袋麺おすすめランキングとカロリー・おいしい食べ方

ラーメン

ラーメン(袋麺)は多くの日本人が愛している食べ物でしょう。日本人はもともと麺類の好きな人が多い国です。そばうどんそうめんなどさまざまな麺類があり、そこにはラーメンも入っています。ラーメンはもともと、日本のものではないですが、今ではすっかり日本料理の一つとして君臨しています。

自宅でも気軽に食べるためのものとして、袋麺があります。袋麺の方がお店のラーメンよりも好きだという方もいるほどです。多くのメーカーが袋麺を出しています。こちらではラーメン(袋麺)のカロリーについて紹介します。また、どうすればラーメン(袋麺)をおいしく食べることができるのかについても解説します。ラーメン(袋麺)が好きな方には役に立つ情報となるでしょう。

ラーメン(袋麺)のカロリー

ラーメン(袋麺)に、どのくらいのカロリーが含まれているのかはダイエットをしている方にとっては気になることでしょう。メーカーによって、カロリーには大きな違いがあります。基本的には1個あたり300〜500kcalくらいのものが多いです。ちなみに、カップラーメンのカロリーもほぼ同じぐらいです。

ただし、ラーメンにはいろいろな味付けが存在しています。基本的には醤油味が最も基本的なものであり、こちらが一番カロリーが低くなっています。塩やみそ、とんこつラーメンの方がカロリーは高くなりやすいです。特にとんこつはカロリーが高くなりやすいため、気をつけましょう。

また、ラーメンのカロリーは、スープをすべて飲むかどうかによってかなり異なります。スープを全部飲んでしまうと、カロリーが高くなるからです。逆に麺だけを食べていれば、それほどカロリーは高くなりません。そのため、ダイエットをしている方はスープに気をつけましょう。

ラーメン(袋麺)のカロリー

ラーメン(袋麺)に含まれている栄養素として、ビタミンB1やビタミンB2、カルシウムなどが多いです。さらに食塩がたくさん含まれています。そのため、ラーメン(袋麺)ばかりを食べている食生活は改善するべきでしょう。一日に2個や3個のラーメン(袋麺)を食べてしまうとかなりの食塩を摂取することになります。基本的には一日に1個に留めておくべきでしょう。

最近はダイエットをしたい方に配慮したラーメン(袋麺)が増えています。ノンフライ麺という言葉を聞いたことのある方は多いでしょう。これは文字通り、麺を揚げていないものということです。これであれば、カロリーを抑えることができます。カロリーだけを見るとラーメン(袋麺)は、それほど高くはないです。普通の食事と変わりないか、むしろラーメン(袋麺)の方がカロリーは低いぐらいです。

ただし、食塩の影響によって健康に悪い影響を与えてしまう可能性はあります。また、あまり満腹感を感じにくいものなので、ほかのものも食べてしまう可能性があり、結局摂取カロリーが増えてしまう可能性があります。そのため、ラーメン(袋麺)の食べ方には気をつけましょう。

これからラーメン(袋麺)を食べようと思っている方は、きちんとカロリーをチェックするようにしてください。カロリーを確認しておかないとダイエットに問題が出てしまうかもしれません。ノンフライ麺かどうかもチェックしましょう。

ラーメン(袋麺)を美味しく食べるには?

ラーメン(袋麺)をこれまで普通に食べてきたという方は多いでしょう。しかし、同じような食べ方をしていると次第に飽きてくるものです。そこでラーメン(袋麺)をどのようにすれば、もっとおいしく食べられるようになるのかを紹介します。

まず、麺を茹でるための水とスープを作るための水を使い分けましょう。面倒だからとどちらも一つにしてしまう方が多いですが、それを別々にすることによって、さらにおいしくなります。ちょっとした手間をかけるだけでもラーメン(袋麺)の味は変わります。

基本的に麺類というのは、多めの水を使って茹でた方がおいしくなりやすいです。麺を投入してしまうと、お湯の温度は下がってしまいます。もし、お湯の量を多くしていれば、温度低下を防ぐことができるでしょう。また、ゆでる時間については正確に測っておきましょう。ここをアバウトにしている方が多いですが、それは味が落ちる原因となってしまいます。

できればキッチンタイマーやストップウォッチなどを利用して正確に測りましょう。当然、それぞれの商品で指定されている茹で時間は守ってください。茹で時間というのは、メーカーがいろいろな試行錯誤をして割り出したもので、それを守るのが一番良いです。また、茹でているときに別の作業をしないようにしましょう。3〜5分くらいと短い茹で時間のため、別のことをしていたらあっという間に時間が過ぎてしまいます。

ラーメン(袋麺)を美味しく食べるには?

麺を茹でているときに、重曹を入れてみましょう。ラーメンには、かんすいが使われているということがよく知られていますが、そのかんすいと同じような働きを重曹が果たしてくれます。これによって、まるでお店のラーメンのような麺になるでしょう。

ラーメンの器の中には、お湯を少しだけ入れておきましょう。お湯を入れておくことで、そこにスープを入れたときに、温度低下してしまうのを防げます。粉末スープは最初に水で溶かすことをおすすめします。お湯の中にいきなり入れてしまうと、風味が損なわれる可能性があるからです。

お湯の分量については正確にしましょう。たとえ、ラーメン(袋麺)であっても、水の量を守ることで、とてもおいしくなります。水の分量が違っていると味が濃すぎたり、薄すぎてしまいます。おいしいラーメン(袋麺)を食べたいなら、面倒でもこの作業を大切にしましょう。

以上の点に注意しておけば、驚くほどおいしいラーメンを食べることができるでしょう。ラーメン(袋麺)でも、お店のようにおいしく作れます。

袋麺おすすめランキング

5. マルちゃん 昔ながらの中華そば 5P 540g

マルちゃん 昔ながらの中華そば 5P 540g
¥59/100g
45%安
¥319 イトーヨーカドー
¥321 SEIYUドットコム(西友)
他5ショップ

マルちゃん昔ながらの中華そばは、東洋水産から発売されているノンフライ袋麺シリーズの商品です。

ノンフライ麺とは、油で揚げるのではなく、温度や湿度をコントロールした熱風によって時間をかけて乾燥させた麵のことです。このために、従来のインスタントラーメンよりもコシがあってしっとりとしていて、生麵に近いなめらかな食感の麺に仕上がっています。麺を揚げていないので麵から油が浮き出ることもなく、あっさりとしたスープの味が楽しめます。また、麵の主原料には、北海道産小麦100%の小麦粉を使用しているので安心です。パッケージには、見やすい位置に1食分のカロリーが表記してあるので、ラーメンは好きだけれどカロリーが気になるという方にもおすすめです。昔ながらの中華そばシリーズには4種類の味がありますが、赤いパッケージの昔ながらの中華そばは鶏ガラ醤油味のスープです。

その名の通り昔ながらの味わいのあっさりとした醤油味じなので、いろいろなアレンジで楽しむことができます。マルちゃんのサイトでは、油を使っていないノンフライ麺だからこそできる500kcal以下のヘルシーなラーメンのレシピが紹介されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


4. サッポロ一番 塩らーめん 5個パック 袋100g×5

サッポロ一番 塩らーめん 5個パック 袋100g×5
¥64/100g
63%安
¥319 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥321 SEIYUドットコム(西友)
他6ショップ

サッポロ一番塩らーめんは、サンヨー食品から発売されている袋めんです。サッポロ一番シリーズは、その名の通り、札幌のラーメン横丁のラーメンの味を家庭で再現することを目指して作られた商品です。そして、先に発売されていた長崎タンメンをベースに、塩らーめん味が開発されました。

スープは、チキンエキスとポークエキスをあわせたベースに、たまねぎやニンニクなどの香味野菜のうまみと香辛料が配合されていて、すっきりしているのにコクの深い味わいでどんな具材とでも合うような塩味に仕上げられています。また、めんは山芋粉を練り込んで作られたしなやかで歯ごたえのある丸めんなので、あっさりとした塩味のスープによく合います。さらに、別添の切り胡麻を加えることでスープに豊かな風味が加わります。

この商品は1袋ずつでも購入できますが、5個パックも発売されているのでまとめ買いすればお得な価格で購入することができます。まとめ買いで安く購入できても同じ味のラーメンばかり食べていては飽きてしまうという方は、ホームページにサッポロ一番塩らーめんを使ったのアレンジレシピが色々紹介されているので、参考にして自分好みの新しい食べ方を探してみるのも良いのではないでしょうか。


3. チキンラーメン Mini 袋20g×3

¥121 LOHACO(ロハコ)
¥121 (x12) Amazon(アマゾン)
他5ショップ

チキンラーメンは、日清食品から発売されているインスタントラーメンです。オレンジと白のパッケージとかわいいひよこのキャラクターでおなじみの商品は、多くの方々が知っている定番のインスタントラーメンでしょう。

通常のチキンラーメンは1食85g入りですが、チキンラーメンMiniは1食20g入りで1パックに3食入っています。お子様でも食べやすいミニサイズで、マグカップやおわんに入れてお湯を注げば2分で出来上がります。お手軽サイズなので、小腹が空いた時のおやつやおつまみ代わりにしたり、スープとして食事に1品足すなど、様々な食べ方ができます。また、おまけとしてひよこのキャラクター達(ちきらーず)のシールが入っているので、お子様も喜びますし、かわいいシールは大人でもついつい集めてみたくなるかもしれません。

コンパクトな少量パックなので、通常サイズより1食あたりの価格は安くなります。1ケース12パックのまとめ買いでお得になるネット通販もありますので、そちらを利用するのもおすすめの買い方です。かさばらないので、まとめ買いしてもそれほど置き場所を取ることもなく、食べたい時にいつでもあの定番の味を楽しむことができます。


2. うまかっちゃん 5個パック 袋94g×5

うまかっちゃん 5個パック 袋94g×5
¥102/100g ¥96/個
¥480 ケンコーコム
¥487 爽快ドラッグ
他1ショップ

うまかっちゃんは、ハウス食品から発売されている袋めんのブランドで、本場九州で売れるとんこつラーメンを目指して開発された商品です。その商品名も、博多弁のとても美味しいを意味する「うまか」から名付けられています。1979年に発売が開始されて以来様々な味が開発されてきましたが、最初に発売された定番のうまかっちゃんは、地元九州でも愛されているとんこつ味の袋ラーメンの代名詞といえる商品です。

スープは、豚骨エキスをベースに野菜エキスや香辛料でまとめていて、豚骨独特の白濁したスープが特徴です。さらに、ローストポークの香り高いオイルがおいしさをひきたてています。

せっかく本場の味の商品を買うことができても美味しいとんこつラーメンの作り方がよくわからないという方のために、ハウス食品のホームページではおすすめの調理法を紹介しています。また、とんこつラーメンばかりでは飽きてしまうと思っている方のためには、ホームページでうまかっちゃんの色々なアレンジレシピやおすすめトッピングを紹介しています。5個パックなら、お得にまとめ買いができるので、そちらを参考にして色々なとんこつラーメンを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。


1. サッポロ一番 みそラーメン 5個パック 100gX5

サッポロ一番 みそラーメン 5個パック 100gX5
¥64/100g
58%安
¥319 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥321 SEIYUドットコム(西友)
他6ショップ

サッポロ一番は、サンヨー食品から発売されている袋めんのブランドです。そのブランド名は袋めん製品の代表格としておそらく多くの方々がご存じでしょう。先代の社長が、札幌のラーメン横丁で食べたラーメンのおいしさを家庭でも味わえるようにしたい、という思いから開発した商品がサッポロ一番です。そして、みそラーメンが日本の家庭で一般的に広まったのはサッポロ一番みそラーメンの存在が大きいので、みそラーメン味袋めんの元祖ともいえる商品です。

スープは、ポークエキスのベースに8種類もの味噌とニンニクやショウガなどの香り豊かな香味野菜がブレンドされているので、独特の深いコクと風味を味わうことができます。また、めんは楕円形の断面を持つしなやかなめんなので、スープがよく染み込んで味噌の香りが引き立ち、もちっとした食感が楽しめます。さらに、お好みで別添の七味スパイス入れれば、また違った味わいが楽しめます。

袋めんは保存がきく商品ですので、5個パックでまとめ買いすれば、いつでも食べたい時に楽しむことができます。また、家族みんなで食べたい時にも、5個パックを買っておけば安心です。しかも、5個パックならお値段もお得なのでおすすめです。


より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。