黒マスク鉄板おすすめ人気アイテム10選【洗えるタイプから使い捨てタイプまで!通販でも購入可能なアイテムを紹介!】

マスク・花粉対策

新型コロナウイルスをはじめ、ウイルス性の飛沫感染予防や花粉予防にも役立つマスク。

マスクといえば「白」が主流でしたが、最近では色のついたマスクも見かけるようになりました。

中でも多く見かけるのが「黒マスク」

韓国のアーティストや日本の芸能人も愛用したことで若者を中心に人気に火がついています。

ドンキホーテやコンビニなどでも手軽に入手でき、「ファッションに合わせやすい」、「かっこいい」といった理由からも注目を集めています。

そこで今回は、黒マスクの魅力や効果、選び方を徹底解説。

通販でも購入可能なおすすめの黒マスク10選も併せてご紹介します。

↓詳しく見る↓

安いマスクはこちら

最終更新日:2020-07-31  閲覧数:92

黒マスク鉄板おすすめ人気アイテム10選【洗えるタイプから使い捨てタイプまで!通販でも購入可能なアイテムを紹介!】

黒マスクの特徴

従来より親しまれてきた白マスク

黒マスクとの大きな違いは、言うまでもなく「見た目」にあります。

マスクといえば白色が当たり前

「清潔」なイメージがあるものの「病人のよう」、「ありきたりだ」と感じる人も少なくありません。

ここでは、注目を集めはじめている黒マスクのメリット・デメリットを紹介していきます。

黒マスクの効果とメリット

芸能人の着用をきっかけに人気となった黒マスクは、見た目のファッション性が高評価

加えて、脱臭・消臭効果(竹炭入りの場合)や小顔効果にも期待できると言われています。

ここからは黒マスクのメリットをあらためて確認してみましょう。

竹炭パワーで脱臭・消臭効果

マスク着用時の臭いが気になり、不快に感じる方は少なくありません。

そんなときこそ、黒マスクの出番。実は黒マスクのなかには、竹炭を配合した製品も。

竹炭には臭いの吸着効果があるとされているため、臭いの緩和が期待できると言われています。

ファッションに合わせやすい

黒マスクが人気になった一番の理由とっても過言ではないのが、ファンション性です。

ファッション界において「黒」は、どんなスタイルにも合わせやすい万能色

最近では男性だけでなく、女性からも人気を集めています

黒マスクは「ファッションから浮いてしまう」、「病人っぽい」といった白マスクのデメリットを払拭。

かっこいいイメージを作りやすく、本来の目的以外にもファッションの一部として使用する人も増えています。

小顔効果が狙える

さらにSNSで話題になっている黒マスクの効果が「小顔効果」

色には見た目がふくらんで見える膨張色と、縮んで見える収縮色があり、黒は後者の「収縮色」。

黒いマスクに包まれた口周りから顎は、外から見るとほっそりとして見えるため、小顔効果が期待できると言われています。

デメリットは印象の悪さ

良いことずくめようにも思われる黒マスクですが、「印象の悪さ」はデメリットになる可能性が。

芸能人が着用する以前は「威圧的で怖い」、「ダサい」というイメージが一般的だったのが黒マスク。

流行を知らないご年配の方や従来のイメージを強く持っている方にとっては、まだまだ印象が悪い可能性があります。

夏の黒マスク着用にはご注意を!

夏にマスクを着用する際、特に注意したいのが熱中症

黒色には熱を吸収する性質があるため、夏場は口周りが熱くなり不快に感じる恐れがあります。

対策として、日差しを浴びないところで使う、こまめな水分補給などの工夫をしましょう。

黒マスクおすすめ人気商品の比較一覧表

黒マスクのプロット画像
商品画像
商品名
マスクタイプ
特徴
商品リンク
4
黒マスクミズノ
洗えるマスク
肌触りのよい伸縮性に優れたスポーツウェア素材
7
黒マスクヨネックス
洗えるマスク
キシリトール配合の涼感素材・紐の調節も可
8
黒マスクRECX
使い捨てマスク
裏地までブラックカラー・花粉やホコリをしっかり予防
9
黒マスクぴたマスク
洗えるマスク
大人・子供用ともに優れたフィット感と冷感素材でつけ心地も快適
※2020年7月現在の情報です。

黒マスクの選び方

黒マスクのタイプで選ぶ

繰り返し使えてコスパも◎「洗えるマスク」

最近、特に多くみられるようになった洗えるタイプの黒マスク

洗えるマスクの相場は1枚当たり300円から700円程度

洗うことで何度も使えるため、コスパが良いのが魅力です。

防塵力に劣るといわれる洗えるマスクですが、そもそもマスクを装着する目的は「他人へ感染させないこと」

洗える黒マスクでも、十分に目的は達成できるため問題はないと言えるでしょう。

手軽で持ち運びやすい「使い捨てマスク」

一方で、使ったら捨てるだけで済む使い捨てマスクは、1枚当たり30円から100円程度の間で購入が可能。

マスクを頻繁に洗うのが難しいとき、新しい生活様式に手軽に取り組んでいきたい方にはこちらがおすすめです。

布マスクよりもフィルター機能に期待ができるため、感染症予防以外に花粉症の方も使い捨てマスクを選ぶと良いでしょう。

レギュラーや小さめなどサイズで選ぶ

サイズの合わないマスクを着けていると、顔との隙間からウイルスや花粉が侵入しやすくなると言われています。

そこで黒マスクを選ぶ際は、サイズもきちんとチェックしておきましょう。

一般的なサイズの種類は「レギュラー(ふつう)」、「小さめ」、「大きめ」などと記載。

最近は紐の長さを調節できるマスクも登場しています。

不織布やガーゼ、ポリウレタンなど素材で選ぶ

黒マスクを選ぶ際は、ぜひ素材に目を向けてみてください。

マスクに使われる素材には、それぞれ特徴があります。

代表的な素材3種の特徴を以下にまとめてみました。

  • 不織布・・・主に使い捨てタイプ、防塵や通気性に優れたものが多い
  • ガーゼマスク・・・コットン繊維が肌にやさしく保湿にも優れている
  • ポリウレタン生地・・・伸縮性が高く顔にフィットしやすい。通気性も◎

通気性を重視したい方は不織布、肌触りの優しいものならガーゼというように自分の求める機能性で選んでみるのもおすすめです。

プラスαの効果や機能性にも注目

マスクには一般的な機能に加えて、プラスαの効果を持ったものも多くあります。

黒マスクも例外ではなく、触れるとひんやりする接触冷感や銅配合の抗菌マスク、紫外線対策ができるUVカットマスクなど続々と登場。

夏でもマスクを着用するのであれば、接触冷感やUVカットといったマスクを選んでみるのもおすすめ。

購入する前にどのような機能があるのか注目してみるのも良いでしょう。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops