安い・激安のマヨネーズ類

安い・激安のマヨネーズ類一覧

107商品
0お気にいり 2,776View
  • 安い順
1 2 3 4 5

マヨネーズ類107商品を、100gあたり安い順に紹介。 最安値の商品は「セブンプレミアム マヨネーズ 袋500g」の¥36/100gで、よく買う商品より安いかも!?
スマートショッピングではマヨネーズタルタルソースといったジャンルの品揃えはもちろん、キューピーピュアセレクトといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較も確認することをおすすめ。

1位: セブンプレミアム マヨネーズ 袋500g

マヨネーズ類のサブカテゴリ

マヨネーズ類のブランド

関連キーワード



「マヨネーズ類」カテゴリの新着口コミ

最近お腹周りと内臓脂肪を気にしだしたので、これは嬉しいです。さっぱりした味わいで普通のマヨネーズよりも食べやすく、好みですね。便利すぎて家の中から出なくなりそうですね…

1 いいね

やはりマヨネーズといえばキューピーですよね。レギュラーモデルのこのマヨネーズをいつも使ってます。

1 いいね

酸味が少なくクリーミーでマイルドな味。マヨネーズ得意ではない方でも美味しく召し上がれます。

とてもヘルシーで美味しい。とても気に入ってます。

最もメジャーな某メーカーのものより酸っぱくなくて、好きです。しかも安い。

辛口のマヨネ-ズですが、一般品より硬めでコクが有り美味しいです。 ちょっと高いですがその価値はあります。お勧め品です。

イタリアンが好きでよく使います。またかいます。

コストコ遠いので!ありがたい!このマヨ以外受け付けません。

何だか 主人が、この味にハマっています。まろやかで、美味しいと、言ってます( ^ω^)・・・

友人がいるタルタルソース好きでプレゼントに送りました。すぐに食べたと嬉しい報告、箱買いしたいそうです。

マヨネーズ類を安く買うために

マヨネーズ類

マヨネーズは、ドレッシングの一種で、卵ベースに油とお酢を混ぜて乳化させた調味料。通常はフライ類やサラダ、お好み焼きにつけて食べることが多いですが、生姜焼き、ハンバーグ、豆腐まで何にでもマヨネーズをつけてしまう、マヨラーと呼ばれるヘビーユーザーもいます。世界的には卵まるごと使った全卵タイプのマヨネーズが主流ですが、日本では黄身だけを使った濃厚な味わいの卵黄タイプが主流になっています。70%が脂肪と言われ、非常にカロリーが高いので、1日の摂取量には気をつける必要があります。最近では低カロリータイプの商品も増えてきて、カロリーが半分未満のものも。星形のキャップだと使いすぎるから、細いだし口のほうがよいなんて伝説も。とにかくおいしいけど、つけすぎると確実に太る、ダイエットの敵です。マヨネーズ=キューピーというかたも多いと思いますが、実は多くのメーカーが特色あるマヨネーズを出してきています。代表的なものでは、卵自体にこだわったコクのあるマヨネーズ、天然素材だけで作ったオーガニックもの、わさび・辛子を混ぜたマヨネーズ、明太子マヨネーズも人気です。卵アレルギーの方でも楽しめるような大豆ベースの超ヘルシーなマヨネーズも。変わり種のものでは、マツコのTV番組で紹介されてから人気爆発したキムマヨなどは、ご飯を炒めるだけでキムチチャーハンになる優れもので、入荷してはすぐなくなる状態が続いています。エビフライが大好きな人は、タルタルソースを1本持っておきたいと思うことでしょう。

さて、単純なようで奥が深いマヨネーズですが、安く手に入れるためのポイントが3つあります。

最初にタイプ別の価格相場について。15年11月現在、各タイプのマヨネーズの100gあたり平均価格は、通常のマヨネーズが110円/100g、低カロリータイプが85円/100g、キムマヨ・タルタルソースで165円/100gになります。ただし、卵や素材にこだわったタイプだと普通の商品の5倍することも多く、それを除くとやはり80円/100g程度が実質的には考えるべき単価ラインになると思います。低カロリーかどうかではほとんど値段は変わらないので、味と健康を考えて好きな方を使えば間違いありません。あなたがいつも買っている値段が、100gあたりで平均と比べて高いかどうか、チェックしてみてください。

第二に、業務用のアイテム活用について。インターネットだと外食店舗などでプロが使っているパッケージが簡単に手に入れることができます。マヨネーズの場合、業務用のほうが必ず安い、ということはないようですが、クオリティが高い分、コスパが高いというパターンが多いようです。例えばキューピーのプロユースパッケージは、市販品では感じる酸っぱさがなくマイルドで美味しいと通販サイトでは評判です。また、ケンコーマヨネーズなどはスーパーでみかけることはほとんどありませんが、お好み焼きやさんなどでは広く使われ、純粋に深い味わいがある、知る人ぞ知るマヨネーズです。業務用といっても、1本1kg程度のボリュームなので手軽に試すこともできますので、キューピー・ケンコーに関してはトライすることをおすすめします。

最後に、有名ブランドの最安値について。まずはマヨネーズの代名詞ともいえるキューピー、知らない人はいないでしょう。15年11月現在、キューピーマヨネーズの大きめサイズ700gボトルは46円/100gで320円が最安値。450gボトルでも47円/100gとほぼ同じレベルです。カロリーハーフ400gもほぼ同等で51円/100gの203円が最安値。先ほど紹介した業務用プロユースの1kgボトルは61円/100gで610円、若干値段は上がりますが、独特の風味を味わいたければ検討の余地がある差です。SSKマヨネーズで400gボトルが49円/100gの197円。全般的にキューピーと値段自体はほぼ変わらず、好きな味がどちらかで選べばよいようです。癖のある高付加価値系のマヨネーズだと、ブームになったSSKキムマヨは99円/100gと通常版のほぼ2倍、キューピーのタルタルソース155gが125円/100gとほぼ3倍になります。素材に徹底的にこだわって話題の松田のマヨネーズだと165円/100g、予約時点で完売続出だったキューピーの卵を味わうマヨネーズが一番高級でなんと514円/100g。マヨネーズといえども信じられない幅がありますが、値段がかかるほど濃厚なコクが楽しめるようなので、マヨネーズ好きの方は是非トライしてみてください。普段買っているマヨネーズの最新情報を知りたい方は、商品の詳細ページをチェックしてみてください。

マヨネーズ類通販で賢い買い方

マヨネーズ類

マヨラーという言葉がある程、日本人にとってマヨネーズは特別な調味料の一つで、野菜サラダにポテトサラダや粉ものなど大変好まれている調味料です。世界でも人気度は高く、日本と同じ様にマヨとも呼ばれているほどです。マヨネーズの発祥はフランスと言われていますが、商用に販売されるようになったのはアメリカが最初で1905年の事でした。

日本でマヨネーズの製造販売が行われたのは、現在でも日本最大のメーカーで生産された1912年で、1958年には現在主流になっている容器と、ほぼ同じものが製造されるようになったのです。また、日本にやって来たマヨネーズは、国内で日本人の味覚に対するべく独自の文化を歩んでいくのでした。

【1.日本特有のマヨネーズと欧米のマヨネーズの違い】

海外からやって来たマヨネーズは、ほかの舶来文化と共に日本独自の文化を歩みました。基本的な製法は同じですが、日本独自の素材を使う事で海外のマヨネーズとは味も異なっているのです。ヨーロッパやアメリカなどの欧米は、基本的に全卵を使用しており、酸味が無く甘い味付けなのに対して、日本のものは黄身だけを使用し菜種油、大豆油などと癖の無い植物油と米酢を主原料にしていますので、風味も全く異なっています。

また日本には独自の規格があり、海外製品はほとんどがこの規定に当てはまりませんので、半固体状ドレッシングやマヨネーズ風ドレッシングとして販売されています。人気のマヨネーズは7割が油成分ですので、カロリーが非常に高く、遭難者がマヨネーズで命を繋いだというニュースも、過去にあったほどです。

【2.日本独自のマヨネーズ文化】

日本にはマヨネーズ文化が、かなりの広がりを見せており、海外から見ると一種異様な光景に映るのだそうですが、食べてみると納得する外国人は多いといいます。日本のマヨネーズは、独自の味付けにより粉物文化と深く結びついてきた為、多くのアレンジが存在しています。また、お寿司と結びついてそのアレンジを変えて行きました。

・お寿司に使われるアレンジマヨネーズ:ツナマヨやコーンマヨに明太マヨ、わさびマヨやアボガドマヨなどがありまが、素材とのコンビネーションがマッチしたものが多いと言えます。

・粉物や焼きそばのアレンジマヨネーズ:味噌マヨや粒マスタードマヨ、スパイシーチリマヨにからしマヨ、明太子マヨなどがあります。その他にもガーリックマヨや醤油マヨに、ねり胡麻マヨや柚子胡椒マヨなど、種類の多さには事欠きません。

【3.マヨネーズの便利な用途や料理の応用】

マヨネーズは、直接かけて食べるだけではなく、様々な料理にもその応用が効く事は余り知られていません。じつはマヨネーズは火を使う料理にも便利で手軽に使えるのです。

・プレーンオムレツ:卵に塩胡椒で味付けし牛乳を少々とマヨを少し加えると、プルプルのオムレツが完成します。

・ホットケーキ:ホットケーキにバターの変わりに混ぜ込むだけで、いつもと違う食感のふわふわ感を楽しめます。

・つみれ:鶏ミンチでも魚のすり身でも構いませんが、軽く味付けし全体量の5分の1ほど混ぜてつみれにすると、独自の弾力が出せますので汁物や鍋などにお使いください。

・マヨグラ:通常のグラタンにマヨネーズを乗せて焼くだけで、いつもと違う味わいが出ます。

・ハンバーグ:ハンバーグに少し混ぜ込むだけで、ふっくら仕上げる事ができます。

【4.マヨネーズは肥満の原因?】

人間が必要としている三大栄養素は、炭水化物である糖質と蛋白質に脂質ですが、脂質だけが9カロリーと高く他の2つは4カロリーと半分以下しかありません。その為、脂質である油は目の敵にされており、肥満の原因になるとされています。しかし、実際に肥満の原因となっているものは油では無く、カロリーの摂取量とカロリーの消費量が、上手くかみ合っていない事にある事を知っておかなければなりません。

つまり、脂肪として蓄えられるのは、必要カロリー消費量で余ったものが脂肪として蓄えられるもので、これは炭水化物や蛋白質であっても同じ事が言えます。赤味肉が良いと言われても、鶏のささ身が良いと言われても、その摂取カロリーを消費しきれなかったなら、全て体脂肪として蓄えられていくのです。

【5.通販でのお得な購入】

マヨネーズはカロリーが高く、健康に心配する人も多いものですが、摂りすぎなければ危険はなく、むしろ毎日摂り続ける事で健康を維持してくれる側面を持っています。またハーフカットなどの商品もありますが、表示ラベルを見ておわかりのように、マヨネーズでは無く類似品扱いのうえ、添加物が多いという事で問題視されている面もあります。

普通のマヨネーズには添加物が少なく、逆にコレステロール値を下げる作用のある卵黄レシチンや植物油を含んでいますので、摂りすぎに注意しておけば、特に気に病む事も無いわけです。通販でお求めの際には、便利なクーポンやポイントを利用して、購入するように心がけましょう。また、ご近所や親せきなどでのまとめ買い価格も大変有効と言えるでしょう。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

マヨネーズ類でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら17.2%安いイトーヨーカドー。一方幅広く選ぶなら72商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

72

-14.2%

爽快ドラッグ

41

-5.9%

ケンコーコム

41

1.7%

イトーヨーカドー

11

17.2%

ヨドバシカメラ

14

8.6%

LOHACO(ロハコ)

38

-0.7%

Amazonパントリー

27

13.3%


マヨネーズ類 人気トップ10商品

マヨネーズ類人気ランキング1位は"ピュアセレクト ピュアセレクトマヨネーズ 袋1kg"で、人気スコアが94点。レビューも高く、おすすめの人気商品です。

マヨネーズ類の特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops