究極の善玉菌サプリ!パパママも使える善玉ガード

人気の善玉菌サプリ、善玉ガードをご紹介

本日の特集は、善玉菌を補うサプリ、善玉ガード。小さいお子さんを持つ親御さん、特に初めての子供だと、ドンヨリやイライラ、グズグズ、イヤイヤ、それに影響した便秘や下痢などのデリケートな悩みには敏感なものです。特にそういった症状が続くと、困ってしまう方も多いのではないでしょうか?子供特有の問題は、腸内環境が整っていないことが原因で、結果的に起こってしまう現象とも言われています。今日はそんな悩みを持つ方のための対応策として善玉菌を補うサプリ、「善玉ガード」をご紹介します。

善玉ガード


目次


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

善玉菌とは?

そもそも、善玉菌は「腸内細菌」の一種です。

腸内細菌とは、その名の通り、腸の内部に生息している細菌のことです。代表的なものだと乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌にブドウ球菌などなど、それらを総称して腸内細菌と言います。あらゆる動物の腸内には細菌が生息しているのですが、人間の場合だと約3万種類・1000兆個、重量にして1〜1.5kgもの腸内細菌が生息しているとも言われます。これはほぼ肝臓と同じくらいの重さになります。

また腸内細菌は腸内で1つの集団となって生息しています(さらにその集団を細かく見てみると、細菌の種類ごとにわかれて生息しているようです)。そしてその腸内細菌の集団を「腸内フローラ」といいます。「フローラ」は英語で「お花畑(flore)」の意味。腸内を顕微鏡で見た時に、お花畑のように細菌が生息していることからこのように呼ばれるようになりました。ちなみに難しい言い方をすると腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも言います。

腸内細菌は善玉菌悪玉菌日和見(ひよりみ)菌の3つに分けることができます。善玉菌・悪玉菌はおそらくみなさんもご存知の名前でしょう。善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌に代表される、体の健康を高める腸内細菌です。腸内環境を整えるほか、食べ物の消化・吸収をサポートしたり、免疫系の働きを高めたりする働きがあります。

一方の悪玉菌は大腸菌やブドウ球菌などなど、体にとっては悪い影響を与える腸内細菌です。腸の中で腐敗物を作り出してしまったり、有毒物質を作り出したりしてしまいます(ただしすべての悪玉菌が有害というわけではなく、食べ物の分解をサポートするような体に有益な悪玉菌もいます)。

普段は腸の中でこの善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在しています。しかし何らかの原因でこのバランスが崩れてしまうと、日和見菌がその時優勢な方に加担して、働きをサポートしてしまうのです。例えばストレスや生活習慣が乱れてしまうと、悪玉菌の方が増加。すると日和見は悪玉菌の方に加勢し、下痢や便秘、腸炎などを引き起こしてしまいます。理想的な配分としては善玉菌:悪玉菌が2:1になるくらい(腸内細菌をすべて善玉菌にすることは不可能)。なるべくこのバランスを崩さないよう、食生活などで工夫していきたいですね。


善玉菌のメリット・デメリット

なぜ善玉菌

善玉菌が体内で増えると、体にとって様々なメリットやデメリットがあります。まずはメリットについて、ひとつひとつ見ていきましょう。

善玉菌のメリット

1食べ物の消化、吸収、代謝

私たちが生きるためには食べ物から栄養分を補給することが必須です。口から摂取された食べ物は食道を通り、胃や小腸で分解・消化・吸収された後、血液を通して体中の細胞に行き渡ります。本来こういった一連の消化作業は消化酵素の役割なのですが、小腸内では善玉菌が消化酵素をサポートするという形でこの作業にかかわっているのです。

小腸の長さは6~7m、表面積にするとテニスコート1面分(約200平方m)もあるというのは有名な話かと思います。しかしそれだけに小腸全体に万遍なく栄養を行き渡らせるのは難しく、特に炭水化物やたんぱく質、脂肪などは分子が大きい構造をしているので、消化酵素だけではなかなか手が回りません。そこで善玉菌が消化酵素をサポートし、効率的な消化・吸収を行えるようにしているというわけです。逆に腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が優勢になってしまっていると、成分が分解しきれず大半がそのまま便になって排出されてしまいます。

2免疫系の産生・活性化

善玉菌には「腸管免疫系」の産生のサポート・活性化という働きもあります。私たちの体には免疫系といって、病原菌やウイルスが侵入した時にそれらを追い出そうとしてくれる働きを持つ器官があるのですが、その中でも最大のものが「腸管」です。体にあるリンパ球の70%以上がここに集中するとも言われ、健康に生活を送る上では非常に重要な役割を担っています。もし腸内細菌が正常に働かなければ腸管の免疫系も作り出されることがなく、体が病原菌やウイルスに対して無抵抗になってしまうので、この機能は非常に重要ですね。

3ビタミンを作る

善玉菌はビタミンを作り出す働きもあります。作られるのは主にビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンKなどなど。ビタミンB1は糖質や炭水化物をエネルギーに変換するときに使われるビタミンです。体の疲れを取ったり、集中力アップなどの効果もあります。ビタミンB2は脂質をエネルギーに変換するときに使われるビタミンです。糖質・脂質・炭水化物は3大栄養素とも言われていますから、いかに善玉菌が体にとって重要かがわかりますね。また口内炎やニキビの予防にも効果的なビタミンです。

ビタミンB6にはたんぱく質の代謝を促進する効果があります。皮膚や髪の毛などにはとても重要なビタミンなので、美容のことを意識するなら積極的に取り入れたいところ。また動脈硬化や脂肪肝などを予防する働きもあります。最後に、ビタミンKは出血した際に血液を凝固させるよう命令を出す因子を活性化させる働きのあるビタミンです。つまりケガをしたときにビタミンKを摂取すると、治りが早くなるということです。ほかには骨のたんぱく質を活性化して、カルシウムが骨に定着するのをサポートする効果もあります。

4腸内環境を整える

そして、善玉菌には悪玉菌増加を抑制し、腸内環境を整える働きもあります。もし悪玉菌が増加してしまうと、腸内の乳酸菌が減ってしまい正常な代謝が不可能に。健康な状態だと腸内の余分なコレステロールは乳酸菌の働きで正常に代謝され、排泄型コレステロールに変化して体外へと排出されるのですが、悪玉菌が多い状態だとコレステロールの代謝が上手くいかずずっと体内に留まり、高脂血症、動脈硬化を引き起こしてしまうのです。

また悪玉菌が多い状態だと、有毒物質を産生する菌が増加することもあります。例えば病原性大腸菌やシェードモナス菌が増加すると、ニトロソアミンといって大腸癌の原因となってしまうような発癌性物質を産生してしまうことも。他にも様々な有害物質が産生され、非常に危険です。

また腸の内部で有害物質が発生するだけでなく、腸の外側から侵入してくる病原菌も増加してしまいます。例えば食中毒を引き起こすことで有名なO-157。腸内細菌のバランスが取れている時、O-157は善玉菌が追い出してくれるのですが、悪玉菌が多い時はそのまま侵入を許してしまい、食中毒を引き起こします。

5アレルギーを抑制する

最近になってアレルギーの抑制にも善玉菌が使われる様になってきました。アレルギーとして現代人の悩みで多いのが花粉症やアレルギー性の皮膚炎。こういった悩みに対する対処法としては、ステロイドなどを利用して外から治そうとするアプローチが一般的でしたが、中から治そうとするアプローチが登場し、これが善玉菌の力を借りた対処法です。腸内に存在する善玉菌を利用して免疫機能を高めることで、アレルゲンの侵入を防ぐということが目指しているところです。

善玉菌のデメリット

こんないいことばかりの善玉菌。基本的には健康に良い影響を及ぼしてくれる腸内の菌として知られているのですが、デメリットは存在するのでしょうか?結論から言うと、善玉菌を摂り過ぎることで、何ら悪い影響はありません

善玉菌が増えすぎると、悪玉菌が死滅して逆に身体に悪影響があるのではないかとか、様々な心配が起こりますが、善玉菌が増えすぎても悪玉菌が死滅することはないですし、身体に悪影響を与えることはありません。ただし、例えばヨーグルトなりヤクルト、善玉菌サプリなど善玉菌が豊富に含まれているものを飲みすぎると、冷た過ぎてお腹を壊すとか、必要以上の量を飲むためお金がかかるとかは出てくるかもしれません。が、直接の善玉菌のデメリットではなく、冷たいものを飲むデメリットとか、不要な量を飲むことによるサプリのデメリットということになるかと思うので、善玉菌を飲むことのデメリットとしては存在しないと言えるでしょう。


善玉菌を増やすには?

善玉菌を増やす方法

ではこの善玉菌を増やしていくにはどうすればいいでしょうか。方法としてはいくつかあり、

  • ヨーグルト、乳酸菌飲料、発酵食品など、乳酸菌を多く含む食物を積極的にとる
  • 五穀米や食物繊維、オリゴ糖など、体内の乳酸菌を活性化させるような食品を取る
  • バランスの良い食事を心がける

などなど。基本的には乳酸菌を摂取していくことが善玉菌を増やしていく方法になります。ただし、実際はヨーグルトを食べるといった通常の方法では、生きたままの乳酸菌を摂取しても大半は胃液などで死滅してしまい、腸まで届くことはほとんどありません。

さらに、自分が健康に気を付けたい場合は、少しばかり面倒があっても食事を気をつけたり、乳酸菌を多く含む食物を積極的に摂取すると思いますが、「子供に食べさせる」となった場合はなかなか難しいものがあると思います。そんな苦労を助けてくれるのが「善玉ガード」なのです!


究極の善玉菌サプリ:善玉ガードとは?

ここまでで善玉菌を補うことが、身体の健康を保つ上でどのくらい重要かわかって頂けたかと思います。便秘や下痢、ドンヨリやイライラといったトラブルを防ぐために開発されたのが「善玉ガード」。子供が喜んで食べてくれるように、美味しさにまでこだわって作られています。善玉ガードは舐めて食べる小粒のチュアブルタイプ。小さい子供でも安心して食べられるよう粒の大きさや硬さにまでこだわっています。小さな子が嫌がらずに毎日続けられるよう、美味しいヨーグルト味でキシリトールも配合しました。

「食の安心・安全」を何よりも優先し、製造から管理まで国内で実施。確かな製品を消費者の皆様まで直接お届けするため、善玉ガードは通信販売のみの取り扱いとなっています。財団法人日本健康・栄養食品協会のGMP認定取得工場で製造しており、異物を混入させないための空調管理から全品目においての検査、品質管理も事細かに行っています。小さな子供から大人まで、家族みんなで食べて頂ける安心の品質となっています。


善玉ガードの守りのヒミツ

善玉ガードの守りの秘密

善玉ガードは、食生活と身体バランスを徹底的に考えて、小さな子供から大人までが食べて腸内環境を整えるもらうことを目指した食品です。そんな善玉ガードが、腸内環境を守るために持っている「守りのヒミツ」をここではご紹介したいと思います。

守りのヒミツ①:ダブル善玉菌

子育ての中で、子供がグズグズ、ドンヨリを示すことはよくあること。「うちの子だけなんだか敏感?」といったような思いを持たれたことがある親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?もちろん要因は色々考えられるかもしれませんが、慢性的に続く場合には身体の中の不調を疑ってみては?食生活と身体バランスが崩れてしまうと、たちまち過剰にデリケートな身体になりがちです。身体を内側から守るには善玉菌を増やして、腸内フローラのバランスを保つ習慣が大切です。善玉ガードは特許取得の乳酸菌LCKT11とビフィズス菌BB536のダブル善玉菌で身体の中からお子様を守ります。

守りのヒミツ②:熟成蔵づくり発酵を配合

消化の働きが未熟な時期から始まるトラブルは一過性ではなく次々と連鎖していく引き金になりかねず、成人してもデリケートな身体を引きずりがちです。ドンヨリ、グズグズ、イヤイヤなどが直らない、一人でいくつもの悩みを持つ子供も多く、だからこそ少しでも早く、トラブルを寄せ付けない身体づくりを始めることが重要になります。善玉ガードは野菜や果物、海藻など100種類の原料を発酵に1年、熟成に1年以上をかけた熟成蔵づくり発酵を配合し身体を内側からケアしています。

守りのヒミツ③:生きた善玉菌を届けるための3理論

ここまで読んで頂いた方の中には、「なんだ、結局善玉菌を増やすってことか。それならうちは毎日ヨーグルトを食べているから大丈夫」と考えている方も多いのではないでしょうか?いいえ、違います。ヨーグルトや乳製品で善玉菌を摂っているつもりでも、乳酸菌はビフィズス菌は胃酸に弱く、活躍する場所である腸に到達するまでに殆どが死滅してしまいます。身体環境を内側から整えて、コンディションを整えるにはまず善玉菌を生きたまま届ける。そして上手に働かせながら増やしていくのがポイントです。善玉ガードはプロバイオティクスxプレバイオティクスxバイオジェニクスといった3つの理論を取り入れることで、生きた善玉菌が中から身体を守ります。生きた善玉菌を働かせてより健やかな毎日を目指しましょう。


善玉ガードの成分

善玉ガード成分

善玉ガードには、身体環境をケアしてくれる善玉菌や、善玉菌をサポートしてくれる成分、そして、善玉菌と一緒に消化と成長を助けてくれる酵素など、お子さんの身体を守ってくれる成分が多数配合されています。

有効成分 説明
LCKT-11 ヒト由来の乳酸菌で、お腹のバランスを改善してくれる特許成分。お子さんの感じやすさの原因となるお腹のバランスの乱れを改善し、刺激を寄せ付けない身体にしてくれます。
生ビフィズス菌BB536 LCKT-11と同じく、ヒト由来のビフィズス菌。この菌は酸に強いため、生きたままお腹に届きます。
フラクトオリゴ糖 ビフィズス菌や乳酸菌の大好物であるため、善玉菌の働きをより活発にしてくれます。
高分子難化性ファイバー フラクトオリゴ糖と同じく善玉菌をサポートしてくれる
天然由来カルシウム 北海道や青森といった北国でとれた新鮮で良質なホタテ貝の貝殻を、マイクロ微粒子化し配合。
熟成蔵づくり酵素 100種類もの野菜や果物、海藻などを手間と時間をかけて発酵熟成させた蔵づくり酵素。食事だけではとれない栄養も含まれているので、好き嫌いが多い子にもオススメです。

上記のように、腸内細菌のバランスを整えたり、善玉菌自体の働きをサポートする成分が入っています。一方で、善玉ガードは23品目アレルギーフリーなので、より幅広い人に食べていただける商品ですよ。


善玉ガードの口コミ

善玉ガードの利用者の口コミとして、以下のようなコメントを頂いています。その一部をご紹介します。

  • 私も主人も何かと敏感で、いろんなトラブルに悩むこともありました。子どもたちにはそんな思いをさせたくないので、「善玉ガード」を食べさせています。自分自身の経験やいろいろと調べた中でも、「善玉ガード」の成分や考え方は納得のいくものばかりです。デリケートになり始める前に、備えておくことも大切ですし、成分も自然由来で安心できます。おやつみたいに美味しく食べられるのもいいですね。家族みんなで続けています。(埼玉県、主婦)

  • 「バランスの良い食事を」と気を配っているつもりですが、たくさんの食材を毎日の食事でそろえたり、食べてもらうのはなかなか大変。子供のうちは好き嫌いもありますしね。「善玉ガード」は乳酸菌だけでなく、100種類の原料を発酵・熟成させた素材が入っているのが気に入っています。身体環境は、やる気にも影響すると聞いています。ふたりとも勉強にスポーツに思いっきりがんばってほしいから、栄養バランスを整えて、内側からのケアを続けたいですね。(岩手県、主婦)

  • 私の周りにも、感じやすい子がたくさんいます。それが小さい時だけでなく、ずっと続く悩みにつながると聞いて、何かできることはないかと考えていたところ、友人に勧められたのが「善玉ガード」でした。今、テレビなどでも話題の「腸内フローラ」が子供にも大切だったんですね。「善玉ガード」なら、なめるだけできちんとケアできるのが大助かり。以前は「ちょっと敏感かな」と思うことがありましたが、毎日の習慣にして、強く、元気に大きくなっていって欲しいです。(茨城県、主婦)

善玉ガードのQ&A

善玉ガードは言ってもそこそこの値段がするので、買う前に重要な点はきっちり確認しておきたいものです。よくある質問とその回答を中心に、チェックしておきたい事項を下記にまとめてみました。


善玉ガードの価格

最後に気になるのが、やっぱり価格。毎月かかってくることを考えると続けにくいものですよね。今回スマートショッピングでは、分かり易くするために、税込価格で送料や代引き手数料がどのようにかかってくるかを以下の通りまとめてみました。本当に使い続けられるかどうかを調べる意味では単品でも買えるのですが、価格的には圧倒的に定期便がお得。定期便でありがちな「何回分は絶対購入」といった縛りもなく、「いつでも休止・再開」OKの定期便なので安心です。

お母さんも一緒コース
(毎月2袋)
善玉ガード定期便
(毎月1袋)
単品購入
初回 ¥4,298
(税込。送料無料)
¥2,138
(税込。送料無料)
¥4,320
(税込。送料別。代引手数料別)
2回目以降 ¥6,912
(税込。送料無料)
¥3,888
(税込。送料無料)
¥4,320
(税込。送料別。代引手数料別)

まとめ

毎月4,000円近い出費が勿体無いという方もいらっしゃるかもしれませんが、変なお菓子を与えて続けるくらいなら、多少の出費はあったとしても、おかし替わりにもなる善玉ガードで健康になる方が良いのではないでしょうか?定期購入などを上手く活用しながら、お子さんの便秘や下痢、ドンヨリやグズグズ、イヤイヤといったトラブルを乗り切って下さい。


善玉ガードの関連記事一覧


より広い範囲から探す


スマートショッピング まずはよく買う商品の最安値をチェック!

スマートショッピングは日本唯一、日用品・食品に特化した価格比較。送料・ポイントもいれた最安値を計算。

簡単な使い方

  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
©SmartShopping, Inc.