種類別チーズの特徴と楽しみ方も!おすすめチーズランキング

チーズは日本ではすっかり馴染みの食品となっています。海外からチーズというものが輸入されてきてからすでにかなりの年月が経過しています。今では多くの日本人が日常的にチーズに親しむようになっています。洋食だけではなくて、和食とチーズの組み合わせも自然なものとなりました。チーズをそのまま食べる方も多いのですが、それだけではなくてさまざまな食材と組み合わせてチーズを楽しんでいる方も多いでしょう。お菓子やパンなどにもチーズ味のものはたくさんあります。チーズはなくてはならないものとなっているのです。

チーズには多くの種類が存在しています。それぞれに特徴があり、独自の楽しみ方が存在しているのです。こちらではチーズについて解説するため参考にしてください。

種類別チーズの特徴と楽しみ方も!おすすめチーズランキング 目次

チーズの種類と特徴

チーズの種類と特徴

チーズにはいろいろな種類が存在しています。まずフレッシュタイプのチーズがあります。こちらは熟成させていないチーズのことです。そのまま食べることができて、くせがないため食べやすいです。乳に酵素や乳酸菌を加えてから固めます。これから水分をとると白い固まりが生じるのですがこれがフレッシュチーズです。水分が多いのが特徴であり、ペースト状や粒状となっています。風味はさわやかとなっており、軽い酸味があります。

白カビタイプのチーズがあります。こちらは白いカビによって覆われているチーズです。白カビが繁殖することによって熟成されているのです。中身はクリーム色となっています。熟成していくとどんどん中が柔らかくなっていきます。最終的にはとろりと流れ出るようになるほどです。そのため食べごろを見極めることが大切なタイプのチーズです。

青カビタイプのチーズがあります。こちらはかなりくせの強い点が特徴となっています。強烈な香りがして、味はかなり濃厚です。塩味が強いです。こちらはチーズの中からどんどん熟成されていくのが特徴となっています。

ウォッシュタイプのチーズがあります。こちらは外皮を酒や塩水で洗っています。そうしながら熟成させていくのです。チーズの表面には本来菌がついているのですが、それを熟成させていきます。熟成している最中には強烈な匂いがするため、定期的にワインやビール、塩水などで洗います。通向きのチーズといえるでしょう。

他にもシェーブルタイプやセミハードタイプ、ハードタイプといったチーズがあります。さらに日本で馴染み深いチーズとしてプロセスチーズがあります。こちらはナチュラルチーズを1種類かあるいは数種類を混ぜてから加熱して加工されたものです。チーズに本来含まれているカビや乳酸菌は死滅しています。チーズのくせのある要素が取り除かれているのです。保存性に優れています。

このようにさまざまなタイプのチーズがあります。それぞれのチーズの特徴をよく理解しておいて、どれを利用するのか考えましょう。それぞれのチーズごとに美味しい食べ頃というものがあるのです。保存方法や選び方、美味しい食べ方などはそれぞれ大きく異なっています。チーズが好きだからといって、すべてのチーズが好きだとは限りません。それぐらい味や風味に差があるのです。くせのあるものが食べられないからといってチーズ全体が嫌いだとは限らないでしょう。いろいろなチーズに挑戦してみましょう。

チーズのカロリー

チーズのカロリー

チーズにはどのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。チーズの種類によってカロリーは大きく異なっています。カロリーが控えめなチーズもあれば、比較的カロリーの大きなチーズもあるのです。

チーズの中でも特にカロリーの低いのはカッテージチーズでしょう。こちらはフレッシュタイプのチーズの一種となっています。乳脂部分が取り除かれているためにとてもヘルシーとなっています。カルシウムやタンパク質といった栄養素はしっかりと残されているため、ヘルシー志向の方におすすめのチーズです。ダイエット中に活用できるチーズとしてこちらは注目されています。くせがなくて誰でも食べられるような軽い風味が特徴です。こちらのカロリーは100gあたり105kcal程度となっています。カッテージチーズはいろいろなレシピに活用することができます。パンにトッピングしてみたり、あるいはサラダに入れてみるのも良いでしょう。カッテージチーズを利用してチーズケーキを作ることもできます。フレッシュタイプのチーズの中ではモッツァレラチーズのカロリーも低くなっています。こちらは100gあたりで250kcal程度となっています。弾力があるのが特徴です。

白カビタイプのチーズの一種としてカマンベールチーズがあります。こちらのカロリーは100gあたり310kcalとなっています。赤ワインと一緒に食べる方が多いです。美味しいためどんどん口に運んでいくことが多いのですが、カロリーはそれなりにあるため食べ過ぎには注意しましょう。

多くの方が用いているプロセスチーズは100gで339kcalとなっているため、カロリーは比較的高いです。カッテージチーズやモッツァレラチーズのカロリーと比べてみればその違いは一目瞭然でしょう。

チーズの中でも特にカロリーが高い点が特徴的なのはチェダーチーズです。こちらは100gあたりでなんと420kcalもカロリーがあるのです。チェダーチーズはおつまみとして人気が高いです。こちらはとてもカロリーが高いことを常に自覚しながら食べるようにしてください。

このようにそれぞれのチーズごとにカロリーには違いが大きいのです。チーズといえばカロリーが高いと考えている方がいるかもしれませんが、種類をきちんと選ぶことによってカロリーをかなり抑えることができるでしょう。ダイエットをしている方は、そんなときでも安心して食べられるものを選ぶと良いでしょう。目的に合わせてチーズを使い分けるのです。それぞれのチーズの違いを把握してレシピを工夫しましょう。

チーズダイエットと注意点

チーズダイエットと注意点

チーズはダイエットに効果があるのでしょうか。まずチーズにはたくさんの種類があるため、その中からダイエットに最適なものを見極めることが大切です。チェダーチーズのようにカロリーの高いものを選んでしまうとダイエットに逆効果となってしまうでしょう。

チーズには代謝を促進する効果があるとされています。代謝が良くなればそれによって脂肪を燃焼しやすくなるでしょう。太りにくい体を作ることができるのです。また、チーズには豊富にカルシウムが含まれており、このカルシウムには脂肪の吸収を阻害する効果があることがされています。また、チーズは腹持ちが良いとされており、食後に血糖値が上がりにくい食品となっているため、ダイエットに向いています。チーズのカルシウムにはストレスを解消する効果もあります。ダイエット中というのはどうしてもストレスが溜まりやすいのですが、チーズの効果によってストレスを軽減できるでしょう。

実際にチーズをダイエットに活用するならば、いろいろなレシピに加えてみると良いでしょう。そのまま食べるよりも飽きずに長く続けられるからです。たとえばサラダに加えてみるという方法があります。味気ないサラダであってもチーズを加えるだけで途端に濃厚で美味しい味になります。

チーズダイエットをする際の注意点としては、こちらは置き換えダイエットには向いていません。チーズだけで必要な栄養を摂取することは困難だからです。そのためあくまでも他の食品と上手く組み合わせることを前提としてチーズを利用しましょう。また、チーズには塩分がたくさん含まれているため、食べ過ぎには注意しましょう。本来、チーズというのはたくさん食べるものではないのです。

チーズダイエットではチーズ以外の食品や料理を選ぶことがとても重要です。その際にはチーズに含まれていない栄養素を効率よく摂取するようにしましょう。チーズというのは栄養という観点から見るとそれほど充実しているわけではないのです。果物や野菜を上手に食べることによって、チーズで不足してしまう栄養素を補えるでしょう。

チーズダイエットにおすすめのチーズはやはりフレッシュタイプでしょう。カッテージチーズやモッツァレラチーズを選んでみましょう。これらはくせのないタイプのチーズであるため、誰でも気軽に食べることができるでしょう。チーズダイエットを長期間続けることによって、確かな効果が出ることを期待できます。チーズダイエットで痩せましょう。

おすすめチーズランキング

1. ボーアンドボー ロリーナ パルメザンチーズ 8オンス 227g

ボーアンドボー ロリーナ パルメザンチーズ 8オンス 227g
52円お得
¥297/100g
43%安
¥675 爽快ドラッグ
¥746 ケンコーコム
他1ショップ

2. なとり チータラスペシャル 161g

なとり チータラスペシャル 161g
¥220/100g
64%安
¥355 LOHACO(ロハコ)
¥405 イトーヨーカドー
他4ショップ

お酒好きの方にはおなじみの、おつまみや乾燥肉などを製造・販売している「なとり」からやはり同社のロングセラーとしておなじみ「チータラスペシャル 袋161g」をご紹介します。こちらは、161gと大容量パックでの提供となりますので、食べだしたら止められない人や大人数が集うパーティーフーズとしてぴったりな商品です。以前から特にお酒の席などのおつまみ用として、まとめ買いをするケースが多かったことから、大容量でお得なサイズとなって登場しました。こちらは一袋で充分満足できる量が入っており、またお値段的にも概ね一袋400円前後で売られていますので、コストパフォーマンスにも優れているといえます。この商品の製法は、魚肉すり身(ホッケ・たら)をシート状に伸ばして乾燥させたものを、ナチュラルチーズと合わせて細く切るというシンプルなものです。しかし製造過程でチーズのクセが取り除かれているので食べやすく、特にビールに合うと評判で食べ始めたら止まらないと発売当初から人気がありました。もちろん小さなお子様用のおやつとしても最適です。幅広い年齢層のファンがいて、リピート率も高い商品です。食べ方としては、そのまま食べるほかに、電子レンジで少し温めるとチーズが少し溶けて食感や味に変化をつけることができて美味しく頂けます。


3. 扇屋 チーズおやつ 159g

扇屋 チーズおやつ 159g
¥323/100g
48%安
¥513 LOHACO(ロハコ)
¥530 (x5) Amazon(アマゾン)

4. 銀の汐 チーズ職人 13g

銀の汐 チーズ職人 13g
¥1246/100g ¥162/個
¥1,620 Amazon(アマゾン)

5. なとり 一度は食べていただきたい燻製チーズ 袋64g

なとり 一度は食べていただきたい燻製チーズ 袋64g
¥477/100g ¥305/個
¥305 (x5) Amazon(アマゾン)
¥325 LOHACO(ロハコ)
他3ショップ

より広い範囲から探す


スマートショッピング よく買う商品の最安値をチェック!
簡単な使い方


  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。