安い 安い・激安のペン・筆記用具

人気順にもっと見る

ペン・筆記用具のサブカテゴリ

ペン・筆記用具のブランド

関連キーワード

「ペン・筆記用具」カテゴリの新着口コミ

ジェットストリームにハズレはありません。とても書きやすく、満足しています。

使いやすいサイズと結構長もちする修正テープです☆ ペンケースに一つあると重宝します☆

丁寧かつ迅速な対応をありがとうございました。

とても、使いやすくて良かった! 書きやすい!!!

なかなか文具店に行く時間が取れなかったので、こちらで購入いたしました。書きごごちもよく、色合いも大変満足です。まとめて購入したので、当分安心して使えるなぁて思ってます。

迅速に対応していただき、ありがとうございました また機会が、あれば、宜しくお願い致します。

お気に入り商品なので、まとめて購入できてよかったです。

0.5㍉は字の細さもちょうど良く愛用しています。手帳のちょっとしたところを修正するのに、消せるのはありがたい。近くの本屋さんやモールの文具売場よりコスパも良いので、また注文したいと思います!

家族が使うのにほしいと思っていたところ、ロハコで発見しました。値段もとても安く買い物のついでに買ったので送料もかからず・・うれしいです。近所のお店で探せずにいたのでありがたいです。もうこのペンでないといけないらしいので。

ポスカで29色も揃ってるセットってそんなにないと思うんで、これは買いかと思い購入しました。今手書きPOPを勉強中なので、これからどんどん使います。

ペン・筆記用具通販で賢い買い方

ペン・筆記用具

インターネットやモバイル端末などの普及により、手書きすることよりも簡単にキーボードや指で入力して文字を表すことが多くなり、漢字を書けなくなったという方も多いでしょう。ペーパーレスを推奨する職場も増えてきていますが、やはり現場でのとっさのメモやスケジュール帳の管理など、手書きが必要となる場面はたくさんあると思われます。

冠婚葬祭などでの記帳、心のこもった年賀状や季節のお見舞いはがき、手紙など、どんなに時代が変わってもペン・筆記用具を使って文字を書く機会はなくなりません。アナログ感が強いペン・筆記用具ですが、その機能は着実に進化しており、最近ではインクを使用するペンでありながら、鉛筆で書いた文字のように消しゴムを使って消去することができるものも販売されています。通販には、多種多様でバラエティに富んだペン・筆記用具のなかからお気に入りを選んで、まとめ買いをする便利さがあるといえるでしょう。

【1. ボールペンの種類の特徴】

筆記用具として最も使われる機会が多いボールペンは、インクのタイプによって、油性、水性、ゲルなどといった種類があり、目的や用途によって使い分ける必要があります。溶剤の大部分が水でできている水性には、ゲルインクという着色剤の粒が水に溶けていないタイプの水性顔料と着色剤が水に溶けているタイプの水性染料をつかったものの2つがあります。溶剤の大部分がアルコール系でできている油性は、着色剤が油に溶けている油性染料を使っています。染料を使用したものは、インクの発色がいいものの耐水性や耐光性に劣るという特徴があります。一方、顔料を使用したものは、一度乾くと水に強く耐久性に優れているという特徴があります。

油性ペンは、にじみにくく色あせしにくい、裏写りしにくいなどのメリットとともに、書き味や発色があまりよくなくインクが垂れてしまうことがあるというデメリットもあります。一方、水性ペンは、書き味が滑らかで発色がよく、インクの垂れが少ないというメリットとともに、耐光性がなく裏写りしやすい、水に濡れるとインクがにじんでしまうというデメリットもあります。ゲルインクは油性、水性の性質を持ち合わせています。仕事などでしっかりと書くものをお探しであれば、油性ペンの方がおすすめといえるでしょう。

