安い 安い・激安のスタイリング剤

人気順にもっと見る

スタイリング剤1752商品を、100gあたり安い方から並べて紹介。 最安No.1商品は「スパイス ソフトワックス 100g」の¥55/100gで、あなたがいつも買っている商品より安いかも!?
スマートショッピングではヘアワックスヘアオイル・ヘアリキッドといったジャンルの品揃えはもちろん、リーゼナカノといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料がかかると最安ショップが変わるかもしれないので、送料いれて価格比較も確認することをおすすめ。

スタイリング剤のサブカテゴリ

スタイリング剤のブランド

「スタイリング剤」カテゴリの新着口コミ

でも無香料はやっぱりいいですね。癖っ毛ですがそこそこしっかり固めてくれます。でも湿気の多い日などだとキープ力が足りない気がしちゃいますね。使い分けて行きます。

1いいね

もうウェーボ以外使う気になれないので、こういう詰め替え用はありがたいですね!アマゾンさんいつもありがとう。

1いいね

この、水分ヘアパックは、パサパサの髪にしっとり感と艶が出ます。ベタつきもなし。 あたしには、強い味方。 ドラックストアには置いてなくなっているので、購入出来て良かった!

迅速な対応に感謝です。椿油は使っていましたが、今回この品を知りお願いしました。楽しみです。

説明書の『髪の毛が切れますので強く引っ張らないでください』の『強く』の力がどの程度か分からなかった。髪が切れるのが怖くて強く引っ張らなかったら、全然まっすぐにならず、むしろくせ毛が酷くなった。潔く引っ張ることが出来る人向きの商品だと思う。

少し付けすぎたかなと思ってもベタつかず、サラサラに仕上がって自然な艶も出ました。ツバキのヘアクリームを使っていましたが、髪はまとまるけれど触ると髪がギシギシしていました。でも、このオイルは髪が柔らかく仕上がって、とてもよかったです。

ネットでこの商品みて買ったら2日で届きました。 これから頑張っていきたいと思います。

息子が使用しています。気に入っているようです。

届くの早かったです。 ありがとうございました。

前から使っていたがこの頃店で売っていなかったので見つけて注文しました。

スタイリング剤を安く買うために

スタイリング剤

スタイリング剤は、思い通りのヘアスタイルを実現してくれる必須アイテム。実に多様な商品があるので、目的に応じてきちんと使い分けるのが難しいジャンルです。ヘアムース・ヘアフォームは水分を多く含み、髪の隅々にまで入り込み、髪全体に伸ばして使えます。特にパーマ髪で動きを出したい時には有効です。それをさらに水分だけにしたのがヘアウォーターで寝癖直しにはもってこいのアイテム。ヘアクリームは髪にツヤを出したり落ち着かせるために使われ、セット力はありません。ヘアオイル・ヘアグロスも基本的には艶出しで、最近流行りのウェットヘア(濡れ髪)に仕上げる際には大活躍。ここからはセット力が強くなるアイテムが並びます。ヘアワックスは、無造作に髪の毛を動かすことが簡単で、特にピンポイントで毛先を遊ばせるのに便利です。ヘアジェルは、ツヤを出しつつ髪の毛をがっちり固める機能があります。ヘアスプレーは他のアイテムで作ったヘアスタイルをキープする役割で、最後の仕上げで活躍します。最近では、髪の毛にほのかな香りをつけるためのヘアコロンも人気です。

あとは自分の髪質・実現したいヘアスタイルに合わせて使い分ける必要があるのですが、これだけ種類があると何を買えばよいのか迷われるかたも多いかと思います。そんなに使い分けないよという方には、艶出し効果もあるワックスなど複数の機能を1つの商品で兼ねたものも増えてきましたし、万能性が高いムース・ワックスを1本持っておけばまず間違いないでしょう。

スタイリング剤を安い値段で手に入れるために、押さえておきたいポイントが2つあります。

まずは平均的な相場価格について。スタイリング剤だとパッケージに応じて容量も様々なので、細かい話にはなりますが、100gあたりの値段で目安を知っておきたいところです。15年11月現在、ヘアムース・ヘアフォームの100gあたり平均価格は690円/100g、ヘアスプレーが840円/100gです。水分が少なく固形物に近くなると当然単位あたり価格は上がり、ヘアクリームで960円/100g、ヘアワックスだと1,490円/100gが平均的な相場になりそうです。いずれにせよ、これらの価格を覚えておくと、ショッピングの際にスマートな買い物ができるようになるでしょう。とにかく安いものが知りたい、という方には、とことん安いヘアムースだとクレッシュ スタイリングフォーム150gが178円/100gの289円と激安。一番安いヘアワックスだと、プロスタイル ヘアメイクワックス90gが536円/100gの482円と破格の値付けになっています。どちらも相場の1/3以下なので一度チェックしてみて損はないでしょう。

次に売れ筋商品の最安値について。サロンでプロも使っていることでお馴染みのナカノのヘアワックス。15年11月現在、一番ベーシックなスタイリングワックスGの90gボトルが987円/100gで888円が最安値、なんとネットだと1,000円を切っています。一般的に、サロン向けの商品は、ヘアサロンにたどり着くまでに複雑な経路をたどることが多く、どうしても店舗で買うとお値段が上がり気味。ネット通販で買うと30-40%は平気で安い値段で手に入れることができます。美容師御用達だと、アリミノ・ピースのソフトワックス80gも1,939円/100gで1,550円が最安値。おそらく店舗では見たことがない価格だと思います。プロスタイルのアイテムは全般的に安く、通常のヘアフォームシリーズが270円/100gで405円が最安値。ヘアスプレーならケープ、180gのスプレーシリーズはどのタイプでも220円/100gの396円が最安値です。実はほとんど最安ショップになっているのがヨドバシカメラで、家電屋さんなのにスタイリング剤だとダントツ安い値段がついています。あなたのいつもお使いのアイテムはいくらでしょう?お目当ての商品を検索の上、最新情報を商品ページにてご確認ください。

スタイリング剤通販で賢い買い方

スタイリング剤

123

ヘアスタイルは、時代によって大きな流れが見られます。また国により定められたヘアスタイルなどもあり、宗教観により定められた髪型などもあり、現在では自由なヘアスタイルが認められているように見えますが、現実は自由などでは無くへアスタイルが理由で、就職を断られるような事も当然あります。

つまり、現状では一定のルールのうえに則ったヘアスタイルが必要であり、本当にヘアスタイルが自由と言われる者は、一部大学生か就職をしていない人たちのものだけのようです。また、ヨーロッパではやはりフランスの威厳が強く、中世からフアッション界をリードする位置づけだったようで、ヘアスタイルもファッションの一部として周囲の国も真似ていたようです。

【1.日本のヘアスタイルの変遷】

中国の清王朝では、男性はべん髪が有名ですが、これは国家で定められた髪型で、僧侶以外はべん髪にしなければなりませんでした。また日本もちょんまげの時代が明治初期まで続いており、平安末期から武士たちが烏帽子や兜をかぶるようになって現れたようで、特に強制により発生したのではなかったようですが、後には武士のたしなみとされ、全ての階級に広まったようです。

日本は弥生時代より様々な髪型が流行しており、土器からもそうしたファッションを読みとる事ができます。またファッション性だけではなく、宗教観やみんぞくによっても髪型を変えており、古代では同族や仲間の印として、ヘアスタイルや刺青で敵を区別していた節も見られます。

【2.スタイリング剤の歴史】

そもそもスタイリング剤の定義とは、毛髪を固定してセットをする整髪目的で行われていたもので、毛髪の光沢や感触に質感などを改善するトリートメント的な役割も果たしていました。日本でも古くから椿油が利用されていた事は有名で、この椿油は海外貿易においても重要な輸出品の一つで、貿易先の中国などでも椿油が貴重品であった事がお判りでしょう。

また平安時代に書かれた文献には、行基上人が檀信徒の集まりで説法をする際に、女性が獣の脂である猪脂を髪に付けていた事を非難し、これを追い出したとの記述がある事から、獣の脂も整髪料として利用されていた事がわかります。また、油分のある植物や樹木から取れる油も、同じく利用されていた事でしょう。

【3.スタイリング剤の下地や補助で使われるもの】

現在、多くのスタイリング剤と呼ばれる整髪料が販売されていますが、下地に使われるものもあります。

・ヘアウォーター:寝癖を直したり、髪に艶を与え後に使う整髪料に対する下地といった目的で使われるもので、キープ力はほとんどありません。

・ヘアミスト:ヘアスタイルのボリュームダウンや、生え際の立ち上げなどに使われ、噴霧式になっています。

・ヘアトニック:髪の毛というよりは、頭皮に直接作用するもので、ふけやかゆみを抑える効果があり、後に付ける整髪料との保護的や役割を果たします。養毛や育毛に特化したタイプもあり、男性の間では最初に付ける整髪料として認知されています。

・ヘアクリーム:髪に油分を与えるもので、枝毛や切毛に裂毛の予防や改善する働きと、頭髪に艶を与え整えやすくする効果があり、頭皮にも作用する薬用タイプもあります。

・ヘアオイル:いわゆる髪油ですが、水性に近く洗い流さないトリートメントタイプが人気の品です。

【4.スタイリング剤の種類】

・ヘアリキッド:液状でべとつかないスタイリングが行えます。

・ヘアローション:べとつかないタイプで、カーラーやウエーブを作り、スプレーした後ドライヤーで固定します。

・ヘアフォーム:ムースとも呼ばれるもので、泡状で固定力の低いものもあります。

・ヘアジェル:ゼリー状のもので、かなりのキープ力が特徴ですがべとつかず、髪に良くなじみます。

・ヘアワックス:種類により性質がかなり異なるのが特徴で、キープ力の強弱や艶の有無など商品によりかなりの違いが見られます。

・グリース:いわゆる水性ポマードで、艶と強いキープ力があります。

・ポマード:リーゼントには必須のアイテムで、強いキープ力とテカテカの艶が持ち味です。

・チック:リーゼントには必須商品で、ポマード以上のキープ力がありサイドやトップを固めるのに使います。

・ヘアスプレー:ヘアスタイルを保つのに使われる仕上げ用になります。

【5. 通販でのお得な購入法価格】

スタイリング剤は、時代の変遷とともに移ろいでおり、当時人気のあったものも、今ではあまり見かけなくなったものもあります。スタイリングの方法は非常に個人差があり。それは髪の毛の質やボリューム、年齢によっても変わって来るものです。また、髪の毛の長さや男女間でも違うもので、家族の間でも使用するスタイリング剤が個人ごとで分かれているのが普通でしょう。

したがって通販でご購入する時には、家族の意見をあらかじめ聞いた後に注文するのがいいでしょう。また、使用頻度の高いものは買い置きに向いています。キャンペーンなどを行っていないかあらかじめチェックし、クーポンやポイントがもらえるのであれば、これを使用していくのが賢いやり方と言えるでしょう。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

スタイリング剤でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら11.4%安いヨドバシカメラ。一方幅広く選ぶなら1385商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

1385

2.2%

爽快ドラッグ

728

-8.4%

ケンコーコム

727

-2.8%

イトーヨーカドー

85

-4.7%

楽天西友ネットスーパー

175

-3%

ヨドバシカメラ

626

11.4%

LOHACO(ロハコ)

264

-4.3%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

140

-4.6%

Amazonパントリー

65

6.6%

ロフト

96

-10.3%

PREMOA(プレモア)

19

6%

ビックカメラ

416

9.5%

スタイリング剤の特集記事



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops