善玉ガード|究極の善玉菌サプリの効果を徹底分析

善玉菌サプリで腸内環境を改善?【おすすめ善玉菌サプリランキング5選】

善玉メイン

本日の特集は善玉菌を補う「善玉菌サプリ」

小さいお子さんを持つ親御さんにとって、ドンヨリやイライラ、グズグズやそれに影響したデリケートな悩みが増える時期はホントに大変。特に初めての子供だとなおさらです。

そういった症状が続くと、困ってしまう方も多いのではないでしょうか?

子供特有の問題は、腸内環境が整っていないことが原因のひとつと言われており、それの結果として起こってしまう症状とされています。

悪玉菌に比べて善玉菌が減少してしまうと、スッキリしにくい体になってしまいます。今日はそんな悩みを持つ方のための対応策として、腸内環境を改善させる「善玉菌サプリ」をご紹介します!

善玉菌サプリおすすめ商品を徹底比較

おすすめ「善玉菌サプリ」5選を徹底比較

①初回価格 ②定期価格 ③主な成分 ④添加物 ⑤期待できる効果の5つの切り口から比較分析し、通販ショップでの売れ筋のランキング順で、分析結果をまとめました。

順位商品初回価格定期価格主な成分添加物期待できる効果

菌の森
1,870円3,740円ビフィズス菌
EC-12(フェーカリス菌)
ウコン末
ラクトフェリン
ミルクオリゴ糖
合成保存料カット
合成着色料カット
整腸作用
美容
免疫力アップ
口臭ケア
初回キャンペーン実施中!

BISERA
500円3,980円ラクリス菌
EC-12菌
ナノ乳酸菌
記載なし整腸作用
美容

善玉菌のチカラ
1,550円2,350円クレモリス菌FC株
アルギン酸カリウム
カルシウム
記載なし整腸作用
美容
快眠作用
4
スルーラ
980円4,920円乳酸菌
オリゴ糖
EC-12
BR-108
記載なし整腸作用
ダイエット
美容
5
善玉元気
2,700円5,400円乳酸菌発酵エキス
アントシアニン
オリゴ糖
水溶性食物繊維
合成保存料カット
合成着色料カット
防腐剤カット
防カビ剤カット
合成香料カット
人工甘味料カット
整腸作用
老化防止
口臭ケア

ランキング上位3選

菌の森

おすすめ善玉サプリランキング第1位に選ばれたのは価格や効果・効能、主な成分で好成績を叩き出した「菌の森」に決定。"腸から始める体内環境改善!"を謳い文句に、20種類・200億個という破格の量を誇る善玉菌が身体の調子を整えます。肌荒れや免疫の低下、便秘や倦怠感などに悩まれる方にぴったりなサプリです。

成分は良質な善玉菌をメインに構成されており、ビフィズス菌の栄養となるミルクオリゴ糖やEC-12(フェーカリス菌)を配合し、悪玉菌の増殖を防ぎます。

新鮮さをキープするためにクール便で配達されるのも特徴。本体も生タイプで生きた善玉菌が直接、腸内環境に働きかける優れもの。生きた菌をそのまま摂取できるサプリは正直、珍しいです。

サプリと謳ってはいますが、分類上は機能性表示食品。合成着色料や合成保存料をカットしており、子供や妊婦、高齢者の方が飲まれても安全です!

BISERA

BISERA」は腸内フローラに働きかけ、キレイをサポートする応援サプリ

腸内フローラは腸内の細菌がひしめき合う様子がお花畑(flora)に見えることからつけられた名称。人間の健康や美容に大きく関わっており、科学専門の研究機関でも大注目されているんです。BISERAには腸内フローラサポート菌が1兆個も配合され、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らします。特殊加工が施されたカプセルで腸内へダイレクトにアプローチ。

さらに驚きなのが、初回価格が衝撃の500円!1日換算するとわずか16円というびっくり価格です。

大好評につき、在庫がかなり少なくなってるようなので、購入できた方はラッキーかもしれません。

善玉菌のチカラ

黒豆やとろろ昆布でおなじみのフジッコさんがお送りする「善玉菌のチカラ」は、第3位!

カスピ海ヨーグルトの独自の乳酸菌「クレモリス菌FC株」がお通じを大幅に改善します。便秘に悩まれている方、お腹のハリが気になる方は「善玉のチカラ」で理想的な善玉菌を増やしてみてはいかがでしょうか。

生きた乳酸菌の他に海藻生まれの食物繊維カルシウムも配合し、腸内環境だけでなく健やかな身体作りのサポートも行います。

1位2位3位
菌の森BISERA善玉菌のチカラ
菌の森BISERA善玉菌のチカラ

よく聞くけどよく知らない!善玉菌とは?

もしも、あなたが「善玉菌って何?」と聞かれたら、ちゃんと答えることはできますか?

ちなみに筆者はこの記事を書く前は、「身体にいい菌」や「ヨーグルトに入ってるヤツ」という限りなく薄い知識しか持ち合わせていませんでした…。

まずは善玉菌サプリを紹介する前に、善玉菌とはいったいどんなものか。詳しく見ていきましょう。

ローズサプリ

そもそも、善玉菌は「腸内細菌」の一種。

腸内細菌とはその名の通り、腸の内部に生息している細菌のことです。

代表的なものだと乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌にブドウ球菌などなど。それらを総称して腸内細菌と言います。

あらゆる動物の腸内には細菌が生息していますが、人間の場合だと約3万種類・1000兆個。重量にして1〜1.5kgもの腸内細菌が生息しているとも言われます。これは肝臓とほぼ同じくらいの重さになります。この時点でちょっとびっくりですよね…。

腸内細菌は基本的に腸内で1つの集団となって生息しています。さらにその集団を細かく見てみると、細菌の種類ごとにわかれて仲良く生息しているとのこと。

そして、その腸内細菌の集団を「腸内フローラ」といいます。「フローラ」は英語で「お花畑(flore)」の意味。

腸内を顕微鏡で見た時に、お花畑のように細菌が生息していることからこのように呼ばれるようになりました。テレビや化学の教科書で拡大された菌類を見たことがある方もいらっしゃるのでは?

ちなみに、専門的な言い方をすると腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも言います。「叢」は漢字ひとつで「くさむら」と読む難しい漢字。

ローズサプリ

腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見(ひよりみ)菌の3つに分けることができます。善玉菌・悪玉菌はおそらく一度は聞いたことがあるでしょう。

善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌に代表される、体の健康を高める腸内細菌。食べ物の消化・吸収をサポートしたり、免疫系の働きを高めたりする働きがあります。

一方の悪玉菌は大腸菌やブドウ球菌などなど、体にとっては悪い影響を与える腸内細菌。腸の中で腐敗物を作り出してしまったり、有毒物質を作り出したりする悪者のような存在。
ただしすべての悪玉菌が有害というわけではなく、食べ物の分解をサポートするような体に有益な悪玉菌もいます。

普段は腸の中で、善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在しているのですが、何らかの原因でこのバランスが崩れてしまうと、さあ大変。日和見菌が優勢な方に加担して、働きをサポートしてしまうというカオスな状態に。あまり聞き馴染みのない日和見菌は、このようにちょっと性格に難がありそうな行動をとってしまう複雑な菌なのです。

何らかの原因もいくつか存在し、そのほとんどがストレスによる生活習慣の乱れ。ストレスが増えると悪玉菌が増加し、それに伴い日和見菌は悪玉菌の方に加担し、腸炎を引き起こしてしまいます。

なお、腸内細菌をすべて善玉菌にするのは不可能なので、理想的な配分としては善玉菌:悪玉菌が2:1になるくらいがベスト。なるべくこのバランスを崩さないよう、食生活などで工夫していきたいですね。

善玉菌のメリット・デメリット

善玉菌が体内で増えると、体にとって様々なメリットやデメリットがあります。まずはメリットについて、ひとつひとつ見ていきましょう。

ローズサプリ

1食べ物の消化、吸収、代謝

私たちが生きるためには食べ物から栄養分を補給することが必須です。口から摂取された食べ物は食道を通り、胃や小腸で分解・消化・吸収された後、血液を通して体中の細胞に行き渡ります。本来こういった一連の消化作業は消化酵素の役割なのですが、小腸内では善玉菌が消化酵素をサポートするという形でこの作業にかかわっているのです。

小腸の長さは6~7m、表面積にするとテニスコート1面分(約200平方m)もあるというのは有名な話かと思います。しかしそれだけに小腸全体に万遍なく栄養を行き渡らせるのは難しく、特に炭水化物やたんぱく質、脂肪などは分子が大きい構造をしているので、消化酵素だけではなかなか手が回りません。そこで善玉菌が消化酵素をサポートし、効率的な消化・吸収を行えるようにしているというわけです。逆に腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が優勢になってしまっていると、成分が分解しきれず大半がそのまま便になって排出されてしまいます。

2免疫系の産生

善玉菌には「腸管免疫系」の産生のサポートという働きもあります。私たちの体には免疫系といって、病原菌やウイルスが侵入した時にそれらを追い出そうとしてくれる働きを持つ器官があるのですが、その中でも最大のものが「腸管」です。体にあるリンパ球の70%以上がここに集中するとも言われ、健康に生活を送る上では非常に重要な役割を担っています。もし腸内細菌が正常に働かなければ腸管の免疫系も作り出されることがなく、体が病原菌やウイルスに対して無抵抗になってしまうので、この機能は非常に重要ですね。

3ビタミンを作る

善玉菌はビタミンを作り出す働きもあります。作られるのは主にビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンKなどなど。ビタミンB1は糖質や炭水化物をエネルギーに変換するときに使われるビタミンです。体の疲れを軽減したり、集中力に働きかける作用も期待できます。ビタミンB2は脂質をエネルギーに変換するときに使われるビタミンです。糖質・脂質・炭水化物は3大栄養素とも言われていますから、いかに善玉菌が体にとって重要かがわかりますね。また口内炎やニキビの予防にも効果的なビタミンです。

ビタミンB6にはたんぱく質の代謝を促進する効果があります。皮膚や髪の毛などにはとても重要なビタミンなので、美容のことを意識するなら積極的に取り入れたいところ。また動脈硬化や脂肪肝などに対して良い働きもあります。最後に、ビタミンKは出血した際に血液を凝固させるよう命令を出す因子を活性化させる働きのあるビタミンと言われています。つまりケガをしたときにビタミンKを摂取すると、治りが早くなるということです。ほかには骨のたんぱく質を活性化して、カルシウムが骨に定着するのをサポートする作用もあります。

4アレルギーを抑制する

最近になってアレルギーの抑制にも善玉菌が使われる様になってきました。アレルギーの悩みに対する対処法としては、ステロイドなどを利用して外から治そうとするアプローチが一般的でしたが、中から治そうとするアプローチが登場し、これが善玉菌の力を借りた対処法です。腸内に存在する善玉菌を利用して免疫機能を高めることで、アレルゲンの侵入を防ぐということが目指しているところです。

善玉菌のデメリット

ローズサプリ

こんないいことばかりの善玉菌。基本的には健康に良い影響を及ぼしてくれる腸内の菌として知られているのですが、デメリットは存在するのでしょうか?結論から言うと、善玉菌を摂り過ぎることで、何ら悪い影響はありません

善玉菌が増えすぎると、悪玉菌が死滅して逆に身体に悪影響があるのではないかとか、様々な心配が起こりますが、善玉菌が増えすぎても悪玉菌が死滅することはないですし、身体に悪影響を与えることはありません。ただし、例えばヨーグルトなりヤクルト、善玉菌サプリなど善玉菌が豊富に含まれているものを飲みすぎると、冷た過ぎてお腹を壊すとか、必要以上の量を飲むためお金がかかるとかは出てくるかもしれません。が、直接の善玉菌のデメリットではなく、冷たいものを飲むデメリットとか、不要な量を飲むことによるサプリのデメリットということになるかと思うので、善玉菌を飲むことのデメリットとしては存在しないと言えるでしょう。

腸内細菌の多数派!善玉菌を増やすには?

ローズサプリ

それでは、善玉菌を増やしていくにはどうすればいいのでしょうか。方法としてはいくつかあり、

①乳酸菌飲料、発酵食品など、乳酸菌を多く含む食物を積極的にとる
②五穀米や食物繊維、オリゴ糖など、体内の乳酸菌を活性化させるような食品を取る
③バランスの良い食事を心がける

、などがあげられます。

基本的には乳酸菌を摂取していくことが善玉菌を増やす近道。ヨーグルトやカルピス、ヤクルトといった乳酸菌飲料を積極的に摂るようにしましょう。

ただし、実際はヨーグルトを食べるといった通常の方法では、生きたままの乳酸菌を摂取しても大半は胃液などで死滅してしまい、腸まで届くことはほとんどありません…。

さらに、自分が健康に気を付けたい場合は、少しばかり面倒でも食事を気をつけたり、乳酸菌を多く含む食物を積極的に摂取すると思われますが、「子供に食べさせる」となった場合はなかなか難しいのではないでしょうか。

そんな苦労を助けてくれるのが「善玉菌サプリ」なのです!

まとめ

最後に再掲になりますが、スマートショッピングがおすすめする善玉菌サプリベスト3となります。

ぜひとも参考にしてください!

1位2位3位
菌の森BISERA善玉菌のチカラ
菌の森BISERA善玉菌のチカラ

善玉ガードの関連記事一覧




  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops