【キャンプ】鉄板おすすめ人気ランキング10選【種類・選び方】

キャンプ

最近グランピングをはじめ、テレビでもキャンプについて取り上げられることが増えてきました。

そこで、今回は人気のキャンプグッズについてまとめました!

キャンプ人気を受けて、おしゃれで機能的な便利グッズが多く発売されています。

キャンプグッズを選ぶ際、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最終更新日:2020-06-25  閲覧数:27

これさえあればOK!キャンプに持っていきたいグッズとは?

キャンプ用品って種類が多くて何を揃えればいいかわからない・・・・

そんな方も多いと思います。

まずは、最低限必要となるキャンプグッズについて抑えておきましょう。

テント・シュラフ

キャンプグッズの定番といえばテントとシュラフです。

キャンプ場に泊まるのであれば、雨風をしっかり防ぐテントと寝心地の良いシュラフ(寝袋)は欠かせません。

camptent

特にシュラフ(寝袋)は、防寒性能が高いものを買いましょう。

暑いシーズンでもキャンプ場の夜はとても冷えます。

暑ければシュラフに潜らず、上に寝転がるだけでもマット代わりになり、クッション性が上がるため寝心地が良くなります

キャンプ場によっては昼夜問わず夏でも気温が高い場所もあります。

その場合は、夏用のシュラフを用意するのがおすすめ。

気温が高いと夜寝てる時でも汗をかくので、温度調整ができる、もしくは通気性のある化学繊維の素材を使った夏用シュラフを使えば暑い夏もキャンプを楽しめるでしょう。

シュラフだけでなく、テントも性能によって寝心地や快適性が大きく変わります。

テントの大きさは、キャンプに一緒に行く人数で大きさを選ぶ必要があります。

また、

テントの大きさはもちろんですが、設置のしやすさも選ぶときには抑えておきたいポイント。

値の張るキャンプ用品は長くキャンプで使える頑丈なものが多いので、最初から高性能なキャンプ用の商品を選ぶのがおすすめです。


ランタン

夜は星空が明るく灯りいらず・・・かもしれませんが、移動や探し物などにやはり光源は必要です。

夜はテントの中に入ると真っ暗になるため、ランタンは必ず用意しましよう。


テーブル・イス

campisu

キャンプの楽しみ、醍醐味といえば自然の中で味わうバーベキューですよね。

広いテーブルに座り心地のいい椅子があればより快適に美味しくバーベキューを楽しむことができます。

最近は持ち運びに便利なコンパクトサイズでも広げると大きくて頑丈なキャンプ向けのテーブルやイスに早変わりする折りたたみの商品が増えています。

テーブルは、バーベキューや料理を楽しむ大きめのテーブルと、ちょっとしたドリンクを置いておくサイドテーブルを持っていくのがおすすめ


また、キャンプではのんびりくつろぎを求めている人も多いと思います

テーブルとイスは選び方によってより良い「くつろぎ」を提供してくれます。

焚き火を見つめてぼーっとするのもキャンプの醍醐味。

座り心地の良いキャンプ用の椅子があれば、よりのんびりとくつろげることでしょう。

キャンプ用調理器具

キャンプ場では限られたスペース・道具で効率良く調理することが求められます。

キャンプ用の調理器具はコンパクトなだけでなく、1つで何役もこなせるハイブリットなキャンプグッズが続々登場しています。

camrantan

調理してそのまま食器として使えるクッカースキレットなどもあり、洗い物も少なくできるので便利です。

特にキャンプ場では、ゴミや洗い物はできるだけ出さないことも大切なので、キャンプ用の調理器具にもこだわりたい所ですね。


燃料

campfire

キャンプ初心者にとって一番難しいのが火起こしでしょう。

バーナーだけでなく炭や固形燃料をはじめとした、簡単に火力が出る燃料があるとバーベキューも簡単にできます。


クーラーボックス

冷たい飲み物や食材の保管に欠かせないクーラーボックス。

安いソフトタイプのクーラーボックスよりも保冷能力の高いハードタイプがおすすめ

外気の影響を受けやすいソフトタイプは向いておらず、年間通して使えるハードタイプが便利です。


「ロゴス キャンプ用品 ソフトクーラー30L以上 ハイパー氷点下クーラー XL 81670090」はソフトタイプと書いてありますが、表面が硬い素材で覆われています。

ソフトタイプの軽さがありつつも、氷点下まで冷やしてくれる保冷性能の高さから人気商品となっています。

関連記事-【保冷剤】鉄板おすすめ人気ランキング10選【使い方】

ソロでもファミリーでも!便利なキャンプグッズの選び方とは?

収納性

キャンプグッズは大型なものも多いですが、持ち運びもときは折りたたんでコンパクトに持ち運べる高性能な商品も多いです。

特にソロキャンパーは、自転車やバイク移動をする方も多いと思うので、できるだけコンパクトな商品を選ぶようにしましょう。

campyohinmatome

機能性

キャンプグッズは、1商品で何役もこなせるキャンプグッズを選ぶのがおすすめ

フォークやスプーンがセットになっているもの、もしくは一体型のものであればキャンプ場では役立ちます

折りたたみで収納しやすいイスやテーブルをはじめとしたキャンプグッズも人気があります。

また、調理器具に関しても、中に小さい鍋を収納できるものや、蓋と鍋が兼用の調理器具など、高機能な商品も多くラインナップ。

兼用できるキャンプグッズをうまく活用して、スムーズなキャンプを楽しみましょう。

重さ

便利で高機能でも重量のあるものも多いキャンプグッズ

いざ使うとき、キャンプ場で重くて運べないとなると、せっかくのキャンプグッズの機能が活用できません。

キャンプ場で快適に過ごすためには、重すぎず扱いやすいのがキャンプ用品を選ぶ時に大切なポイント。

選び方のポイントを抑えて、便利なキャンプグッズを探してみてください。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops