ロードバイクおすすめの選び方【初心者向けや通勤・通学に!】

自転車用品

「ツール・ド・フランス」という世界最大の自転車ロードレースでも使われている「ロードバイク」。

ロードレーサーとも呼ばれていて、ハンドルの形に特徴があります。

近年、健康志向の高まりから趣味として楽しんだり、通勤や通学で使う人も増えてきました。

街中で乗るだけではなく、ロードバイクで長距離ツーリングをしてみたいという方もいるかもしれません。

そこで今回は、初心者におすすめのロードバイクの選び方を徹底レクチャー。

予算やメーカーなど選ぶ際のポイントをご紹介します。

安いロードバイクはこちら
最終更新日:2020-06-25  閲覧数:0

ロードバイクとは?

ロードバイクとは

ロードバイクとは?

ロードバイクはロードレーサーとも呼ばれ、自転車レース用に開発されたスポーツバイクの1種

車体が軽く、舗装路など高速で走るのに特化した自転車です。

その特徴は、「ドロップハンドル」と呼ばれる変わった形のハンドルとタイヤの細さ。

ドロップハンドルの握り方は3種類あり、走り方に合わせて握り方を変えていきます。

また、少しでも速く走るため摩擦抵抗の少ない細いタイヤを使用しているのもロードバイクならでは。

さらに価格帯が幅広いのもロードバイクの特徴の一つで、有名メーカーやこだわりの素材・パーツを使用した場合、100万円以上かかってしまうなんてことも。

クロスバイクとの違いは?

ロードバイク違い

初心者が迷いがちなのが、ロードバイクとクロスバイクの違い

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの2つを掛け合わせた自転車で、まっすぐなハンドルと太いタイヤが特徴です。

パンクしにくく舗装路以外の走行にも優れ、価格もリーズナブル。

どちらを選ぶか迷った時は、走る距離と場所を考慮すると良いでしょう。

長時間のツーリングなら、ロードバイクの方がおすすめです。

ロードバイクの選び方①【目的・予算】

目的や使い方に合わせて選ぶ

ロードバイク_選び方_目的

ロードバイクは、目的や使い方によって選び方が変わります。

通勤や通学など走行距離が短く、街中で日常的に使いたい場合は入門者向けのリーズナブルなもので十分でしょう。

休日の趣味として長距離ツーリングをしたいという方は、軽量フレームやペダルなどパーツにこだわってみるのがおすすめ。

本格的なレース参加も視野に入れている方は、走行性能を上げることに重点を置いて、ブレーキ類やホイールなど各パーツをグレードの高いものを選んでみると良いでしょう。

自分の体格に合ったものを選ぶ

ロードバイク_体格

体格に合ったロードバイクを選ぶことは、もっとも大事なポイント

合わないロードバイクは乗り心地も悪く、長時間乗ることで疲れも溜まってしまいます。

走りやすい姿勢を維持できないため、本来持っているはずの走行性能が生かせないことも

実際にお店で試乗してみるなど、自分の体格に合うロードバイクを選ぶのがおすすめです。

ネットで購入する場合は適応身長などを確認するとよいでしょう。

ただし、メーカーやロードバイクそのものでもハンドルの幅などは異なります。

適応身長はあくまで目安であり、同じ身長でも体格には個人差があるため注意しましょう。

また、メーカーによっては女性用のロードバイクを展開していることも。

男性とは体格差のある小柄な女性などは、女性用のものを検討しても良いでしょう。

予算を決めて選ぶ

ロードバイク_予算

ロードバイクは、決して安い買い物ではありません。

安いものでも数万円、良いものを追求すると数十万円というものも。

価格帯によってフレームなどパーツのグレードや走行性能など、仕様はかなり変わってきます。

レースに参戦など本格的に乗りたいのであれば、ある程度の高価格帯でグレードの良いタイプを選んだ方が良いでしょう。

通勤など日常的に使うことが目的なのであれば、数万円くらいのリーズナブルなタイプでOK

予算と目的を考えて、自分に合うコスパの自転車を選びましょう。

ロードバイクの選び方②【フレーム・パーツ・メーカー】

フレームの素材で選ぶ

ロードバイク_フレーム

ロードバイクの性能や乗り心地は、フレームの種類で大きく左右されます。

よく使われているフレームの素材は、主に以下の3つ

  • アルミ…軽くてリーズナブルだが、衝撃吸収性が良くない
  • クロモリ…衝撃吸収性が良く乗り心地も良いが、車体が重くなる
  • カーボン…非常に軽く衝撃吸収性に優れているが、高価

安価なアルミフレームは、初心者向けのモデルに使用されていることが多いです。

それぞれ素材ごとに特徴があるため予算や目的、乗り心地を確かめて選びましょう。

コンポーネントのグレードで選ぶ

ロードバイク_コンポーネント

コンポーネントとは、ギアや変速機(ディレイラー)、ブレーキなどのパーツの総称のこと。

ロードバイクの多くはシマノ製のものが使用されています。

コンポーネントにはいくつかグレードがあり、上位のものほど耐久性や操作性が良くなり、スピードも出しやすくなります。

その分、価格も上がるため予算との兼ね合いも見ながら選びましょう。

自分好みのデザインで選ぶのも

ロードバイク_デザイン

ロードバイクを選ぶ時は、価格やスペックだけではなくデザインも重要なポイント

同じメーカーのロードバイクでも、パーツやフレームのデザインは異なります。

特に交換ができるパーツとは違い、フレームデザインは変えることができません

長く大切に使用するためにもお気に入りのカラーやデザインで選ぶのもおすすめです。

人気のメーカーで選ぶのもおすすめ

ロードバイク_メーカー

さまざまなメーカーから発売されている、ロードバイク。

それぞれ良さや特徴があるので、気に入ったメーカーから選ぶのもおすすめ。

各メーカーには、初心者向けのエントリーモデルもあります。

価格やスペック、デザインなど比較してお気に入りの1台を見つけてみましょう!

本体が決まったら、使用する別売りアイテムの購入も忘れずに。

本体にはペダルがついていないことがほとんどなので、ペダル選びは必要です。

そのほかにもヘルメットやライト、鍵など最低限のものはそろえておきましょう。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。