スタイリング剤おすすめランキング!種類や人気のスタイリング

スタイリング剤

男性でも女性でもほとんどの方は髪の毛のセットをしているものです。身だしなみを整えることによって、周りからのイメージが良くなるでしょう。社会人として当然のマナーであり、会社へ出勤するときやこれからデートへ行くときなどは髪の毛のセットやアレンジをしていく方は多いです。そのときにはスタイリング剤を使うことになります。これによって髪の毛を理想的な状態に維持することができます。

しかし、スタイリング剤にはいろいろな種類があります。たくさんある中から選ばなければいけません。ヘアスタイリング剤は髪の毛をどのようなスタイルにしたいかによって使い方や選ぶ種類が変わってきます。髪の毛のボリュームを出したいか、抑えたいか、ツヤを出したいか、マットに仕上げたいか、固めたいか、動きを出したいか、ケアをしたいか、など様々な目的によって選びかたが変わります。こちらではスタイリング剤の種類や選び方について解説しています。まずはご自身のヘアスタイルを決め、そのスタイルのためにぴったりのスタイリング剤を見つけましょう。

スタイリング剤の種類

スタイリング剤にはいろいろな種類が存在しています。それらの中からどれを選ぶのか決めることはとても大変です。スタイリング剤にはいろいろな種類があるため、それぞれの違いを把握しましょう。

まずはワックスがあります。油性のクリーム状のスタイリング剤で箱型の入れ物に入っていることが多いです。こちらを利用している方はたくさんいるでしょう。髪の毛にボリュームを出すことができ、動きを出したい場合にも使え、セットしながら形状記憶させます。セット力は優れており、しっかりと固まるわけではないため、微調整することも簡単です。ヘアワックスは種類がたくさんあります。自分の髪質によって合う合わないがあるので、きちんと使いわけましょう。

  • ファイバータイプ
  • ファイバーは日本語で繊維という意味のとおり、繊維のように糸を引くように伸びるワックスです。 その伸びが、毛先に動きをつけたり、髪をまとめるのに適しています。 髪にツヤ感がプラスされ、動きをつけやすいのが特徴ですが、付け過ぎると重くなり髪のボリュームを出しづらくなります。

  • ドライタイプ
  • マットワックスやクレイワックスとも呼ばるもので、ファイバータイプよりも油分が少なく、 動きのあるやわらかめなスタイリングをする事ができます。 髪の毛が柔らかい方や細い方に、使いやすいヘアワックスです。

  • クリームタイプ
  • フェイバータイプとドライタイプの間のような質感です。スタンダードタイプのワックスで、どれを使ってよいかわからないという初心者の方にオススメです。

  • スプレータイプ
  • スプレータイプのワックスは、髪を固めるヘアスプレーとワックスの良さを兼ね備えた優れものです。スプレータイプのワックスは乾くまでの間にスタイルの微調整をすることもでき、時間がない時でも短時間で髪の毛をセットすることができます。

    スタイリング剤の種類

スタイリング剤の一つにムースがあります。こちらは泡状となっており、しっかりとセットできるタイプからふわっとさせることができるタイプまであります。さまざまな種類があるのが特徴です。ムースの中には、ナチュラルタイプやハードタイプ、ウエットタイプ、ワックスムースといったものが揃っています。ムースは髪の毛のパーマのカールやウェーブをキープするのに向いています。トリートメント効果の有る成分が含まれていることも多くツヤ出しにも効果的でしょう。

ポマードというスタイリング剤があります。こちらは髪の毛を固めるのではなく、油によってくっつけることでセットするタイプのスタイリング剤です。こちらを使うことによって、ツヤ感や濡れた感じを出すことができます。油でくっつけるため、ゴミやほこりまでつきやすくなってしまうのが欠点です。髪型が崩れたとしても、クシを使うことによって、すぐに髪型を整え直すことができます。

ヘアスプレーもスタイリング剤として使われるものの一つです。こちらはキープ力に優れている点が特徴となっています。ただし、基本的な使い方としてはワックスやポマードといったスタイリング剤で髪型を調えてから、ヘアスプレーによって髪の毛を仕上げるという使い方をします。

ジェルは男性用のヘアスタイリング剤で、スタイリング剤の種類としてはハードに固めたい場合に使われます。ツヤのある仕上がりとなるでしょう。ロングヘアをセットするにはあまり向いていませんが、ショートヘアの方には向いています。デメリットとしては、ハードに固まるので、一度セットするとやり直しが効きません。

ヘアクリームというタイプのスタイリング剤もあります。こちらはセットする力は弱いのですが、髪の毛にツヤを出すことができます。整髪料を使いたくない方が髪の毛がぱさつかないようにするために使います。

このように、さまざまな種類のスタイリング剤が売られています。それぞれの違いを正確に理解しておきましょう。スタイリング剤を使うことによって、あなたは髪の毛をしっかりとまとめることができるようになり、とても便利です。

スタイリング剤の選び方・使い方と最近女性に人気のヘアスタイリング

スタイリング剤にはいろいろな種類が存在しています。それらの中からどれを選ぶべきか教えましょう。まずは自分の髪質について把握しましょう。やわらかいのか硬いのか、ツヤはあるのか、ぱさつきやすいのかといった点に注目してみてください。

髪の毛の特徴によって、使うべきスタイリング剤は異なります。また、最終的にどのような形に髪の毛をセットしたいのかも考えておきましょう。髪の毛の長さによっても適したスタイリング剤は異なっています。

ワックスを買うにしてもいろいろな種類があります。ファイバーワックスやマットワックス、クリーム系ワックスがあります。ツヤ感を出したいなら、ファイバーワックスが向いているでしょう。油分が多いため、髪の毛にツヤ感が出るようになります。

ツヤのない仕上がりの方が良いなら、マットワックスを選びましょう。質感が軽めとなっています。髪の毛の少ない人の場合はクリーム系ワックスの方が良いでしょう。髪の毛を傷めたくない方にもこちらのタイプのワックスは向いています。

ムースは缶をよく振ってから使うタイプのスタイリング剤です。このときの注意点としては、上向きで使わないでください。それではガスばかりが出ます。途中でガスがなくなってしまうとムースが使えなくなるため、注意しましょう。

スタイリング剤の選び方・使い方と最近女性に人気のヘアスタイリング

量としてはゴルフボール二つ分くらいにしましょう。手のひらの上でしっかりと伸ばしてから使います。髪の毛のボリュームを調整したり、パーマのウェーブ感を出したいときにはナチュラルタイプのムースを使いましょう。パーマ専用のムースも売られています。

ナチュラルタイプは髪の毛を整えるのに向いています。髪型をきちんとキープさせたいなら、ハードタイプのものを選びましょう。髪型が崩れなくなります。ツヤ感や濡れ感を求めている方はウェットタイプのムースが良いでしょう。

ポマードには油性と水性のものがあります。グリースと呼ばれているのは水性のポマードです。ハードタイプやソフトタイプなどの種類も出ています。油性のものよりも水性のものの方がシャワーで簡単に落とすことができます。

このように、スタイリング剤といってもいろいろなものがあり、それぞれ目的に合わせて使い分けるようにしましょう。自分の求めている髪の毛の状態をイメージしてみて、それを実現させるためにはどのスタイリング剤がいいのかを考えてみましょう。仕上げたい髪型によって選ぶスタイリングも変わっています。ウエーブをはっきり出したい、スタイルをキープしたい、カールを出したい、ボリュームを出したい、ボリュームを抑えたい、寝癖を直したいなど、人によって悩みはそれぞれ。イメージでスタイリング剤を選びがちですが、髪質や毛量によっても違ってくるので、一番よいのは美容師さんに相談することでしょう。

ここ最近の女性のヘアスタイリングで人気があるのが、「濡れ髪スタイリング」と言われています。ウエットタイプのジェルやムースを使い、髪につや感をだすスタイリングのことを言います。ドライでエアリー感を出しながらのふわふわヘアとは対照的で、ウェットなスタイリングは、セクシーな色気あるヘアスタイルになります。

  • ウエットヘアの作り方
  • ワックスとオイルを混ぜて使うことで、オイルのつやを出しながら動きをつけることができます。他にもジェルワックスのようにもともとウエット感を出すために作られたスタイリング剤もあります。髪が長い場合は全体につけず部分的につけるとよい仕上がりになるでしょう。

    スタイリング剤おすすめランキング

    9位: リーゼ ブラッシングケア 190ml

    ¥812 ヨドバシカメラ
    ¥1,016 爽快ドラッグ
    他3ショップ

    商品説明

    「リーゼ ブラッシングケア 特大 缶190g」は大切な髪を守るヘアケア製品です。普通に日常生活を送っているだけで髪の毛は思ったよりも汚れています。特に自分の目では見えない後頭部には埃や整髪料などがついていたり、寿命で抜けた毛が他の毛に絡まったりしています。そうした髪の毛を綺麗にするためにはブラッシングが欠かせません。リーゼ ブラッシングケアはキューティクル保護成分を配合しているので、ブラッシングの際に髪にスプレーすることで髪を切れ毛や枝毛から守ります。またブラシの通りをなめらかにして髪を傷めずに艶のある髪に仕上げます。パーマやカラーで痛んだ髪などにはブラッシングのたびにスプレーすると良いでしょう。清涼感のあるシトラスの香りがブラッシングをするたびに漂います。使い方 は10cmから15cmくらいの距離を保ってスプレーし、痛んだ毛先には特に丁寧にスプレーすると効果的です。髪が乾燥していて静電気が起きそうなときには、髪を保護するために積極的にスプレーするのがおすすめ。ただエアゾール製品ですので火気と高温に気をつけて使用してください。定価は税込み1380円ほどですが、ネットショップではおよそ800円から1000円を超えたあたりの金額で売られています。リーピーターはこの特大 缶190gを購入したほうが断然お得です。

    8位: クールグリース G 210g

    クールグリース G 210g
    68円お得
    ¥476/100g
    68%安
    ¥1,000 ケンコーコム
    ¥1,008 ヨドバシカメラ
    他3ショップ

    商品説明

    ブルーの入れ物が特徴的なクールグリースGは程よいセット力とツヤ感で初心者でも使いやすく、グリースの中でも人気の高い商品です。グリースとは髪を強力に固めてスタイリングできる整髪料です。もともとはポマードが整髪料の主流でリーゼント風な髪形を固めるものでした。ポマードはひまし油を主な原料としていますが、グリースはその油に水を加えたことで伸びが良くなってポマードよりもさらに髪形を作りやすくなりました。男性ならオールバックや頭上に髪を立てたヘアー、女性なら毛量の演出などができます。クールグリース Gはキープ力もかなりあるので、かきあげバングヘアやツーブロックのオールバック、七三分けなどのクラシカルなヘアスタイルまで対応できます。使い方は髪の毛を濡らして、自分のしたい髪形のベースを作った後でグリースをつけてスタイリングしていきます。スタイリング時にはレモンライムのさわやかな匂いがします。その時グリースが固いと感じたら手のひらにのせて少し温めてから使うと良いでしょう。クールグリース G(210g)の定価は税込みで1620円ほどですがネットショップでは1000円位から1300円の間位で販売されていますので、安いショップを検索するとお得でしょう。

    7位: ラックス 美容液スタイリング メリハリウェーブフォーム 130g

    ラックス 美容液スタイリング メリハリウェーブフォーム 130g
    84円お得
    ¥435/100g
    39%安
    ¥566 ケンコーコム
    ¥650 ヨドバシカメラ
    他6ショップ

    商品説明

    「ラックス 美容液スタイリング メリハリウェーブフォーム」は髪のダメージを修復しながらスタイリングできる整髪剤です。スタイリングがうまく決まらない原因の一つに髪のダメージがありますが、この商品にはキューティクルがはがれた髪を修復するホホバオイルやアルガンオイルが配合されています。そしてこれらのオイルには保湿成分も多く含まれているので髪を艶やかにまとめあげてくれます。さらにメドウフラワーパールというなめらか成分もブレンドされていて、これはドライヤーの熱で髪と強く結びついてなめらかな光沢を出し、広がらないまとまった髪にしてくれます。使い方は髪を濡らしてタオルで拭いたあと、ウェーブフォームを適量とって髪に丁寧にもみこみます。髪を二つに分けて巻き髪を作りながらドライヤーで乾かすとより華やかなウエーブに仕上がります。またパーマをかけだいぶ経ってしまった髪でも綺麗な巻き髪に戻ってくれます。値段はオンラインショップでだいたい650円から900円ぐらいの幅で販売されていますのでそこで購入するのがお得と言えます。ウェーブフォームの缶は良く振ってから真下に噴射するようにしてください。最後まで使えない場合があります。

    6位: ルシードエル デザイニングチューブ モイストヘアクリーム 150g

    ルシードエル デザイニングチューブ モイストヘアクリーム 150g
    42円お得
    ¥279/100g
    76%安
    ¥418 ケンコーコム
    ¥419 ヨドバシカメラ
    他6ショップ

    商品説明

    「ルシード エル デザイニングチューブ ヘアクリーム」はべたつき感がなく髪にすっと馴染みます。そしてつけてから時間がたっても髪が広がらずまとまりをキープできる製品です。ストレートヘアやウェーブヘア、まとめ髪など様々な髪を艶やかにまとめあげ、髪に馴染ませるときにはぱっとスタイリッシュグリーンの清潔感のある香りが漂い、通学や通勤前の気分を高揚させてくれます。熱から髪を守るヒートプロテクト処方や強い紫外線に対抗するUVカット処方もしているので枝毛や切れ毛も防いでくれます。また頭皮の細胞の代謝を活性化するパンテノールを配合してるので健康な髪質を維持できます。そしてこの商品はパラペンなどの防腐剤を配合していません。これは製造元であるマンダム社が保湿剤アルカンジオールの抗菌性を応用して防腐剤フリー化の開発に成功したからで、これによって防腐剤によるピリピリした刺激を感じることはなくなりました。使い方は適量を手のひらにとって、毛先や髪全体に馴染ませてください。150gで価格はおよそ600円。さらに、ネットショップでは400円を少し超えたあたりで販売されているのでコスパもいいです。送料が高くついてしまうので何本かまとめて買っておいてもお得でしょう。

    5位: ピース プロデザインシリーズ フリーズキープワックス 箱80g

    ピース プロデザインシリーズ フリーズキープワックス 箱80g
    ¥1463/100g
    ¥1,170 ヨドバシカメラ
    ¥1,476 爽快ドラッグ
    他1ショップ

    商品説明

    このシリーズの中でもセット力とキープ力ともに高いヘアワックス。このフリーズキープワックス1つだけで様々なヘアスタイルに挑戦できるので一つ持っていて損はないのではないでしょうか。

    4位: ロレッタ ハードゼリー 300g

    ロレッタ ハードゼリー 300g
    2709円お得
    ¥444/100g
    61%安
    ¥1,332 ヨドバシカメラ
    ¥1,426 (x3) Amazon(アマゾン)
    他4ショップ

    商品説明

    「ロレッタ ハードゼリー ボトル」は若い女性が思わず手に取るような可愛いパッケージのヘアスタイリング剤です。香りもダマスクローズオイルを使用した甘く優しいナチュラルアロマローズなので、それまでスタイリング剤をつける習慣の無かった人でも髪のお洒落を始めたくなるでしょう。スタイリング時のローズの香りはリラックス効果があり通学や通勤前の緊張をほぐしてくれます。そしてこのロレッタ ハードゼリー ボトルはロレッタシリーズの中では一番ローズ感が少ないものなので男性でも無理なく使うことが出来ます。香りが柔らかいわりにセット力の方はしっかりしているのでスパイキーエッジのような挑戦的なスタイリングも長くキープできます。珍しく300gという大容量のジェルなので一度買えば長期間使用できてお買い得とも言えます。

    使い方は適量を手のひらにとって髪になじませるだけで簡単にスタイリングできます。ジェルの方は高分子ポリマーを使っているのでお湯ですぐに洗い落とせます。値段の方は店頭販売だと税込みで2100円ほどですがネットショップでは最安値で1000円くらいから1900円のところで販売されているので安価なところを探してみるとお得です。

    3位: クールグリース G ミニ ライムの香り 87g

    クールグリース G ミニ ライムの香り 87g
    ¥814/100g
    ¥708 ヨドバシカメラ
    ¥715 Amazon(アマゾン)
    他1ショップ

    商品説明

    意外なところで人気なのがこちらのグリース。メンズのスタイリング剤ですが、女性の濡れ髪ヘアスタイリングにも人気の商品です。髪の毛を固めず、濡れたような質感と自由なスタイリングが出来るようです。

    2位: ザ・プロダクト ヘアワックス(42g)

    ザ・プロダクト ヘアワックス(42g)
    3620円お得
    ¥4179/100g
    ¥1,755 Amazon(アマゾン)
    ¥2,117 爽快ドラッグ

    商品説明

    プロダクトはヘアスタイリングはもちろん、髪・肌・リップ・ネイルなど全身に潤いを与え保湿ケアできるマルチなアイテムです。。 オーガニックの素材を使っているのでデリケートな赤ちゃん肌の方にもよいくらいで、髪にも優しいのが人気の秘密。自然のしっとり感を作れ、持ち歩きしやすい形状なのも嬉しい。

    1位: ニゼル ドレシアコレクション ジェリーM 90g

    ニゼル ドレシアコレクション ジェリーM 90g
    ¥1592/100g ¥1433/個
    ¥1,433 (x2) Amazon(アマゾン)
    ¥1,503 ヨドバシカメラ

    商品説明

    ミルボンニゼルのジェルスタイリング剤。天然由来のオイル成分が自然に濡れたような光沢を出してくれます。このジェルはどのスタイリング剤よりのウエット感を維持できると人気が集まっているようです。

    より広い範囲から探す


    スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
    簡単な使い方


    • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
    • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
    • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
    • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
    • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。