安い 安い・激安のカラーリング

人気順にもっと見る

カラーリング2214商品を、1個あたり安い順に紹介。 最も安い商品は「貝印 耳カバー 4回分 8枚入 」の¥34/個で、あなたがいつも買っている商品より安い可能性あり!?
スマートショッピングでは白髪染めウィッグといったジャンルの品揃えはもちろん、ブローネビゲンといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック。

カラーリングのサブカテゴリ

カラーリングのブランド

関連キーワード

「カラーリング」カテゴリの新着口コミ

とにかく臭い。昔、男子トイレにあったボール型の消臭剤の臭いがする。返品したい。代金も返してほしい

0いいね

いつも買っています。 安く買えて満足です。

いつも買っています。 安く買えて満足です。

通常品を使い切ったので、詰め替えを購入致しました。普通の白髪染めより、良いと思います。(使いやすさ、コスト)

とても簡単に白髪がカバーできるので良かったです!いままで色々試しましたが一番使いやすいです。

お店でこの色だけなかなか売ってなくて、品揃え良くて助かります。

口コミの評判がいいのに、近くの店には、どこにも売っていませんでした。色も丁度よかったです。

3回に1回は後ろ側を染めるために、美容室で染めてもらってますが、どうしても染めた部分が痛んでしまいます。でも、マルベールを使うと本当にいいトリートメントをした後のようにつややかで、張りのある仕上がりになります。

自然な色合いで簡単に白髪染め出来、リピート買いしてます。肌にも優しいので気に入ってます。

カラーリング通販で賢い買い方

カラーリング

ひと昔前までは、カラーリングは美容院や理容院で行うのが一般的で、男性のほとんどはカラーリングを行っていませんでした。また白髪染めも同様に、理容院か美容院で行うのが当たり前で、男性はよほどお洒落の方でない限り、恥ずかしさもあってカラーリングを積極的に行わなかったのです。しかし、現在はその実情も随分と変わってきました。

それは、家庭でも簡単に染める事のできる、カラーリング剤が発売されるようになってからです。家庭でも行えるカラーリング剤の登場は、画期的に市場を変えて行きました。それまで髪を染めることを躊躇していた男性たちは、若者を中心にヘアカラーを楽しむようになります。白髪で老け込んでいた男性たちも、カラーリングによって若返りを実感すると、もはや手放せないものになったのです。

【1.歴史に見るお洒落へアの欲求】

髪の毛を染めるという行為は古代より行われており、紀元前3500年の古代エジプトにおいても、植物の樹液や鉱物を髪に塗っていた事がわかっています。現在でもこの風習を残している部族もおり、赤い粘土を体や髪の毛に塗っていますが防虫作用もあるのだそうです。また染めるのではなく脱色も行われており、古代ローマ時代では金髪にする為に、ミョウバンや生石灰に天然ソーダや古いブドウ酒を加えて下地を作り、これを水で薄めて髪に塗り数日間かけて脱色していました。

この薬品は、ブロンド化粧水と呼ばれていましたが、材料を見る限り髪に良いものとは思えません。また、アルカリを牛脂で固めた軟膏を塗り、太陽光で脱色するという方法もあり、有名なジュリアスシーザーもこうして金髪を得ていたとされますが、髪の毛の傷み具合も半端では無かったでしょう。

【2.古代のお洒落染めヘンナ】

ヘンナはミソハギ科の植物で、マニキュアやタトゥーなどの染料として、また髪の毛を染める為に古代から使用されてきました。ヘンナはエジプトやインド、北アフリカやイランなどの乾燥した地域に生育し、水はけの良い丘陵などで育つ常緑低木です。利用する時は、葉を乾燥させて粉にしたものを水で溶き、これを利用しており染料としていましたが、このヘンナの成分にはローソンという成分があり、この成分が蛋白質に絡み付く性質を利用し染めていました。

かのクレオパトラもマニキュアで使用していたとされ、現在でもヘアカラーとして日本でも販売されています。薬用効果もあるとされ、頭皮を健康に保ち髪の毛を保護する役割が、豊かな髪を作ると言われており、フケや頭皮のかゆみなども予防するとされています。

【3.日本でのカラーリングの歴史】

ヨーロッパでは中世に入ると、キリスト教の影響で脱色する文化は一時廃れたようです。日本の髪染めは白髪染めとして行われていたようで、染毛剤として鉱物性の無機顔料を使用していました。また、白髪を黒くし光沢を出す薬の伝として、ザクロの皮を煎じて塗る方法や、クワの根を生油で煮詰めて塗る方法などが紹介される文献があります。

平安時代以降では戦地に赴く老武将が、死に至る地で作法を重んじ、兜や鎧に香などを焚き込める一方で、白髪を染めるなどが高尚な作法として用いられていました。またお歯黒はタンニンと鉄分を化学反応させ染める方法で、江戸時代にはこの方法で白髪染めが行われていましたが、染まるまでの時間は10時間を要していたとされています。

【4.近代のカラーリングの変遷】

明治時代に入ると、産業や科学の発展により新たな染毛方法が作り出されました。それはパラフェニレンジアミンという成分を使った方法で、このアルカリ溶液を頭髪に塗る事で、空気酸化によって2時間程で髪の毛が染めるようになりました。日本では明治38年に初めて白髪染めが発売され、飛躍的に時間が短縮された事から、かなりの人気商品になっていたようです。

昭和に入ると、染毛商品が多くの会社で発売され始め、日本独自に開発されたカラーリング剤が、老若男女問わず大変人気になってきます。また、手間があまりかからないように工夫された商品や、色の種類も豊富になって行き、新たな染毛料として髪の色艶を光の加減でお洒落に見せるヘアーマニキュアも、ブームとして取り入れられるようになってきました。

【5.通販でのお得な購入法】

今や日本のカラーリング剤は、世界一の品質と配色を有していると言えるでしょう。価格的にもかなり安く庶民でも自由におしゃれを楽しめるようになってきました。カラーリング剤のタイプは色々な種類があり、チューブタイプや泡タイプなどが主流で、濃く染まるものもありヘアマニキュアのような、艶出し効果のあるカラーリング剤もあります。

カラーリングは、個人の趣味で行うものですので、ご自分の髪質に合わせてご購入されますので、まとめ買いはあまりしませんが、送料無料の範囲での購入は是非やっておきたいところです。染まり具合は非常に個人差がありますので、色々なタイプのカラーリング剤を購入して、試してみるのも良いかもしれません。なお、洗いながらゆっくりと染めていくシャンプータイプもあります。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

カラーリングでおすすめの通販ショップは、お得に買うなら11.8%安いPREMOA(プレモア)。一方幅広く選ぶなら1657商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

1657

5.6%

爽快ドラッグ

749

-19.5%

ケンコーコム

723

-1%

イトーヨーカドー

170

1.2%

楽天西友ネットスーパー

254

0.7%

ヨドバシカメラ

542

9.4%

LOHACO(ロハコ)

315

-3.5%

ヨーカドーネットスーパー[ス]

138

3%

Amazonパントリー

134

2.8%

ロフト

19

-4.6%

PREMOA(プレモア)

192

11.8%

ビックカメラ

627

10.9%

カラーリングの特集記事

カラーリングのブランド別最安商品


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops