塩の種類・作り方・カロリーとおすすめランキング

塩・ソルト

日本料理には欠かせない調味料の一つとして塩があります。塩は日常的にさまざまな料理に使われており、毎日必ず摂取しているものといえるでしょう。そんな塩にはいろいろな種類が存在しています。種類によって、カロリーが異なっていたり、味も違います。それぞれの目的に合わせて適切な塩を使いましょう。

日本は昔から塩を頻繁に用いてきました。塩を採るためのさまざまな工夫がされてきて、塩作りにはかなりの歴史があります。もともとは海水から得られますが、それがどこから得られたものなのか、どのように製法されたのかによって細かく分離されています。そんな塩の種類や使い方について紹介します。

知ると楽しい!塩の種類・成分・作り方と、おすすめランキング

塩の種類・作り方

塩は作り方によって、種類が分かれています。海水から採られたものは海塩と呼ばれています。岩塩というタイプもあり、こちらは塩の層から採取することができます。また、湖塩というものもあります。塩湖から得られるものです。

海塩の中でも一般的なものが食塩です。食塩は人工的な作り方でできています。イオン交換膜透析法によってイオンを抽出して、それを濃縮して煮詰めて作られています。こちらにはミネラルが添加されていることはありません。

自然海塩というタイプもあります。その中でも完全天日塩は太陽光と風だけを利用して結晶化させたものです。加熱をすることもなく、数ヶ月間かけてじっくりと結晶化させます。平釜塩というものもあり、こちらは海水を平窯によって煮詰めて結晶化させたものです。

ほかにも再生加工塩というものがあります。原塩を輸入し、それにミネラルを添加して成分調整をする作り方でできたものは自然海塩加工と呼ばれています。イオン交換塩にミネラルを添加して成分調整したものはイオン交換塩加工と呼びます。

塩の種類・作り方

岩塩というのはかつて海だった場所が陸地に閉じ込められることによって塩湖となり、その水分が蒸発した結果として塩が結晶化し、そこに土砂が体積して塩の層ができ、そこから採ったものです。溶解法岩塩と採掘法岩塩という種類があります。溶解法岩塩にはミネラルを添加したものと添加していないものがあります。

このように塩にはいろいろな種類が存在しています。海塩は海水塩と呼ばれることもあり、成分としては塩化ナトリウムが大部分を占めています。この中でも特に塩化ナトリウムの濃度が濃いものについては、特急塩と呼ばれています。こちらは高級品として扱われていますが、固まりやすいという欠点があります。

塩の成分の中には塩化ナトリウム以外にも、カルシウムやマグネシウムを含んでいるものがあります。これらはニガリ分と呼ばれており、多く含んでいるものの方が良いとされています。低価格で売られている食塩の中には、このニガリ分が含まれていません。

ミネラルが豊富に含まれているということは、それだけ健康や美容への効果を期待できるということです。製造方法によっては、塩化ナトリウム以外のミネラル成分が取り除かれているケースもあります。そのような塩はあまりおすすめできません。塩の原産地はたくさんあります。日本で売られているからといって、すべてが日本産とは限らないため注意しましょう。

塩の成分・ミネラル・カロリーとその効果

塩に関してはあまりカロリーが高いというイメージはないでしょう。実は塩のカロリーは0kcalです。塩の成分はナトリウムと塩素です。これらはミネラルであり、エネルギーにすることができないため、カロリーはないと考えられています。ほかの調味料であるしょうゆや酢、味噌などには少なからずエネルギーにすることができる成分が含まれているため、カロリーがあります。

カロリーがないからといって塩をたくさん使っても太らないかというとそれは間違いです。実際には塩分を摂り過ぎることにより、太ってしまう可能性があるため注意しましょう。塩分をたくさん摂取したとしても、それだけで太ることはありません。

しかし、塩分というのは水分を溜め込もうとする作用をもたらします。これによってむくみやすくなります。また、同時に代謝も悪くなってしまうでしょう。塩分があると食欲が増してしまうという作用もあります。口の中の水分が奪われてしまうため、ジュースを飲み過ぎてしまったり、便秘を引き起こしてしまう可能性もあります。そのため、塩分は毎日摂取し過ぎないようにしましょう。

塩を取ることによってどのような良い効果を期待できるのでしょうか?塩というのは細胞を正常な状態に保つ効果があります。塩をきちんと摂っておかないと立ちくらみや脱水症状、血圧低下などが起きてしまうかもしれません。また、筋肉や神経の働きを調整する役割も果たしています。味覚や食欲を正常にするためにも必要です。

塩の成分・ミネラル・カロリーとその効果

そのため、必要な分の塩はきちんと摂取しておかないといけません。成人であれば、1日に10g以下の塩を摂取することが望ましいとされています。いろいろなものに利用されているため、摂取した塩分を正確に計算することは難しいかもしれませんが、意識はしておきましょう。

料理では塩は大活躍します。きゅうりの下ごしらえや漬物に塩を使うのは脱水効果を期待しているからです。肉に対して塩を使うときには、調理直前が良いとされています。これは脱水効果が効きすぎてしまわないようにするためです。

魚に塩をふると、それによって水分と一緒に臭みを出すことができます。塩によって菌の繁殖を防いで保存性を高める効果は塩漬けで活用されています。葉物野菜を茹でるときに塩を使うのは、それによってクロロフィルの退色を防ぐためです。

このように塩というのは適度に使うことによっていろいろな効果を期待できるため、ぜひとも活用しましょう。

塩のおすすめランキング

1. 海の精 あらしお 3Kg

「海の精 あらしお 3Kg」は海の精から発売されている、海水から生産した国産の塩です。

塩用の容器に小分けして使えるたっぷりの3kgサイズ。賞味期限はないため、ひと袋を常備しておけば料理中にうっかり塩を切らしてしまう心配もありません。苦汁(ニガリ)や固結防止のための添加物などは一切加えず原材料は海水のみ仕上げていますす。産地は伊豆大島の国立公園内のものを採用。美しい自然が豊富な太平洋の、黒潮が運ぶ海域の海水を100%使用しています。製造方法は太陽と風の力で海水を凝縮。そのあとは火を使って炊き上げるという伝統的な自然製塩法です。そのためナトリウムだけでなく、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどミネラルが豊富に含まれています。100gあたりのエネルギーは0kcaL、タンパク質0g、脂質0g、炭水化物0g、ナトリウム33.8g、マグネシウム700mg、カルシウム400mg、カリウム240mgとなっています。

本品はほのかな甘さやうまみ、塩辛いだけでなくコクもあり、和風、洋風、中華とどんな料理にも合い、素材の良さを引き出します。さらに本来の美味しさを味わうために、塩むすびに使用してみることをおすすめします。


2. 海の精 あらしお 赤ラベル 240g

海の精 あらしお 赤ラベル 240g
¥268/100g
¥642 ケンコーコム
¥648 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

「海の精 あらしお 赤ラベル 240g」は創業昭和47年、伝統海塩「海の精」や「海精にがり」の生産販売をする海の精株式会社から発売されている純国産の海塩です。

原材料に伊豆大島で黒潮が運ぶ海水を100%使用しています。添加物を一切加えずじっくり丁寧に伝統的な自然製塩法で仕上げました。伝統的な自然製塩法とは、太陽と風の力で海水を濃縮してから火の力で丹念に炊き上げる方法です。海水だけを原料にしており他の塩や添加物は一切使っていません。

本品はマグネシウム、カルシウム、カリウムなど60種類以上のミネラルを豊富に含んでいます。栄養成分は100gあたり、エネルギー が0kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g、ナトリウム33.8g、マグネシウム700mg、カルシウム400mg、カリウム240mgになっています。

味わいの特徴としては塩気のあとに、ほのかな甘味や苦味や酸味が広がる美味しさがあります。塩おにぎりや塩焼き、漬物など、塩の旨味を感じる料理に使用すると、まろやかな味わいに仕上がります。

また、昔ながらのにがりを多く含み湿気やすい性質があため、ご使用の際は必要な量だけを取り出し密封容器に保管することをおすすめします。


3. アルペンザルツ 岩塩 缶250g

アルペンザルツ 岩塩 缶250g
¥164/100g
72%安
¥410 SEIYUドットコム(西友)
¥413 Amazon(アマゾン)
他3ショップ

「アルペンザルツ 岩塩 缶250g」はSKWイーストアジア株式会社が販売するドイツの塩のトップブランド、アルペンザルツの岩塩です。

原産国はドイツで、産地は大自然に恵まれているドイツ南部のドイツアルプス山脈のふもとにあるバード・ライヘンハルの岩塩層から作られました。この岩塩層は2億5千万年前に形成された天然の岩塩層です。

本品まろやかな味わいでどんな料理とも相性がよく、重宝します。なかでもお肉料理やパスタに使用するのがおすすめですが、アルペンザルツにはカルシウムが豊富に含まれておりパスタを茹でるのにも最適です。その理由として日本の水は水に含まれるカルシウム分が少ない軟水ですが、カルシウムが豊富に含まれた硬水やアルペンザルツを使ってパスタを茹でることでカルシウムがパスタのデンプン質と結合してコシの強さをだすため、アルデンテのおいしいパスタができあがるのです。

さらに本品の容器の振り出し口は細かい穴と、注ぎ口タイプ、たくさん出せるタイプと3種類もあり、フタを調節することで料理に合わせて使い分けることが可能です。また水分が1%以下の塩のためサラサラしており、固まりにくく微妙な調節も可能。最後まできれいに使い切ることができます。


4. あらしお 4Kg

あらしお 4Kg
¥23/100g
79%安
¥930 ケンコーコム
¥939 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

あらしお 4Kgは、平釜炊きで丹念に仕上げた塩です。平釜炊きとは、ゆっくりと時間をかけて釜で炊きあげる製法で、とても手間ひまのかかる方法です。海のミネラルを含み、しっとりふんわりとしたあらしおは、まるみのある優しい味が特徴です。お肉や魚、野菜などによくなじみ、素材のおいしさを引き立ててくれます。また、味噌作りやパン作り、練り製品作りなど、幅広い用途に使うことができます。

あらしおのもとになっているのは、太陽と乾いた風で結晶させた天日海塩です。輸送技術が進んだため、オーストラリアの海シャークベイの清浄性の高い海水を使って質の良い塩を取ることができるようになりました。この天日塩を南アルプスの伏流水を使って溶かし、高濃度の海水にして平釜で炊きあげています。炊きあげ終わったら釜から上げて、しっとりとした状態の塩の結晶をそのまま寝かせます。十分に時間をかけて自然に水切りをすることで、水分とにがりがゆっくりと切れていきます。こうして、まるみのある良い味のあらしおが完成するのです。

古くから塩づくりに携わってきたあらしお株式会社では、日本専売公社から委託を受ける形で、昔ながらの塩づくりを始めました。お客様のニーズに応えて塩づくりを続けている信頼できる企業です。


5. おやじ秘伝 ガーリック味ソルト 140g

おやじ秘伝 ガーリック味ソルト 140g
¥365/100g ¥512/個
55%安
¥1,023 Amazon(アマゾン)

「おやじ秘伝 ガーリック味ソルト 140g」は2003年設立、おもに食品の開発をおこなう株式会社フードレーベルから発売されている、スパイスソルトです。

原材料には食塩、にんにく、黒胡椒、コーンスターチ、調味料(アミノ酸等)が含まれます。瓶入りタイプでサイズは高さ115mmx奥行52mmx幅104mm。キッチンやテーブルに置きやすい卓上型です。また職場にお弁当と一緒に持っていくのにも携帯しやすい大きさです。

味はまろやかなフレーク塩をベースに、にんにく、黒胡麻なが絶妙なバランスで配合されています。ガーリック風味が好きな方におすすめのスパイスソルトです。いつもの肉料理や魚料理、サラダ、炒めもの、イタリアン料理が、ひとふりするだけで美味しく大変身します。またパン作りや胡椒味のクッキー、おつまみ作りの材料として常備しておくのおすすめです。

栄養成分は100gあたりのエネルギーは133kcal、たんぱく質9.1g、脂質0.9g、炭水化物22.2g、ナトリウム2400mg、食塩相当量61gになっています。食塩と胡椒とを別々に振り入れて鯵の調節する手間がはぶけて、1瓶を常備しておけば料理の幅も広がります。


知ると楽しい!塩の種類・成分・作り方と、おすすめランキング

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。