味噌おすすめランキングと種類・使い方・保存方法

味噌

日本全国の地域によって、味噌にその土地の名前がつけられており、特徴があります。仙台味噌は「赤味噌」で辛味があり、府中白味噌には、甘味が感じられます。味噌のカロリーは、甘さによって異なります。甘い味噌の方が、カロリーは高めです。また、辛い味噌は、塩分が多くなっています。

味噌の保存方法として、常温保存や冷蔵保存、冷凍保存の3種類があります。常温保存は、賞味期限が2ヶ月くらいですが、冷蔵保存や冷凍保存にすると、期間を飛躍的に延ばせます。なお、味噌のディップソースや「味噌玉」を時間のあるときに作っておくと、朝忙しいときなどに野菜スティックにつけて食べたり、手軽に味噌汁が飲めるので便利です。

味噌の種類|種類別カロリーも

味噌は大豆麹(こうじ)、塩によって作られています。味噌には、「赤味噌」、「白味噌」、「淡色味噌」などの種類があります。また、麹にも種類があり、「米味噌」、「麦味噌」、「豆味噌」に分かれています。この3つを合わせたものを「合わせ味噌」といいます。

味噌は地域ごとに特色があり、北海道から本州にかけては「米味噌」、「麦味噌」は九州、東海地方では「豆味噌」がよく使われているようです。日本国内で生産されている味噌の8割が、米味噌だということです。麦味噌は、麦の香りがする味噌で塩分濃度が低く、やさしい味わいです。また、豆味噌は、やや豆の渋みのある味噌です。愛知県の八丁味噌が、豆味噌として有名です。

赤味噌は、その名の通り赤みがかった味噌ですが、白味噌よりも辛口です。白味噌には米麹が使われていることから、甘口です。原料の米に甘味があります。淡色味噌というのは、赤味噌よりも淡い色をしているということで、このように呼ばれています。淡色味噌は、色が薄めの味噌汁を作りたいときなどに使われるようです。

味噌の種類|種類別カロリーも

味噌の色の違いですが、「メイラード反応」といって、味噌に含まれているアミノ酸が糖と反応して、化学変化により褐色になります。醸造する期間が長いほど、メイラード反応が進むことから味噌の色は濃くなり、熟成が足りないと白味噌になります。その中間が、淡色味噌です。

味噌のカロリーは、赤味噌が大さじ1あたり32kcalくらい、淡色味噌大さじ1あたり33kcalくらい、白味噌は大さじ1あたり35kcalくらいです。甘くなるほどカロリーは高くなりますが、それほど大きな差はありません。味噌は塩気が強いため、それほど大量に食べられる調味料ではありませんから、食べすぎで太るような心配はないでしょう。

ただ、味噌に含まれている塩分の量ですが、赤味噌が小さじ1で0.7g、淡色味噌小さじ1が0.8g、白味噌は小さじ1が0.4gとなっています。カロリーと対象的に塩分量については、白味噌が一番低くなります。

味噌汁を飲むときに、「塩分の摂りすぎが心配」とおっしゃる方は少なくありません。塩分は血圧と密接な関係があり、塩分の摂りすぎで血液中のナトリウムの濃度が高くなります。高血圧などの病気で、塩分制限を受けていることもあるでしょう。高血圧が気になる人は、カロリー以上に味噌の中に含まれている塩分が気になるようです。塩分が気になる人のために、減塩みそ汁が販売されています。

用途、おすすめレシピによる分類

味噌をどのような料理に使えるかですが、色から考えるとわかりやすいのではないでしょうか?赤味噌は色が濃いため、赤だしの味噌汁や煮込み料理などを作るときに向いています。デミグラスソースを使ったハンバーグや、赤ワインを使った料理などの隠し味として、赤味噌を加える方法もあります。

赤味噌を加えることによって、料理にコクと深みが出ます。ただし、赤味噌は辛口で、塩分が多めに含まれていますので、入れすぎると辛くなり、料理がしょっぱく感じられます。最初は少なめに加え、味をみながら徐々に量を増やしていきましょう。

赤味噌とは対照的に、白味噌を入れると料理が白っぽく仕上がるため、クリームシチューやグラタンなどのクリーム系の料理に適しています。白味噌は赤味噌より甘口なので、味がまろやかになります。白味噌は塩分濃度も低いので、量が多くなりそうな料理に入れたとしても大丈夫です。ただし、色で味がわからないため、時々、味見をしながら加えるようにしてください。

淡色味噌は、赤味噌と白味噌の中間のような存在で、広範囲の料理に使うことができます。味噌田楽や酢味噌和えなど、お酒のつまみとして食べられるようなものにも使えます。料理を選びませんから、赤味噌と白味噌とでどちらを使おうかと迷ったときには、淡色味噌をお使いになってみるとよいでしょう。

用途、おすすめレシピによる分類

味噌のディップソースは、食べる直前に作っておくと野菜スティックなどにつけて、手軽に食べることができます。辛いものがお好きな方は、辛口の「赤味噌」を、甘めに作りたい場合は「白味噌」をお使いになるといいでしょう。

ディップソースのレシピですが、お好みの味噌に、マヨネーズやケチャップ、一味唐辛子などをまぜるだけです。キュウリやニンジンなどの野菜をスティック状に切って、ディップソースにつけてお召し上がりください。

便利な味噌の使い方ですが、「味噌玉」を作っておくと、手軽に味噌汁に入れて飲むことができます。味噌玉の中身は、なんでもかまいません。味噌汁の種類として、「わかめ味噌汁」の場合は、赤味噌にわかめとネギを小口切りにしたものを混ぜ込みます。これを丸めるだけです。

ほかに、大根の味噌汁、ほうれん草の味噌汁、しめじの味噌汁など、好きな具材を入れて作りましょう。味噌玉は、朝の忙しい時間のないときなどに、お椀に味噌玉を入れてお湯を注ぐだけで簡単に作れます。味噌玉の日持ちする日数ですが、時間のあるときにまとめて作って冷凍しておけば、一ヶ月は持ちます

味噌の保存方法と賞味期限は?

味噌の保存方法ですが、味噌は塩分濃度が高いので、常温保存でも長持ちします。常温保存の場合は、風通しの良い冷暗所に保存してください、しかし、カビが生えることがあるため、冷蔵庫で保存した方がよいでしょう。これは、通常の味噌の場合です。味噌によって含まれている塩分濃度が異なります。特に減塩味噌は、含まれている塩の量が少なめなので、賞味期限を守って早めに使い切りましょう。

味噌は発酵食品なので、しばらく放置しておくと、どんどん熟成が進んでいきます。赤味噌と白味噌でも色に違いが出ますが、味噌の色がしだいに濃くなっていきます。さらに、置いておくと液が多くなり、風味も悪くなるので、使いきれないと思ったら少なめの量を購入しましょう。使いやすいように小分けされている味噌もあります。

常温保存の場合の味噌の賞味期限は、2ヶ月くらいとなっています。冷蔵保存した場合の賞味期限は、1年くらいといわれています。季節によっても違いがあり、夏の暑い季節は冷蔵保存か冷凍保存しておきましょう。冷蔵庫に入れておけば、発酵をおさえられますし、菌の繁殖を防ぐことができます。

味噌の保存方法と賞味期限は?

冬は温度が低いため、空気が入らないように密封しておけば、常温でも保存できるでしょう。味噌を冷凍保存する場合ですが、タッパーなどに入れておけば、1年以上持ちます。なお、味噌の凍る温度は-50℃以下といわれているので、冷凍庫に入れても凍ることはありません。冷凍庫にスペースがあるなら、冷蔵庫よりも冷凍庫の方がいいかもしれません。

味噌を保存しておく器には、プラスチック製に陶器やガラス製、ホーロー製品もあります。購入したときに入っている容器がありますが、あれは一時的な保存容器なので、長期で保存する場合は詰め替えた方がよいでしょう。丸型のものと角型の容器がありますが、角のない丸型の容器の方が、味噌をすくいやすいのではないでしょうか。

ガラス製は中が見えますから、味噌の鮮度がわかって便利です。フタの部分にゴムパッキンの付いている容器だと、ピッタリ密封できます。熱湯消毒のできる保存容器があり、たいへん衛生的です。味噌の表面にラップを貼り、空気に触れさせないことでカビが生えるのを防ぐことができます。

味噌の塩分濃度が高ければ、長持ちしますが、どうしても鮮度は落ちてきますから、賞味期限を目安に早めに食べきることをおすすめします。安いからといって大量に購入せずに、食べきれる量を買うといいでしょう。

味噌おすすめランキング

9位: チョーコー 太白 みそ 袋1kg

チョーコー 太白 みそ 袋1kg
¥57/100g
42%安

商品説明

九州長崎県に本社を置くチョーコー醤油が製造する「チョーコー 太白 みそ」です。こちらの商品は、米、大豆、塩で作られる漉しタイプの米みそで、淡色で米麹のかおり、滑らかな舌触り、大豆から引き出された自然な甘み、上品でやさしい味わいが特徴で、大人から子供まで親しまれています。

漉しタイプの米みそなので、どんな料理にも活躍しますが、特に田楽などのみそだれやあえ物など、みそを主体にした料理におすすめします。淡白のみそなので、精進料理やおせち料理など、淡白く仕上げたい料理にも最適です。みそは大豆と塩と麹で作られますが麹の種類によって米みそ、麦みそ、豆みその3つに大きく分けられ、九州では麦みそが有名ですが甘口の米みそもたくさん作られています。

この商品は、長崎県以外の地域ではなかなか手に入りづらい商品なので、九州出身の方はふるさとの味を求めて実家やお友達に頼んで送ってもらったりしているようですが、その他の地域にお住いの方はインターネットショップでの購入がおすすめです。自宅にいながらショッピングできますし、みそは結構重量がありますので、自宅まで届けてくれるインターネットショップはいいですね。もちろん長崎出身の方もおすすめします。

8位: タケヤみそ 信州味噌 塩ひかえめ カップ500g

タケヤみそ 信州味噌 塩ひかえめ カップ500g
¥53/100g
55%安

商品説明

「タケヤみそ 塩ひかえめ カップ 500g」は信州みそのおいしさをそのままに、食塩の使用量を約20%カットした、塩分控えめなみそとしては、1982年の発売以来30年以上にわたるロングセラー商品です。微生物もタケヤみそ独自開発の酵母、乳酸菌を使用して、きれいな色とすっきりとした味わいのある商品です。

塩分を控えるというのは、体にいいとよく聞きますが、味を犠牲にしていたり、何か物足りない、おいしくないという商品もたくさんあります。そこで、タケヤみそは、毎日の食卓に欠かせないみそだからこそ健康に良いだけでなくおいしいことも大切だと考え、原料や製法を徹底的に見直し、信州みそらしい、おいしさや風味を残しながら塩分を減らすことに成功しました。日本を代表するロングセラーがそれを証明していると思います。

もちろん加熱処理のしていない生みそタイプなので、酵素が生きていて、みそ本来の香りと風味を楽しむことができます。出汁も入っていないので、みそ汁などを作られるときは出汁を加えて作ってください。みそ汁以外にも煮込み料理などのみそを使った幅広い料理に使えますので、塩分の取りすぎを気にされている方やマイルド志向な味をお求めの方におすすめの商品です。

7位: マルサンアイ 味の饗宴 無添加生 カップ750g

マルサンアイ 味の饗宴 無添加生 カップ750g
98円お得
¥24/100g
75%安
¥180 イトーヨーカドー
¥359 ケンコーコム
他3ショップ

商品説明

「マルサンアイ 味の饗宴 無添加生 カップ750g」は豆、米、麦の3種類の麹を元から仕込んで熟成したマルサンアイこだわりのみそで、マルサンアイのロングセラー商品です。元から仕込むとは、完成したそれぞれ3種のみそをブレンドするのではなく、みその原料になる3種の麹を製造段階から仕込むことで、ブレンドでは出せない、よく絡み合った香り豊かなおいしいみそが出来上がります。しかも、余計な添加物が無添加で、さらに加熱殺菌処理をしていない生みそですので、酵母が生きていて蔵から出したままの香りや味が楽しめます。無添加みそは加熱殺菌処理をしているみそが多い中、こちらの商品は「生」にこだわった安心できる味です。

食べ方としては、出汁入りのみそではありませんので注意してください。せっかくの無添加、生ですので出汁にもこだわって、天然出汁を使えば、とってもおいしいみそ汁ができます。マルサンアイの公式ホームページにはレシピも紹介されていますので参考にしてみるのもいいかもしれません。また、「味の饗宴無添加シリーズ」の20周年特別サイトの中には、お湯を注ぐだけで、おいしいみそ汁のできる「みそまる」のレシピがいろいろ載っていますので、試してみてはいかがでしょうか。

6位: マルコメ 京懐石 おいしいだし入りです カップ650g

マルコメ 京懐石 おいしいだし入りです カップ650g
¥59/100g
¥383 ヨーカドーネットスーパー(ス)
¥405 イトーヨーカドー
他5ショップ

商品説明

「マルコメ 京懐石 おいしいだし入りです カップ650g」はじっくりと熟成させた風味豊かな信州の赤系のみそに、北海道の昆布だし、焼津の鰹節を中心にブレンドした、こだわりのおいしい出汁入りみそです。創業安政元年(1854年)マルコメの自信の証、金のラベルが物語っています。

みそは大きく分けて、米麹を使った米みそ、麦麹を使った麦みそ、豆麹を使った豆みその3つに分けられます。そのうち、信州のみその特徴は、大豆、と米麹および塩を混ぜて発酵熟成したもので山吹色といわれる色合いを持った米みそになります。また赤系みそというのは、原料の種類や製造方法、麹の分量、熟成の期間などによって、色合いが変わり、色が濃いみそのことを赤系のみそと言っています。一般の出汁入りみそでは、少し出汁を追加したほうが良いと感じることもありますが、このみそは上品な出汁がよく効いていますので、そのままでもおいしいみそ汁ができます。またそのほか、みそ漬けなどみその味をそのまま生かした料理をはじめ、いろいろな料理に安心して使えます。マルコメの公式ホームページに、このみそを使ったレシピが掲載されてますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。価格が少し高めですが、ネットショップで安いお店をさがせば400円程で購入できます。

5位: マルコメ 一休さん かつお昆布だし入り 袋750g

マルコメ 一休さん かつお昆布だし入り 袋750g
¥26/100g
56%安
¥192 SEIYUネットスーパー(ス)
¥203 ヨーカドーネットスーパー(ス)
他1ショップ

商品説明

マルコメといえば、ほとんどの方は一休さんを思い浮かべるのではないでしょうか。こちらはそんなマルコメの中でも一番長く愛されているロングセラー商品、「マルコメ 一休さん かつお昆布だし入り」です。マルコメのキャラクターであるマルコメ君が一休さんをイメージしているのでこの名前が付いたそうです。名称にある通り出汁入りのみそですので、そのままで、出汁を入れなくても、手軽においしいみそ汁を作ることができます。

信州長野の自然の中で熟成された、さっぱりとしたくせの無い淡色系漉しみそをベースに、かつお・昆布のだしが入ったみそで、どんな具材とも相性が良く、みそ汁以外でもさまざまな料理にも使用できます。マルコメの公式ページ内でもこの「マルコメ 一休さん かつお昆布だし入り」を使ったレシピを公開していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。工夫してオリジナルレシピに挑戦するのもいいですね。さわやかな香りと飲みあきないこの商品は、金額的にもお値打ちな価格となっていますので、ご家庭の常備みそとしておすすめいたします。店舗ではなかなか見つけられない場合もありますので、通販で価格を比較しながら、購入してみてはいかがでしょうか。

4位: チョーコー 九州麦みそ 生 麦こうじ 袋1kg

チョーコー 九州麦みそ 生 麦こうじ 袋1kg
¥57/100g
44%安
¥565 ケンコーコム
¥566 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

九州、長崎県ではおなじみのチョーコー醤油株式会社が製造するこの「チョーコー 九州麦みそ 生 麦こうじ」は大豆の2倍のこうじ(麦こうじ)を使い、しっかりと熟成させ、その後に熱処理を行っていない生みそです。そのため、麦こうじ本来の風味と香りが広がりうまみと甘みのある麦みそです。

みその種類はこうじの材料で分けると米みそ、豆みそ、麦みその3種類に分けられます。その中で、麦みそは主に、九州、中国、四国などの地域を中心に作られ、麦みそ本来の甘さとうまみが病みつきになり、日本全国に愛好者がいます。

食べ方といえば、みそ汁や煮込み料理など、みそを使う料理一般ははもちろん、特にこの九州麦みそ特有の甘さとうまみを生かして、生野菜に直接つけて食べたり、みそ漬けに利用したりなど、このみそ本来の味をそのまま利用する料理にもおいしくいただけて、とてもおすすめします。みそ汁を作る際に、麦の繊維や、こうじなどのいわゆる「みそカス」が気になる方は、みそ漉しを利用して、漉して作ると舌触りの良いまろやかなみそ汁になります。また。熱処理をしていない生みそですので、保存されるときは冷蔵庫での保管をお進めします。もちろん開封後は冷蔵庫保管が必須です。

3位: フンドーキン 生きてるあわせ 1Kg

フンドーキン 生きてるあわせ 1Kg
¥60/100g
38%安
¥595 爽快ドラッグ
¥601 Amazon(アマゾン)
他1ショップ

商品説明

「フンドーキン 生きてるあわせ」は九州の大分県に本社がある醤油やみそ、ドレッシング、調味料などを製造するフンドーキン醤油株式会社の商品です。大分県の自然豊かな土地で、米・大豆・大麦を仕込み、こうじの香りを残した甘口でまろやかな合わせみそです。加熱処理をしていないため、酵素が生きていて、まろやかな味と香りを楽しめるみそです。

おみそ汁など汁物全般はもちろん、煮物や炒め物、酢みそにも最適です。また、甘めなのでそのまま野菜につけて食べるのもおいしいです。九州大分県の家庭の味、またその他の地域の方でも、この味を試してみる価値はありです。

九州以外の地域ではなかなか取り扱っている店舗が少なく、なかなか手に入りづらい商品ですが、ネットショッピングでは地域に関係なく購入が可能ですので、自宅にいながら九州大分県の味を堪能してください。送料を含めると少しお高くなってしまいますが、まとめて購入するなどすれば送料無料となるショップもあります。この商品は加熱処理をしていないので、保存中に熟成がすすみ、色が濃くなることもありますが品質には問題ないそうですし、冷蔵庫で保存をすれば熟成を遅らせることができます。開封後は冷蔵庫での保存は必須です。

2位: チョーコー 長崎みそ(1kg)

チョーコー 長崎みそ(1kg)
¥65/100g
36%安
¥645 ケンコーコム
¥653 爽快ドラッグ
他1ショップ

商品説明

「チョーコー 長崎みそ」は、厳選した国内産のはだか麦をふんだんに使用した麦こうじと大豆、食塩を発酵、長期熟成させた後、熱処理や保存料などを一切使用しないで作られた純正生みそです。麦こうじのくせのないやわらかで上品な香りと風味がありあっさりとした甘みのある、長崎県、島原地方の伝統的な麦みそです。少し甘めのこのみそは、みそ汁はもちろん、豚汁、酢みそ和えや、みそ田楽、煮込み料理などのみそを使う料理一般におすすめです。みそ汁がしょっぱくてちょっと苦手な方にも、この商品を使ったみそ汁ならばおいしくいただけるかもしれません。麦みそは、麦の繊維、こうじなどのいわゆる「みそカス」が多く含まれているので、みそこしを利用してみそをこしてから作るのがポイントです。マイルドで口当たりの良いみそ汁が作れます。また、米みそなどをブレンドして、お好みの味にして利用するのもおすすめです。長崎県以外の地域ではなかなか手に入れにくい商品ですが、ネットショッピングならば家にいながら簡単に購入できます。長崎出身の方は思い出の家庭の味を求めて、またそうでない方も麦みその優しい味を求めているかたにはおすすめです。保存料などが一切使われていないので、お子様にも安心して提供できますので一度お試ししてはいかがでしょうか。

1位: チョーコー 田舎みそ 1Kg

対象ショップで取扱いなし

商品説明

「チョーコー 田舎みそ」は長崎県に本社を置くチョーコー醤油株式会社が生産する田舎風の生みそです。ちなみに田舎みそとは麦のこうじを使ったみそで、麦みそのことを言います。麦みそは、米みそ、豆みそと大きく分けて3つに分けられるみその種類で、また、作られている地域によっても味わいが変わります。その中で長崎での麦みそは淡褐色で甘口のみそが多いです。長崎県にお住まいの方や、出身の方は、スーパーでよくこの商品がならべられていたのを見たことがあるのではないでしょうか。まさに長崎県民の家庭の味です。麦こうじ独特の甘みと香りのあるこのみそは、みそのしょっぱさが気になって、どうも苦手という方も、このみそならばおいしく食べられるという方もいらっしゃいますので、一度試してみてください。初めてこのみそを食べた方でもなぜか懐かしく感じるみそだと思います。おみそ汁、豚汁、煮込み料理などにおすすめです。みそ汁の場合はみそこしを使うのがポイントです。麦の粒がこされて、まろやかなで香り豊かなおみそ汁を味わうことができます。長野県出身者の方で、田舎の懐かしい味を求めている方はもちろん、そうでない方もこの田舎みその味わいを試してみてはいかがでしょうか。

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。