安い 安い・激安のパソコン

人気順にもっと見る

パソコン3062商品を、1個あたり安い方から並べて紹介。 激安No.1商品は「堀内カラー 先細型綿棒 業務用100本入りプラスチックケース入り」の¥6/個で、よく買う商品より安い可能性あり!?
スマートショッピングではタブレットPCノートパソコンといったジャンルの品揃えはもちろん、ASUSレイアウトといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック。

パソコンのサブカテゴリ

パソコンのブランド

「パソコン」カテゴリの新着口コミ

高圧洗浄機を購入したのでかいました。 泡洗車は綺麗になるので非常に良いです。 また、ボルトにそのまま使えるので便利です。

車の洗浄にフォームクリーナーとカーシャンプーのどちらが良いか試すために購入しました。両方を比べてみて良い方を今後使用していきます。

元々2年前の型落ちを使っていたので、さすがに画像や通信速度は抜群に良いです。自宅WiFiで動画見る用なので、スペックはそれ程気にせず購入。新品、ケース付きでこのお値段なのでとても満足です。しかも購入したショップはどこよりも安かったです。

とても安く購入出来て良かったです。高機能だけあってゴミもよく吸い取るし掃除も楽です。また汚くなったら買いたい商品です

商品の欠陥等は無く、梱包も丁寧で良かったです。 商品が届くのが遅かったのだけちょっと残念です。 機会が有ればまた利用はしてみたいと思います。

aiboが侵入してほしくないエリアを作るために購入しました。お掃除ロボではなくすみません。aiboはたまに侵入しますが、基本的には避けてくれます。

家で使用していたパソコンが立ち上げに10分、エクセル開くのに10分とすっかりおじいちゃんになったため、急遽購入。中古品を購入しましたが、とてもきれいな状態でした。私はエクセル、ワードとラベル印刷程度しか使用しないため、充分な性能でした。立ち上げも数秒でとても満足しています。 一点、今回のパソコンの評価とは全然関係ない話ですが、元々あった数年前のプリンターに接続しようとしたところ繋がりませんでした。プリンターのメーカーに確認したところ、有線無線問わず非対応。Chromebookとプリンターについての注意喚起は検索すれば出てくるので、ご購入前にご確認された方がいいと思います。

会社の机に忍ばせてありますが、スーツやシャツから糸がちょいちょい出る為、それをカットするのに大変重宝しております。 ふつうのハサミではギリギリをカットするのが生地を痛めそうで出来ないのですが、これに入っているハサミはとてもカットしやすいです。 ボタンが取れかかった際など、いざという時にもあると安心。

安心のエレコム製品です。パッケージなどは汚れはありますが、商品は間違いなく新品です。 日本メーカー品がこの価格はコスパがよいです。 リピーターです。。

クリーナー用のソフトバックですが、マキタの電動工具収納として購入しました。非常にしっかりした作りで形崩れも無く、程よい大きさで気に入りました。

パソコン通販で賢い買い方

パソコン

パソコン選ぶ

「通販でパソコンを購入する!」のはハードルが高い と感じる方も多いはず。

パソコン初心者に限らず、「会社や家にあったものを使っているけれど、いざ自分で購入する時に何を判断基準に選んで良いか 分からない……」という方がほとんどです。

何故そうなるかと言うと、パソコンのさまざまなスペックが一般の方には分かりにくいため

そんなワケでこちらでは、店員さんに相談できない「通販でパソコンを購入」する際に知っておきたいポイント を紹介していきます。

初心者にも判りやすい!パソコンのスペック比較

パソコン初心者

パソコンを選ぶ際の判断基準となる大切なポイントは、

◆OS: 「Mac」か「Windows」か(コアなところではLinuxなど)
◆CPU(処理スピード):パソコンの演算能力
◆メモリ:パソコン上の作業スペース
◆記憶装置(ストレージ):どれだけ情報を保存できるか
◆形状:ノートパソコンかデスクトップか

といった5つは外せません。

最後の「ノートパソコン」か「デスクトップ」かを比較すると、ここ最近のパソコンの記憶媒体の軽量化や独立に伴い、「ノートパソコン」がモバイルノートと呼ばれるまでに進化。

さらにはハードな使い方をするゲーミング用PCにすら「ノートパソコン」が登場し、よほど負荷のかかる使い方でない限りデスクトップは需要が減ってきたようです。

「Windows」VS.「Mac」通販で軍配が上がるのは?

OSはどっち?

Macは「Apple」がOSからパソコン本体の製造まで全て行なっています。

対してWindowsは「Microsoft」がOSを開発し、パソコン本体はヒューレットパッカードやパナソニックなど、他のメーカーが製造

そのため種類も多岐に渡り、通販ではかえって買いにくいイメージですが、軍配があがるのは断然「windows」。

Windowsは事務的な作業用PCに限らず、ゲーミングPCのOSにも採用されています。

その汎用性の高さに留まらず、価格帯が広くリーズナブルな商品も販売されているのが「Windows」人気の秘訣。

「CPUって何?」という方に

パソコンCPU

パソコンのスペックを判断する上で外せないのが「CPU」

「CPU」とはパソコンの計算能力のことで、人間で言えば「頭(脳)の回転能力」。

OSとは別のメーカーが「CPU」を開発・製造しているため、WindowsにもMacにも同じCPUメーカー「Intel」が使われていることもあります。

例えばMacAirには「Intel CORE 5i」が、最新鋭のゲーミングPC(OS:Windows10)には「Intel Corei7-8700」 が搭載されているといった具合。

「Intel」だけでなく、「AMD」や「IBM」といった有名なメーカーが凌ぎを削っていますが、どのメーカーが秀逸かというよりは、PCの作業内容に見合ったCPUシリーズを選ぶのが定石。

通常のPC操作であれば「Intel Corei5 4590S」や「AMD Ryzen3 2200G」で十分とされています。

さらに同じシリーズでも世代が上がると性能もUP
例:「Intel Corei5 〇〇〇〇」と〇〇〇〇が世代を表す

購入の際にはその世代のCPUがどのような評価を受けているか、口コミなどでもチェックしましょう。

作業をサクサク進めるのに大切な「メモリ」

パソコンメモリ

「メモリ」と「記憶装置」は混同されがちですが、スペックとしては全く別物

分かりやすく表現すれば、「メモリ」とはパソコンでどれだけ同時に作業を進行できるかどうかの容量です。

ネットでリサーチをしながら、ワードにテキストを書き込み、パワーポイントでプレゼン資料を作る、さらにメールの送受信も行うといった作業を同時に進めるには、この「メモリ」の大きさがある程度は必要

「8GB」もあれば、さまざまな作業をストレスなく同時進行が可能だと言われています。

記憶装置はどれくらい?USBを併用してもOK?

パソコン記憶装置

「記憶装置」とは、スマホの操作でもよく見かける「ストレージ」として表され、データを保存しておく場所の大きさ・広さのこと。

パソコンの初心者でも、スペックと言われてまず最初にイメージするものだと思います。

この記憶装置には、
◆HDD
◆SSD

の2種類があります。

HDDは容量が大きく、安価である一方、衝撃に弱く読み込みが遅くなるデメリットがあります。

SSDは容量が小さく、価格も高めですが、衝撃に強いので持ち運びに向き、データの読み込みも早いというメリットが。

外部メモリを上手に使えば、ストレージ容量は少なめ(256GB程度)でも十分とされています。

ノートパソコンを持ち歩き、いざとなればUSBを使って外付けHDDにデータを保存という最近の傾向では「SSD」が活躍。

また、最近では最大1.5TBのデータ量の保存が可能なSSD(MacAir搭載)が登場し、SSDには新たな可能性が広がっています

とにかく「ゲーミングPC」は高スペックを

ゲーミングPC

パソコン操作の中で最も直感的で瞬間的なスペックを求められる「ゲーミング用PC」。

マウスやキーボードといった周辺機器すらゲーミング用の商品が発売されているほどで、そのハイレベルなニーズに応えています。

「CPU」や「メモリ」といったスペックは特に大切で、そのレベルは日々進化

2019年現在では、CPUは「IntelCore i7-8700」搭載、メモリは「16GB」、ストレージは1TBがスタンダードスペックだと言われています。

さらに大切なのは、モニターのグラフィックスや多大なパフォーマンスによる過剰な消費電力をどれだけ抑えられるかということ。

ゲーミング用PCを購入する際は、通常のパソコンスペックだけでなく、この辺りもチェックしましょう。

「BTO」も通販で発注できる時代

パソコンBTO

BTOとは「Build To Order」と言われるパソコンの受注生産のことで、つまりはパソコンを自分好みにカスタマイズすること。

BTOはゲーミングPCを扱うことが多いですが、特別な世界の話ではありません

通常パソコンを購入する上での「OS」、「CPU」、「メモリ」、「記憶装置(ストレージ)」といったスペックやキーボードやマウスの仕様を把握すれば、一般の方でもパソコンのカスタムは可能

BTOの通販サービスを行なっているとことも、乃木坂のCMで有名な「mouse(マウス)」やゲーミングの世界で有名な「ドスパラ」などメジャーどころが多いようです

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

パソコンでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら6.9%安いPREMOA(プレモア)。一方幅広く選ぶなら2965商品を扱うビックカメラです。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

1812

0.8%

LOHACO(ロハコ)

65

-8.8%

ロフト

12

6.1%

cainz

5

-16.9%

DCMオンライン

23

-17.4%

PREMOA(プレモア)

282

6.9%

ビックカメラ

2965

6.4%

ジョーシンweb

1317

0.1%

楽天24

261

-17.7%

コジマ

1062

-4.8%

ヤマダ電機

656

0.4%

エディオン

891

-7.5%

ソフマップ

1976

-7.2%

たのめーる

95

-16.8%

パソコンの特集記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。