安い・激安の皮膚の薬

592商品
0お気にいり 713View
  • 安い順
1 2 3 4 5 6 7

皮膚の薬592商品を、100gあたり安い方から並べて紹介。 最も安い商品は「メディータム 20E 150g」の¥350/100gで、よく買う商品より安いかも!?
スマートショッピングでは肌荒れ・湿疹・かぶれ薬傷薬・傷口消毒薬といったジャンルの品揃えはもちろん、メンソレータムムヒといった有名ブランドの商品を取り揃えています。
送料いれて価格比較も要チェック!

皮膚の薬のサブカテゴリ

皮膚の薬のブランド

関連キーワード



皮膚の薬通販で賢い買い方

皮膚の薬

空気が乾燥する季節は肌も乾燥しやすく、家事などで水仕事をしているとかさつきやあかぎれなども起こりやすくなるため、皮膚の薬を使う機会も多くなります。また、季節の変わり目は体のホルモンバランスも乱れやすく、顔の肌もかさつきや吹き出物に悩まされる場合があります。肌の状態がひどくなってから皮膚の薬を使うよりは、初期の段階から予防の意味も込めてユースキンや吹き出物用の薬などでケアをしてあげたほうが、ひどくならずに済むことが多いです。

小さな子供がいる家庭では皮膚の薬を病院やドラックストアに買いに行くのも、子供が騒いだり、早く帰りたいと言ったりして一苦労になってしまう場合があります。ゆっくり商品を選ぶこともできません。しかし、通販であれば皮膚の薬を家に居ながらにして、価格や効能などをじっくり検討してから購入する事ができ、家計の節約につながります。

また皮膚の薬が欲しくても、水虫やデリケートゾーンのかゆみなど、あまり人に知られたくないようなこっそり治したいものもあります。通販であれば、レジに持っていって店員に見られることもなくクリックするだけで買えるので、そうしたデリケートな物も他の人と対面しない分、比較的買いやすいと言えます。

これから詳しくご紹介していきますが、通販で買う際にもお得になる選び方がいろいろあるので検討する材料にしてみてください。

【1. セルフメディケーション税制を考慮に入れた選び方】

通販で皮膚の薬を選ぶ際に、セルフメディケーション税制対象商品かどうかを考慮すると良いでしょう。セルフメディケーション税制とは2017年1月から施行されている制度です。従来の医療費控除制度では、年間の自己負担医療費が10万円を超えなければ適用されませんでしたが、セルフメディーケーション税制は、厚生労働省の指定した特定の成分を含んでいる対象のOTC医薬品の年間購入額が1万2千円を超えた場合、超えた分を申請するならば適用を受けられるという制度です。ですから、年間の医療費が家族で合計しても10万円までいかなくても、1万2千円以上の医薬品は購入しているという場合にはお得になる制度です。ですから、通販で水虫や湿疹など皮膚の薬を購入する際には、セルフメディケーション税制対象商品と記載されているもの を選ぶことができます。

しかし、セルフメディケーション税制の活用を考えている際には、対象商品の購入だけでなく他にも留意しておくべきこともあります。

まず、今ある医療費控除とセルフメディケーション税制の併用はできません。ですから病院などで見てもらった時の領収書と自分で対象のOTC医薬品を買った領収書を保管し、見比べたうえでどちらの申請をするかを選ばなければなりません。

また、セルフメディケーション税制が受けられる条件には、健康を保ち病気を予防するための取り組みをしている必要があります。この取り組みの対象として、申告者が健康保険組合、又は市町村や職場が実施している人間ドックや健康診断を受けている事、又はインフルエンザワクチンなどの予防接種を受けていることなどが必要となってきます。

他にも基本的な事として、OTC医薬品の証明となる領収書を捨てずに保管しておくということも必要です。自分の家庭がこれらの条件をクリアしている場合は、通販で皮膚の薬を買う際にも、できるだけセルフメディケーション税制対象商品を買う事により家計から出る医療費を賢く使うことができます。

【2. ステロイドが入っているか入っていないか】

皮膚の薬を選ぶ際に気になる成分としてステロイドがあります。ステロイドに関しては「怖い」また「依存性がある」などというマイナスイメージを持つ人が多くいます。もちろん薬なので誤用すると体にとって危険ですが、用法や使用量などを守り状況にあわせて正しく用いるならば有用に働きます。

ステロイドの働きは免疫反応の抑制というもので、その結果として炎症やかゆみを抑えるという作用を期待できます。しかし、注意点としてかゆみや炎症の元となっているものを根本から改善するものではありません。炎症や痒みが抑えられると治ったという気持ちになりますが、ステロイドの使用を中止すると再発するという状況がよく見られます。それを抑えるためにまたステロイド塗るということが繰り返され、長期の使用になってしまう場合にその副作用などが心配されます。医師の指導のもとステロイドを使用するのと違い、通販でステロイドの入った薬を購入する際には、炎症やかゆみを一時的にしのぐには効果的なものですが、あくまで補助的なものとして捉え、長期的な使用は控えた方が良いといえます。

上手に使用するならば過度に怖がる必要はありません。配合されている場合でもステロイドが強くないものもあります。私たちが普段よく目にする有名で人気のある商品の中にも、多少なりともステロイドが含まれているものもあります。以下に挙げるのはその代表的なものです。

・メディクイック軟膏(ロート製薬)痒くてつらい手湿疹、かぶれ等の薬です。価格は1200円前後です。

・ムヒアルファEX(池田模範堂)老舗のムヒシリーズの一つで、我慢できないひどい虫刺されの際の薬です。価格は1000円前後です。

・テレスHi軟膏S(武田薬品工業)皮膚炎、湿疹、かぶれ、あせも、虫刺されなどのかゆみ止めの薬です。価格は1500円前後です。

【3. 使用感別の選び方】

皮膚の薬に選ぶ際には、同じ成分でもクリームタイプ、軟膏タイプ、ジェルタイプ、ローションタイプと様々な種類があります。塗る部分の皮膚の状態、使用感などを基準に選ぶことができます。

クリームタイプ:水分が含まれているので浸透力があり、べたつきにくいというメリットがあります。硬くなった角質などに塗るのに適しています。デメリットとしては、傷に塗ると刺激があることです。

軟膏タイプ:保湿力が高く、傷口に塗っても刺激が少ない、水で流れ落ちにくいので薬効をしっかり利かせられるというメリットがあります。傷口などの炎症部分に塗るのに適しています。デメリットとしては、皮膚への浸透力が低く、べたついてしまうことです。

ゲルタイプ:水性でべたつきが少なく、ひんやりした使用感です。筋肉の炎症などのある場合によく用いられます。デメリットとしては、アルコールが入っているので皮膚の弱い人は注意が必要です。

ローションタイプ:べたつかず、患部が広い場合に塗りやすいというメリットがあります。即効性があるので、虫刺され用の薬によく使われています。デメリットとしては、効く時間は軟膏、クリームタイプと比べると短くなります。

【4. 用途の広いものを常備しておく】

皮膚の薬には昔から人気があり、用途も広く家族で使えるものもあります。そうした物を一つ常備しておくと何かと役立ちます。その中のいくつかを紹介します。

オロナインH軟膏:11g~500gと量も幅広く展開しています。価格は量により通販で200円程~3000円程で販売されています。ニキビ、吹き出物、軽いやけどやひび、しもやけ、あかぎれ、傷、ジュクジュクしていないタイプの水虫、たむしなどに良いとされています。

ユースキンA:ボトルタイプだけでなく、チューブタイプやポンプタイプなど、衛生的に使えるものも出ています。通販での販売価格は300円程~1600円程です。ビタミン配合で赤ちゃんからお年寄りまで使え、ひび、あかぎれ、しもやけに効くとされています。

キスミー薬用ハンドクリーム:チューブタイプとボトルタイプがあります。価格の安さにも魅力があり、通販での販売価格は150円程~600円程です。価格だけでなく、ひび、あかぎれに効くとされており、肌になじんでべたつかず保湿効果が長く続く点も人気の理由です。

【5. 通販でお得になる買い方】

家族でニキビや水虫、虫刺されなどの幾つかの商品を買う場合には、同じ通販ショップを利用したほうが送料無料になり安く済ます事ができます。一つ一つの価格よりも送料も含めた合計金額を比較して決めるほうがお得になります。

ちょっと買いで安い?まとめ買いがお得?

通販ショップの安さ・品揃えは?

皮膚の薬でおすすめの通販ショップは、お得に買うなら14.5%安いヨドバシカメラ。一方幅広く選ぶなら468商品を扱う爽快ドラッグです。

通販ショップ 取扱商品数 ショップ平均からの節約率
Amazon(アマゾン)

437

0.1%

爽快ドラッグ

468

-1.9%

ケンコーコム

459

6.7%

イトーヨーカドー

286

-11.7%

ヨドバシカメラ

116

14.5%

LOHACO(ロハコ)

305

-1.9%

Amazonパントリー

6

3.2%


皮膚の薬 人気トップ10商品

皮膚の薬人気ランキング1位は"ユースキン A 120g"で、人気スコアが93点。レビューも高く、多くの通販ユーザーに見られている、おすすめの人気商品です。



  • スマートショッピングでの情報の掲載に当たっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • スマートショッピングで記載されている商品の価格・送料及び在庫状況が、実際の店舗の状況と異なることがありますので予めご了承ください。
  • スマートショッピングから遷移したあとの商品を購入するショップでは、商品名、商品価格、数量、送料を必ずご確認の上、ご購入ください。
  • 最終的な商品購入は、スマートショッピングから遷移した後のショップで行って頂くことになり、スマートショッピングは商品購入には一切関与いたしません。購入の際のトラブルについては、商品を購入したショップに直接お問い合わせ下さい。
  • 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は一切責任を負いません。