安い 安い・激安の印鑑・スタンプ

人気順にもっと見る

印鑑・スタンプのサブカテゴリ

印鑑・スタンプのブランド

関連キーワード

「印鑑・スタンプ」カテゴリの新着口コミ

オフィスの机にも、玄関先にもこの形がいちばん使い勝手がいいです。廃盤なのか、昔は文具屋の店頭でも見かけていましたが、通販でしか手に入りません。いづれ通販の扱いも失くなってしまうのでしょうか…

部で印鑑をまとめているので、他人との区別で買いました。

商品届きました。ありがとうございました。

非常に早く迅速な対応にとても感謝いたします。 大変良いショップです。 又、

商品届きました。ありがとうございました。

会社で使っている印鑑箱(ゴム等)の開閉部分が壊れてしまった。今回は、頑丈な印鑑箱がいいと思い、この商品を購入致しました。

非常に早く、安く買えて大変良かった。 梱包も簡易ではあるが、単品でしっかりと袋詰めされており、良かった。

とても良い商品で、いつも購入しています。

とても良い商品で、いつも購入しています。

迅速なご対応ありがとうございます。 安心の使い良さです。

印鑑・スタンプ通販で賢い買い方

印鑑・スタンプ

印鑑はそもそも売り物では無く、印章であるハンコを朱肉などのインクで押して、紙などに写し出された印影の事を指します。印鑑はその紙などに写し取られた文字などを指し示しているものなのです。印鑑は印の鑑と書く事でもおわかりのように、照らし合わせて真正であることを保証するものという意味のものとも言えます。そんな印鑑やスタンプですが、現在では通販でも手軽に購入が可能です。印鑑の役割や、それぞれの違いなどを踏まえて、間違いのないように購入しましょう。

【1.最古の印章の発見とその文化】

海外の外国人が物珍し気に印章をみますが、これは海外ではほとんどの国が、自分の名前を書き綴るサイン形式で、自分に認証を示しているからで、海外では公的に印章を使う国は無く、ひと昔前までは台湾や中国、韓国などでは印章文化はありましたが、現在では日本だけが登録制度を持っています。印章の歴史は意外にも古く、7000年前のメソポタミア文明の古代オリエントではッ件されたものです。

これは個人の持ち物である証として粘土板に印鑑を残しており、主に箱やつぼにかごを縛りその結び目に印をする事で、中身を盗まれる事を防止していました。扉などにも同じように粘土で印が押され、後の西洋の封蝋と同じ効果があったと考えられています。まだ文字の無い時代でしたので、デザインは葉や色々な模様が使われ、この封印を壊すと呪いがかかるともされていました。

【2.印章の歴史と文化】

古代の印章は、石や象牙に骨などが使われ、そのほとんどに穴があけられているのが特徴で、紐を通し首から掛けられていました。もちろん貴重品という事もあり首から掛けたのでしょうが、同時に富の象徴でもあったのです。その後印章は少しづつ変化していき、大きな粘土板でも一気に押せるように、円柱状の真ん中に穴を開けてくるくる回して押せるような印章も作られます。

古代ロ-マ時代には指輪印章が大流行し、宝石や貴石に文字や文様を彫刻して装飾した指輪が、王侯貴族から軍人に至るまで流行ったのです。また文書などに印章を押すには封蝋が使われるようになり、長くこの風習は続きますが、郵便が大量に運ばれる時代になると、封蝋が砕けてしまう事も多く、現在使われるのは高級酒などの瓶に施されるくらいです。

【3.日本の印章文化やその認識】

日本で最古の印章とされているものは、日本書紀の記述によるもので、692年には持統天皇へ木印を奉ったという事が書かれています。印章が本格的に使われるようになったのは、大化の改新の後とされ、これは大宝律令の制定後に隋や唐にならって官印を導入した事によります。また私印を用い始めたのは藤原仲麻呂で、当時は個人で印章を持つ事が許されなかった時代にあって、それほどの実権を握っていたと推測されます。

しかし、平安時代後期から鎌倉時代にかけては花押が多く使われますが、僧による書画に捺印する印章が再び注目され、これが利用され始めます。江戸時代には、書類のほか私文書にも印を押す慣習が広まり、現在の印鑑登録となる台帳も作られ現在の基礎ともなりました。明治政府によってサイン制度になる危機もありましたが、識字率の低さからそのまま移行していきました。

現在は通販で印章やスタンプを購入できる時代になってきました。もちろん実印も含めての事ですが、素材の象牙に関しては、日本は重要な問題点を抱えています。皆さんご存知のように、象牙はワシントン条約で国際取引が禁止されています。

これまで禁止していなかった中国も2017年に禁止する事になり、これで世界で象牙が流通するのは日本だけで、日本は象牙の違法取引の拠点として見なされている風潮が続いています。印章を押す時のスタンプについてですが、重要な文書によっては、朱肉でないインクが認められないという事もありますので、気を付けなければなりません。また同じように、三文判とされる認め印だけでは駄目な場合もあります。

【4.印章の用途やニーズ】

日本は、世界で唯一の印章文化が残る国で、たとえ本人であっても印章が無ければ、契約を行う事もできませんし、銀行からまとまった金額を引き出す事もままなりません。社会に出ると、基本的に印鑑は3種類必要で、認め印と銀行印、そして実印が必要となります。実印にはフルネームで姓名が彫られ、役所に印鑑登録をしておかないと実印の効力はありません。

また実印が必要なものは非常に重要な書類で、家など高価なものを購入する際には必ず必要になるもので、その際には印鑑登録証明と共に、実印を押す事が義務付けられています。銀行印は、銀行など金融機関専門で使うもので、姓だけが彫られていますが、これが無ければ解約も行えませんので、貴重な印章として実印と共に大事に保管します。通常印としては認め印が使われており、オールラウンドで色々な認め印として使われます。

【5.印鑑やスタンプは通販での購入も人気】

印鑑は通販での購入も人気です。実印のような重要な印鑑を通販で手に入れるのは難しいですが、普段でも気軽に使えるような印鑑であれば、通販でも安い価格で手に入るのです。もちろん、朱肉や印鑑ケースなども一式揃っていますので、普段使う印鑑やスタンプを購入するなら、通販でも充分でしょう。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

印鑑・スタンプでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら16.3%安いヨドバシカメラ。一方幅広く選ぶなら14200商品を扱うLOHACO(ロハコ)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

5929

10.4%

爽快ドラッグ

24

-10%

ケンコーコム

24

-10.6%

イトーヨーカドー

37

-5%

ヨドバシカメラ

1045

16.3%

LOHACO(ロハコ)

14200

-12.8%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

26

-0.6%

アカチャンホンポ

7

-7.8%

ロフト

13

-16.8%

DCMオンライン

126

-15.2%

PREMOA(プレモア)

17

6.7%



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops