安い 安い・激安の暖房器具

人気順にもっと見る

暖房器具全2104商品の価格を、1個あたり安い方から並べて紹介。 激安No.1商品は「山善 YAMAZEN こたつ継ぎ脚 K-955」の¥175/個で、よく買う商品より安いかも!?
スマートショッピングではこたつ布団・こたつ用品こたつといったジャンルの品揃えはもちろん、イケヒコ山善といった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック!

暖房器具のサブカテゴリ

暖房器具のブランド

「暖房器具」カテゴリの新着口コミ

この冬は暖かく熟睡でき、購入してよかったです。

この種のヒーターを買う人の多くは、スイッチオンしたらすぐに暖かさが欲しい場合が多いのではないでしょうか。シーズヒーターはなかなか暖かくならず、効率もいいとは思えません。すべてグラファイトでいいのではないでしょうか。

普通に使用できております。トヨトミブランドを信用しました。

古い電気ストーブが弱く悪かったです。セラミックヒーターを購入しました。 上下のヒーターが広く暖めて良かったです。気持ちがいいですね。 有難うございました。

温熱のレベルを最低にしても熱すぎる。 購入前にもレヴューあったのですが軽く考えていました。可能であれば返品交換したいのですが、急ぐのでこれから探します。 メーカーのアイリスオーヤマは人気上昇中なのに残念です。

着日、時間を指定しての購入でしたが、きちんと対応いただき助かりました。 8畳くらいの部屋で使用し、吹き出し口の方向の暖かさは充分に感じました。何よりも火のゆらゆらがリアルで、ずっと見ていたいです。 黒を購入しましたが、他の部屋に白も購入したいです。 まだ使い始めの為、耐久性は普通にしています。電気代もまだ分かりませんが、エアコンが不要なら結果割安になるかもしれません。

とても良い商品です。8畳の部屋が直ぐに暖まります。

こんな商品がほしかった!使って満足 また買おうかなーー

暖房器具通販で賢い買い方

暖房器具

暖房器具冬は必要

寒い冬には欠かせない暖房器具。

近年の機密性の高いマンションや新築戸建といった住環境であるなら、「エアコン」で十分だという風潮もありますが、寒さの感じ方は人によって違います

快適に冬を過ごすためには「足元を中心に温めたい」、「朝すぐに部屋を温めたい」というそれぞれのニーズに見合った暖房器具が必要となって来ます。

しかし、暖房器具は実に多彩でおすすめの用途もそれぞれ異なるもので、まずざっと熱源を分けただけでも、

◆燃焼系(電気+燃焼原料)
◆非燃焼系(電気オンリー)

といったものに分類され、このように表記すると「ん…?あまり聞き馴染みのない言葉かな」となる方も。

しかし、よく知られた「セラミックファンヒーター」や「ハロゲンヒーター」「ガスストーブ」など全てどちらかにカテゴライズされます。

熱源はランニングコストである「電気代」や「ガス代」などに深く関わってくるので、無視することはできません。

それでは、「燃焼系」と「非燃焼系」の暖房器具について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

電気代が安い!?「燃焼系」

暖房器具燃焼系

「燃焼系暖房器具」とは、発火させるための少量の電気と燃焼させるための原料「ガス・灯油」が必要な暖房器具のこと。

「燃焼系」はその名の通り熱源が燃焼状態であることで、火傷や火事の危険性が「非燃焼系」より高いとされています。

しかし「灯油」はそのランニングコストの安さを、「ガス」は利便性の良さをしばしばアピールされ、さらにどちらも暖房能力の高さが大きな魅力

近年の住宅事情では「灯油ストーブ」が禁止されているところもあるため、どちらかというと「ガス」の方に軍配が上がるようです。

「ガスファンヒーター」のメリットは?

暖房器具ガスのメリット

ガスファンヒーターやガスストーブのメリットとしては、

  1. 部屋全体を早く暖める
  2. 足元が温まりやすい
  3. 燃料の買い足し不要
  4. 暖房能力が高い
  5. 極端な寒さの影響なし
  6. 空気が乾燥しにくい

といったものがあります。

②の理由は、ガスファンヒーターの特徴で温風の出る位置が低いこと、また⑤はエアコンの室外機が急激な寒さによって停止する可能性に起因。

また⑥に関しては、ガスの燃焼時には水蒸気が発生し空気の乾燥を抑制するためとされています。

デメリットは? 落としドコロはある?

暖房器具デメリット

デメリットとして挙げられるのは、

  1. ガスコンセント必須
  2. ガス代が掛かる
  3. 換気が必須
  4. 結露が強い

ガスコンセント(ガスの元栓)がある部屋以外では使えないといった制約があり、さらに②のガス代については、エアコンのランニングコストより高くなると言われています。

もちろん一酸化炭素中毒の防止のため、こまめな空気の入れ替えは必須。結露も多くなるため結露を拭き取る手間もあり。

「ガスストーブ」はメリット・デメリットを必ず把握し、その上で生活シーンに即してるならば購入を検討しましょう。

「エアコン・ガス・石油」のランニングコストを比較

暖房器具ランニングコスト比較

暖房力の高さ・ランニングコストを検討する際、「燃焼系」の暖房器具の競合として「エアコン」がしばしば比較されています。

参考までに、一般的なLDK(15畳〜20畳)で使用する「エアコン・ガスファンヒーター・石油ファンヒーター」それぞれの1ヶ月分のランニングコストを掲載しました。

エアコン(15〜20畳)ガスファンヒーター(35号)ガスファンヒーター(50号)石油ファンヒーター(小型) 石油ファンヒーター(大型)
ランニングコスト合計5,800〜6,000円8,320円12,270円8,000円9.500円
電気代5,800〜6,000円170円170円500円500円
燃料代0円8,150円円12,100円円7,500円9,000円
1日12時間使用、1ヶ月分のランニングコスト(灯油1L=100円、電気代27.0円/kWh、ガス代150円/M3)

安全第一!赤ちゃんがいる家庭には「非燃焼系」

暖房器具赤ちゃんには安全第一

「ハロゲンヒーター」や「セラミックファンヒーター」に代表される、非燃焼系の暖房器具も数多くの商品が販売されています。

電気で間接的に暖めるため空気を汚しにくく、何よりも直火ではないため安全性が高いのが特徴。

そのため、赤ちゃんや小さなお子さん、高齢者のいる家庭では「非燃焼系」の暖房器具の使用が推奨されています。

また熱源の種類も、遠赤外線をはじめ多岐に渡るものがラインナップ。

それぞれに特徴があるため、”どのように暖めたいか”によっても購入するものが変わります

広い部屋でもOK「オイルヒーター」

暖房器具オイルヒーター

「非燃焼系」のストーブやヒーターのほとんどが”スポット”暖房である中で、部屋全体を暖めるものとして突出した「オイルヒーター」

ゆっくりと時間をかけてではありますが、ヒーター本体の輻射熱と壁や床からの輻射熱を利用して部屋全体を暖めます。

さらに空気を全く汚さない、高温にならないといったメリットがあり、高齢者や小さな子供のいる家庭におすすめ。

しかしデメリットとしては、「ゆっくりと暖める」という特質により、非燃焼系の中で最も電気代が掛かるというものがあります。

◆体に優しい「アイリスオーヤマ オイルヒーター ウェーブ マイコン式」

品質と価格に自信があるアイリスオーヤマが販売する「オイルヒーター ウェーブ マイコン式IWH-1210Mホワイト」。

部屋全体をムラなく優しく暖め、最もクリーンな空気をキープするオイルヒーターの特徴を余すことなく活かした製品です。

速暖&スポットに◎!遠赤外線の「カーボンヒーター」

暖房器具遠赤外線

「カーボンヒーター」は遠赤外線の熱を利用したものであり、「ハロゲンヒーター・グラファイトヒーター・シーズヒーター」といったものと同類。

部屋全体を暖めるには弱いですが、スポット暖房器具としては非常に優秀

さらに遠赤外線ヒーターの中でもっとも早く温度を上げることが可能なため、電気代がかなり抑えられると言われています。

◆ランニングコストが優秀「TEKNOS 新スリムカーボンヒーター」

ワンタッチ!2秒で速暖かつ消費電力DOWNの「TEKNOS 新スリムカーボンヒーター300Wイオン付」。必要な時にすぐに使えて便利&軽量コンパクト。

さらに「テクノイオン発生器」付きでマイナスイオンを300万個/ccも放出。ウイルスや雑菌、タバコの煙からホコリ・チリを分解します。

空気清浄機付きがお目見え「セラミックファンヒーター」

暖房器具空気清浄機能付き

セラミックファンヒーターは特殊加工したセラミックに電圧をかけて温風を出すという機構。

安全性が高く空気を汚しにくいとされていますが、スイッチを入れてすぐに温度が上がるわりには部屋全体を暖めるのは苦手だとされています。

そもそも「セラミックファンヒーター」の位置付けは、トイレや脱衣所におすすめの製品。

しかしここ最近では、涼風・温風の切り替えが可能な空気清浄機能が付いた商品として扱われているようです。

ヒーター機能としては、少し肌寒く感じる時に”空気を清浄するついでに"暖かい風を出す、といった具合での活躍。

◆温風or送風ファン「デロンギ 空気清浄機能付き スリムファン」

「空気清浄機を付けたら寒い…生ぬるい…」なんてことは誰しものあるある。

そんな不快感を払拭し、さらにクリーンな空気を提供する空気清浄機能付きの「デロンギ 空気清浄機能付き スリムファン 夏冬兼用」。

「PM2.5、アレル物質、花粉、カビ」などへの優秀なアプローチはもちろん、スタイリッシュなデザインがインテリアにも◎。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

暖房器具でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら5.1%安いAmazon(アマゾン)。幅広く選ぶ場合でも1515商品を扱うAmazon(アマゾン)です。

通販ショップ取扱商品数ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

1515

5.1%

爽快ドラッグ

362

-9.3%

ケンコーコム

353

-10%

ヨドバシカメラ

200

2.8%

LOHACO(ロハコ)

214

2.5%

ロフト

5

-20.6%

DCMオンライン

705

-0.3%

PREMOA(プレモア)

969

1.3%

ビックカメラ

1013

1.1%

暖房器具の特集記事


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • スマートショッピングは価格比較・購買代行のサービスです。購買代行後の際の発送・梱包等のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。
 
Wait a minute .....
It will take few seconds
to coorporate with EC shops