【2.ボールペンの選び方】

ステーショナリーのコレクションなどに興味がある方を除いて、普段使いで書ければいいということであれば、価格が安いものを選んでも特に差支えはないでしょう。一般的に高価なボールペンは書きやすさという点ではあまり優れていないといわれています。ペンを持つ際の軸の太さに太さにこだわる方もいらっしゃることでしょう。ボールペンは、大別すると細軸と太軸の2つがあります。手元に意識を集中しながら緻密に書き連ねていくというタイプの方には、細軸が向いているでしょう。一方、太軸はゆったりと大きめの文字を書くのに向いています。

ペンを持った感じがしっかりしていて重厚感があるものはそれなりに重量もあります。30g以上になると重さが気になるようになり、連続して大量に筆記する場合には向かないかもしれません。握りの感じで疲れも変わってくるため軸は太さ、重量をポイントとして選ぶといいでしょう。最後に、線の太さですが、油性が0.7mm、ゲルインクは0.5mmが基本とされています。好みや用途によって0.3mm以下の極細タイプや1.0mm以上の極太タイプなどを使い分けるのもいいでしょう。

【3. 万年筆を使いこなす】

父から譲り受けた、入学祝にもらった、など昔は万年筆というと筆記用具のなかでも特別な意味をもつものでした。ペン先が独特で慣れないとなかなか上手に使えないため、最近では使いこなす人が少なくなっているのではないでしょうか。でもだからこそ、万年筆でしか味わうことができない筆圧や筆感があり、手紙や日記に使うのもおすすめです。また、仕事で万年筆を使いこなしている人は「できる人」とみられることもあるでしょう。

普段、ボールペンやシャープペンシルを使いなれていると柔らかいペン先の万年筆に違和感を覚えることがあります。入門編としては、14金や18金などの柔らか過ぎないペン先を選ぶのが無難です。タイプによって、手帳などにも書ける細字や極細字のもの、インク交換式のものやカートリッジ式のものなどいろいろと種類があるので、軸の太さとともに使いやすい一本を探してみるといいでしょう。

【4.おすすめのペン・万年筆】

「パイロット フリクションボール ノック」は、消せるボールペンとして人気の高いフリクションシリーズにノック式タイプとして新たに登場したものです。付属のゴムでこすると文字を消すことができるとともに滑らかな書き味が魅力となっています。「三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム」は、昔から人気のある黒、赤、青、緑の油性ボールペンとシャープペンシルが一体化したタイプの多機能ペンです。インクの渇きが早く手が汚れることもありません。

「アウロラ 万年筆 F 細字 イプシロン」は、初めて万年筆を使う方や若い世代に向けて開発された万万年筆です。スタイリッシュなデザインとキャップ、ノック式の使いやすさから、一万円を超える価格でも人気となっています。「パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SP 細字」は、一見するとサインペンのようなシンプルなつくりですが、ペン先はしっかりと万年筆になっています。1000円以下で買えることから普段使いにピッタリです。

【5. 通販で上手に買うための留意点】

通販では、ボールペンや万年筆だけでなく、蛍光ペンや鉛筆、筆ペンやシャープペンシルなど幅広いラインナップが揃っています。それぞれの特性を生かしてさまざまなシーンで使い分ける楽しみもあり、何種類も買う方が多いようです。万年筆は単品でも送料無料となることが考えられますが、ボールペンのみを買う場合には、大容量のお得な替え芯をセット買いするなどして、価格を抑えて上手に購入することをおすすめします。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

ペン・筆記用具でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら13.2%安いcainz。一方幅広く選ぶなら12035商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

12035

5.4%

イトーヨーカドー

681

4.3%

ヨドバシカメラ

11

11.1%

LOHACO(ロハコ)

3897

-10.6%

Amazonパントリー

174

10.7%

ロフト

1249

5.8%

cainz

645

13.2%

DCMオンライン

5402

-5.4%

PREMOA(プレモア)

316

9.7%

ビックカメラ

5407

2.5%

ジョーシンweb

1351

-0.8%

楽天24

1520

-26.3%

コジマ

1919

6.7%

ヤマダ電機

162

-2.7%

エディオン

49

6.7%

ソフマップ

224

-5.9%

たのめーる

201

7%

ペン・筆記用具の特集記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。