安い・激安の食用油・オイル

安い・激安の食用油・オイル一覧

750商品
0お気にいり 4,017View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

食用油・オイル750商品を、100mlあたり安い方から並べて紹介。 激安No.1商品は「昭和 キャノーラ油 コレステロール0 ぺット 1000g」の¥21/100mlで、あなたがいつも買っている商品より安いかも!?
スマートショッピングではオリーブオイルごま油といったジャンルの品揃えはもちろん、味の素マルホンといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック。

1位: 昭和 キャノーラ油 コレステロール0 ぺット 1000g

昭和産業 キャノーラ油 コレステロール0 ボトル1000gは、菜種の品種の1つキャノーラという植物からできた料理用の油です。酸化しにくいオレイン酸がたっぷりと含まれています。体内にたまった不要なコレステロールを排出する一方で、善玉コレステロールは減らさないため動脈硬化や高血圧、心臓病といった病気を予防する効果があるのがメリットです。 とてもサラッとした軽い油で、味わいも淡白です。素材の旨味を損なわないので、サラダオイルとして生で使ってもおいしく食べられます。また、高温に熱しても劣化が少ないため、炒め物や天ぷら油として使うのがおすすめです。生から揚げ物まであらゆる料理に使えるうえに、健康にも配慮されたサラダ油となっており、コレステロールもゼロですから、メタボリックシンドロームなど生活習慣からくる病気が気になる人にぜひ使ってほしい商品です。 大さじ1杯分のカロリーは、126キロカロリーです。油のデメリットの1つとして知られるのが高カロリーなことですが、キャノーラ油も他の油と同様にカロリーは高めです。ダイエット中はテフロン加工のフライパンを使うなどして油の使用料を減らすことをおすすめします。またこの商品の生産は終了しているので、在庫が少ないというデメリットもあります。平均価格は280円(税込み)前後、最安値段は約220円(税込み)です。

食用油・オイルのサブカテゴリ

食用油・オイルのブランド


「食用油・オイル」カテゴリの新着口コミ

最近コレステロール値が気になりだしたので、ごま油に変えだしています。このごま油は香りも高く、特に好きです。

なくなっちゃったのでリピート購入しにきたんですが…まだ欠品なんですね…早く入らないかな、残念です。

2 いいね

身体の事もあり オリーブオイルを注文しました。 私の自宅近くの スーパーのオリーブオイルは 少量で 高くて 大容量のオリーブオイルそして 低コストで この商品を選びました。

成分も信頼しており、炒め物、サラダなんでもいけるので味もとても美味しく気にっております。

念願のペットボトル入り❣️今迄は、ビン入りで分別ゴミの処理が面倒だったけど、だいぶ手間がはぶけるので、助かります。

いつも使用している商品なのですが、品切れで買えませんでした。購入出来て良かったです。迅速な対応ありがとうございます。

最近地元で入手困難になってしまったので通販頼みで助かってます。

えごまとかあまにとかのやつです! 味も無いし、いつ効果が表れるのかも よくわかりませんが、科学の力を信じましょう!

別に美味しくはないんですけど体に良いので飲んでます。 オリーブバージンオイルよりもクセがあります。バージンオイルが苦手な人にはおすすめしません。 私はバージンオイルも好きじゃないのですが、ヘンプシードオイルは身体に良いから我慢して飲んでます。 有機なのとコールドプレスなのが良いですね。全然美味しくはないんですけどね。それはどのメーカーでも同じでしょう。

まだ効果はわかりません。期待しています。

この油で揚げ物をするといくらでも食べられます。体に良いと聞くので、高くても購入したいとおもいます。

食用油・オイルを安く買うために

食用油・オイル

食用油は、炒め物・揚げ物の調理だけでなく、サラダドレッシングの代用、パン類に直接つけて食べるなど、毎日の料理には欠かせない調味料。基本的には液体の脂(不飽和脂肪酸)のほうが体によいとされ、家庭では植物油が使われることがほとんどでしょう。広く使われている俗にいう「サラダ油」は、オメガ6系の菜種油(キャノーラ油)・べに花油・ゴマ油・グレープシードオイルになるでしょう。リノール酸が主成分になっていて、体内では合成できない、生活には欠かせない必須の栄養素になります。食生活の洋風化に伴いファーストフード、フライ系から自然と取り入れているので、意識して摂取することは少ないです。むしろ、とりすぎて生活習慣病・アレルギーにつながっていたり、高温処理することで悪名高いトランス脂肪酸が含まれていることもあり、体には悪影響があるという見方が一般的です(アメリカではトランス脂肪酸の仕様が全面禁止)。そのため、健康を気にするのであれば、低温圧搾(コールドタイプ)製法の油を見つけるか、積極的に他のタイプの食用油にトライしていきたいところです。ヨーロッパでは広く使われているオリーブオイル・アボガドオイルなどのオイルはオメガ9系と呼ばれ、主成分のオレイン酸がコレステロールを下げてくれます。加熱にも強いので、サラダ油の代わりに使うことで、よりヘルシーな生活を送ろうと思う方には最適です。さらに別タイプのオメガ3系と呼ばれるオイルでは、えごま油(荏胡麻油)、アマニ油(亜麻仁油)などは話題が出てきています。主成分になっているリノレン酸がEPA/DHAなど脳を活性化してくれることで評判です。ただし、熱に弱いので、炒め物などには使いにくいのと、味に若干クセがありますが、サラダなどに使うことで、必須の栄養素をとりたいものです。最近だと固形の油(飽和脂肪酸)でも健康的なものとしてココナッツオイルが注目されてきました。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が代謝が早い上、体内に中性脂肪として蓄積しにくいため、ダイエットや美容によいと注目されてきています。熱しても大丈夫、味もクセがないととても万能なので、あらゆる場面で使うことができる最強の万能オイルと呼ばれることもあります。中でも純度の高いエクストラバージンココナッツオイルはその高価なお値段にもかかわらず人気です。

実はいろんなタイプが乱立している食用油ですが、賢く安い値段で手に入れるために押さえておきたいポイントが2つあります。

食用油・オイル通販で賢い買い方

食用油・オイル

食用油などのオイル類は、我々の食生活を豊かにしてきました。特に揚げ物などは、育ち盛りのお子さんたちには、大好物となるものが多く、フライや空揚げにてんぷらなど、食卓を豪華に繰り広げてくれるものばかりです。しかし、こういった半面で、オイルの摂りすぎによる健康被害も報告されており、生活習慣病とも言える病気のほとんどが、カロリーの摂りすぎによるトラブルを招いています。

もちろん食用油などのオイル類が、全て悪いのではありません。人間の必要とする三大栄養素の炭水化物の糖質と、お肉である蛋白質、そして油もの料理や肉類に多く含まれている脂質の中で、脂質はカロリーが1あたり9カロリーと、ほかの2つの栄養素と比較しても、倍以上ありますのでやり玉に挙げられているわけです。

【1.栄養素である脂質を知っておこう】

人間が必要とするエネルギーには、三大栄養素とされる糖質や蛋白質に脂質があります。このうち糖質と蛋白質は1あたり4kカロリーですが、脂質は9kカロリーもあり、もっともエネルギー量の多い栄養素であると言えるでしょう。脂質の主な役割は、細胞膜など体の構成物質として、熱量と水分を体内に貯蔵する大事な役割を担っており、水には溶けない唯一の有機化合物とも言えます。

脂質には他にも重要な役割があり、生体膜の成分としてとして使われるほか、エネルギーを貯蔵するタンクとしての役割を担い、大事な体温を保つ断熱材や皮膚を保護するものとして必要不可欠な成分なのです。また、脂溶性ビタミンとして体内で重要な働くを行っており、代謝活性をコントロールするホルモンとしても、重要な位置を占めています。さらに血圧や体温に筋肉の働きをもコントロールしています。

【2.植物性油の種類や用途】

植物性油はその用途によって、料理用や燃料用に化粧用や医療用とに分類する事ができます。人体に対して有効とされる成分がある場合には、化粧用や医療用と料理などに使われますが、それ以外に油は工業用や燃料などに使われています。食用で多く使われているものには、菜種油や大豆油に綿実油があり、揚げ物など大量に消費する油には、安価なこれらの製品が使われています。

他にも調理油はあり、コーン油や紅花油やオリーブ油、ごま油やピーナッツ油などが一般的に使われており、コストが高い為とその性質などにより、大量に消費する揚げものには向いていない場合が多いと言えます。最近は健康志向の高まりで、えごまや紫蘇などに含まれている、3αリノレン酸入りの植物油も好まれていますが価格は非常に高値です。

【3.動物性油の種類や用途】

古代より使われて来たものがこの動物性の油脂で、食用として多く使われて来たのは、豚のラードや鶏から摂れる鶏油などが利用されています。牛脂であるヘットが食用として使われるのは、ステーキやすき焼きで、ラードやヘットは揚げ油として独自の旨味が加わります。牛脂であるヘットがあまり出回っていないのは、輸入牛は加工されて日本に入る為で、和牛などは比較的高価な為に、輸入牛や豚肉のようにスーパーで売れにくいというのがその原因となっています。

豚の背油であるラードは、意外に手に入りやすく、上手く脂身から取り出す方法は、刻んだと鍋やフライパンで弱火にかけるだけで取り出す事ができます。また綺麗で真っ白なものなら、刻んだ後に茹でる方法で取り出す事ができますので、炒め物やチャーハンに使うと良いでしょう。

【4.ダイエットと油との関連性】

本来脂質とは、人間に必要な栄養素であり、エネルギーを生成する作用や体温を保持する働きがあり、大事な脂溶性ビタミンの吸収を促進する効果を持っているものです。つまりダイエットなどで脂質を制限する事で、これらの働きが弱ってくる事を理解しておかなければなりません。肥満の原因となって来るものは、日頃の食事が栄養過多となり、自分の体にキャリーオーバーして起きる現象ですので、ダイエットを健康に行うにはバランスを大事に行いながら、食事を取る事が必要になって来るわけです。

またコレステロールも必要なもので低くなりすぎる事で病気にもなってしまいます。ただし、動物性油脂には、悪玉コレステロールになり易いものを多く含んでいますので、魚やα3リノレン酸を含む食事を意識します。

【5.通販での食用油のお得な購入法】

価格が高めな人気油は、やはりDHAやEPAにα3リノレン酸を含むオイル類です。しかし、健康に一番いいのはバランスですので、いずれか一品目に固執するという考えはよくありません。また、家庭でも一番よくお使いになる揚げ油は、トランス脂肪酸が少ないとされる綿実油が、価格的にも安く購入する事ができます。植物油に関しては大量に使う揚げ油以外は、サイズの大きなものはあまりお勧めできません。

油も鮮度が大事で一旦ふたを開けると酸化していきます。揚げ油も真っ黒になるまで使う事は禁物で、上げた後は必ず漉して専用の容器に入れて保存します。また、炒め油として使っていく事で、早めに使い切る事もできるでしょう。品質のいい油などは、漬物や冷ややっこにサラダなどに利用して行きくと良いでしょう。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

食用油・オイルでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら6.7%安い楽天西友ネットスーパー。一方幅広く選ぶなら703商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

703

-3.1%

爽快ドラッグ

442

-1.3%

ケンコーコム

419

2.1%

イトーヨーカドー

39

-1.1%

楽天西友ネットスーパー

63

6.7%

ヨドバシカメラ

66

5.5%

LOHACO(ロハコ)

115

-0.3%

カクヤス

25

-0.5%

Amazonパントリー

77

5%

食用油・オイル 人気トップ10商品

食用油・オイル人気ランキング1位は"ココウェル プレミアム ココナッツオイル 詰替 460g"で、人気スコアが93点。レビューも高く、おすすめの人気商品です。

食用油・オイルの特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 

Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops