カラーリングおすすめランキングと種類・頻度・アッシュカラー

カラーリング

髪の毛を染めたいと考えている方はたくさんいるでしょう。カラーリングをすることによって、自分のイメージを変えることができます。さまざまな色があり、理想の自分になれます。また、いろいろな髪の色に挑戦することができます。あなたの好みの色を追求することによって、満足できる自分を手に入れることができるでしょう。

それではカラーリングにはどのような種類があるのか、どのくらいの頻度で行うべきなのかということなど、髪の毛を染めたことのない方に分からないことはたくさんあるでしょう。よく聞くことの多いアッシュというものは何なのか気になる方もいるでしょう。これらについて分かりやすくこちらで解説をします。

最終更新日:2020-06-25  閲覧数:26

カラーリングおすすめランキング!種類や頻度、アッシュとは?

カラーリングの種類

カラーリングにはさまざまな種類が存在しています。おおまかに分けると脱色剤と永久染毛剤、半永久染毛剤、一時染毛剤を使ったカラーリング剤があります。

脱色剤というのはいわゆるブリーチと呼ばれています。とにかく髪の毛の色を明るくしたい方に向いています。染色の仕組みとしては、毛の中に含まれているメラニン色素を分解することによって、明度を上げます。このため、過酸化水素水の作用を利用してメラニンを分解することになります。

脱色力が強いのが特徴です。染毛をするわけではなく、髪の毛の明度を上げることによって、髪の毛がブラウン色になります。なので、色落ちすることはないです。

永久染毛剤というのはいわゆるヘアカラーと呼ばれているものです。こちらは酸化染料を毛の中で反応させることによって、染める方法です。アルカリによってキューティクルを開き、毛の中にまで成分が浸透するようにします。

過酸化水素水によってメラニンが分解されて脱色できます。さらに過酸化水素水と染料が反応することによって発色します。しっかりと染めることができる方法となっており、発色は良いです。ただし、人によってはアレルギー反応が出てしまう場合もあります。

半永久染毛剤を用いたカラーリングはヘアマニキュアと呼ばれているものです。こちらは毛のタンパク質と染料がイオン結合することによって染まります。髪の毛の表面をコーティングし、発色させます。そのため、メラニン色素が分解されることはなく、明度は上がりません。きちんとした色が出ないこともあります。

これら以外の方法として一時着色力を使用したものがありますが、こちらは1回だけ使用できるものです。シャンプーをすることによって落とすことができます。そのため、髪の毛へのダメージを心配する必要はありません。着色剤を髪の毛の表面に付着させるだけのものです。

このように、カラーリングといってもさまざまなタイプが存在しています。それぞれの目的に合わせて最適なものを選ぶと良いでしょう。それぞれ目的別に商品があるので、色持ちはどれくらいするのか、髪の毛にどのようなダメージがあるのか、発色はどのような感じなのかといった点を考えて選ぶようにしましょう。人によって向いているものと向いていないものもあります。

カラーリングの頻度

一般的にはカラーリングは2〜3ヶ月に一度行うことが多いです。カラーリングをしてから徐々に色は落ちていきますが、2ヶ月くらいであれば、目立たないくらいに色を残すケースが多いです。そのため、色落ちが目立つ前にカラーリングをやり直すことになります。

ここで注意点として、カラーリングというのは現在生えている部分の髪の毛にしか効果がありません。根元からはどんどん髪の毛が伸びていきます。新しく生えてきた部分については色がついていない状態となっています。基本的には1ヶ月に髪の毛は1cmくらい伸びると考えましょう。

そのため、3ヶ月くらい経過してしまうと、根元部分がかなり伸びてしまうため見た目が悪くなります。見た目をキープするためにも、2ヶ月くらいの頻度でカラーリングをしたほうがいいでしょう。

カラーリングはあまり頻繁にやるべきではないとされています。カラーリングをするだけで、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうからです。ヘアカラーに使われている成分はキューティクルを開いて髪の毛の中のタンパク質を切断します。これによって、髪の毛の質が悪くなってしまうことがあるのです。色落ちが目立たず、髪の毛にダメージの残らない頻度でカラーリングをしたいのであれば、やはり2ヶ月くらいの間隔で行うと良いでしょう。

カラーリングによって薄毛になってしまうと心配している方がいるかもしれません。カラーリングは現在生えている髪の毛にダメージを与える可能性は大きいです。しかし、しっかりとシャンプーをして、適切なやり方でカラーリングをすれば、薄毛になってしまう心配はないでしょう。

ただし、自分の髪の毛や頭皮に合っていないものを使ってしまうと、それが薄毛の原因となってしまう可能性もあるため、気をつけてください。色持ちを良くするためにはカラーリングの回数を増やせばいいですが、それによる影響を気にする方は多いです。

実際にいろいろな頻度で試してみて、自分にはどのくらいの頻度でカラーリングをするのが良いのか確かめてみると良いでしょう。

実際にアンケートを取ってみても、2〜3ヶ月に一回くらいカラーリングに行っている人がほとんど、というデータがあります。また、年齢が上がるにつれてカラーリングをしている人が増えています。

これは白髪染めをする方が増えるからです。カラーリングはどのような年齢の方でも普通に行っていることです。できるだけ色落ちが目立たないようなやり方をしましょう。

アッシュとは?

カラーリングについて調べていると、アッシュという言葉を目にすることがあるかもしれません。アッシュはとても人気のあるカラーとなっています。ほかの色と混ぜ合わせることによって、使用されることが多い色味です。

アッシュカラーというのは寒色系のカラーのことです。ベースは青であり、パープル系の薄い色をしたものをアッシュカラーといいます。パープルによって、イエロー系の色は消えます。髪の毛というのはブリーチを何度もしていると薄い黄色となってしまいます。この黄色を目立たなくできるのがアッシュであり、これによって白っぽい銀髪になります。まるで外国人のような透明感のある髪を実現することができるため、人気が高いです。

日本人は髪の毛の色味が、赤やオレンジが強いとされています。アッシュというのは青をベースにしているため、これによって赤やオレンジの色みを取ることができます。元の髪の色が暗めの場合には、アッシュによってやわらかさが増すでしょう。もともとの髪の毛の色が明るい方の場合は、アッシュによって外国人風の髪の毛に近づきます。

アッシュというのは灰色という意味です。これによって、くすんだ灰色を髪の毛の色味に加えることができます。このような色味というのは、本来の日本人の髪の毛にはないものです。外国人の髪の毛というのは、日本人特有の赤みが抑えられています。そのような髪の毛に憧れているなら、日本人特有の色味を打ち消すことができるアッシュがおすすめです。

透明感があるブラウンに仕上げることができるでしょう。落ち着いたイメージの髪の毛になります。品が良くて洗練された魅力を引き出すことができます。カラーリングをしてみたいけれど、あまり派手な色は好まないという方に向いています。

最近のカラーリングの流行りは、髪の毛に透明感を出すことです。やわらかい雰囲気となり、硬い印象を与えないで済みます。特に女性はそのようなイメージを好む方が多いです。また、アッシュにすることによって、ボリューム感を抑えることができます。上品であり、カラーリングに抵抗のある方からもアッシュは人気があります。


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。