iPad用キーボード鉄板おすすめ人気ランキング10選【どれがいい?持ち運びに便利な商品大集合!mini・pro対応も!】

キーボード

パソコンの文字入力作業に欠かせないキーボードですが、近年はiPad専用の商品も登場。

Apple純正品スマートキーボードをはじめ、ロジクールエレコムといった人気メーカーからさまざまなモデルが販売されており、iPadを保護してくれるアクセサリとしても活躍してくれます。

しかし、一口にiPad用キーボードといっても、対応機種やタイプの違いなど種類も豊富で購入しようにも迷ってしまいがち。

そこで今回は、接続の種類iPad用キーボード選びに欠かせないポイントを徹底解説していきます。

記事の最後には、当編集部おすすめの人気キーボードをランキング形式で紹介していますので、購入する際の参考にしてください。

↓詳しく見る↓

安いIpad用キーボードはこちら
最終更新日:2020-06-25  閲覧数:37

iPad用キーボードおすすめ人気商品の比較一覧表

iPad用キーボードのプロット画像
商品画像
商品名
タイプ
特徴
商品リンク
2
ロジクールの11インチ対応
ケース一体型
しっかり立つスタンドタイプ バックライト付きキーで明るさも良し
3
AppleMagicKeyboard
無線(Bluetooth)
JIS配列ならコレ!iPadでの資料作成もラクラク
4
iCleverのBluetoothキーボード
無線(Bluetooth)
最大3台までペアリング可能!161gの超軽量タイプ
5
HOTLIFEのAir3
ケース一体型
コスパ良し!便利なipencilホルダーも
6
EwinのBluetoothキーボード
無線(Bluetooth)
手帳サイズまでコンパクトになる折りたたみタイプ 様々なデバイスに対応
7
ipad9.7のキーボードカバー
ケース一体型
可愛らしいピンクカラー!ipencilホルダー付き
8
バッファローのiPadAir用
無線(Bluetooth)
シンプルなパンダグラフ式 開閉で自動ON/OFF切り替わり
9
iPad10.2のキーボードケース
ケース一体型
130・125・120°の3段階の角度調節が可能
10
リンクスのキーボード
有線(lightening接続)
lightning接続 iphoneにも使用可能
2020年6月現在の情報です。

iPad用キーボードの選び方①【接続の種類別】

Ipad用キーボードの選び方

早速キーボードを選びのポイントを解説したいところですが、商品を購入する前にまずはpro・air・miniなど、iPadのサイズを必ず確認するようにしましょう。

iPadのサイズはモデルによって異なるため、それぞれの機種に適したキーボードを選ぶ必要があります。

ワイヤレスでスッキリ!「Bluetooth(無線)接続」

Bluetooth(無線)接続

iPadとキーボードの接続方法は。有線接続無線接続(Bluetooth接続)の2種類が一般的。

現在市販されているiPadの多くがBluetoothに接続できるので、よほどの理由がない限りワイヤレスで使い勝手の良いこちらのタイプをおすすめします。

ワイヤレス接続できるので、ケーブルの必要がなく作業スペースがスッキリ!

最近は、タブレットだけでなくスマホやパソコンに接続できるマルチOSキーボードも販売されており、複数の端末で使いたい時にも活躍してくれます。

設定不要!繋げるだけの「有線接続」

有線接続

面倒な設定を省きたい方は、有線接続も選択肢に入れておくと良いでしょう。

ワイヤレス接続と違い電波干渉の影響を受ける心配もなく、常に安定した接続環境を保つことができます。

また、Smart Connector対応機器と同様にiPadから電力を供給するため、充電や電池切れを起こす不安がないメリットも。

使う場所は選びますが、外付けの特徴である入力のタイムラグがない、操作性抜群の商品をお求めの方におすすめです。

充電いらず!持ち運びに便利な「ケース一体型」

ケース一体型

外出先で使用する機会が多い方は、持ち運びしやすいケース一体型のキーボードがおすすめです。

ケース対応の製品のなかには、iPadを立てかけられるスタンド機能を搭載したモデルもあり、衝撃や傷から守ってくれる役割も。

また、機器は限定されますが、端子同士を接続するだけでとにかく簡単に使用できるSmart Connector対応のキーボードも◎。

電池切れの不安や面倒なベアリング(登録作業)も不要で、ストレスなく快適に利用することができます。

iPad用キーボードの選び方②【打ち込みやすさ・デザイン・価格】

キーボードの配列【US配列・JIS配列】

キーボードの配列【US配列・JIS配列】

キーボードの配列は、US配列(英語配列)JIS配列(日本語配列)の2種類があり、アルファベットの配列は同じですが記号の位置が異なります。

日本においては日本語入力が好まれているものの、iPadはUS配列に合わせて作られているため注意が必要。

iPad用キーボードを購入するときは、配列のチェックも忘れずに。JIS配列で入力をしたい場合は、対応した製品を選ぶようにしてください。

打ち込みやすさをチェック【静音・キーストローク・アイソレーション】

静音・キーストローク・アイソレーション

iPad用キーボードを選ぶときは、実際に店舗へ運びシリコンゴムの打ち込みやすさをチェックすることも大切です。

人によって好みや使いやすさが異なるため一概にどれがおすすめとはいえませんが、キーストローク(押し込んだ時にキートップが沈み込む深さ)や、アイソレーション(キーとキーの間隔を離した)の確認をしておきましょう。

音が気になる方静音モデルを、文章作成の際にタイピングミス防ぎたいのであれば、キーストロークが深くキーピッチが広いものが最適です。

その他にも注目するポイントも【バックライト・マウス】

バックライト・マウス

iPad用キーボードは配列や使いやすさだけでなく、マウスやバックライトなどプラスアルファの機能にも要注目です。

有線マウスを使う時にはキーボードは一体型、もしくはBluetooth接続タイプがおすすめ。

バックライト付きの製品なら、照明が暗い場所でもMacBookのようにキーがはっきり識別できるので非常に便利です。

デザインや機能性で選ぶ【色・重さ】

デザインや機能性で選ぶ

ゲーミングPC風のかっこいいデザインや、ローズゴールド・ピンクなど人気色のブラック・シルバー以外にも豊富な種類がラインナップ。

また、コンパクトサイズで軽いアルミニウムボディを採用したものなど、持ち運びしやすい軽量さが売りの製品も多数販売されています。

iPad用キーボードを選ぶときは、こうしたデザインや機能性に特化した商品に注目してみるのもよいでしょう。

価格の安さやコスパの良さもチェック!

価格の安さやコスパの良さ

キーボードは1度購入すると何年も使うものなのでもちろん重要ですが、シンプルにコスパの良い商品選びも大切

iPad用キーボードは5,000円以下の値段が安い製品でも、Apple純正品に負けずとも劣らない高機能なモデルが販売されています。

2019年発売の新型モデルやSmart Connector対応機器など、自身に合った機種が必ず見つかるはず。ぜひ通販サイトをチェックしてみてください。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。