安い 安い・激安のメンズカラーリング剤・白髪染め

人気順にもっと見る

メンズカラーリング剤・白髪染めのサブカテゴリ

メンズカラーリング剤・白髪染めのブランド

関連キーワード

「メンズカラーリング剤・白髪染め」カテゴリの新着口コミ

使い方も色も思ってた通りでした。特に染め上がりに不満はありません。またなくなったら購入したいと思います。

匂いが少ないのが、良いです。普通のシャンプーでは、洗い上がりが、ごわつきますが、付属のシャンプーは、それが抑えられ良い感じです。

物凄く簡単で使えて 綺麗に染まりました、 初めて使ってみましたが、大変気に入りました 次回も、購入する事に決めました

問題なく染まりました。 痒みも感じることなく、皮膚トラブルもありませんでした。 定番のメーカーなので、安心して購入できました。

リピーターでもう何年も使わせてもらってます。

いつもドラッグストアで買っていますが、無くなる前に予備として買いました。値段も安くすぐに届けていただきありがとうございます。

ずっと定番の商品で何度もリピートしています。夏場限定で使用していますが、毛の質が硬めなので置く時間を長めにしています。それでも写真ほど色は抜けませんがほどほどで良いので満足しています。

ダークブラウンは15年来のお付き合い、これを使わないと会社に行けません。ダークブラウン廃盤にしたら引きこもりになります。これが無いと真っ白になります。

夫に買いました。クリームよりも泡の方が使いやすいようでこちらをいつも買っています。あまり売っていないので助かりました。

白髪染めですと、黒々として「染めた」感が強いですが、この商品はマニキュアタイプで自然感が気に入っています。

メンズカラーリング剤・白髪染め通販で賢い買い方

メンズカラーリング剤・白髪染め

現在男性の間でも白髪染め以外に、カラーリング剤をお使いの方が多くなりましたが、カラーリング剤の多くは10代から20代の若者に利用され、白髪染めは白髪の目立ち始める40代から利用される事が多いと思います。

日本は社会的見地から、社会人がカラーリングする事ははばかられた風潮があり、特にサラリーマンやサービス業では、黒髪系の毛色以外は社内の規定で禁止されているところがほとんどです。

したがって男性間でもカラーリングを試みた事の無い方も多く、あまり目立つ事の無いヘアーマニキュアが、カラーリングの人気商品と言えるでしょう。

【1.髪染めの歴史】

紀元前3000年ほど前の古代エジプト文明では、すでに行われていたとされる髪染めは、現在人気商品ともなっているヘンナや赤色の顔料で、髪染めというよりも全身に塗っていた事がわかっています。

現在でも、アフリカのナミビアに住んでいるヒンバ族にはこの風習が残っており、髪の毛から爪先までを全て赤色で統一されています。これは土と脂を練っているもので、体中に塗る事で日焼けや虫よけ効果があり、また寒さや乾燥から肌を守っていると言われます。

日本でも同じように朱を塗っていた時代があり、魏志倭人伝には朱丹を塗った倭国の事が記されており、中国ではおしろいが使われ日本独自の風習であった事がわかります。またその後の鎌倉時代には、武将であった斉藤実盛が白髪染めをしていた記述も有名で、これ以前から白髪染めがあった事も推測出来るでしょう。

【2.メンズカラーリング剤・白髪染めの違いとは】

髪染めに使われるカラーリング剤や白髪染めは、同じ髪を染める性質を持つものですが、実は似ていて多少違った傾向があります。両者ともに、髪の毛に色を染めるという点は同じですが、白髪は白髪を染める為に作られており、カラーリング剤は黒髪を染める為に作られていますので別物とお考え下さい。

しかし、一方で白髪をカラーリング剤で染める事も可能で、これはすでに髪の毛の色素が抜けているので、染まりやすいのです。また普段ヘアケアの為に、シリコンが入っているシャンプーをお使いの方は、キューティクルをシリコン剤で覆う事になりますので、キューティクルを開いて染める必要のある、ヘアカラーリング剤や白髪染めは、染まりにくい事になります。

したがって髪染めを行う数日前には、ノンシリコンタイプのシャンプーやトリートメントを使っておくと、仕上がりが綺麗になります。

【3.カラーリング剤に含まれる成分】

女性は若々しさと美しさを保つ為に、ヘアカラーを行いますが、男性も美しくなる必要性を感じていないわけではありません。ただ、社会生活を送るうえで、派手な色には染める事が出来ませんので、判らないように落ち着いた色のヘアカラーで、おしゃれを楽しんでいる方も多くいるのです。

現在これらのカラーリング剤に使われている多くは、酸化染料と言われるもので、髪の毛にもダメージのある成分が使われています。したがってカラーリング剤や白髪染めには、この髪の毛のダメージを軽減させる成分も配合されていますので、近頃の髪染め剤ではさほどダメージを受ける事はありません。

また、最近はどなたでもトリートメントシャンプーや、シャンプー後のトリートメントを行う事が多く、ダメージも残りにくいのです。ただし、パーマを施している方は、髪染めと共にダメージが目立つ事も多く、充分なヘアケアを行わなくてはなりません。

【4.メンズカラーリング剤・白髪染めにはこうした種類がある】

男性用と女性用のヘアカラー剤が売られている昨今、素朴な質問に男性用と女性用ではその違いに何かあるのかと質問されますが、確かにその違いは存在します。まず男性は短髪が多く、髪の毛の量が少ない為に、ヘアカラー剤自体の量が少ないという事が挙げられるでしょう。

また、男性用の方が染める力が強く、これは男性がはっきりとした色目を求める傾向が強い為とされます。カラーリング剤には、種類によっても2種類の薬剤を使うものや、1種類の薬剤で染め上げるものがあり、クリーム状のものやソープのように泡状のものがありますが、色の定着性は個人の髪の質や、メーカーに製品によっても違い、色によっても染まりやすい色があります。

また、トリートメント式やシャンプー式で染めるものなどもあり、これらは染める力は弱いものの使っていくうちに濃く染まって行きます。

【5.通販で人気の商品となるもの】

ヘアーカラーの商品には、さほど価格差はありませんが、最近人気になっているヘアカラー商品には、天然由来の成分で作られている商品があり、その人気度も高くなっています。古代からあるヘンナもその一つで、ヘナカラーと呼ばれていますが、商品の質によっても染め上がりが違います。

ヘンナは樹木の葉を使いますが、枝葉を使ったもの、葉だけを使ったもの、葉から葉脈を取り除いたものに分かれており、葉脈を取り除いて丁寧に仕上げられたものが価格が高く、染め上がりが良いものです。ただし、天然色でオレンジに近い赤色しかありません。

天然由来のものは、頭皮に非常優しい成分で出来ており、ヘンナなどはトリートメント効果もあるうえ、ふけなども抑える薬効も備わっています。また、人気の天然成分には他にも海藻エキスを使用したものがあります。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

メンズカラーリング剤・白髪染めでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら22.4%安いAmazonパントリー。一方幅広く選ぶなら85商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

85

-13.7%

イトーヨーカドー

12

16.5%

楽天西友ネットスーパー

28

-10.1%

LOHACO(ロハコ)

32

-35.6%

Amazonパントリー

25

22.4%

cainz

34

3.3%

DCMオンライン

58

-0.9%

PREMOA(プレモア)

18

6.2%

ビックカメラ

64

15.5%

ジョーシンweb

72

6%

楽天24

61

1.3%

コジマ

55

-0.5%

ヤマダ電機

21

8.6%

メンズカラーリング剤・白髪染めのブランド別最安商品

メンズカラーリング剤・白髪染めの周辺を探す

メンズカラーリング剤・白髪染めの関連カテゴリ


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。