に揃えた革靴が作られ始め、現在のようなものに近くなって行きました。

【2.ヨーロッパ女性の靴の歴史と文化】

女性の靴文化は中世以降に、ファッションと共に歩むように華やいでいきました。そして靴は実用性よりも、ファッション性を重んじる様になって行くのです。この時代には靴に履かせる靴の存在があった事です。サンダルのような形で、靴のまま履いていましたが、靴が汚れない意味でも外で履かれていたようで、当時人口の多い町では、糞尿が2階からばらまかれるという事もあり、汚れないよう保護していたという説もあります。

パンプスは最初、御者の履物で馬車のブレーキを踏むのに適した形だったそうで、ハイヒールは男性も短ブーツのかかとを高くしていました。またかかとの高い靴にチョピという靴も流行り、あまりの高さにお供がいなければ歩くこともままならないという事もあったのです。

【3.日本の履物の歴史やその変遷】

日本人は近代に入るまで、基本的に革製の靴は一般的ではありませんでした。主に履いていたのはわらじで、雪駄やげたなども履かれていました。中国の分介入の過程で、平安貴族は沓を履いていましたが、これは現在でも祭事などで神職に付く神主の浅沓に見る事ができます。この浅沓は底以外は、全て和紙を幾重にも張り合わせられ漆をかけた紙製で出来してます。

またわらじは男女ともに差が無かったのに対して、げたは男女で大きく違いがありました。歯の形も違っていたのも特色でしょう。足を全て覆うような靴が普及しなかった訳は、色々想像できますが、多湿な日本で水虫を嫌ったとか、裸足になりやすい方が好都合だったともされますが、日本で最初に革靴を履いたのは、坂本龍馬とされています。

【4.靴の用途やシューケア】

シューケアとは、靴のケアを行う事で補修の意味も込められています。明治以降日本人も革靴を履くようになってきましたが、革靴は高級品でしたが丈夫で長く使えるという特徴を持っていました。しかし、これは手入れを行っている事が重要で、かかとの減りなども部位の交換などで持たせる事が可能です。また長年履き続ける事で起こる型崩れなども修正できるという事もあり、街には多くの靴屋さんが軒を並べ、駅や繁華街などでは靴磨き専用の商いを行っていたのもつい最近の事です。

現在多くの革靴修理専門店が姿を消していますが、これは革靴自体が丈夫な作りになっている事と、革靴自体が非常に安価で購入できるという事に関係しており、修理に出すより買い換えた方が早いとの理屈で、需要が無くなり姿を消していったのです。

【5.通販では価格を加味しながら人気商品を選ぼう】

革靴は高級なものほど、手入れを必要としており、特に革製品は水分を嫌います。水分が皮の内部に浸透すると、接着面や縫い代の部分を傷める事もあり、シミが目立つ場合もあるのです。また革の種類によって手入れ方法を理解していないと、表面を傷つけたり、綺麗な艶を消してしまう事にもなりかねませんので、お手入れ方法も知っておかなければなりません。

また革靴の色のベースによっても、艶出しの種類が違っていますので、クリーナーと共にその革靴に合わせての購入が必要となります。最近は雨用の防水スプレーやワックスなどもありますので、上手に使って大切な革靴を保護していきましょう。

通販ショップの安さ・品揃えは?

靴・シューケアでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら11.6%安いAmazonパントリー。一方幅広く選ぶなら5274商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

5274

1.8%

爽快ドラッグ

427

-1%

ケンコーコム

416

-0.3%

イトーヨーカドー

139

-10.8%

ヨドバシカメラ

183

9.4%

LOHACO(ロハコ)

864

-0.5%

Amazonパントリー

13

11.6%

ロフト

23

-3.1%

DCMオンライン

60

-1%

PREMOA(プレモア)

19

-1.1%

ビックカメラ

201

1.6%

靴・シューケアの特集記事

靴・シューケアの周辺を探す

靴・シューケアの関連カテゴリ


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops